ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱりバリトンはズルい! | トップページ | ランキング2冠も、1年続きました。ありがとうございます[2013年1月の落ち穂拾い] »

2013年1月30日 (水)

身の丈にあった曲を演奏したい

 心の叫びです(涙)。

 実は私、今まで、発表会って奴で、まともに演奏できた例がありません。常に『失敗』とか『不満足』とか『冷笑/苦笑』とか『撃沈』とかで、なんかもう「これで良し!」って経験がないんですよ。

 振り返ってみます。

 おそらく最初の発表会って奴は、ずっとずっと昔のT先生の時代の発表会です。この発表会の記録は、地球上のどこにも存在していないはずなので確認のしようがないのですが、かなりひどかったはずです。歌ったのは、スカルラッティ作曲の「Gia il sole dal Gange/陽はすでにガンジス川から」と、ベッリーニ作曲の「Vaga luna, che inargenti/優雅な月よ」でした。もちろん、T先生の選曲なんですが、まあ、これよりも簡単な曲で発表会に相応しい曲って…ないよね。だから、これがギリギリの線の曲だったんだけれど、これらの曲を、あの当時の私がちゃんと歌えたはずは…ないですね。まだ、発表会なんてものに出演するほどの腕前が無かったのに出ちゃったんだから、そりゃあひどくて当たり前かも。

 …ああ、黒歴史だ。

 次の発表会は、キング先生のところの発表会です。

 最初の時に歌ったのは、ドナウディ作曲の「O del mio amato ben/ああ愛する人の」です。選曲はキング先生です。ま、当時の私が絶対に選ばないタイプの曲です。

 これは、録音を取ってあるので、久し振りに聞き返してみたら、案外歌えていて、ビックリしました。いや、それどころか、今の私よりもよっぽど上手に歌っています。結構捨てたものではありません。でも、それは今の視点からの感想で、当時はキング先生から「あんなの、音を並べているだけで、歌じゃない」って結構厳しく言われて、ベコベコに凹んだものです。まあ、教えていた先生からすれば、落第点の出来だったんでしょう。ですから、私も「ああ、あれは失敗したステージだったんだな」って長らく思っていました。

 二年後の、その次の発表会で歌ったのは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」からの二曲で、アリアが「Una furtiva lagrima/人知れぬ涙」で、二重唱が「Una parola o Adina/そよ風に聞けば」でした。もちろん、選曲はキング先生です。

 アリアは…ひどかったなあ。ちゃんとした録音がないので、歌声はアップしてませんが、あの時の私の歌は、本当にひどかったです。アリアは、高音が撃沈しているどころか、中低音も音程がデタラメだし、声そのものがかなり苦しげにしか聴こえません。当時は、すでにノド声がかなり進行していて、歌うのもツライぐらいにノドをしめつけていましたからね。二重唱も、歌と言うよりも、ステージの上で、怒鳴っていただけです。自分でもなんか変だとは思っていたけれど、どうにもならずに落とし穴に落ちたまま、もがき苦しんでいた状態だったんですね。少なくとも、この前の発表会の時よりも、格段に歌が下手になっていました。

 …黒歴史と言うよりも、漆黒の暗黒の記憶だね(涙)。思い出すのもイヤな発表会だよ。

 その次が、ガラコンサートという名称の発表会でして、その翌年にありました。ロイドウェーバー作曲の「オペラ座の怪人」から、ソロでは「The Music of the night」を、二重唱では「All I Ask of You」と「The Phantom of the opera」の、合計三曲を歌いました。一応、最終的にはキング先生の選曲で決めたのですが、この曲に決まるまでは、色々と紆余曲折ありました。先生との関係も最悪になっていましたので、先生からはロクな指導を受けられず、結局、妻と二人で曲を仕上げました。この頃は、歌うとノドから血の匂いがするほどに、ノド声をこじらせていました。先生からは「ノドが痛ければ、医者に行きなさい」と言われていましたが、発声方法が悪いためにノドが痛んでいた事はよく分かっていたので、医者には行かずに、自己流で、ノドに負担がかからないように気をつけながら歌っていました。

 結果は私なりに頑張ったものの、やはりノドに不調を感じながらの歌では、かなり不満足な結果でした。この時は、曲の仕上がりよりも、キング先生との人間関係が、とてもとてもイヤでたまりませんでした。そういう意味で、大不満足な発表会でした。

 その次が、その年の秋の、クラシックコンサートです。トスティ作曲の「La Serenata/セレナータ」と、ベッリーニ作曲の「Vaga luna, che inargenti/優雅な月よ」を歌いました。Y先生に移ってすぐの本番だったので、選曲も仕上げもほとんど一人で行いました。結果はダメでしたね、特に「優雅な月」は撃沈しました。失敗した原因は…選曲の失敗です。はっきり言って、私の実力では、手に負えない曲を選んでしまっただけの話です。ま、専門家の意見も聞かずに歌いたい歌を選曲してしまったので失敗したわけです。

 フルートの方は二回ほど発表会に出演していますが、その二回ともに、やはり結果は不満足なものでした。ま、最初の発表会は、まだ人前で演奏できるほどの腕前もないのに出演したのだから、ダメでも仕方ないでしょう。

 その翌年の発表会も、かなり不本意なカタチで終わった発表会でした。これは、当時の笛先生が「吹ける曲ではなく、吹きたい曲で出演しましょう」って方針だった事と、クラシック曲を演奏したのが、私だけで、とても準備が間に合わなかった(選曲してから本番まで三カ月ね)のが原因でした。やはり、クラシック曲は、私の場合、半年ぐらいは準備しないとダメみたいです。

 こうやって、振り返ってみると、私の発表会って奴は、ことごとく失敗で終わっていますが、その原因は、常に「実力オーバーの曲を選曲して、見事撃沈」ってパターンのようです。ああ、情けない(涙)。

 さすがの私も、これだけ失敗が続けば、学ぶものです。そして、次の発表会では、二度と、このような失敗をするまいと誓うのでした。そうです、そろそろ、次の発表会の準備をしないといけません。

 今度のY門下では、先生が発表会の曲を決めるわけではありません。生徒が「私、これを歌いたいんですけれど、どうでしょうか?」と数曲候補曲を持っていて、その中から先生に選んでもらうというパターンで選曲をする門下のようなのです。なので、まずは自分で選曲して、先生のところに持っていかないといけないのですよ。

 今度は「身の丈にあった曲」を選んで、本番では失敗なく、満足した笑顔で終えたいと思ってます。キング門下時代は、悔しくて悔しくて、常にうつむいてステージを終えたものです。もう、ああいう暗い気持ちを自分の人生に刻むのは、こりごりです。Y先生のところでは、ニッコリ幸せな発表会の想い出にしたいのです。

 そのためには、身の丈にあった曲を選ぶ事が大切です。『歌いたい曲よりも、ちゃんと人前で歌える歌を歌うこと』 この事が何よりも大切です。

 そして、そのために、色々曲を聞いて、知って、その中から、自分の身の丈にあった曲を選ばないとね。ほんと、声楽曲の楽譜に、ピアノピースのグレードを示す★のようなものがついていて、一目で曲の難易度が分かれば、選曲も楽なのになあ…。

 ああ、選曲に悩んでおります。ほんと、何を歌ったら、いいんだろ?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱりバリトンはズルい! | トップページ | ランキング2冠も、1年続きました。ありがとうございます[2013年1月の落ち穂拾い] »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

こっちじゃ、歌えない曲は生徒に歌わせないですよ。
まず「アリア・アンティーク」からです。
これを人前である程度ちゃんと歌える様になったら、徐々に難しい曲に移って行きます。
アリアは、モーツァルトから始めるパターンが多いです。
勉強になる部分が多いからです。
この辺から歌えそうなのを拾って、発表会で歌ってみられたら如何でしょうか?

どの楽器でもそうだとは思いますが、声楽も、難しさといっても様々ですよね。Aが単発で出てくる曲(例えばTostiのVaghissima sembianza)よりも、全体的にEやFが多用されてる曲の方が体力的にきつかったり(Schira, Sognai)、最高音がFくらいでもその音にいく前が低い音が多いためにFが高く感じられて出し辛かったり…(Donaudy, Amorosi miei giorni…)。それにドラマチックな曲(Puccini, Nessun dorma)は喉の負担が大きく、声が立派で成熟した人以外はあまり歌わないほうがいいとか…。他にも、人によって高い音が楽(得意)なのか低い音が楽なのかもありますし。(僕は両方苦手です…。(苦笑))実際に歌ってみないと曲の難易度って分からないですよね…。(勿論、経験者や先生方は楽譜からぱっと判断が可能かとも思いますが。)…と、選曲は難しいとは思いますが、取り敢えずタイプの違う曲を色々選んびつつ先生にもおすすめを聞く、というのも手なのでは?と思います。今度の発表会、上手くいくことを祈っております。

おぷーさん

 アリア・アンティーク…いわゆる「イタリア古典歌曲」って奴ですね。私、その歌集の学びが全然足りていないんですよ。前の先生であるキング先生は、どうも「イタリア古典歌曲」がお嫌いだったようで、私は何度も何度も学びたいとお願いしていたのに、いつも嫌な顔をされ、ようやく説き伏せたかと思ったら、あっと言う間に無い事になって…、なので、私、イタリア古典歌曲って、あんまり勉強していないのですよ。

 Y先生になって、それとなく尋ねてみたら、こっちでは『ごくごく初心者に中声用を教えるだけ』とか言われて、なんとなく学びたいと言い出しかねてます。Y先生的には、私はすでに古典歌曲は学び終えていると思われているようです(そりゃあ、そうだよね)。

 イタリア古典歌曲で、人前である程度ちゃんと歌える曲なんて、私にはほとんど無いよなあ…。

 アリアはモーツァルトからですか? モーツァルトのアリアはあれこれ勉強が足りないので、色々な曲を聞いてみたいと思います。

 アドヴァイス、サンクスです。

bigaさん

 おっしゃるとおり、声楽曲の難易度って、そんなに単純に決められる話じゃないですね。だからこそ、初歩のアマチュアさんには選曲って難しいんです。

>取り敢えずタイプの違う曲を色々選びつつ先生にもおすすめを聞く、というのも手なのでは?

 あ、なるほど。つまり、生徒側からは、あまり曲の難易度は気にせず、歌いたい曲を数曲持って行ってその中から選んでもらえば良しって事ですね。確かに、この方法なら、極端に難しい曲ばかりを取り揃えるわけではなければ、何とかなりそうですね。うむ、その方法はいいかも? ちょっと、そっちの線で考えてみます。ありがとうございました。

すとんさん

フルートに声楽、たくさんあってすごいですね。
歌は聴くことが多いですが、合唱や日本歌曲が多いです。
普段、フルートより合唱や歌曲を聴いています。
(場違いかもしれませんので許してくださいね)
木下牧子さんの歌曲は聴きやすい。
好きなのは「そのひとがうたうとき(合唱)」「竹とんぼに」「おんがく」などなど。
「花のかず」という曲集は楽譜もかいました。全曲、岸田衿子さんの詩です。
中田喜直さんの「日本のおもちゃうた」「六つの子供の歌」。
意外な発見があって、詩が小川未明のような人だったりすのでびっくりしながら聴いてます。
高橋悠治さんの「おやすみなさい」はHPから楽譜が無料ダウンロードできるのでおすすめです。
私は詩を読んでるのかもしれませんが。
いろんな歌を探してみてください。

変に悩まずそのまま先生にお話したらいかがでしょう?
だいたいこの辺は?って曲をくださると思うので、その中から自分が歌いたいものを選ぶといいのでは?って思います。
なんてったって先生ほうが絶対数いろんな曲知ってるし、ことによっては自分よりすとんさんの声をご存じのハズですし。
メールでもいいので相談して曲もらったらいいんじゃないかしら?
私も未だに自分が今どこにいて何を歌ったらいいかわからなくて師匠におんぶに抱っこです。
自分で選曲ってかなり高度だと思います。

su_zanさん

 木下牧子氏はなかなかいい歌がありますよね。su_zanさんが挙げた曲ももちろん良いのだけれど、私的には「ロマンチストの豚」という曲が大好き。この作曲家の作品を歌うなら、この曲だろうと狙ってます。あと、中田喜直氏だったら「みみずく」かな? これ、前の門下を辞めてなかったら、今年の発表会で歌うはずだった曲です。歌うはずだった曲だから、なんとなく歌っておきたいじゃない?

 ただ、日本歌曲は色々な意味で難しいので、私の手に余るのです(涙)。現実的にはイタリア語の曲がいいんじゃないのかな?

ミルテさん

>変に悩まずそのまま先生にお話したらいかがでしょう?

 いきなり最終手段って奴ですね(汗)。

 以前、先生と発表会の曲の事で話した時に、曲のご紹介はしていただけるのかと尋ねた事はあります。その時は、頼まれればやるけれども、なるべく自分で選曲して持ってきてほしいとおっしゃってました。理由は…他人に言われた曲よりも、自分で選んだ曲の方が真剣に練習するでしょ?…って事なんです。なので、こうして悩んでいるわけなんです。

 もちろん、こちらが持っていった曲が素通りでOKとなるわけではなく、先生の審査は受けるのですが、でも生徒側の希望を第一に考えてくれるのだそうです。とにかく「演奏会」ではなく「発表会」なので、あくまでも演奏者が楽しく歌えることを念頭において企画されてらっしゃいます。

 いっそ、フォーレを持っていくか…(冗談)。

>ことによっては自分よりすとんさんの声をご存じのハズですし。

 そうなんですよ。私、ちっとも自分の声の事、分からないんです。困ったもんです。

>自分で選曲ってかなり高度だと思います。

 ほんと、そう思います。選曲って、難しいです。

うーーん。
せっかくいい発声身についてきてるのに、選曲ミスで発声崩しかねないし、先生が自分で選んできてね、とおっしゃった理由と、すとんさんが悩まれている理由は別次元にあるので、相談して身の丈にあった曲を数曲選んでいただいて、そこから自分が歌いたい曲をピックアップがいいと思ったんですよ。
素直に話せば選んでくださるんじゃないかしら?
多分ここで日本語、ドイツ語、フランス語、英語なんて持っていったら発声やり直しだし、簡単な曲は飽きちゃうし。
それこそ選曲も先生のお仕事だと思うよ?
いっそずばっと聞いちゃえ~とミルテは思うのでありました♪

ミルテさん

 ミルテさんのおっしゃる事はズバリ正解だと思います。まあ、先生の「自分で選んできてね」は、あくまでも門下の一般的なルールであって、厳密に守らないといけないって事はないだろうし、ケースバイケースだってあるわけだから、理由を話して、いきなり“最終手段(笑)”に訴えるものアリでしょうね。

 では、その線で先生と相談してみようかなって思います。もちろん、先生に「これどう?」って聞かれた時に「へ?」ってならない様に自分なりの勉強は続けていこうかなって思ってますが。

 そうそう、今の段階で、イタリア語以外の歌を歌うのは、まだまだ危険だと、私も思います。でも、いずれフォーレは歌いたいので、地道にフランス語の勉強をユルユルと続けていますが(笑)。

>簡単な曲は飽きちゃうし。

 そうのなんだよねえ…。発表会で歌う曲は、もしかすると、そのまま、秋のクラシックコンサートにも持っていっちゃうかもしれない曲なので、飽きちゃうのは心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりバリトンはズルい! | トップページ | ランキング2冠も、1年続きました。ありがとうございます[2013年1月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん