ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) | トップページ | 今更だけど、紅白とニューイヤーオペラコンサートの感想です »

2013年1月10日 (木)

近所の声楽発表会を見てきて思った事

 実は毎年年始の頃に、近所の声楽教室が発表会を行っているので、それを必ず見に行っている私です。毎年の事なので、去年、一昨年はブログに書かなかったくらいの“私の恒例行事”なのですが、今年は色々と思った事があるので、久し振りに記事に書いてみます。

 まず、その声楽教室は、音大受験を目標としたマジメ系の声楽教室で、そこの生徒さんは、音高受験生と、現役音高生と、音大受験生と、現役音大生と、音大卒業生で構成されている、実に見事な声楽教室で、私のようなユルユルの趣味系のオッサンなど皆無な声楽教室です。なので、見に行くと、結構色々な事を学んで帰って来ます。また、毎年見に行っているので、そこの生徒さんの一年の成長ぶりも確認できて「がんばれ~」って応援もできて、なかなか面白いんです。

 まあ、そういうマジメ系のお教室なので、生徒さんが全員女性で、男性がいないのは、ちと残念なのですが、まあ、こればかりは仕方がないのです。

 それと皆さん、ご自分専用のピアニストさんをご用意されているんですね。ま、おそらくは学校の友人や、苗字が同じ方は、ご家族の方にお願いしているのでしょうね、……って、友人や家族にピアノがバリバリ弾ける人がいる環境って、どうよ(笑)。それに、自分でピアニストを調達できないと、発表会に出演できないとしたら、やっぱり趣味の人にはハードルが高い高い。……ええと、もしかすると、通常のレッスンも、ピアニスト同伴が条件だったりして?
 
 
 今年は、私自身が気にしている、と言う事もあるのですが、皆さんの発声がとても気になりました。それも、とても良い意味で…。

 やはり、受験目的のマジメ系の声楽教室だと、基礎はかなりきちんとやっているんだなあ…って思いました。極々初歩の生徒さん(中学生ぐらいの音高受験生でしょう)は、まだまだですが、そんな“まだまだ”な生徒さんでも、きちんと脱力して歌っているんですね。「へえ~」って思いました。いかにも歌を始めたばかりって感じの、いわゆる合唱声で、ソリストの声には成りきれていないのですが、こんな年から、力まないで歌う事を習慣づけられるなんて、うらやましい限りです。

 それに、実に皆さん、お上手でした。音程もリズムもビシッと決まって、実に正確で素晴らしい歌唱をします…ので、眠く眠くてたまりません(ごめん)。上手な歌って、たいがい、退屈なんだよね。だって、みんな、ボーカロイドみたいな歌い方するんだもの。ピアノの前奏が終わって、歌に入った2~3小節聞くと、見えざる悪魔との戦いが始まります。いやあ、あまりの棒歌いに、悪魔が私の魂をどこかへ持っていこうとするんだよねえ…。

 そういうところが、まだまだ子どもの歌なんだなあって思いました。

 高校生ぐらいになると、もう女の子はイッパシで、なかなか素晴らしいソプラノさんになるものです。どの子も、軽く、無理なく歌っているのに、客席にビンビン声が響いてきます。響きだけで、これだけの音量を稼げるなんて、うらやましいし、ホールを味方につけた歌い方をしているわけで、なんて上手い発声なんだろうと敬服しました。…自分の年齢の1/3にも満たない子どもたちなのにねえ…。いやあ、実に素晴らしい。

 さらにプログラムが進んでくると、出てくる方々の年齢が上がってきます。やはり成人の方々の歌は、素晴らしいです。成人の方々の歌には、技術+歌心があるんです。だから、知らない曲だったり、難しい現代音楽でも、なんか聞き惚れてしまうんですね。

 歌って、やっぱり、上手いだけじゃ聞かせられないんだな。“プラスアルファ”って奴が必要なんだなって、改めて思いました。
 
 
 そうそう、私が今回、ハッとしたのは、山田耕筰の歌を歌っていた方の歌唱です。実は私、日本歌曲って奴が、あまり好きではありません。と言うのも、日本歌曲って難しいし、声をひけらかせないでしょ? 私にとって、歌と言うのは『いかにして自分の声をひけらかすかが、すべて』と言っても過言でないぐらい、歌にとって『声のひけらかし』って大切な要素だと思ってます。しかし、日本歌曲って、声がひけらかせないじゃないですか? なので、日本歌曲は嫌いなんです。

 …と思ってましたが、今回聞いた方の歌唱は違いました。きちんと日本歌曲を緻密に歌いあげつつ、要所要所では、しっかり声を聞かせてくれました。ああ、日本歌曲にも、こんな歌い方があるんだなあと思いました。こういう歌い方って、もしかすると邪道な歌い方なのかもしれませんが、でも、私はそこに日本歌曲の歌い方の(私にとっての)新しい局面を感じたんです。ああ、なるほど、こんなふうに日本歌曲も歌ってみれば、なかなか(歌っても、聞いても)楽しいものじゃないですか? そう思いました。これが、今回の最大の収穫かな? なので、私、日本歌曲を毛嫌いするのを止めようかなって、ちょっぴり(笑)思いました。

 それにしても、余所の教室とは言え、発表会見学はいい刺激になりますし、レパートリー開拓にもなりますしね(笑)。ああ、私も自分の発表会、頑張らないと。
 
 
 年も明けたので、例年なら、そろそろ発表会の準備を始める頃です。キング門下の発表会のテーマは、今年はヴェルディと決まっているので、門下の皆さんは、今頃、ヴェルディソングをバシバシレッスンしていただいているのだろうと思います。私も門下にいたならばヴェルディを……歌わせてもらえないんですよ(大泣)。

 私、ヴェルディって大好きなんです。あらゆる作曲家の中で一番好きな作曲家なんです。なので、ヴェルディを歌いたくて歌いたくて仕方がないし、キング先生もそれはご存じなのですが、私は、中田喜直の「木菟(みみずく)」を歌う事を、かなり前から言い渡されていました。他の皆さん方がヴェルディを歌う中、私は中田喜直を歌う予定でした。「木菟」という曲はいい曲だという事は知ってます…が、私が、ヴェルディ大好きで、日本歌曲大嫌いって事を知っているのに、こういう選曲ですからね。おまけに「木菟」って地味な曲だし…。数曲歌うなら、その中の一曲がこの曲でも良いのですが、あそこの門下は、原則「一人一曲」なんです。その上、発表会は二年に一度だし、だからこそ「これ!」って言う歌を歌いたいんですよ。

 ほんと、キング門下を辞めて良かったと思います。でなければ、またフラストレーションを溜めたままイライラしないといけないところでした。
 
 
 それはさておき、今年の発表会は、Y門下での初めての発表会となります。今からワクワクだな。

 選曲は、自分でしても良いし、先生にお願いしても良いそうです。決して、先生が曲を押しつける事はしないそうです。歌いたければ、技術的に難しくて、歌えそうもない歌でもいいんだそうです(その代わり、レッスンが厳しくなるわけです:笑。もちろん不可能な曲は、さすがに止めるそうです)。

 ただ、門下が小さいので、単独では発表会の開催は無理なんですよね。昨年まで一緒にやっていたK先生は亡くなってしまって、門下は解散したので、そことの合同発表会は、は当然無理だろうし、奥方の門下とは、おそらく合同で発表会をするんだろうけれど、二門下だけじゃ、まだ小さいんだよね。あんまり、出演者の数が少ないと、色々と負担が大きいし、寂しいし、どうするんだろ? K先生の代わりに、別の新しい先生の門下と組むのかしら? 教える事がメインではない先生方の門下は、どこも小さいですからね。それがいいんじゃないのかな?

 そうそう、ピアニストさんはどうするのかな? 昨年の発表会を見た感じでは、教室の方で用意されたピアニストさんと歌う人もいれば、自分のピアニストさんを連れてきた方もいらっしゃいました。私は…自分のピアニストさんを連れて来る方がいいのかな? あと、何曲ぐらい歌っていいのかな? 昨年の様子だと、2~3曲って感じ(出演者数が少ないので、一人でたくさん歌えるみたいです:笑)です。ならば私は、アリアか歌曲を1曲と、妻と二重唱を1曲歌おうかな?

 なんか、色々な意味で、ほんと、ワクワクです。ちなみに、発表会自体は、毎年、お盆の辺りにやるそうです。ま、確かにあの辺りなら、普通演奏会などしないから、どこのホールも予約が簡単だよね。そういう意味では、いい時期に発表会をやる…んでしょうが、暑いよね(笑)。八月のステージでタキシードは着たくないなあ…。

 へへへ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) | トップページ | 今更だけど、紅白とニューイヤーオペラコンサートの感想です »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、 新年おめでとうございます \(。´∇`)/☆

歌の記録を口をあんぐりと開けてみてました~
すごいペースですね! 「・・ゆるゆる・・」とは思えませんね(*^^*)

ご近所の発表会は有意義でしたね。
そうは見えなくても「ガッツリ」得るものを得て帰るって、貪欲なのでしょうか?
歌がそうれだけ好きなんでしょうか。 

奥様と趣味が少なくとも2つも共通は、珍しいく幸運な方では?

お盆頃に向け曲が決まったら教えてください~ (^^)/

wasabinさん、明けましておめでとうございます

 すごいペースかな? 確かに調子よくドンドン新曲にチャレンジできた年もあったけれど、基本的には1年で4~6曲でしょ? だいだい、1曲に二カ月前後かかるんので、数的には、そんなものですが、よく見ると、あまり大きな曲はありません。大きな曲はだいたい半年ぐらいかかります。なので、自分的には、そんなにたくさん歌ったような気はしていませんし、指導くださったキング先生自身、他の先生と違って、曲数を多く歌わせないという方針だったので、歌った曲数は少ないと思ってます。…が、実はそうでもないのかしら?

 そうそう、ご近所の発表会は実に有意義でした。これは、私自身が貧乏性で「行ったからには、何かをつかんで帰らないと、損損」と思ってしまうからかもしれません(笑)。まあ、おっしゃるとおり、歌は好きですよ、大好きです。

>奥様と趣味が少なくとも2つも共通は、珍しいく幸運な方では?

 それはそうかもしれませんが、歌は私の趣味に彼女が合わせている部分があります。また、ダンスは私が彼女にすり寄っているという側面がありますので、最初から共通した趣味だったわけじゃないんですよ。

>お盆頃に向け曲が決まったら教えてください~ (^^)/

 経過も含めて、ブログに書いていきますので、よろしく。

 では、今年もよろしくお願いします。

ほかの方がヴェルディを歌う中で、すとんさんだけ中田喜直の「木菟(みみずく)」……
すいません、想像したらなんだか笑えてきました(笑)

みみずく、知らない曲なのでyoutubeで聴いてみました。
地味という印象は受けませんでしたが、これ難しそうですね! いやー、すごいです。

発表会にかけるような曲は、長ーい付き合いになることがあるので(発表会後もレパートリーになる)、モチベーションも大事ですよね。ましてやヴェルディ、歌いたいですよね。
わたしもいま練習しています。「In solitaria stanza」という曲です。楽譜上はどうっちゅうことがないように見えますが、聴けるように歌えるようになるまで、実に難しいです(汗)

椎茸さん

 『木菟』は…地味でピンと来なければ“さほど有名曲ではない”とでも言い換えましょうか? 私も『木菟』が良い曲だとは知ってますが、この曲がナンバーワンで、ぜひ歌いたいというほど好きな曲というわけではありません。本音で言えば、二年一度のたった1曲しか歌えない発表会では、避けたいタイプの曲です。なにしろ、人生は短いわけだし、他にもたくさん歌っておきたい曲があるからです。

 『木菟』はせめて、2曲目の曲か、レッスンのみで終了の曲にしたいくらいです…って、私は当面、この曲を歌うつもりはないのですが、

>これ難しそうですね!

 楽譜は結構、黒いですよ。色々と細かくて、技巧的な曲だと思います。

>発表会にかけるような曲は、長ーい付き合いになることがあるので(発表会後もレパートリーになる)、モチベーションも大事ですよね。

 確かに長いつきあいにはなります。なにしろ、半年間、その曲しか歌わないわけですからね。しかし私の場合、発表会の曲はレパートリーにはなりません。だって、どの曲のその時の私にとっては、難しい曲ばかりだもの。たいていは、半年間悩み苦しんだ挙げ句、未完成のまま発表会で歌ってしまうわけで、レパートリーどころか、リベンジ・リストに入るだけです。

 私は発表会で、きちんと自分なりに完成させた曲を歌いたいんですよ。たぶん、普通の発表会ではそんな感じなんだろうと思いますが、私の場合は、発表会では、常に失敗&撃沈ですから。「難しい曲よりも、歌いたい曲」をやりたいってだけなんです。

 まあ、もうそんな心配はせずに済むようになったわけですが(笑)。

 椎茸さんも頑張ってらっしゃるようですね、お互い、それぞれの発表会に向けて、頑張っていきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) | トップページ | 今更だけど、紅白とニューイヤーオペラコンサートの感想です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん