ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« もしかして、フルートって難しい楽器? | トップページ | 身の丈にあった曲を演奏したい »

2013年1月29日 (火)

やっぱりバリトンはズルい!

 以前『メトのライブビューイングで「仮面舞踏会」を見てきました』と言う記事を書いた時、バリトンの、ディミトリ・ホヴォロストフスキーについて「美形なバリトンってズルイですね」と書いた私です。今回の記事は、あの記事以来、普段は考えもしないバリトン君の事について、時折考えるようになり、その結果「やっぱりバリトンはズルい」と思うようになったので、それを書いてみました。ま、単なる私の独り言です(呆)。
 
 
 まず、オペラじゃテノールは主役、バリトンは脇役です。どっちがエラいか(目立つか)と言えば、そりゃあ、テノールでしょ? なので、あえて勝ち負けで言えば、オペラの世界では、テノールの勝ちと言っていいでしょう。

 しかし、舞台を離れると…。

 男性の魅力的な声は…甲高い声じゃなくて、渋い声でしょ? そうなると、言うまでもなく、カッコ良くて魅力的なのはバリトンであって、テノールじゃありません。つまり、バリトンの勝ちです。

 男性は、背の低い人よりも高い人の方がカッコいい…となると、バリトンの勝ちです。と言うのも、バリトンは標準身長からやや高めの身長の人が多いです。一方、テノールって大抵チビなんだよね。

 ブヨブヨの肥満体よりも、しっかりした筋肉質体型の方がかっこ良いとなると、ここでもバリトンの勝ち。チビじゃないテノールって、大抵肥満体なんだよね。まれに、チビでデブという残念なパターンのテノールもおりますが…。そこへいくとバリトンは、概ね筋肉質体型の人が多いです。

 顔がイケメンかどうかは、好みもあるから、横において、顔と首のバランスを考えると、バランスが良いのはバリトンで、テノールはたいてい猪首です。つまり顔に比べて首が太くて、ちょっとバランスが悪いんです。
 
 
 という訳で、相対的に見て、外見上カッコいいのはバリトンで、さえないのが…テノール…です(涙)。
 
 
 ただでさえ、そうなのに…ましてプロの世界になると、割と大勢いるバリトンは生き残りの競争も激しく、声も美しく、姿も美しい人だけがプロの世界で生き残るので、プロのバリトン歌手というのは、ディミトリ・ホヴォロストフスキーを例に出すまでもなく、容姿端麗眉目秀麗で美声な方ばかりになりますが…。渋くてカッコいいメンズばかりって事だね。

 その点、テノールは希少な声種ですし、存在するだけでもありがたいという、歌手界における珍獣君的扱いですから、多少容姿が悪かろうが、多少歌唱能力に疑問符が付いていても、多少性格が悪かろうと、高音でバリバリ歌えればOKという、極めて競争の緩い世界の人なのです。故に、バリトンほど生き残りは厳しくないので、プロの世界であっても、声が美しく高音がバッチリな人であっても、容姿に難があったりするのが普通です。
 
 
 音楽が舞台だけのものだった時代は、歌手の容姿なんて、化粧や衣装を工夫すれば、何とでもなりました。ラジオとか、レコード・CDの時代であっても、音優先ですから、テノールは、容姿に多少の難があっても、その美声で、カッコいい二枚目のイメージでいられました。

 なのに、今じゃ音楽も、テレビ放送や、DVDやブルーレイで楽しむ時代でしょ? そうなると、大画面にアップで映される事も多くなり、容姿に難がありあまるテノールには、厳しい時代がやってきました。

 ああ、これからはオペラ歌手にだって容姿の美しさが要求される…なら、時代はもはやスター・テノールではなく、スター・バリトンを求めているのか! ああ、バリトンって、ズルイ。モテモテじゃん。

 さらに、オペラではなく、ミュージカルにまで手を広げると、ミュージカルの世界って、オペラほどに、主役に高音が求められないわけで、バリトン君でも十分主役が勤まったりします。さらに、もっと世界を広げると…止めましょう。どんどんテノールが不利になっていきます。

 今の時代、テノールよりも、バリトンの方が、色々と活躍の場が広そうだな。人気も得られそうだな。

 なんか、テノール至上主義者である私から見ると、テノールがバリバリでなきゃダメなのに…現実はどうやら違うみたいで…つまるところ、バリトンってズルイよなあって、思う次第であります。

 やっぱり、女性は、テノールよりも、バリトンの方に心ひかれるでしょ?

 だからと言って、別にバリトンになりたいわけじゃあ無いのです、念のため。
 
 
 
 
 ん? テノールであっても、バリトンであっても、歌手はみんな、頭がデカい…よね? 顔がデカイ…よね? 小顔な歌手って…たぶんいないよね。頭がデカイ、顔がデカイってのは……残念な特徴だよね。 え? もしかすると、歌手って、みんな残念なの? え? もしかして、カッコいいメンズは、舞台じゃなくて、オケピにいるとか? まさか~?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« もしかして、フルートって難しい楽器? | トップページ | 身の丈にあった曲を演奏したい »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

仮面舞踏会、と聞いて、いや、読んで、
くだらないことを書いてしまう私をお許しください。
( ̄▽ ̄;)

オペラ座の怪人の、マスカレード?
いえいえ、私が思い出したのは、少年隊の仮面舞踏会、
1985年、今から28年も前の曲。
ええ、いい曲ですよ。
私のカラオケの18番。
♪ρ( ^o^)b_♪

1980年代、私も若かった。
サムエルソンの不朽の名著「経済学」に取り組んでみたり。
いや、まあ、さっぱりわかりませんでしたけど。
最近、約30年ぶりに読んでみて、いやあ、おもしろい。
で、読書のBGMは?
当時のヒット曲。少年隊や松田聖子ちゃんや田原俊彦。
( ̄□ ̄;)!!

聖子ちゃんや俊ちゃん、別に好きでも嫌いでもなかったけど、
30年前、当時の大スター。曲は嫌でも耳に入ってきて、
で、曲は大体覚えていて。
( ̄~ ̄;)

30年前の本を読み、30年前の曲を聞いていると、
ああ、懐かしい。
同時代を、聖子ちゃんや俊ちゃんと生きていたんだな、と感慨。
(* ̄。 ̄*)

ああ、くだらないことを書いてしまった私を、
すとん様、どうか、お許しください。
(/_\;)

30年前、あるいは、1980年代、
すとん様は、どこで、なにを?

(⌒∇⌒)ノ"
おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

>30年前、あるいは、1980年代、すとん様は、どこで、なにを?

 1980年代と言うと、バブル真っ盛りの頃ですね。私は、好景気で浮かれる世の中を横目で見ながら、大学の研究室にいました。最初は学生でしたから、先生や先輩たちの研究やら実験やらのお手伝いを、やがて自分の研究に取りかかるようになっていました。

 なので、松田聖子にせよ、田原俊彦にせよ、名前は知ってますが、どんな曲を歌っていたのか、あまり知りません。あまり耳にも入ってこなかったなあ…。その頃の私は、テレビをほとんど見てなかったんですよ。その代わり、ラジオはたまに聞いてました。勉強を兼ねて、FENばかり聞いていたので、当時の洋楽には詳しいです(笑)。

 私の知っているアイドルは、キャンディーズや山口百恵の時代から、モーニング娘。の時代の間が、すっぼり抜けているんですよ。もちろん、どんなアイドルがいたのか、名前ぐらいは知ってますが、彼女らがどんな曲を歌っていたのかとか、本当に知らないのです。また、最近のアイドルもよく知りません。AKB48もほとんど知らないよ(笑)。

 なので、アイドルの話を私に振っても、あんまり実りはないです(爆)。

>読書のBGMは?

 私、音楽がかかっていると、本が読めないタイプの人なんです。だから、本を読む時は、音楽はなし。静かな部屋にこもって本を読むか、いっそ電車のような衆人の中で孤独を味わえるような環境で本を読みます。

 『オペラ座の怪人』の主役であるファントムは、たぶん本来は、テノールの役なんだろうけれど、バリトンもよくやるよね。バリトンがやる時は、ソングの最高音のAbをFに下げて歌うケースが多いけれど、それ以外は、だいたい同じ感じです。

今、新国で、Wolfram を歌っている Br の Jochen Kupfer さん 192cmの長身 細い、小さい頭部で、まるで バレエ・ダンサーの様な容姿です。もちろん、声もよいですし・・・・・

Yuhkoさん、いらっしゃいませ。

 新国、いいなあ。私、まだ行った事ないんです、ぜひ行きたいなあ。

>今、新国で、Wolfram を歌っている Br の Jochen Kupfer さん

 今やっている「タンホイザー」のバリトンさんですね。お写真を拝見しました。確かに、この体型で192cmだったら、歌手じゃなくてダンサーだと思われますね。確かにカッコいいです。

 ああ『オペラ歌手ってデブばっか』と言われていた時代は、少しずつ遠くになっていくんでしょうね。声や歌だけでなく、最近の歌手は、演技力や容姿まで要求されるわけで、ほんと、厳しい時代になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしかして、フルートって難しい楽器? | トップページ | 身の丈にあった曲を演奏したい »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん