ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートのリッププレートが剥がれ落ちたら…そりゃあ、焦るよね | トップページ | 金魚は泳ぐ宝石 »

2013年1月25日 (金)

プラハ国立劇場の『フィガロの結婚』を見ました

 いやあ、久しぶりに地元で生のオペラを見ました。以前は、地元の楽友協会が、正月と秋(つまり、シーズンの始めと終わり)に海外のオペラ団を招聘してくれて、定期的に年2回ずつ生オペラを見る事ができたのですが、最近は、不景気のせいか、はたまた東日本大地震の影響のせいか、トンとオペラ団を招聘してくれなくなり、寂しい思いをしていました。なので、最近はメトのライブビューイングばかりでオペラを見ていた私ですが、本当に久しぶりに、歌劇団を呼んでくれて、地元で生オペラを見る事ができました。ほんと、ほんと、久しぶり。

 やってきたのは、プラハ国立劇場です。この団体は、以前は毎年のように来てくれた歌劇団なので、なんか懐かしかったです。

 演目は『フィガロの結婚』。出演者には、スター歌手はいませんが、プラハ国立歌劇場の専属歌手の皆さんのようです。ですから、ほんと、チームワークが良いんですね。フィガロのような、アンサンブルが多いオペラでは、スター歌手がいる事よりも、チームワークのよい歌劇団の演奏の方が良いかもしれません。

 オペラ自体は、とても面白かったですよ。1幕の冒頭シーンでのフィガロとスザンナのいちゃつき方が、なんとも現代的だったり、同幕の終盤で、ケルビーノがフィガロにからかわれるシーンがあるのですが、そのシーンがケルビーノがからかわれるのではなく、お屋敷の男衆たちボコボコにされるシーンに代わっていましたが、そこに(本来、登場予定ではない)バルバリーナが助けに入って、ケルビーノとバルバリーナがすでに親密である事が描かれていたり、第3幕の冒頭シーンで伯爵がお屋敷のお庭でゴルフをしていて、豪邸に住んでいる事が暗示されたり、なかなか目新しい演出も多々あったけれど、概して、分かりやすい方向で演出されていました。また、字幕もけっこう砕けた訳で、おもしろかったです。

 今回の演出で驚いたのは、アリアの最中も芝居の時間が流れていた事です。普通、アリアの最中は、お芝居の時間が止まっているものなんだけれど、この演出では時間がきちんと流れていました。うむ、こういうところも現代人には親しみやすい演出なんだなって思います。

 出演者がすべて白人と言うのもよかったです。日本のオペラだと、日本人が多数出演するし、メトのライブビューイングでも色々な人種の人が出演しますが、ここは出演者全員が白人なんです。私は人種差別をするつもりはありませんが、オペラって、18~19世紀のヨーロッパのものでしょ? 舞台に有色人種がいるわけないでしょ? ま、オテロ(主役が黒人)や蝶々夫人(主役は日本人)とかならともかく、フィガロの結婚なら、出演者全員が白人で当たり前じゃないですか。最近はその当たりの事を当たり前に楽しめないものが多いので、全員白人キャストというのが、とてもよかったです。

 歌が生ですばらしいのは当然だけれど、バレエも生なんです。フィガロの三幕の結婚式のシーンで、バレエが挿入されましたが、やっぱり生バレエはいいですね。

 私はオケピのそばで見ていたので、演奏中のオーケストラの様子もよく見えたのですが、今回のフィガロは、レチタティーヴォの時は、チェンバロ演奏でして、オケとチェンバロが交互に演奏していました。それもまた興味深いです。ちなみに、チェンバロの譜面は、印刷譜ではなく、手書き譜を使ってましたよ。また、チェンバロは音が小さいせいでしょうか、マイクで音を拾って、PA通して拡声していました。フルートは、1stが木管、2ndが管体金(たぶん14K)のメカ銀でした。二管編成の小さなオケでした。

 それにしても、フィガロは独唱者がたくさんいないといけないわけで、カーテンコールの時に数えたら、13名も独唱者がいました。こりゃあ、大変だね。
 
 
 今まで、地元の生オペラの時は、息子君は幼かった事もあって、託児に預けていましたが、今回はもう中学生だし、託児というわけにもいかないし、本人に「見に行くか?」と尋ねたら「見たい!」と言うので(託児料金よりも安い)学生席のチケットを買ってやりました。外国のちゃんとした歌劇団の引越公演を始めて見た息子君は、すっかりオペラに心が奪われてしまったようです。そりゃあ、そうだよね。彼は今まで、市民オペラなどの日本人キャストの略式オペラしか見た事がなかったわけで、たとえ引越公演とは言え、きちんと大道具小道具が揃っていて、バレエ付きのフルオーケストラのオペラを見るのは始めてだったわけで、まあ、彼が新世界を覗き見た事は理解できます。

 オペラに感動したのは良いのだけれど、声楽をマジメにやりたい、などと言いだしやがって参っています。まあ、まだ声変わりも終わっていない中学生なので「とりあえず、ピアノをマジメに練習しろ(ピアノ、さぼってばかりだろ!)」と言っておきました。彼は、本気で声楽をやるつもりなのかな? だとしたら、進路も金がかかるわけだから、親である我々もそれなりの覚悟をしないといけないわけなんだが…。

 まあ、秋に再びプラハが当地にやってきて、今度は『魔笛』をやるそうなので、そのチケットは息子の分も含めて購入しないとならないでしょう(息子君は、またまた学生席の予定です)。もしかすると、メトのライブビューイングも息子君に見せてやらないといけないかな? あれ、そんなに安くないんだよなあ…。

 休憩時間は、実に大忙しでした。外国の歌劇団の引越公演ともなると、地元のビッグ・イベントなわけで、いわゆる地元の名士さんたちが勢ぞろいしているので、私はあっちこっちに挨拶にいかないといけないし、歌関係の知り合いとも挨拶しなきゃいけないし、どこかで見たことある人(って地元在住のプロのオペラ歌手さんの事ね)も、それなりに見かけました。本場ヨーロッパで、歌劇場が社交場になる理由が、ほんの少しだけ分かりました。

 それにしても、ティンパニって、序曲を演奏したら、あとは最後まで出番がないんですね。ほんと、楽な仕事してます(笑)。あと、自宅から徒歩約10分で、海外の歌劇場の引越公演が楽しめるなんて、私は恵まれているなあ…とも思いました。それにしても、トイレ、混みすぎ(爆)です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルートのリッププレートが剥がれ落ちたら…そりゃあ、焦るよね | トップページ | 金魚は泳ぐ宝石 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

フィガロの結婚は、オペラの最高傑作だと思います。
私が見たのは、、、
シカゴ交響楽団!
ヽ(´▽`)/

ああ、また、自慢してしまった。
( ̄▽ ̄;)

大昔、アメリカに住んでいたのです。
メトロポリタンで見たカルメンもよかったけど、
いやあ、フィガロ、最高!
♪ヽ(´▽`)/ ♪

オペラとミュージカルは似て非なるものだけど、
と、また、無理やり、ミュージカルの話に持ち込みますが、
オペラ座の怪人、最高!
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

先週、大井町で見たのは、美女と野獣。
久々に見たけど、最後、感動で、
涙が止まりませんでした。
(T_T)

ああ、また、つらつら書いてしまった私を、
すとん様、どうか、お許しください。
へ(×_×;)へ

おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

>ああ、また、自慢してしまった。

 はは、そういう自慢話は大歓迎ですよん。kaijinさんの海外での経験話は私の楽しみのひとつでもありますから。

 しかし、シカゴ交響楽団(!)ですか!! それは本当に滅多にない、貴重な体験ですね。演奏会形式だったのでしょうか? フィガロは音楽自体が充実していますから、演奏会形式でも十分楽しめますね。

>フィガロの結婚は、オペラの最高傑作だと思います。

 私も同意します。『フィガロの結婚』はオペラの最高傑作の一つだと思います。でもね~、実は私『フィガロの結婚』って好きじゃないオペラなんです。どっちかと言うと…嫌いな…オペラなんです。嫌いなんだけれど、その音楽の素晴らしさに、ついつい見ちゃうんですけれどね。

 なぜ私が『フィガロの結婚』が嫌いか、お分かりになりますか? それは……私が“テノール至上主義者”だからです。あのオペラの主役たちには、見事なくらい、テノールがいないじゃないですか? まあ、確かにテノールは皆無じゃないですよ。役としては二人います。ドン・バジリオとドン・クルッツィオですね。でも、この二役、しばしば同じ役者がオペラの途中で衣装を変えて、一人で二役演じちゃう程度の軽い役じゃない? そういうテノールの扱いに「なんかな~」と思ってしまう私でした。

 まあ、モーツァルトのオペラでは『ドン・ジョヴァンニ』でも主役はバリトンだし、『魔笛』は一応テノールのタミーノという役はあるけれど、美味しいところはバリトンのパパゲーノに総取りされているし…まあ、モーツァルトオペラでは『コシ・ファン・トゥッテ』というテノールがしっかり活躍するオペラもあるのが救いだけれどね…、他の三つの作品と比べると、いま一つマイナーなのが欠点です。

>メトロポリタンで見たカルメンもよかったけど、

 それはそれは、実にうらやましいです。私はライブビューイングでも見たし、DVDも持ってますが、メトのカルメンって、どれもこれも素晴らしいです。そして、ミュージカルも最高、『オペラ座の怪人』はビバ!って感じです。『美女と野獣』はアニメでは見てますが、舞台はまだ見てません。そんなに素晴らしいですか? ディズニー・ミュージカルって『ライオン・キング』しか見てませんが、『ライオン・キング』はアニメと舞台では、ストーリーと音楽はほぼ同じはずですが、印象は全然違っていて、舞台の方が感動的でしたから『美女と野獣』もそんな感じなのかな? ちょっと頑張って、チケットを入手して見てみようかな?

>>>はは、そういう自慢話は大歓迎ですよん。
を真に受けて、自慢話を続けることをお許しください。
(`◇´)ゞ

シカゴ交響楽団が3週連続モーツァルト歌劇をやりまして、
フィガロ、ドンジョバンニ、コシファントゥッテ、でした。
♪♪ヽ(´▽`)/(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪

本格的な衣装、本格的なセット、ではなく、
略式、っていうんですか、簡便なセットで、
衣装も本格的でない、まあ、普通のドレス、
タキシード、スーツ、みたいな感じでした。
でも、歌も弦も管も、素晴らしかったです。
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

1991年ディズニーアニメ「美女と野獣」は、
歴史に残る大傑作、でも、まあ、アニメだから、
やはり、子供向け、みたいな感じはありました。
(^◇^)

それをミュージカル化すると聞いた時、
どうなることやらと思いつつ、ニューヨークで見たら、
いやあ、感動しました。
大人の鑑賞に堪える、というレベルではなく、
老若男女、全ての人に訴えかける、素晴らしいミュージカル。
以来、日米で見ること数回。
ヽ(´▽`)/

今回、久々に見たけど、
いやあ、最後、感動で涙が止まりませんでした。
愛って、いいですね。
(T_T)

劇団四季、美女と野獣、ああ、残念、
あさって日曜日(2013/1/27/sun)が東京公演千秋楽。
3月3日から札幌公演です。
(⌒∇⌒)ノ"

operazanokaijinnokaijinさん

 ははあ、なるほど。やっぱりシカゴのモーツァルトは“演奏会形式”によるオペラだったんですね。演奏会形式のオペラもなかなか良いものです。私も、昨年見た、ナタリー・デッセーの『ランメルモールのルチア』は演奏会形式でした。演奏会形式は、音楽に集中できるので、音楽を堪能したい時には良い演奏形式だと思います。それにしても、シカゴのオペラかあ…すごそうだなあ。

 『美女と野獣』はそんなにすごかったのですか? 実は私『美女と野獣』なんて、たいした事ないだろうと歯牙にもかけていませんでした。「だって、ディズニーアニメでしょ?」って思ってました。でも、そうでもなかったんですね。確かに、ライオンキングは、アニメと舞台は全然感動が違いましたね。

 まあ、東京での再演を待ちます。そうそう、『オペラ座の怪人』が6月で千秋楽なんだそうですよ。チャンスがあれば、もう一度見に行きたいです。

すとんさん、こんばんは (*^^*)/

プラハ国立劇場の「フィガロ」を歩いて数分で見れた!とはラッキーですね。

同じ作品でも演出で丸で違う事感じますよね。
好みは原作の設定ですが、時代が現代設定に変換されているのは中々馴染めません。
「カルメン」がジーンズで演じられていた時は、予算が厳しいんだろうなって同情しちゃいました。 
その当時のバレエの先生と仲間のダンサー達の踊りには大満足でしたが。

息子さん、将来楽しみですね♪
先がプロでもアマでも感受性の高い時期に良いものを見せてもらえるなんて、
最高にラーッキーな事。

私は本物、それも生は滅多にみられません ~~);
でも、それはレッスン受ける人にとって、とても大事な事だと思ってます。
春に向けての冬の練習舞台のテノールのゲストの方はすばらしい!と感動してたら、
同じ歌を違うゲストが歌ったら、上には上が居る!とうなりました。
生で同じ舞台上だから、肌で感じられた訳です。

最近のすとんさんのレッスン記、面白いですね。
「違和感」感じっぱなしです  


wasabinさん

 生で海外の歌劇団の引越し公演を見れるなんて、大都会に住んでいる人間ならいざ知らず、大多数の地方在住の日本人(私ももちろん、そうです)にとっては「そりゃ、なんじゃい?」の話を、ブログに書けるのは、本当に恵まれていると自覚しています。それだけ、地元の楽友協会が頑張っているんですね。感謝、感謝です。

 最近は、オペラでも、時代設定を現代ないしは近現代に設定し直したものが多いですね。私は、それはちょっと苦手です。…カルメンがジーンズ? かなり厳しいですね。

 本物を生で見る事は、とても大切な事だと思います。それこそ『百聞は一見に如かず』なんですが、地方に住んでいると、なかなかそれも難しい事です。それを補うために、CDやDVDもあれば、テレビ放送もあるんですが…やっぱり、生にはかないません。少なくとも、生演奏だからこそ、中学生のハートをガッチリつかめたんだと思います。

>「違和感」感じっぱなしです

 良い意味での「違和感」だと解釈して(笑)、今後もブログを書き続けていきます。

21世紀の現在、オペラを18世紀のままで観たいんですか?

おもしろい発想ですね。

雨音さん、いらっしゃいませ。

 コメントを投稿された際、お名前が未記入だったので、こちらで勝手に名付けさせてもらいました。いつもは“名無し”とか“通りすがり”と付けるのですが、最近はこのブログのローカルルールを存じ上げない方も多く、お名前が未記入のままでコメントを投稿される方も多いので、そういう方に名付けをするにしても、もう少しバリエーションがあった方が良いかなと思った次第です。

 次回からは、ぜひ自らのお名前を名乗ってくださいませ。別に本名じゃなくてもいいですよ(笑)。

 ちなみに“雨音”と名付けたのは、このコメントを書いている今現在、外では雨が降っているからです。他意はありません。

 という訳で、雨音さん。

>21世紀の現在、オペラを18世紀のままで観たいんですか?

 あなたは見たくないのですか? 私は見たいですよ。ぜひ見たいですよ。純粋に“オリジナルを尊重する気持ち”であり“向学心”からです。ワクワクしませんか?

 きっとあなたはワクワクしないんでしょうね。何事もに興味感心と向学心を持って臨めば、この世界は今よりももっと色鮮やかに輝いて見えるのに…残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートのリッププレートが剥がれ落ちたら…そりゃあ、焦るよね | トップページ | 金魚は泳ぐ宝石 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん