ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] | トップページ | しっかり息を支えるためには、腹筋を鍛えないとダメですね »

2013年1月21日 (月)

ノドの奥をしっかり開ける

 今年最初の声楽のレッスンに行きました。

 今回は私たちがレッスンに行ったら、先客がいました。なかなか珍しい事です。若い女性で、派手で美しい方でした。なんか、半端なく上手な方でした。発声も実に美しく、歌っていたのはモーツァルトのアリアですが、そのままレコーディングしていいんじゃないの?ってレベルの歌でした。私から見れば、完璧な歌唱ですが、先生とのやりとりを聞いていると、それでもまだ改善の余地がありそうで、先生はあれこれ色々とアドヴァイスしていました。鼻やクチビルをもっと効果的に使うにはどうするかとか、まずは色気よりも活舌を優先していくだとか…レッスン内容がハイレベルで、私は聞いていても、何も分かりませんでした。検討すらつきません。

 すごいなあって思ったのは、彼女は、先生のアドヴァイスをすぐに形にしてました。注意を受けたら、即座に直せるわけで…すごいなあ。

 リアルなマスタークラスでした。私のような素人の理解の枠を越えたレッスンでした。なんでも、近日中に行われるオーディションに向けてのレッスンのようでした。…となると、この女性はプロの方なのかな? 少なくとも、オーディションを受けて、役をゲットしようとしているわけだから、たとえアマチュアだとしても、私なんかとは住んでいる世界が全く違う方なんだろうと思います。

 歌には、これで良し、なんて事は全然無く、上には上があり、その上の方も、さらなる上を目指して、日々努力しているって事ですね。向上心が刺激される良い経験でした。

 しかし、Y先生は、こんなレベルの方のレッスンも引き受けているのか…。ならば、私はY先生から、これから先も、当分の間は学ぶことに困らないんだろうなあ…。
 
 
 さて、私のレッスンです。

 まずはハミングから。ハミングは、最近、自宅でやっているように、ポジションを高めに、しっかり息の通り道を確認するようにやってみました。「何かありましたか? 良くなっていますよ。息がだいぶ吐けるようになってます」と誉められました。まあ、亀の歩みですが、毎日、努力はしてますから…。

 “息が吐ける”と言うのは“ノドをしめつけない”と言うことと、どうやら表裏一体のようです。ですから“ノドをしめつけない”と思って歌うよりも“息をたっぷり吐こう”と思って歌った方が、結果は良いみたいです。と言うのも、私たち人間は『~しない』という禁則事項を遵守するよりも『~しよう』と言うように、前向きな努力の方が頑張れるのですからね。

 とにかく、ブレスをもたせるために、息をケチって歌うのはダメです。少なくとも、今の私程度の技術レベルではダメみたいです。息をボーボー吐きながら歌うようにしましょう。ううむ、キング式発声法とは真逆なので、これはほんと、難しいです。
 
 
 続いて、発声練習です。発声練習は、実にたっぷりやりました。ハミング同様に、しっかり息を吐くことを念頭に置いて練習しました。

 今回のレッスンの目的は『クチの奥をしっかり開けて歌う』だったようです。とにかく、手を変え品を変え、クチの奥をしっかり開けて歌う練習をたっぷりやりました。

 クチの奥をしっかり開けるとは…

 1)軟口蓋を上げる
 2)ノドボトケを下げる

 …の二点を同時に行う事を言います。そのためには、まず“軟口蓋を上げる”感覚と、“ノドボトケを下げる”感覚を自分のものにしないといけません。ところが、これが難しいです。と言うもの、私は意識的に軟口蓋を上げた事が無いし、ノドボトケを下げる方はY先生になってから、意識するようにしてますが、これがなかなか定着しないのです。ただ今習得中の事と、未経験の事を同時に行うのは…さすがに無理です。

 まずは、習得中であるノドボトケを下げる感覚を使って、なるべくノドボトケを下げて歌う練習です。このノドボトケと軟口蓋には、連動性があるので、ノドボトケを下げていくと、軟口蓋も少しずつ上がっていくので、ノドボトケを下げていくだけでも、効果アリなんだそうです。もっとも、高い音になると、ノドボトケだけでは足りないので、やはり軟口蓋を積極的に上げていかないといけないのだそうです。

 軟口蓋を上げる感覚をつかむには…軟口蓋はノドボトケと違って外部から触れないし、見ることもできないので、手鏡を使って、軟口蓋の動きと自分の感覚を一致させる事から始めないといけないみたいです。とにかく、頑張りますよ。

 クチの奥の開き具合は、響きに密接に関係するそうです。私のクチは手前側はよく開いているのだそうですが、奥はあまり開いていないので、響きが薄いのだそうです。ま、もっとも、クチの手前は開いても奥が開かないのは、日本人全般(ってか、日本語話者)に通じる特徴のようなものなんですが…。とにかく、奥を開いて、響きをもっともっと付加する事が目下の急務って事なんです。

 とにかく、響き豊かに歌えない事には、響きを利用した歌唱は無理なんだそうです。で、響きを利用できなければ、高音は歌えないと言われました。

 ノドの鳴りを優先する歌唱方法では、せいぜいGまでしか歌えないのだそうです。GisやAは響きの力を借りないと、歌えないと言われました。確かに、自宅練習をしていて、GisやAがスコンと出る時は、Gまでの発声とは確かに感覚が違うような気がします。ノドを締めつけて力付くで発声するのではなく、なんか、フワ~と天井が抜けたような感じで歌っている感じなんです。もっとも、この天井が抜けた感じってのが難しく、たいていは天井が外れなくて、ぶつかって失速するんですよね(涙)。“出す”と言うよりも“出ちゃう”って感じです。ああ、もっと確実に天井を外して歌えるようになれるといいんだけれど…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] | トップページ | しっかり息を支えるためには、腹筋を鍛えないとダメですね »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ・・・

軟口蓋って図解で見ても、自分の体にその図をはめることができず・・・
私には理解不能の、『持ち物』なわけで・・・
どこにあるかもちゃんとわからずに
そこが、何を感じているのかもわからないまま・・・
『上げる』なんてことは不可能なわけで・・・

つまり、手で触れる喉仏を下げる・・・訳ですよね。
顎を動かさずに喉仏をうごかすにはどうするのって思って、
つばを飲み込んでみた・・・喉仏さん上に移動。
鼻で息を吸ってみて・・・喉仏さん少し下に移動。

つばを飲み込むときには、食道を開ける。
つまり、気道を塞ぐため、上に動くのかぁ。
鼻で息を吸うときには、その逆になるわけだ・・・

口を大きく開いて、顎を大きくうごかしてみた。
おっ!下がる!
この状態で、言葉を発するために舌や唇を動かし、
さらには腹筋で支え息の量を調節するのかぁ・・・

分かっていたこととはいえ、ブログを読みながら試してみて
意識をそこにもっていって・・・う~~~ん、良い勉強になります。

今から、『意識的な』発声練習ます!
いつも、無料レッスン受けてる気分です(^.^)
ありがとうございます!!

CuniCoさん

>いつも、無料レッスン受けてる気分です(^.^)

 それほどの事でもないですよ。と言うのも、今、私が習っている事は、割とオーソドックスな事ばかりですから、発声関係の参考書やHPにも同じような事が書かれています。つまり、誰でも知る事のできる情報って奴です(笑)。

 その上、私が文章で表現できる事には限りがありますし、元々が私の覚書ですから、それほど親切に書かれているわけではありません。『百聞は一見にしかず』であって、実際に見たり聞いたりしなければ分からない事もある…と言うか、分からない事だらけですし。

 何が言いたいかと言うと、あっちこっち足りない部分があるので、私の記事を鵜呑みにせず、適宜補って参考にしてくださいって事です。悪気はないのですが、大切な事がすっぽり落ちているかもしれないし(笑)。

 ノドボトケを下げるには、最初のうちは、口を大きく開くのが分かりやすいです。CuniCoさんは気づきましたが、私は書き落としているでしょ? そういう事です。まずは口を大きく開いて、ノドボトケを下げるのです。やがて馴れてくると、口をさほど開かなくても、ノドボトケを下げる事が出来るようになるそうです。でも、それはダメで、馴れてもクチは大きく開く事が肝心のようです。なんか禅問答みたいですね(笑)。

 軟口蓋を上げる、が分かりづらかったら、口蓋垂(ノドチンコ)を上げるでも構いませんよ。

いいですね、いいですね♪
だんだん良くなってだんだんできることが追加されているように見えてとても(人ごとながら)うれしいです。
喉仏上手に下げられてます?
舌を精一杯出して(唇は合わせる)鼻から息を吸う
そうすると喉仏(わたしは女性なので声帯と言われましたが)が下がるのですよ。
そうするとどこまで上がってて、どこまで下がるか、自分で確認できるからお試し下さい♪
やってみてどんな感じだったか教えていただけるとうれしいです。

ミルテさん

>喉仏上手に下げられてます?

 ノドボトケは、かなり意識的に下げられるようになりました。下げるのは下げていますが、下げ続けているのが大変ですし、気が散ると元の木阿弥です。そういう意味では、筋力が足りない?のかな。とにかく、一応男性ですから、ノドボトケを意識するのは簡単ですし、意識さえできれば、後は不断の努力でどうにかするだけです。

 ミルテさんお薦めの方法は…面白いですね。本当に鼻で息を吸うと、ノドボトケが下がります(笑)。いやあ、驚いた。ただ、この方法だと、クチが閉じているので、ノドボトケの下がる量がいま一つです。アゴの力は借りなくても、クチが開いている方が、ノドボトケが大きく下がるような気がします。もしかして、舌を思いっきり出しているのが、ノドボトケがあまり下がらない理由かな? つまり、私はノドボトケを下げるのに、舌の力を利用しているとか? とにかく、意識的に自由自在にノドボトケを下げられるように頑張ります。

>わたしは女性なので声帯と言われましたが

 以前も書きましたが、私は便宜上「ノドボトケ」って書いてますが、実は私、ノドボトケがありません(笑)。なので、ノドボトケが下がっているかどうかは外見からでは、ほとんど分かりません。触ってみると分かりますが(笑)。そういう意味では、女性に近い声帯を持っているんでしょうね。

 テノールさんには、ノドボトケが無い人、大勢います。

僕にとっても口腔内のスペースを大きくして響きを得ることは課題の一つです。なんというか、あくびをするように、とか、温かい息を吐くように(ガラスにはぁ〜って)、なんて思ったりしてるんですが、無駄な所に力みが入ってしまいますし、歌ってる途中にそれを維持するってのが中々上手くいきません…。特に、高い音を出そうとすると、どうしても喉を締めて出そうとしてしまういけない癖があるように思います。ただ、一度レッスンでGisあたりの音を非常にナチュラルに、息の流れが遮られずに、なんというか大手を広げて喉から上が解放された(分かり難くてすみません…)っていう感覚でスコーンと出せたことがあり、それを再現できないものかと思っています。でも、ナチュラルっていうものほど感覚として認識し辛く、再現し難いですよね…。

bigaさん

 ノドの奥を大きく開けて歌うのは、慣れないせいもあって、大変です。おっしゃるとおり、無駄な力みが入って、かえってノド声になったり、歌いながら、ゲーってなったり、むせたり、あくびが出たりとか、結構、散々だったりします。でも、そういうところを経過して上達するんじゃないかって思ってますので、めげずに頑張ってます。

>一度レッスンでGisあたりの音を非常にナチュラルに、息の流れが遮られずに、なんというか大手を広げて喉から上が解放された(分かり難くてすみません…)っていう感覚でスコーンと出せたことがあり、

 分かります分かります、私は分かりますよ。高音って、息の流れが遮られないんですよね。開放されたような気分で、スコーンって出るんですよね。うんうん、分かる分かる。

 でも、これって再現しようとすると、どこかが力んでしまって、うまくいかないわけで、ほんと、ナチュラルな発声って難しいです。

>クチが開いている方が、ノドボトケが大きく下がるような気がします。
これとってもよくわかるんだけどね。。。
スキルアップしていくと、口を開けると喉の奥が締まるという場面にぶつかるんですよ。
頭蓋骨は結局蝶番の形でしょ?口開けると首側(つまり口の奥側)があかなくなる局面にぶつかるのね。
その時に口を開けて声帯を下げる感覚を掴んでいると口を閉じて声帯を下げることができなくなって発声作り直し!とかになりやすいんだそうです。
なので、この方法で下げる感覚を身に付け、これでしたを出さずに声帯を下げ、そこから歌い始める、っていうふうに段階踏んで習ったんです。
すとんさんいま口あけて下げているようなので、それだと歌い初めに間に合わないし、舞台で歌うとき、口あけてからじゃないと声が出ないのも変でしょう?
両方合わせて声帯を下げる練習してもいいかなって思って書きました。
時々この方法で声帯下げて遊んでいてくれると嬉しいです。

ミルテさん

 なるほど、色々な理由があるもんですね。お察しのとおり、今の私は、口を開けてアゴを下げた状態でノドボトケを下げています。まあ、その方が感覚的につかみやすいからなんですが、確かにおっしゃる通り『歌い始めに間に合わない』とかあるし、何より『マ行音の時に、やたらと忙しい』と言った悩みもあります。

 声帯単体で上げ下げできる方が、そりゃあ何かと便利ってのは分かります。今はちょっと慣れないので、不思議な感じがしますが、遊び半分でトライし続けてみます。きっと慣れちゃえば、どってこと無くなるんだろうし…。

 しかし、なぜ鼻から息を吸うと、ノドボトケが下がるのか、疑問っちゃあ疑問です。

>発声作り直し!とかになりやすいんだそうです。

 それは勘弁! 今、文字通り発声を作り直している最中だけれど、作り直している時って、色々な事が一度後退する訳で、そう何度も何度も後退していたら、気持ちが腐っちゃうよ。なるべく発声作り直しはナシにしてもらえる方向で…頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] | トップページ | しっかり息を支えるためには、腹筋を鍛えないとダメですね »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん