お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 吹奏楽って…なかなか興味深い文化を持ってます | トップページ | 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] »

2013年1月19日 (土)

ハナジロが可愛い

 なんかねえ、ハナジロが可愛いんですよ。ウチに来た当初は、何の特徴もない、ただの素赤オランダで、鼻のあたりが白くなっていたので、そこから「鼻白い」 -> 「ハナジロ」でハナジロになった子なので、その鼻が白いのが無くなってしまったら、ほんとの本当に何の特徴も無い、ただのつまらない駄金に成り下がってしまうわけです。そんな特徴の無い子は、記憶に残りませんので、なかなか愛情もわきづらいものです。

 ところが最近、ハナジロが巨大化してきました。ハナジロって、尾ビレがそんなに長くないタイプなので、大きくなってくると、まるでジャガイモがゴロンっとしている感じになるのです。はっきり言って、ブサイク(笑)でチンチクリン(笑)。でも、そのブサイクでチンチクリンなところが可愛いんですよ。短い尾ビレでユラユラ泳いでいる姿は、結構ラブリーなんです。

 さらに、エサを食べている様子がなかなか良いのですよ。エサの時は、金魚たち、それぞれが夢中になってエサを漁るので、その子の特徴がよく見えます。サクラはクチがおごっていますので「私は金魚のエサしか口にしないわよ」って感じで、ひたすらエサだけを食べて、その他のモノには目もくれませんが、ナゴンは「ああ、食べ足りない。足りない部分は(美味しくないけれど)水草でも食べて我慢するか」という感じで不平不満な感じがアリアリだし、キキョウは目を皿のようにして水槽の隅から隅までずずいとエサを探して、見つけると、どんな狭いところにだって身をよじり入れて食べます。

 ハナジロ…はと言うと、たぶん、金魚に表情があったら、エサを食べている時のハナジロは、きっとすごくいい顔をしていると思います。そんな想像が出来ちゃうくらい「エサ美味しい。エサ最高」というオーラを出しながら食べてます。

 そういう姿が実に可愛いハナジロなんですよ。つまり、ハナジロは、美人と言うよりも、愛くるしいタイプの金魚になったわけです。ああ、ほんと、可愛い金魚だこと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 吹奏楽って…なかなか興味深い文化を持ってます | トップページ | 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] »

コメント

うーん、想像するとかわいいですね
ほかの金魚さんたちも個性的で、らぶりーです
うちには猫がいるので金魚は飼えませんから、すとんさんの金魚日記がいつも楽しみです。
小鳥も、いたらいいなあと思いつつ絶対無理……
すとんさん、飼ってみたりしませんか?(笑)

椎茸さん

 小鳥は、子どもの頃に飼ってました。セキセイインコとか文鳥ですが。文鳥は一羽限りでしたが、セキセイインコは複数羽買ってました。一番多い時で、鳥かごを三段積みしてましたし、繁殖もしてました。

 オトナになってからは…鳥は飼ってません。好きなんですが、ちょっと問題があってねえ…。

 実は私、喘息持ちなんですよ。ですから、毛の生えている動物の飼育には慎重にならざるをえないからです。どうやらイヌは大丈夫のようですが、ネコはアウトです。小鳥は…実は小鳥を飼っていた時、私、あまり調子が良くなかったような、そんな記憶があるので、ちょっと迷ってます。まあ、昔の話ですから、試してもいいのですが、試してみてダメと分かっても、一度飼い始めたものを諦めるわけにもいかないでしょうから、二の足を踏んでます。その点、金魚はアレルギーとは無関係で飼えるので、安心なんです。

 まあ、飼うなら、やっぱりセキセイインコかな? インコ、好きなんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吹奏楽って…なかなか興味深い文化を持ってます | トップページ | 花粉症、始まりましたね(涙)[2013年1月第3週・通算2週] »

フォト
無料ブログはココログ