ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 金魚は泳ぐ宝石 | トップページ | もしかして、フルートって難しい楽器? »

2013年1月27日 (日)

『おしん』を見て思うこと[2013年1月第4週・通算3週]

体重:109.2kg[-2.1kg:-3.0kg]
体脂肪率:31.2%[+0.4%:+0.2%]
BMI:34.5[-0.3:-0.9]
体脂肪質量:34.1kg[+0.1kg:-0.7kg]
腹囲:106.0cm[+0.3cm:-2.0cm]
     [先週との差:2013年当初との差]

 ただ今、NHK-BSで『おしん』が放送されています。日曜日に、一週間分をまとめて放送していますので、私はそれをHDDに録画して、毎日15分ずつ見ています。

 『おしん』…有名なドラマですよね。本放送が1983年ですから、今から30年前のドラマです。当時の平均視聴率が52.6%で、最高視聴率が62.9%。これはテレビドラマの歴代最高視聴率記録なんだそうです。『おしん』って、モンスター番組だったんですね。

 このドラマがリアルタイムで放送されていた頃、私は、このドラマが話題になっていた事は知ってましたが、実は見損なっていました。いや、別にこのドラマに限りません。NHKの朝の連続テレビ小説って、放送時間が良くないんだよね。だって、あの時間、普通の勤め人なら、すでに活動している時間でしょ? まあ、今なら『録画しておいて後で見る』という事もできますが(それでも毎日だから大変かも)、当時は録画すらできなかったわけで、まあ、見れなくて当然のドラマでした。…って、当時、このドラマって、一体誰が見ていたんだろ? 当時の日本には、朝っぱらからテレビ見ていられる人が、たくさんいたって話?

 とにかく、当時は、朝の連ドラなんて、一度放送終了してしまうと、再放送はなく、あっても、総集編をたまにやるくらいでした。なので『おしん』も、総集編は見たことあるけれど、本編は見た事がなく、総集編だと内容もチンプンカンプンなので、今回、きちんと放送するというので、見てみる事にしました。
 
 
 今はまだ物語の冒頭部分を放送していますが、ドラマの中の時代は……今ドラマの中で、7歳のおしんを匿っていた俊作は、日露戦争に関係しているようですが、日露戦争は1904~1905年だし、ドラマの中で、おしんは与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」を暗誦していますが、この詩が明星に掲載されたのは、1904年です。この1904年は、明治37年で、物語の時間は、そのちょっと後、と考えると、ドラマの中の時代は…明治30年代後半? となると、当時7歳のおしんは明治30年代前半(なんと19世紀だよ!)の生まれ…って事になります。もしも生きていれば、120歳前後って事になりそう…。なにしろ、今から100年前の1913年でさえ、大正2年ですからね。ほんと、明治は遠くになりにけり…です。

 なんか、そんな昔が舞台になっている物語を見ているんだと思うと、色々な意味でビックリします。

 物語は山形の寒村(はっきり言って、田舎)が舞台だし、物語だから、色々と誇張されているだろうけれど、これ、ほんの110年前の話ですよ。110年前の日本って、こんなに貧しかった? そこから今を鑑みると、この110年間の私たちのご先祖様たちの頑張りに、感謝感謝です。

 もしかすると『あの豊かな国である日本だって、ほんの少し前は(ドラマ放送当時から見ると、物語は約80年前の時代から、その当時の現代まで続いていてます)こんなに貧しかったんだ!』という事実が、東南アジアを始めとした、途上国でウケたのかもしれません。世界66ヶ国で放送され、各国で好評だったのも分かる気がします。だって『おしん』の話って、ジャパニーズ・ドリームであり、アジアン・ドリームの話でしょ。今はたとえ貧しくても、頑張って努力すれば、我々だって日本のように豊かになれる…って事でしょ?

 でも、栄枯盛衰夢の跡だよね。おしんの作った、スーパー田野倉って、ヤオハンがモデルらしいです。確かにドラマが放送していた頃は、ヤオハンは元気一杯で流通界でブイブイ言わせていた大企業だったけれど、今じゃ、そのヤオハンはすでに廃業して、跡形もありません。世の中なんて、そんなモン…なんでしょうね。ちょっと悲しいね。

 これからどんなストーリーが展開されていくのか楽しみだけど、きっと、根性根性ど根性な話なんだろうな。そうやって、ご先祖様たちが、ドロにまみれながら頑張ったからこそ、今の日本の豊かさと繁栄があるわけで、私はおしんのドラマを見ながら、我が先祖たちに感謝するのでありました。

 それにしても、おしんで有名になった“大根メシ”って…なんだろうと思ってみていたけれど、あれって、大根が主役の雑炊みたいだね。今の我々なら、とっても美味しい大根メシが作れるのだろうけれど、あの当時の山形の寒村では、きっと、そんなに美味しくなかったんだろうなあ…。

 それにしても、昔の田舎の料理って、なんでもかんでも、鍋に入れて煮ちゃうんだな。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 金魚は泳ぐ宝石 | トップページ | もしかして、フルートって難しい楽器? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

今日のテーマはおしんさんなのですが、
>なんでもかんでも、鍋に入れて煮ちゃうんだな。

ここを読んでぱーっとイメージが浮かびました。黒いすすけた土間を上がると、そこにいろりがあって、そこで煮炊きができて暖もとれて、まわりを家族が囲んで集う、・・・このイメージ、もしかしたら、おしんは「冬の夜」という文部省唱歌に似ているのかな、と思いました。外は雪がシンシンとふりつもり、縄をなうお父さんが、いくさの手柄を語る、という歌詞が出てきます、それは日露戦争て゜たてたお手柄を子どもたちに話して聞かせているんだそうです。明治ははるかに遠くなりにけり、ですね。

これから、昭和の時代もそんなふうに遠ざかっていくんでしょうね。五十年前が二つで百年前になるんですもん、もう五十年すぎちゃったので、あとちょっとで百年前の昭和になってしまいますね。

だりあさん

 そう言えば、偶然ですが、ドラマの中では春夏秋冬があるはずなのに、春夏秋の物語はさっと過ぎて、常に舞台は“雪の寒村”なんですよね。おしんの幼い時代はイメージとして“冬”なんでしょうね。

>黒いすすけた土間を上がると、そこにいろりがあって、そこで煮炊きができて暖もとれて、まわりを家族が囲んで集う

 そうですね。そう考えると“いろり”を発明した日本人ってすごいですね。西洋の暖炉もすごいけれど、いろりもナカナカ捨てたもんじゃないですね。

>これから、昭和の時代もそんなふうに遠ざかっていくんでしょうね。

 平成もいつのまにか25年、すでに四半世紀です。町には平成生まれの若者たちもたくさんいます。

 平成元年は、1989年です。美空ひばりと手塚治虫とカラヤンが亡くなって、宮崎勤事件とオウムの坂本弁護士一家殺害事件が起こって、ドイツではベルリンの壁が崩壊し、中国では天安門事件が起りました。パソコンの世界は、Windowsはまだまだで、MS-DOSの時代で、インターネットはまだ商用化されておらず、パソコン通信の時代で、2400bpsモデムが主流だった時代です。ゲームは、まだ初代のファミコンの時代だったし、CDはあったけれど、DVDは未だ無く、画像はVHSビデオの時代でした。

 なんか、昭和もだいぶ、遠くに逝ってしまってますねえ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚は泳ぐ宝石 | トップページ | もしかして、フルートって難しい楽器? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん