ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その6[2011年&2012年前半編] | トップページ | 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) »

2013年1月 8日 (火)

私は今まで、こんな歌を習ってきた その7[2012年後半編]

 2012年の後半の部です。

 色々あってキング門下を辞めた私は、声楽を辞めてしまおうと考えていました。ちょうど20年ほど前に、T門下を辞めた時に音楽を辞めたのと同様に、今回の件で、音楽に嫌気が差してしまった私は、音楽を、少なくとも声楽を、すっぱり辞めてしまおうと思っていました。

 だって、もうあんなイヤな思いをするのは二度とゴメンだからです。もう、音楽はフルートだけでいいや…って思ってました。声楽を辞めて、他の趣味を始めようと真剣に思ってました。

 T先生の時は、引き止めてくれる人もいなければ、支えてくれる人もいなかったわけで、あっさりと声楽を辞めてしまいましたが、今回はそんなわけには参りません。今回は、妻が私の側にして、私の支えとなってくれました。キング先生と訣別して落ち込んでいた私を、助けて、支えてくれました。

 まずは、ガラコンサートのすぐ後に、ピアノ発表会のゲスト出演を用意してくれ、キング先生がいなくても、ちゃんと歌えるって事を教えてくれました。そして、すぐに、次の先生である、Y先生とも交渉してくれました。結局、今も歌を諦めずに歌っていられるのは、この時の妻のガンバリのおかげです。妻には感謝してもしきれないです。妻は、ある意味、私の恩人になるわけです。

 と言うわけで、2012年の7月に、Y門下に入門した私たちでした。

44)トスティ作曲「La Serenata/セレナータ」
45)ベッリーニ作曲「Vaga luna/優雅な月よ」
46)ベッリーニ作曲「 Malinconia, Ninfa gentile/マリンコニーア」

 Y先生のレッスンは月2回(不定期)で、一回のレッスンが二人で1時間半です。ただし、キング先生の時とは違って、今のところ、一緒に何かをすると言うことはなく、二人で交互にレッスンを受けています。ただし、必ず相手のレッスンはしっかりと見て学びなさいとは言われています。キング先生の時は、声楽はそれぞれだから、自分以外の人に言われた事は聞いちゃダメだよと言われていたので、その辺はレッスンの扱いが真逆で、面白いです。

 まあ、今のところは妻とは別メニューで学んでいますが、やがて二重唱のレッスンをするようになれば、同じ曲を一緒に学ぶようになるでしょうね。

 それにしても、半年で三曲とは、また少ないですね。

 44)と45)は、秋に行われた、地元の市民文化祭の一つの催事である「クラシック・コンサート」に出演するために、私が持ち込んだ曲です。入門した段階で、すぐにクラシック・コンサートの準備を始めないと間に合わない…という状況だったので、とりあえず、44)と45)を歌えるようにしましょうと言う感じで、付け焼き刃的なレッスンをしていただきました。

 とにかく、先生も私たちも、お互い要領つかめていない部分もある上に、本番までの準備期間が短く、レッスンは月2回ですから、今回は、私たち(私と妻とピアニストさんの三人)で曲を仕上げ、先生にはアドヴァイスをもらうという形になりました。

 44)も45)も原調で歌ったのですが、44)は何とかなりましたが、45)は本番で撃沈してしまいました。45)はまだ私には難しかったようです。また、別の機会にリベンジをしたいと思いました。

 で、クラシック・コンサートを終えてから、やっと腰を据えてY先生の指導を受けるようになりました。46)は課題曲と言うよりも、エチュードのカタマリのような扱いで、この一曲だけから、実にたくさんの指導を受けました。

 2013年も、まだ46)は歌い続けますが、47)も加わることになりました。

47)トスティ作曲「L'ultima canzone/最後の歌」

 こんな感じの私の記録です。私は今まで、こんな歌を歌ってきたんです。

 さて、今年はどんな曲を学ぶのか、今から楽しみです。当面、発表会に向けてドキドキが止まりません(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その6[2011年&2012年前半編] | トップページ | 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

「歌う」ことに紆余曲折が伴っておられたんですね。
最初のT先生と、現在のY先生のご指導方法が一番スタンダードで なおかつ、その道はプロフェッショナルな声楽家の道につながっているように思います。
他の先生は「上手なアマチュア」どまりの指導法のように感じました。
あくまですとんさんの文章の感想なので、間違っていたらごめんなさいね。

でもY先生の指導方法がわたしは一番いいんじゃないかなぁ、いい先生に師事されたな、と思うのですよ。
なので焦らず頑張って、そしてキング先生の時のように時々お声を聞かせてくださいね。
今年のご活躍も期待して、楽しみにして、そしてこちらを訪問させていただきます♪

ミルテさん

 悩みのない人生なんて無いですよ、たとえ趣味の世界の話であっても(笑)。

 確かに、今のY先生の教えてくださる事は、以前のT先生が教えてくださった事につながっていますし、合唱団で世話になったヴォイストレーナーの方々の話とも通じるし、何より声楽関係の参考書に書いてある事とも、大概、一致するので、オーソドックスでスタンダードなやり方なんだろうと思います。

 『どんなやり方であっても、頂上にたどり着ければ良い』と言うのは正解だし、人それぞれにカラダが違っているから『声楽には決まりきったやり方は無い』と言うのも正解。要は、その指導法が習っている人間に適しているかどうかで、どんなに変わったやり方でも、その人にピッタリな方法なら問題はないわけです。前の先生のところだって、入門してすぐにグングン伸びていく人はいますからね。そういう人には、あのやり方がふさわしかったのかもしれませんが、私は五年も習った割には、たいして上達していないし、個人レッスンになってからは(昔の録音を聞いた感じでは)むしろ下手になっているような気がします。

 『教え方が合わなかったのか』『私には歌の適性がないのか』『上達よりも老化の方が足が速いのか』 三つのうちのいずかだったんでしょうね。ま、それはやがて分かる事ですから、今は結論を急ぐ必要はないかなって思ってます。

 T先生は知り合いの紹介で、前の先生はネットを見て知って、それでお世話になりました。それに対してY先生はちょっと違っていて、私は元々、歌手としてのY先生のファンだったんです。テノール命の私が、ファンになったバリトンさんですから、ちょっとただ者じゃないって事はお分かりだと思います。ほんと、声は半端無く美しい方なんですよ。で、せっかく新しく先生を探すなら、憧れの歌手さんにダメもとでお願いしてみようとアクションを起こして、受け入れてもらって、今があります。

 声が美しいのは『七難隠す』わけですから、私もY先生の元で、声を磨いて、美しい歌声で歌えるように頑張ります。

 歌声は、適当な録音があれば、今後も以前同様にアップしていきますので、ご安心ください(笑)。

"L'ultima canzone"、トスティのレッスンを受けていた頃の私の十八番でした。(以前すとんさんにもコメントいただいていますがブログにアップしたこともありましたね。)
すっかりトスティから離れていますが(機会がないだけ)、こちらの記事でまた歌いたくなりました。特に「暁は光から」が歌いたいのですが。
声楽の先生はたとえ音大の有名な実力ある先生だとしても、スタンダードな教え方出ない場合もあるし、その先生のもとで「声を壊す」人もいるし、もちろん相性もあります。
キング先生の時のレッスン記でも「なるほどなあ。」という教え方も多かったのですが、すとんさんと私ではテノールとソプラノの違いもあるし真似はできないと思っていました。ひとつひとつ実践する余裕もなかったのですが。
実は私ベッリーニの楽譜は中声用しか持っていません。(全音)
高声用を手に入れたいです。レッスン受けていた頃は自分で移調したりそのまま歌ったりでした。

Ceciliaさん

 「暁は光から」は、音域的にはソプラノさんの得意な音域の曲ですが、詩の内容は、イタリア語ペラペラのY先生に言わせると「とても女性が歌うような内容ではない」そうです。もっとも、男性になりきって歌うなら、それもアリなんだと思います。ま、トスティって、基本的に作曲家自身が歌うために書かれているので、どうしても男性向けの曲が多いんですよね。

 キング先生はご自身で「私の教え方は他の人とは少し違う」と公言されていたので、スタンダードな教え方ではない事は、最初から承知していました。だから、その点に関しては文句を言うつもりはありません。まあ、それにこれも何かの縁だと思って習っていたわけです。ただ、今思えば、私には合っていなかったのかもしれない…とは思います。

 ベッリーニは(プロも含めて)皆さん、中声用で歌われる方が多いですね。あ、ロッシーニやヴェルディの歌曲も、そんな感じみたいです。これは日本で手に入れられやすい全音の楽譜が、原調ではなく中声用だからだと思いますよ。なぜ、わざわざ中声用にして発売したのでしょうね? 最近は、ドレミから、ベッリーニとヴェルディは原調版の楽譜が発売されたのですが、それでもやはり、皆さん、中声用がお好きなようですね。

 ちなみに、私が入手したベッリーニの高声用の楽譜はリコルディのものですが、アマゾンで買いました。値段も安くて、お手軽ですよ(笑)。“Ricordi bellini”で検索かけて出てくる、黄色い表紙の奴が高声用です。

 いやあ、今は輸入楽譜でもアマゾンで、ちょちょと買えますので、いい時代になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その6[2011年&2012年前半編] | トップページ | 相手の動きに合わせて動く…のは難しい(汗) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん