ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その3[2008年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その5[2010年編] »

2013年1月 5日 (土)

私は今まで、こんな歌を習ってきた その4[2009年編]

 2009年は、歌のレッスンを、グループレッスンから個人レッスンに変更した私です。

 もっとも、個人レッスンと言っても、その実態はカップルレッスンでした。と言うのも、カルチャースクールの決まりで、個人レッスンは、一人30分という枠だったので、妻を誘って、二人で1時間という枠にしてもらってレッスンを受けました。二人同時にできる事も、レッスンの中ではたくさんあるので、一人30分よりも二人で1時間の方が内容的に濃いレッスンが受けられるので、先生とも相談して、そうしました。もっとも、私たちが一番最後の時間のレッスンだったで、この頃のキング先生は、よくレッスンを延長してくださり、結局二人で90分というレッスンになってしまう事も多々ありました。(ってか、大半がそうでした)。本当に、有り難かったですし、この頃のキング先生には感謝しています。

15)ドナウディ作曲「O del mio amato ben/ああ愛する人の」
16)ヘンデル作曲「Lascia ch'io pianga/私を泣かせてください」
17)トレッリ作曲「Tu lo sai/あなたは知っている」
18)イタリア民謡「サンタ・ルチア」
19)イタリア民謡「オー・ソレ・ミオ」
20)モーツァルト作曲「フィガロの結婚」より二重唱「Crudel! Perche finora/憎いぞ! なぜこれまで私をこのように焦らしおった?」

 以上が2009年に歌った曲です。

 2009年は発表会イヤーでした。15)は、私が最初の発表会で歌った歌です。発表会は初夏に行われましたので、そこまでのレッスンでは、どっぷり発表会の曲だけ、つまり「O del mio amato ben/ああ愛する人の」だけを練習しました。当時の発表会の録音を聞いてみたら…今の私とあまり変わっていない(涙)。少なくとも、キング門下を辞めた時と2009年当時では、実力的にはほぼ同じ。いや、まだノド声の程度が後の時代と比べると緩い分だけ聞きやすいかも…。つまり、私の歌の実力は、この当時でピークに達し、すでに天井にぶつかっていたようです。この後、多少音域は広がったものの、ノド声はより激しくなっていきますので、むしろ聞きづらくなっていくのでした。

 この最初の発表会の選曲ですが、そもそもキング先生から「何が歌いたい」と聞かれたので「トスティが歌いたいです」と即答したところ「じゃあ、ドナウディにしよう」と、これまた即答で決められたという経緯があります。私は心の底から本当にトスティが歌いたかったので、すごくガッカリしました。

 発表会で私の直前に歌ったYテノールさんがトスティを歌っていたので、楽屋で「なぜトスティなんですか?」と尋ねたら「なんでも良かったのだけれど、先生がこの曲にしなさいと言ったので決めました」と答えてくれました。私も「なんでもいいです」と答えていたら、トスティを歌わせてもらえたのかな?…そりゃあナイか。先生は、私がガックリする姿が見たかっただけなんだろうなあ…。

 こうして、改めて振り返ってみると、最初の発表会って、なんか色々と悲しい事ばかり思い出されます。

 16)は「発表会が終わったので、ご褒美として、好きな曲を歌わせてあげる」と言われたので、選んだ曲です。実は「Time to say Goobye」を歌いたいと言ったのですが、簡単に却下されて、この曲になりました。

 17)は苦労した曲です。楽譜はもちろん高声用を使ったのですが、この曲は、高声用も中声用も調が同じなんですよね。だから、高声用を使ったと言っても、実質は中声用で歌っていると同じなんですが、それでも苦労しました。この頃からノド声が顕著になってきたと思います。ただ、先生からはノド声という指摘は一度も受けずに「歌のスタミナ不足だ」と言われました。とにかく、ちゃんと歌えないまま、ひとまず終えた曲です。

 今の私なら分かりますが「Tu lo sai/あなたは知っている」のような、高音安定の曲は、ノド声では絶対に歌えないので、ノド声判定曲としては、なかなか良い曲だろうと思います。

 18)はグループレッスンの時の楽譜で歌いました。16)も17)も、ロクに歌えなかったので、ちゃんと歌える曲もやりましょうって事でやった曲だったと思います。一方、同じイタリア民謡でも、19)は難しかったですね。高いGとAが出てくるのですが、Gの方も苦労しましたが、Aは壊滅的にどうにもならなかったです。結局、これも歌えないまま終えました。

 20)はせっかくカップルでレッスンに来ているのだから、二重唱をしましょうという事で選んだ曲です。ちなみに、この曲では、私は伯爵のパート[バリトン]を歌いました。当時の私は、バリトンパートなら、たいていの曲が歌えるけれど、テノールの役を歌えるだけの音域がなかったので、仕方がなかったのです。でも、本格的なオペラの二重唱を歌えた経験は、何ものにもかえられませんでした。

 この曲は…楽しかったですよ。そんなこんなで、私の2009年は終わりました。続きはまた明日。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その3[2008年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その5[2010年編] »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

2009発表会のドナウディ大変良いですね。ストンさんの録音は全て聴いたつもりでいましたがドナウディは初めて聴きました。最初のF。イの母音がありますがうまく処理されています。2回目のFは少しのどにかかっていますね。でも全体的に力が抜けていて音色が良く歌の雰囲気もよく出ていました。ストンさんがこんな声を出していた時期あったとは驚きです。音程も悪くなかったですよ。Y先生のご指導でもう一度良い声を取り戻されるのを願ってます。がんばってください。

玉ちゃんさん、いらっしゃいませ。

 ねえ、2009年の歌って、悪くないでしょ? 久し振りに聞いて、驚きました。人間って、マジメにやっていれば「知らず知らずのうちに上達している」ものでしょ? 普通。それなのに、この2009年当時で、今とだいたい同じレベルと言うか、いやむしろ、いい感じで脱力していて、ベターだったりするわけで、この音源を久し振りに聞いた時は、悲しくなりましたよ。それで思わず、ブログ記事に貼ってしまったわけなんです。

 この後、3年間も個人レッスンを受けていたわけだけれど、あの日々は一体なんだったのか! とグチりたくなる心境です。むしろ、3年かけて、変な癖を付けて、ノド声こじらせただけじゃないのかってね(…言い過ぎ?:涙)。

 まずは2009年の状態に戻らないとね(溜息)。一度ついた悪い癖は、なかなか抜けないんだよね、苦戦が予想されます。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
こちらのブログでお馴染みの懐かしい曲を拝見し、「老犬」ブログの歴史を振り返っています。
去年はまさかというようなことになりましたが、新しい先生のもとですとんさんの本来の声が引き出されますように。
私は歌の練習をサボりまくっているので、まったく積み重ねができていません。
変な癖もついていないでしょうけれど(癖ができるほど歌いこんでいないので)、すとんさんのブログを拝見すると非常に焦ります。
お互い”自分の声”を大切に育てましょう。

Ceciliaさん、明けましておめでとうございます。

 そうですね、こうやって“習った歌”を並べてみると、老犬ブログの歴史そのもの、って感じがします。

>すとんさんのブログを拝見すると非常に焦ります。

 はは、別に他人を焦らせるほどの積み重ねなんぞ、ありませんって(笑)。ただ、今年から、Ceciliaさんを焦らせるほどに上達してみたいと思ってます。

 実は今日、余所の声楽教室の発表会を聞いてきました。自分はまだまだだと思うし「よ~し、練習しないとダメだな」って思いました。同好の士の活躍は、ちょうど良い刺激になります。頑張ろう、頑張ろう。

>お互い”自分の声”を大切に育てましょう。

 ですね。私たちは自分たち以外の何者にもなれないのだから、せめて自分を磨いて“素晴らしい自分自身”って奴を形にしたいものです。

 今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その3[2008年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その5[2010年編] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん