ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その4[2009年編] »

2013年1月 4日 (金)

私は今まで、こんな歌を習ってきた その3[2008年編]

 声楽再開2年目の2008年は、特別な事もなく、ただひたすらマジメに歌の練習をしていました。

11)ヘンデル作曲「Ombra mai fu/オンブラ・マイ・フ
12)ジョルダーニ作曲「Caro mio ben/カロ・ミオ・ベン」
13)パイジェッロ作曲「Nel cor piu non mi sento/うつろの心」
14)本居長世作曲[日本古謡]「通りゃんせ」

 これらの4曲は2008年に習った曲です。

 それにしても、習っている曲の数が少ないのは、先生の方針もあったけれど、グループレッスンでしたから、レッスンの見学者が来ると(月2回しかないレッスンだけど)その日のレッスンは、体験レッスンとなり、普段はしない先生の講義(呼吸の仕組みなどを解説する講義)が入り、その分、実技のレッスンが減ってしまうので、結果として、曲が進まないんですね。なので「見学者が来ます」という連絡が来ると『仲間が増えるかも…』と言う嬉しさと『レッスンがまた進まない…』『歌う時間が減る…』と言う苛立ちの両方を感じたものです。

 この年から全音版の「イタリア歌曲集1」[いわゆる“イタリア古典歌曲”です]を使ったレッスンになりました。11)と12)は中声版で練習しました。ちなみに、11)はレチタティーヴォ部分は抜きで練習しました。

 13)から楽譜が高声版に変わりました。一緒に習っていた方々が、高い声の女声が多くて、中声版では低くて歌いづらいという苦情があったため、高声版になりましたが、当時の私的には、高声版は辛かったですね。でも、グループレッスンですから、個人の都合なんて、お構いなしなんですよ。ですから、14)でヘ長調版の最高音がミの楽譜になった時は、とても安心しました。この14)では、歌い手が甲と乙の二人に分かれた簡単な二重唱になっていて、面白かったですよ。

 グループレッスンは、真剣に歌を学ぶという点から見ると、かなりユルいレッスンでしたが、歌から20年近く離れていたオッサンにとっては、いい感じのリハビリレッスンだったと思います。

 でも、さすがに二年もやっていると、物足りなさも感じるようになりました。グループレッスンだと、合唱団のボイトレに毛の生えたようなものですから、個々人の欠点を直したり、長所を伸ばしたりなんて事は、ほとんどできません。まあ、お客さん相手に日銭を稼ぐのなら、講師にとってグループレッスンなんて、効率的で良いのでしょうが、きちんとレッスンをしたいとなると、グループという形態には色々と問題はありそうです。

 私自身も望み、先生からも個人レッスンを薦められましたが、当時は、先生も自宅レッスンを開始しておらず、当地でのレッスンにも個人レッスンがなかった時代だったので、キング先生の個人レッスンを受講するには、別の町のカルチャースクールで開講されているキング先生の個人レッスンに潜り込むか、私の方で場所を用意して、先生に出張個人レッスンをお願いするかの二つの道しかなく、別の町のカルチャースクールには、良い時間帯に空きがあく、私の方で場所を用意して…というレッスンは一度だけやりましたが、これを定期的に行うのはなかなか難しく、やむなく、グループレッスンを継続するという形になっていました。

 なので、14)をやっている頃、キング先生が当地でも個人レッスンを始められる事になった時には、即座に私はグループレッスンから個人レッスンに切り換えました。その頃の話は、また明日です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その4[2009年編] »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

グループレッスンって経験がないのですが、
初心者にとって敷居が低いのか高いのか微妙ですね。
他人に聞かれるのが恥ずかしい…と思う人には個人レッスンがよいでしょうし、
そちらの方が上達も速そうです。

でも、グループレッスンだとレッスン代もお得だし、とりあえず始めてみるには良いのかも。
ある程度上達してからのグループレッスン(というか、他の人への指導をみる)は、
楽しそうだなと思います。

ところですとんさん、「その1」から拝見していると、けっこうイタリア古典歌曲を練習されていますね。以前、「あんまりやったことがないので勉強することにしました」という記事があったので、やっていても数曲? かと思っていました。な~んだ(笑)

椎茸さん

 グループレッスンには、功罪両方の側面があると思います。ただ、上達の速度や到達点と言うのを考えるなら、個人レッスンの方に軍配があがると思います。

>けっこうイタリア古典歌曲を練習されていますね。

 え? そうなんですか? 私の中では「まだまだ、全然、足りない」って思ってます。全音の「イタリア歌曲集1」に入っている36曲全部とは言いませんが、せめて半分は勉強したいと思うし、少なくとも有名曲は一通りやっておきたいと思うし、やっておくべきだと思っているんですが…。「ニーナ」も「アマリッリ」も「ビオレッテ」もちゃんと歌った事ないって「歌を習ってます」って言えないよう気がするんです…それって、単なる私の思い込みかもしれませんが…。

 いわゆる初心者と言われる時代に、ガンガン古典歌曲を練習しておくべきだと思ってますし、そうでなかった自分が悲しいし、今からなんとかならんものかと思っている次第なんです。

 でも、こんな私でも、けっこうイタリア古典歌曲をやっている…部類に入るのかな?  他の人たちは、そんなに多くの曲を勉強しないものなのかな?

いえいえ、わたしの読み方がいけなかったかもです。
イタリア(古典)歌曲集の1巻をほとんどやったことがないのかな~?
と勝手に思っていたというだけです。
言われてみれば、わたしも習いたてのころ(若く暇な学生時代でしたが練習不熱心でした。涙)、1巻に載っていた曲は大体習いました。今にして思うと「さらった」レベルかもしれませんが、それでも良い勉強になりました。「Pur dicesti, o bocca bella」など、また見てもらおうかな・・・

他の方はどうなんでしょう? 始める時期や目標によっても違うかもしれませんね。私も若干興味があります。

椎茸さん

>1巻に載っていた曲は大体習いました。

 でしょ? たぶん、他の人も、たいてい、そんな感じだろうと思います。もちろん、初歩の頃に習うケースが多いですから、ちゃんと仕上げるところまでいかないにしても、そこそこ「さらった」はずだと思います。

 私の場合は、オトナからだし、趣味だし、グループレッスンからだし、だから、ほとんどやらずに来てしまったのだと思いますが、だからこそ、遅れてもやっておきたいと思うんです。

 …ってか、難しい歌曲やアリアに挑戦するよりも、古典歌曲をしっかり歌えるようになりたいかな…って思っていたりします。それは、前の先生には伝えてあったのですが…。ちなみに、Y先生にはまだそこまでの話はしてません。いずれオイオイするべきだろうなあとは思ってますが、今はお互い、まだ様子見の段階なんですね(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その4[2009年編] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん