ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 自分はオジサンなんだなあって感じる時[2012年12月第4週・通算40週] | トップページ | 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう »

2012年12月24日 (月)

声なんて、引っくり返るくらいの方がいいです

 声楽のレッスンを受けてきました

 調子悪いです~。仕事が繁忙期って事もあるし、新しいプロジェクトを立ち上げている最中って事もあるし、なんか私、給料以上の働きしてない? 安くこき使われていない? って疑問が、ふと脳裏をかすめる、今日この頃です。

 タンもバンバン出ていたし、ノドも腫れて、声も出づらかったんですよ。直前まで妻に「今日の声楽のレッスンはどうするの? 休む?」とか聞かれてました。妻的には、とてもレッスンに行ける状態では無いって思ったのでしょうね。でも、声楽はレッスンが少ないですからねえ。一回休むと、その次のレッスンまでの日数を考えると、ここは這いずってでもレッスンに行かねば…。

 って感じで、半分、死にかけながらレッスンに行ってきました。

 それにしても師走ですね。私も忙しいのですが、先生も忙しいみたいです。何が忙しいのかと尋ねたら、今はNHKの「ニューイヤーオペラコンサート」のリハーサルで忙しいのだそうです。あれに関係すると、年始年末が全部吹っ飛んじゃうんだそうです。この日も、昼間はNHKでリハをして、その足でレッスンをしてくださっているんですよ(ほんと、ありがとうございます)。

 誤解のないように書き添えておくと、先生はソリストとして出演するのではなく、合唱で出演です。ニューイヤーオペラコンサートの合唱は、合唱の人ではなく、普段は地方のオペラなどでソロを取っているような人を集めて合唱させるのだそうです。ですから、合唱団を見ていると、知った顔を見つけたりするのは、そういう理由なんだそうです。

 先生も早く出世して、合唱団からソリストに昇格できるといいんですけれどね。

 「NHKってヒトヅカイが荒いくせにギャラが安いんですよね~」と、妻と先生で意気投合(笑)。妻も現役時代はNHKに出演していた人だから、NHKの番組作りの裏事情はよく知っているわけで、そのあたりで先生とグチを言ってました。

 そうそう、NHKホールって本当に声が響かないんだそうです。まあ、考えてみれば、放送素材を収録するためのホールですから、音楽ホールのような響き豊かなホールだと収録に差し支えが生じるわけです。だから声が響かなくて当然と言えば当然ですね。響きの無い素材なら、電気的に適度の響きを加えて、聞きやすい放送用の音源を作れば済む事ですからね。響きは電気的に足す事は簡単ですが、響き豊かな音から余計な響きを取り除くのは難しいですから、最初から響きのない場所で収録するのは分かります。

 でも、歌う方からすれば、響かない場所で歌うって、厳しいそうです。あと、ニューイヤーコンサートって、お客を入れて収録するんだそうですが、歌謡ショウだとPAを入れますが、クラシック系のコンサート(今回のニューイヤーオペラコンサートもそう)だとPAを入れないそうですから、客席だとロクに聞こえていないはずなんだって。ただ、出演者が豪華だから、チケットはあっと言う間に売れてしまうのだそうですが、後の席だと、本当に聞こえないので、なるべく前の席で聞くのが良いそうです…って、S席は8500円もするのに、会場がデッドなら、悲しいなあ。

 ま、それはともかく(笑)。まずは発声練習からです。とにかく注意されたのは「声帯を鳴らしてはダメ。響きだけで歌うように気をつけてください」との事です。最終的な理想は、鳴り二割、響き八割で歌うのですが、今は練習なので、響き十割の気分で歌って欲しいとの事です。とにかく、今の私は、うっかりすると、ついつい鳴り十割(つまり“ノド声”って奴です)で歌ってしまうので、響きを優先して発声することを意識づける事が大切だと言われました。

 「声帯が鳴ると“気持ち悪いなあ…”と思えるといいのですが、今のすとんさんは、声帯が鳴るのが“快感”になっているんですよねえ…」と言われてしまいました。いやあ、快感になっているかどうかは定かではありませんが、ついついスイッチを声帯を鳴らす方に入れがちなのは事実です。

 先生がおっしゃるには、声の作り方として、まずは響きをつける事を優先して行いたいらしいのです。と言うのも、響きのある声に鳴りをつけるのは簡単だし、響き優先ならば、高音歌唱も楽だし、音域も広がるし、何よりも遠鳴りのする声になるからです。

 しかし、鳴りを優先してしまうと、低いレベルで声が出来上がってしまうのだそうです。と言うのは、鳴りを優先して作った声だと、後から響きをつけるのが難しいのだそうです。ですから、鳴り優先で作った声は、劇的だし、パワフルだけれど、音域が狭いし、高音は出ないし、側鳴りになってしまって、使い物にならないのだそうです。つまり鳴り優先だとノド声になりがちって事ですね。ああ、少し前の私がまさにソレですわ。

 なので、鳴りはしばらく封印して、響きで歌うような練習をしました。ちなみに、妻も全く同じ事を注意されていました。ま、同じ先生に習っていたのだから、仕方ないです。

 私の場合、高音に行くほど、鳴りで歌うのが顕著になります。これは、声がひっくり返るのを、ムリヤリに力付くで阻止するのが癖になって、高音に行くほど、ノドを締めつけるのが癖になっているというのが、先生の分析です。

 「声なんて、引っくり返った方がいいんですよ」と先生はおっしゃいます。声の裏返りを恐れて力付くで押さえつけてしまうと、音程が低くなってしまうのだそうです。それならば、積極的に声を引っくり返して、正しい音程で歌った方がずっとマシなんだそうです。ただ、問題は引っくり返した時の声が問題で、これがヘナヘナの弱い裏声だと歌では使えないので、しっかりと芯のある強い裏声で歌えるならば、とりあえずOKなんだそうです。もちろん、私はテナーですから、いつまでも裏声で歌っていてはいけないのだけれど、最初から裏声を避けて練習しても、高音は出るようにはならないのだそうです。それならば、たとえ裏返っても、正しい高さの裏声で歌った方がマシなんだそうです。と言うもの、出ない高さの声を出るようにするのは大変だけれど、裏声を地声にするのは、比較的簡単な事だからだそうです。

 ふーん、そうなんだ。

 それと、音程をノドで作らないように注意されました。音程は軟口蓋と息のスピードで作るように言われました。フルートで言えば、軟口蓋の調整が運指に当たるわけで、ここで基本的な音程を作って、その上で息のスピードを速める事で、さらに高い声を出すのだそうです。ま、フルートで言うところの倍音奏法って感じなのかな? だから、高音で歌うために一番必要なのが、息のスピードなんだそうです。

 ところが私は高音に行くほど、息のスピードが遅くなるのです。これはカラダに無駄な力が入り、気道のあっちこっちが塞がってしまい、それで息のスピードが遅くなってしまい、最終的には声を出そうとしても、まるでノドにフタがされてしまう状態になるのです。これはずいぶん前からそういう自覚症状があって、キング先生には何度も訴えましたが、理解してもらえませんでした。でも、Y先生は、私が言う前に“ノドにフタ”状態については、見通しでした。

 なので、ノドにフタがかからないように、先生は呼吸をしっかりし、喉仏を下げ、軟口蓋をあげるように何度も注意してくれました。やり方としては、それでいいのでしょうが、気持ちが負けているのか、ついつい高音になってしまうと、どこかが抜けてしまいます。まあ、それもやがては解決できる事でしょう。

 とにかく、ノドは楽にして歌うこと、カラダは大変な思いをして歌うこと。この二つの事を忘れないようにしましょうって事です。

 その他、小さなことを二つ習いました。一つは声の出し方。私はアタックが強い発声をしているのですが、これはカラダが使えていないため、ノドだけで発声するから、そうなるのだそうですが、カラダ全体を使って、フワっとした発声をすると、より良いのだそうです。イメージとしては「ステレオのボリュームをグルっと回す要領で声が出せるといいですね」って事です。うむ、そうかも。

 それと「エ」の発音の時、クチの中が狭くなるのが気になるそうです。「“エ”をもっと“オ”に近づけて発声した方が良いでしょう。純粋な“エ”ではなく、ウムラウトの“エ”の方が良いのはないでしょうか?」って事で“エ”の発声については、宿題となりました。まあ私は、歌の時の発声では、クチビルをほとんど使わない(もちろん、アゴも使わない)ので、もっぱら舌の位置で母音の発音をし分けているのだけれど、もう少しクチビルも使って発音しましょうって事ですね。もちろん、日本語的なクチビルの使い方はNGだから、ドイツ語的なクチビルの使い方でどうでしょうかっていう提案なんだと思います。

 と言うことを習って、発声練習は終わり。曲の練習はまた明日、記事にします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 自分はオジサンなんだなあって感じる時[2012年12月第4週・通算40週] | トップページ | 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

この先生の仰ってるの、全て正しいと思いますよ。
高音だって、喉を開けて置いて、sotto voceでまず出すと、
するりと出ますよ。
男声はどうだかよく分からないけど、高音で頭声に切り替えるの
重要です。
頑張って下さいね。

おぷーさん

 おぷーさんに保証していただけると、なんか心強いです。とにかく、今までは高音の発声方法すら知らず、暗中模索で歌ってきましたので、発声方法と言うか、発声手順と言うか、とにかく道筋が示されたことで「よし、ガンバルゾ」っという気になってます。

>高音で頭声に切り替えるの重要です。

 でしょうね、そのあたりは、理屈ではなく、練習あるのみだろうと思ってます。トライ、トライ、トライ、です。頑張ります。

このへんの入門的内容はこちらの第九の第一指導者が毎回、懇切丁寧に指導していました。、男性団員が全員、この方法で全で高音が出る訳ではなく、高音を出せる声帯を持ったものだけが出せるのも事実ですね。第一指導者はテナーに生まれた事をラッキーと思えと説明していました。

結局、歌を歌うもっとも肝心なことは耳がいい事であり、聞く耳を持って、頭に歌を正確にイメージ出来、それを表現するために発声があるだけである。と言っていました。
発声は教えられるが音感について匙を投げていましたね。ただし、音感がよくない人のために音程をとるいろいろなテクニックは教えていました。

さらに第九のドイツ的ひびきや効果的に歌唱力をつける方法については第二指導者が指導していました。

私は第二指導者の話は参考になる点が多っかったです。パート練習で、私のイタリヤ的な明るく艶のある声質なので、第九のテナーの方たちには非常に評判がいいのですが、第二指導者からは第九だからもっと深く歌えと鋭く指摘されました。

第九を歌っていましたさん

 微妙にハンドルが変わってますね。それはさておき、

>テナーに生まれた事をラッキーと思えと説明していました。

 だと思うし、もっと根源的な事を言っちゃえば、歌える声を持って生まれた事を感謝しないといけません。それは、音大の声楽科に入学した若い歌手のタマゴたちが、よく言っている事です。結局、声は、持っているモノを磨くしか出来ない訳で、一番大切な事は、どれだけの声を持っているかって事らしいです

>発声は教えられるが音感について匙を投げていましたね。

 指導者が匙投げちゃったら、指導される側は途方にくれるだけですが…。確かに音感を身に付けるのは時間がかかるし、手間もかかるし、ちゃんとは身に付かないかもしれないけれど、一応、やればやったなりの成果は得られますから、諦めない事が肝心だと、個人的には思います。まあ、一朝一夕ではいかないし、第九の指導などという短期間では無理と言えば無理ですが。

>第二指導者からは第九だからもっと深く歌えと鋭く指摘されました。

 ドイツものって、深い声(暗い声?)で歌えって、よく言われますよね。あれって、なぜでしょうね? 深い声の人なら深い声で歌えばいいけれど、明るい声の人も深い声で歌わないといけない…雰囲気ってのが、面白いですね。いや、面白がっちゃダメか。

ニューイヤーオペラ、今年のお正月に初めてじっくり鑑賞しました。
歌い手のほとんどが、ノドの重そうな? 声に聴こえて、見終わるころにはこちらもノドが重くなる感じでした。
なんでかな? と思って先生に聞いてみたところ、やっぱりNHKホールの響きが悪いからだと思う、というお答えでした。
おそるべしですね。

椎茸さん

 歌手にとって、響きの無いデッドな場所での歌唱ってのは、本当につらい事です。スケールは小さいですが、私もこの夏、デッドな会場で歌って、大変な思いをしました。その時の記事は これ ですが、いやあ、デッドな会場で歌うと、無駄な力は入るし、ついつい張り上げてしまうし、歌手殺しですよぉ(マジで…)。

 まあ、ほんのアマチュアの遊びで歌っているオッサンと、プロの歌手を比較してはいけませんが、レベルは違うといえども、やはりデッドな会場で歌って、声が重く聞こえるのなら、やはりプロであっても、NHKホールは、厳しいって事なんでしょうね。

わたしもおぷーさんに1票!
Y先生のおっしゃることは全部まるっと信じていいと思います。いい先生に変わられたって毎回思いますw

声はねぇ、ひっくり返ってOKです。
わたしもひっくり返った。もう笑えるくらい。
でも息のコントロールがちゃんとできるようになればひっくり返らなくなったのよ、いつの間にか。
ひっくり返るのが嫌で力技で抑えると喉がしまるしいいことはない。怖がらずひっくり返していいから練習してね。
と、言われてはじめは気持ち悪かったけど、今はもうなんでひっくり返っていたか?の世界です。
だから先生のこと信じて頑張ってくださいね。

そうそう、喉で音程を取らないっていうのもそうだったわ。わたしも喉で音程作ってた。
今はさすがしなくなったから、どうやってたっけ?ってかんがえちゃった。

ちょっと先のとってもいい声見据えて練習できるといいですね。頑張って!

ミルテさん

 ミルテさんにも保証されるとなると、ますます頑張んないといけませんね。だって、先生が正しいのに、生徒が出来ないままなら、そりゃあ生徒の責任ですからね(汗)。

 Y先生は、元々私がファンで、その主演舞台を見に行っていたくらいの人なんです。テノールの私が、ファンになっちゃうバリトンさんですから、なんとなく分かるでしょ? すごくきちんとした歌を歌う方なので、当時から「次に習うならこの人に習いたいなあ…」って思っていた人なんですよ。だから、今、その先生の門下で学べる事は、とても嬉しい事なんですよ。

 声の引っくり返し“OK”と言うのは、私にとって、まさに天地驚愕大逆転なんで、ちょっとうろたえていたりします。私自身もそうだったし、キング先生も、声の引っくり返しはNGでしたからね。いかに、声を引っくり返さずに、高いところまで行けるかって事ばかり考えてました。ま、その思いが行き過ぎて、ノド声になっていたんだと思いますが(汗)。

 なので、まだまだ、声が引っくり返りそうになると、うっかり力で押さえちゃったりしてます、へへ、ダメですね。

 音程に関しては、ノドだろうがどこだろうが、意識した事ないです。以前「音程はどうやって作るんですか?」ってキング先生に尋ねた事あるけれど「イメージ通りに出せばいい」と言われて、途方にくれた記憶があります。キング先生のおっしゃる事は、間違いじゃないけれど、音程の作り方で悩んでいる学習者としては、それでは「???」になるだけで、一向に音程良くならないわけで…。

 楽器と違って、声楽は、色々な方法って奴が、目で見えないので、ほんと、難しいです。楽器なら、先生がやっている姿を見て、それで学べるけれど、声楽は何も見えませんからね。自分で勝手に気付いたり盗んだり出来るほど、こっちの能力が高いわけではないので、ちょっとヒントでいいので、キッカケぐらいは欲しかったなあって思います。

>ちょっと先のとってもいい声見据えて練習できるといいですね。頑張って!

 はい、頑張りますよ。頑張って、ちゃんとしたテノールになることが、先生へ感謝の気持ちを伝える唯一の方法ですからね。

声帯で音を鳴らす癖が取れなくて必死な私です。

今回の日記もためになります!

私も「響き」で歌うようにレッスンでしごかれてます・・・。

難しいです・・・(◞‸◟)

「う」や「お」の発音なら何とかなりそうですが、「あ」や「え」「い」だと、自分の声が自分で掴めない・・・みたいな、不安定な声になります。

そうならないようにするために、お腹でしっかり「息」を支えるのだな・・・ということが、最近わかったきたけれど・・・。
とにかく、練習あるのみですね(汗)。

すずめおばさん

 無くて七癖…誰しも何らかの癖を持っているわけで、それらを一つ一つ、薄皮をはぐように矯正して、少しずつホンモノに近づいていくのだと思います…なんてエラそうに書いちゃいます(笑)。

 癖を取るのって、ほんと、難しいです。でも、難しいけれど、自分に癖があるって分かっただけでも、大進歩だと思うようにしてます。だって、その癖が癖だって分かっていないと、矯正すらできませんからね。

 息をお腹で支える…ちゃんとできるようになるのは、私はまだまだ大変です。でも、頑張りますよ。ほんと、練習練習、また練習です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分はオジサンなんだなあって感じる時[2012年12月第4週・通算40週] | トップページ | 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん