ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう | トップページ | 基礎基本をないがしろにしないでっ! »

2012年12月26日 (水)

練習ではゆっくりゆっくりね

 まだまだ調子は悪かったのだけれど、頑張って、フルートのレッスンを受けてきました。いやあ、本当に私、頑張ったんだって…。この日は、前日から寝込んでしまい、夕食も食べず、朝食と昼食はバナナ1本だけで、後はずっ~~~と寝込んでいたわけです。ああ、具合悪い。ああ、カラダがシンドイ。ああ、手足が火照る。カラダ中が痛い痛い(涙)。おまけに、練習だってロクに出来てなかったけれど、今年最後のレッスンだし、お歳暮を手渡さなきゃいけないから、頑張ってレッスンに行ってきたよ。

 レッスンに行ったら、姉様は今週もお休み。先週もお休みだったし、今週もお休みだと、来週と再来週は年始年末のためレッスンがないから、丸々一カ月レッスンを休んでしまう事になるわけで…姉様、大丈夫かな?

 それはさておき、ロングトーン練習をしましたが、今回はなんか調子が良かったです。具合は悪かったけれど、その分、睡眠時間はバッチリ(いつも寝不足でフラフラの状態でレッスン受けているからなあ…)だし、具合が悪いので、カラダ全体に力みが無いのが、幸いしていたのかもしれません。先生からも「大変、いいですよ」と誉められました。よっしゃー!

 で、アルテの15課6章です。最初はAs-durのロングトーンから。もう、指の間違えとかは、さすがにありませんが、先生から「まだ裏声に成りきれていないねえ…」と言われました。なんでも、息の量が多すぎるのだそうです。「フルートを裏声で吹くには、息の量を減らして、その分、息のスピードを上げるんですよ。そのためには、アパチュアをもっと小さくしないといけないのだけれど、だからと言って、クチビルに力を入れてはいけないんですよ」と言われました。結局、フルートも歌同様「支えが肝心」という事のようです。頑張ろうっと。

 で、2番の「アルベジオ基本練習」はメタメタでした。ミbとかラbとか嫌いじゃー! 特にラbって何じゃい? これがソ#なら親しみやすいのに、ラbになった途端に、わけわかめになる…。おまけに、ミbもラbも中音と高音では運指が違うし…あああ、だからb系の音楽はイヤなんじゃーいーー!

 4番の「As-durのスケールとアルペジオ」は、当然のことですが、アルペジオが出来ましぇん(涙)。これも不合格です。でもでも、5番の「As-durのクロマティック」は合格。もっとも、この課題は私の中では、先週合格していた課題なんですけれどね。

 で、次回までの宿題が、残されたAs-durの2番の「アルベジオ基本練習」と4番の「As-durのスケールとアルペジオ」に、改めてf-mollの6番と7番と8番の「f-mollのスケールとアルベジオ」が加わりました。長調と短調を一緒に宿題に出されると、指がこんがらがらないか、今から不安。特に、私の嫌いなミをフラットとナチュラルで吹き分けるなんて、すごくすごくイヤだなあ(涙)。

 で、ミニヨン・エチュードの18番です。私が吹き出したところ、すぐに「そんな、お経のように吹かないこと!」と言われて、止められてしまいました。お経…確かにお経だったかもしれない。元気が無くて、音楽にメリハリがなかったのは事実だしね。

 「音楽は生きているのだから、もっと力強く脈を打たないと…」と言って、模範演奏をしてくれました。言葉で書くと、強拍と弱拍の差をもっと強調して…って感じになるんだろうけれと、でもそんな単純な話じゃないです。でも、目の前で同じフレーズを生き生きと演奏されれば「ああ、なるほど」と合点が行くわけです。百聞は一見にしかずってわけですね。模範演奏って大切ですよ。

 とにかく、元気を出して(笑)、音楽に命を吹き込みながら吹いてみました。いやあ、音楽に命を吹き込むと、こっちの生気が吸い取られるようで、結構、つらいです。体調が悪いこともあって、あっちこっち、つまらないミスをしちゃいました。普段ならしないようなミスですね。

 前回吹けなかった箇所のうち、楽譜の中程に出てくるソ#を含むフレーズは、なんとかやっつけましたが、曲の最後に出てくる『ド#レミファ#レ~』のフレーズはまだダメです。『ミファ#レ』の運指がどうにもうまく行かなくて…。先生からは「とにかく、毎日少しずつでいいから練習をしなさい。たとえ五分でもド#レミファ#レ~と吹いていれば、いずれ出来るようになりますよ」とのことです。

 そこで、アルテに書かれている替え指の件で質問をしました。

「この箇所は中指を使った運指で演奏するように指示されていますが…」

「ああ、それね、無視しなさい。替え指は、音程を良くするためとか、音色を美しくするために使うもので、指を楽にするための替え指なんて、使っちゃダメです。そんなのに逃げないで、マジメに練習してきなさい」 はい、了解です。

 それと「練習の時は、なるべくゆっくりと吹いてください。一つ一つの音程とリズムを確認しながら練習するんですよ」とのことです。「例えば…」と言って、先生がいきなり、モーツァルトのフルート四重奏曲の第一番を吹き始めました。

 「この曲は、この速度で演奏するけれど、一番最初に、この曲の練習をした時は…」と言って、すごくゆっくりと吹き始めました。「…これくらいゆっくりと吹いて、音程や音色を一つ一つ確認して、正しい音程、キレイな音色で吹けるようにしてから、速度を上げていったんですよ。だから、最初から速く吹ける必要はないんです。練習の時は、ゆっくりでいいから、確実に吹けるようにしてください」とのことです。ラジャーです。

 それにしても、先生の生モーツァルト、かっこ良かったなあ…。もう少し、聞いていたかったなあ…。

 で、今回の雑談は…二人で熱海の未来を憂いました。いやあ、私も先生も、熱海という町とは浅からぬ因縁のある二人なので、真剣に熱海の行く末を心配しているんですよ。かつては、大観光地、新婚旅行のメッカとして栄えた温泉町なのに、今じゃ…ねえ。どこのホテルもガラガラだし、道を歩いている人の数も少なくなってしまったし、そんな寂しい熱海を活性化しないとね。とりあえず、このお正月は、私も先生も熱海に行って、お金を落としてくる事にしました。心配するだけじゃダメだもの、実際に現地に行って、お金を使わないとね。と言うわけで、熱海の町で出会えたら「よろしく」という事で、今年のレッスンを終わりました。

 「レッスンが二週間もお休みだから、たっぷり練習できますね」って言われて、返事が出来なかった私です(冷や汗)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう | トップページ | 基礎基本をないがしろにしないでっ! »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

本題と関係なくてごめんなさい。熱海のことですが・・・・。
ほんとうにすたれましたね。さびしい限りです。有名な・・・、というか有名であったホテルのベランダに、雑草やすすきの種が風にのって漂着したのか、夏草として生い茂っているのを見上げたとき、涙がでました。

熱海の海岸を散歩していたかんいちさんとおみやさん、寂しく嘆いていられることと思いました。熱海がふたたびまた日本有数の温泉街としてにぎわう日を待っています、祈っています。

だりあさん

 本当に熱海はさびしくなってしまいました。地元の人は色々と頑張っているようですが、箱根と大きく水をあけられてしまいました。

 東京から日帰りの距離という観光地としては良い立地条件にあるにも関わらず、海と山と温泉という観光資源にも恵まれているにも関わらず、熱海って、さびれちゃったんですよ。決して、条件的には箱根に負けていないと思うのですが…。

 小さなところがいくら頑張っても限界があるんだろうと思います。その土地の大資本(つまり“旦那衆”)がどれだけ頑張るかってところで明暗が別れるような気がします。

 ほんと、貫一さんとお宮さんが泣いてるよねえ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年始年末にかけて、新曲の練習をしましょう | トップページ | 基礎基本をないがしろにしないでっ! »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん