ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 新しい体重計、もとい、体組成計を買いました[2012年12月第3週・通算39週] | トップページ | フルートは裏声で吹いてください »

2012年12月17日 (月)

歌を習う生徒には、大きく二種類の人がいる

 先日の声楽のレッスン後の雑談で、Y先生は面白いことをおっしゃってました。
 
 歌を習う生徒には、大きく二種類の人がいるそうです。

 一つはカラダで覚えるタイプの人。こういうタイプの人は、同声種の同じタイプの先生について、先生のマネをすると、あっと言う間に伸びていくのだそうです。上達が速い代わりに、所詮モノマネですから、すぐに技術が頭打ちになるそうです。それを回避するためには、このタイプの人は、次から次へと先生を渡り歩く必要があるそうです。また、このタイプの人は、自分が歌うのは上手だけれど、理屈を知らないので、他人に教えるには向いていないそうです。ザックリ言えば“運動神経優先タイプ”なんでしょうね。“天才型”って言ってもいいかも。

 もう一つのタイプは、頭で理解しながら覚えるタイプ。こういうタイプの人は、先生から聞いた事を常に気をつけて、一つ一つじっくりと確認しながら上達していくタイプなんだそうです。ですから、上達が遅いし、壁にもよくぶつかるし、よく立ち止まるし…。つまり、不器用なんです。ただし、頭での理解を優先して、他人のマネをするわけではないので、別に先生は同声種である必要はないのです。Y先生はおっしゃいませんでしたが、歌手に歌を教える人って、必ずしも声楽家である必要はなく、ピアニストに歌を教わったり、指揮者に教わっている人もいるわけで、そういう声楽家以外の人にレッスンを受けても伸びる人ってのは、この“頭で理解する”タイプじゃないかな?

 このタイプの人は、あえて言えば“知性派タイプ”って事になるのでしょうが、でも結局、歌手としては、さほど上手くならない…んじゃないかなって思います。だって、いくら理屈を知っていても、それを実行できなきゃ、何の意味もないわけで、理屈なんか知らなくても歌えちゃう“運動神経優先タイプ”の方が、絶対に歌手に向いているわけです。つまり、歌手にとって、まず必要なのは“運動神経”なんだろうと思います。

 そういう点では、歌手はスポーツ選手と同じだね。

 ただ、教師とかコーチとしては、天才型の人よりも、知性派の人が向いているとは思います。

 考えてみると、最初に習ったT先生は、よく私の事を「頭デッカチ」って言ってたな。キング先生もそうでした。「文句を言う前に、サッサとやれ!」って感じでした。

 きっと私は“頭で理解しながら覚えていくタイプ”なんでしょう。だから、レッスンで習った事を、こうやってブログにまとめてアップして、自分の中に定着させているわけです。

 確かに私はモノマネが苦手だし、5年間お世話になったにも関わらず、私はキング先生のコピーは絶対にしなかったし、できなかった。先生は、マネしろとよく言ってたけれど、たとえ先生でも、他人のマネをするだけってのは、なんかバカっぽくってイヤなんだよ。

 つまり、私は、歌手としての上達は、さほど望めないタイプの人間って事になるかな? うむ、ちょっと、ガッカリだけど、たとえ上達しなくても『歌が好きだから、声楽をやる』でいいんだよね。たぶん、いいんだよね。だって、アマチュアだもん。好きなスタイルで歌っていきたいじゃん。

 無論、程度の問題はあるし、観客の迷惑ってのも考えないといけないけれど、上手に歌うよりも、楽しく歌っていきたいんです、私は。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 新しい体重計、もとい、体組成計を買いました[2012年12月第3週・通算39週] | トップページ | フルートは裏声で吹いてください »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、おはようございます。

前に、すとんさんのお仕事が頭を使わなきゃいけない、とか、教育関係とおっしゃっていたので、「職業」的な習慣もあったりしませんか?

すとん様
ご無沙汰してます・・・けど読んでます(^.^)

多分・・・真似ることも、上達の一因だけれど、『元祖』を越えられない。それは、身体(声帯)も違うし、それより何より心が違うから。
そして・・・理論を習得するタイプは、上手な歌を歌えると思うけど、『歌が上手い人』でとどまる場合が多い。上手く歌えるから、その先を目指さなくなってしまう場合が多い。

労働の歌(ソーラン節も含め)やお母さんの子守唄・・・
歌には生活や心があるから・・・・・そこをつかむことが、その先ってことかな。

模倣や技術や理論のその先に、きっと何かがあるんだろうな・・・なんて考えている。
そして、何事もバランスなのかなぁ~~~って。

それにしても、音楽って素敵ですね(^.^)
実は・・・最近気づきました(^^ゞ

おはようございます。
コメントは久しぶりですが、私もちゃんと読んでますよ~

読みながら、うんうん、って納得しました。
これって、歌だけじゃなくて、お稽古事全般に通じることですよね。
私も紛れもなく後者です。
頑張りましょうね~

游鯉さん

 職業的な習慣…まあ、私はカラダを使う仕事ではなく、専ら、企画を考えて、それを実行するために、どうやって働き人を配置するか…なんて事ばかりを考えている人なので、どうしても、思考優先、机上で大活躍タイプの人である事は、否定しません。実際、私は色々と考えて仕事を振り分ける人であって、自らが汗をかくタイプじゃないからなあ…。

 だからこそ、自分のカラダを使った趣味をしたいのだろうと思うし、だからこそ、趣味だって頭を使って成しとげようとしちゃうのかもしれません。

 仕事をしている私も私だし、趣味をしている私も私だから、結局、やっている事は、そんなに変わらないんだろうねえ。

CuniCoさん

 私も毎回読んでますよ…こちらこそ、コメントできずに申し訳ありません。

 心の問題は大切ですね。果たして“心”はレッスンで学べるものなのか? 師たる者は、どのようにして心を伝えていくか? ちょっと考え出すと深い話になりそうです。でも、確実に言える事は、オトナになってから習い事を始める人は、心の問題はある程度クリアしている…と思ってます。

 だって、好きだから始めたわけだし、オトナだから人生色々とあったわけだし、それらを表現したいと思ったから、歌(&音楽)という表現系の習い事を始めたわけだし。問題は、そのうちに秘めた心を表現する技能の問題とか、表現の仕方とかが上手くないって事だろうと思います。

 オトナのアマチュア歌手には、しばしば、下手くそだけれど、心を打つ演奏…ってのがあります。あれって、いいですよね。

 でも、CuniCoさんがおっしゃるとおり、バランスは大切だと思います。いくら心がこもっていても、下手すぎると聞いていて辛いですし、上手な演奏でも、心が感じられない演奏は、つまらないですからね。

まきりんさん

 そうですね、声楽のみならず、お稽古事全般に通じる内容ですね。

 大半の芸事(音楽であれ、絵画であれ、手芸やダンスであれ)は、私たちのカラダを使って表現されるわけで、そりゃあ、マネが上手で、運動神経が良い人の方が、学びに関しては、絶対的に有利なわけです。

 私だけかもしれないけれど、マネが苦手だし、運動神経も良くないし、(年を取って)カラダも利かないから、頭を使って何とかしようという部分は、正直あります。若い時は、今ほど理詰めじゃなかったと思うし…。だって、考える前に出来るようになっていたからなあ…。

 と、昔を懐かしんでも仕方ないです。今の自分を受け入れ、今の自分にとってのベストな方法で、歌も笛も頑張るぞ。

 とにかく、練習だ、練習だ、練習だ~。

今日はコメントがなかなか賑やかですが、
私も参加することをお許しください。

練習方法、勉強方法、仕事の方法って、
人それぞれ、色々ですよね。
勉強で、予習型・復習型、人によって違うし、
音楽の練習で、基礎練習重視、曲練習重視、
人によって違うし、
仕事で、メール徹底活用派、電話かけまくり派、
あるいは、エクセル駆使派、アクセスお得意派、
色々だと思います。

で、自分にあった練習方法、勉強方法、仕事方法を
見つけることって、大事だと思います。

で、困るのは、先生や上司から、方法を指定されること。
まあ、先生や上司は上級者、経験者、年長者、などなど、
自分の方法に自信を持っているから、
自分の方法を生徒や部下に強いたくなるんでしょうけど。

大昔、私、数学得意でした。
でも、予習は全くせず、復習中心の勉強。
ところが、新しい数学の先生が、
「毎日3ページ予習してきなさい。それが宿題です。
 宿題をやってこない生徒に対しては、、、、、ι(`ロ´)ノ」

全く不向きな予習を強いられた私の、
数学の成績は急降下。ノイローゼ気味。
予習という宿題をやらない!
復習中心の勉強に戻る!という一大決心で、
数学の成績は復活しました。

ああ、また、つらつら書いてしまった。
無理ご返信は、不要です、すとんさま。

おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

 なるほど、その人にあったやり方がベスト…というわけですね。問題は、そのベストなやり方を、当人が知っていれば良いのですが、それが分からないと途方に暮れるって事でしょう。

>、困るのは、先生や上司から、方法を指定されること。

 芸事って、多かれ少なかれ、強制される部分ってありませんか? あるやり方がベストだと思っても、それはウチの門下のやり方じゃないからダメっとか? 無い様で結構あります。例えば、フルートなんかだと、アンブシュアの作り方や、フルートの構え方なんかがそうで、だから先生を安易に変わると、たとえベテランであっても、頭部管練習から始め直さないといけないとか…そういう、なんともはやな話はあっちこっちで聞きます。

 実は私、フルートの先生を変わる時、ここが心配だったのですが、後で知ったのですが、幸い、笛先生とH先生は、師匠筋が同じだった(つまり同門)だったので、私は継続してフルートを学ぶ事が出来ましたが、これが師匠筋の違う先生だったら…また始めからやり直していたんだろうなあと思うと、ぞっとします(汗)。

すとんさん、はじめまして m(__)m

ブログ幼稚園生のwasabinと申します。
2007年からはすごい! 目標にします (*^^*)v

芸事は考察も面白いですね♪
私の場合は主としている、音楽もバレエもこの所はすっと先生は2人です。 
それぞれ良い所取りをしてますが、一人の指導者でカバーできている方はラッキーなんでしょう・・

クラシックバレエはさて置き・・声楽の方は・・指導者のベルカント唱法は同じでも指導法は違います。 
大人に「真似しなさい」と仰る先生がいるのですか?
深い意味があるのでしょうか・・・

お話にある通り、声帯も個々違い楽器本体の体も違いますから、歌は聞いても歌ってもその都度面白いと思ってます。
目標が徐々に上がってくるので、いつも挑戦、勉強で、
次はどの曲にしよか?と選ぶのも楽しい♪です。

すとんさんは今どんな曲を歌われているのでしょうかしら?

私はソプラノドラマティコなので、ちょと転がし難い場合もありますが、
ホフマン物語のつい先日舞台で「オリンピアの歌」を歌い、
簡単なバレエ付きが受けた様で(歌で勝負!でない?)
次回もそれを!とリクエストされました。
あれもこれもやりたい!はやる気持ちにストップかけてます。

金魚はいませんが、猫がおりますので、拙宅にも遊びにいらしてくださいませ~ (*^^*)/

wasabinさん、いらっしゃいませ。

 お二人の先生にそれぞれ習ってらっしゃるとの事、先生同士に連携があるとか、同門であるかならばともかく、全然無関係なお二人の先生に習っているとしたら、混乱しませんか? 私などは、今の先生と前の先生では、言ってる事が真逆ですから(つまり、片方が良いとしている事を、もう片方はあり得ないミスと片づけるぐらいの真逆なんです)、混乱するしかないです。

>大人に「真似しなさい」と仰る先生がいるのですか?

 前の先生はそういうタイプでした。説明も色々としてくれるのですが、今一つピンと来ず、結局、理屈よりもカラダで覚えろって事で落ち着きますが、そのマネを私が得意でないので、よくイラついてましたね。不肖の生徒だったわけです。

>すとんさんは今どんな曲を歌われているのでしょうかしら?

 特に何も歌ってません。レッスンでは、ベッリーニの「マリンコニーア」を取り上げていますが、これも曲として歌うと言うよりも、エチュードとして歌っているところです。とにかく、私は先生を代えて、まだ半年でして、以前の先生に習った事は、ひとまず全否定なので、ゼロから発声を構築しなおしているところなので、まだまだ曲が歌える状態ではないのですよ。

 私の声は、軽いテノール、おそらく、リリコ・レッジェーロあたりの声だろうと言われています。そのくせして、高音が苦手なのは困ったものです(汗)。声質に見合った音域を早くゲットしたい私でした。

 それにしても、踊れるオリンピアはいいですね。私は、オペラ座の怪人の二重唱を歌った時は、妻と軽く踊りながら歌いました。

>拙宅にも遊びにいらしてくださいませ~ (*^^*)/

 伺おうとしたら、リンクが切れていました。たぶん、URLを間違えて入力されたのだと思います。次のご発言の時に、正しいアドレスを入れてくださいませ。

なかなか興味深いお話ですね。

声楽に限らず音楽って言うのは芸術系に分類されるもので、
他の国語算数・・・とかみたいな教科に比べて、
感覚・センスが結構なウェイトを占めているとおもわれるので、
「感覚派」と呼ばれる方が覚えが早いとかは分かるような気がします。

でも・・・やはりと言うか、あくまでも感覚でやっているので、
頭打ちになるというのも分かる気がします。

私は・・・声楽ではないですが、ピアノやフルート、ギターに関しては
果たしてどっちだろう?と思いますが、
どちらにしても、自分で課題を見つけ、練習方法も工夫し、
自分で色々試行錯誤して地道にやっていける人が伸びるのだと
思うので・・・とりあえずコツコツやってます。

私は元来、あまりコツコツやるタイプでないんですが、
音楽に限っては要領よく近道をする・・・と言うのは
使えないので・・・コツコツやってます(笑)

とりあえず・・・ピアノとフルートに関しては結構感覚で
やっている感じだと思いますが、ギターに関しては
まだ自分の手や感覚に馴染んでませんし、どの弦のどのフレットに
どの音があるのかまだ全然覚えてないので、
文字通り感覚では弾けません(^_^;)

そういえば、昨日のピアノレッスンでは、あまり感覚で弾かずに
きちんと譜面を見ましょう・・・と言われました(^_^;)

神楽坂さん

 音楽は、感性とか感覚とかいう、定量化できないモノに支配されている部分があります。こういう定量化できないモノって、客観化が難しいわけで、それゆえ“知的に構築”しきれずに、結局、感性の赴くままに動いた方が勝ちって事になっちゃうのかもしれません。

 まあ、最強なのは“感覚の優れた人が、コツコツ努力する”という、いわば“ハイブリッド型”が一番優れているのだと思います。つまり“努力する天才が最強”ってわけです。

 で、悲しくも才能に恵まれていない人間は、コツコツと積み上げていく道しか残されていないわけで、たとえ亀の歩みでも、その道を歩いていくしかないわけです。

>そういえば、昨日のピアノレッスンでは、あまり感覚で弾かずに、きちんと譜面を見ましょう・・・と言われました(^_^;)

 耳が良ければ、それなりの苦労があるんですね。私は譜面をきちんと見ないと、何も弾けませんから(笑)、そんな注意、受けたくても受けられません(笑)。

すとんさん、

失礼しました・・m(__)m  URL入力ミスでした・・・
”Chanson d'Olympia"は未だyoutubeUp出来てませんが・・
これに懲りずに・・wink!

wasabinさん

 いえいえ、URLの入力ミスは誰にでもある事ですから、気にしないでください。

 それにしても、wasabinさんは、国際的にご活躍されていらっしゃるのですね? もしかすると…プロの方ですか(だとしたら、失礼してないか、ヒヤヒヤしてます)。

 私はネコそのものは、決して嫌いじゃないと思うのですが、猫アレルギーなので、近くに寄れません。かなりの高精度を誇る猫センサーを内臓していますので、ネコの棲息地にいきますと、呼吸が乱れ、胸がドキドキします。ときどき、自分はネコに恋をしたんじゃないかと勘違いするほど(笑)、千々に乱れます。ネコはブログに限りますね(笑)。

 ちなみに、私、ネコ以外だと、カニもアレルギーを持ってます。なので、お高い懐石料理が食べれなかったりして、とても残念な思いをする事があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい体重計、もとい、体組成計を買いました[2012年12月第3週・通算39週] | トップページ | フルートは裏声で吹いてください »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん