ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートは裏声で吹いてください | トップページ | フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて »

2012年12月19日 (水)

歌を上手く歌う歌手、良い歌を歌う歌手

 誰の事とは申し上げられませんが、先日聞いた、ちょっとしたコンサートで思った事を書きます。

 歌手って、プロであれ、アマであれ、またソロであれ、合唱であれ、上手に歌おうと心がけるものです。特にクラシック系の歌手の場合は、まず始めに“楽譜ありき”ですから、なおさら、そういう傾向が強いのですが…私が思うに、上手さを感じさせるような上手な歌手って、実はダメな歌手なんじゃないかな?って思います。

 「ああ、なんと歌が上手いんだ…」「ああ、なんと上手な歌手なんだ…」って、客に思わせたら、それって歌手としてダメなんじゃないかって思います。

 じゃあ、どんな歌手なら良い歌手なのかと言うと「ああ、なんだか知らないけれど胸が熱くなる…」とか「思わず涙があふれてしまうよ…」と客に思わせる歌手が良い歌手じゃないのかって思うのです。

 私が思うに、歌手なんて、一種の憑代みたいなものじゃないかな? だから、聞いている客に自分の存在を感じさせたら、負け。ましてや、そのテクニックを感心されるようでは、本末転倒。優れた歌手は、自分の存在を消して、客に味わい深い歌を供する存在じゃないかって思うわけです。

 ま、ザックリ言えば「歌で客を感動させられるのが良い歌手」って言っちゃっていいと思います。

 もちろん、下手くそな歌手の歌を聞いて感動してくれる人なんて、いるわけないです。だから、歌手は歌唱テクニックを磨かないといけません。でも、テクニックを磨く事ばかりに重きを置いてしまって、技巧的に完璧な歌を歌うことに血道をあげているようでは、客不在の、ダメな歌手になってしまいます。

 歌手はテクニック的に上手くなければいけません。しかし同時に、その上手さを感じさせてはいけません。客に上手さが伝わるような、上手い歌を歌っちゃダメなんです。それならむしろ、下手であっても、どこかに光る部分があって、それで客の心をつかめる歌を歌える歌手の方が、数段、歌手としての実力は上なんじゃないかな? むしろ、そういう歌手の下手くそさは「味がある」というふうに評価される事すらあるわけです。

 ただ「あの歌手、下手くそだな」と客に思われてしまう歌手は、テクニック的に下手なだけでなく、同時に良い歌が歌えない歌手でもあります。良い歌が歌えないから、その下手くそさばかりが目立ってしまうわけです。

 上手な歌手は上手なだけでは良い歌は歌えません。でも、そういう上手な歌手は、減点方式のコンクールなどでは、上位に来るだろうし、学校では良い成績を修めることでしょう。だから、しばしば、コンクールで優秀な成績を手に入れてデビューした歌手が、デビュー後、鳴かず飛ばずだったりするのは、単純に上手いだけで、良い歌の歌えないダメな歌手だったからじゃないかなって思います。

 結局、歌手にはテクニックは必要だけれど、テクニック以上に必要なものがあるわけで、それが、魂とか心とかソウルって奴なんじゃないかな?

 歌手って、言霊の力によって音楽に魂を吹き込める唯一の存在なんだよね。いくら楽器演奏の名手であっても、彼らでは言霊の力は利用できません。それゆえ、客を泣かせる演奏というのは、器楽演奏家の場合、かなりの高水準のプレイヤーでなければ無理だけれど、歌手の場合は、そこそこの歌手でも、音楽と言霊の力で、客を感動させる事は、比較的容易にできます。そこが、歌手のレゾンデートルなわけだし、なんだかんだ言っても、音楽の中心は歌だし、言葉と音楽は互いに高めあって、我々に感動を与えてくれるわけで、それを行えるのが歌手って存在なんです。

 だから歌手って、それだけやりがいのある存在なんだと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルートは裏声で吹いてください | トップページ | フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

声をきちんと送るミニマムのテクは身につけなくちゃダメだと
思います。
声が美しい+完璧なテクだけで、心のない歌い方をする歌手が
いますが、それも勿論バツです。
人前で歌って、涙を流させるってラクな稼業じゃないのは
確かですねえ。

>>それゆえ、客を泣かせる演奏というのは、
>>器楽演奏家の場合、かなりの高水準の
>>プレイヤーでなければ無理だけれど、
>>歌手の場合は、そこそこの歌手でも、
>>音楽と言霊の力で、客を感動させる事は、
>>比較的容易にできます。

どんな楽器にせよ、演奏家に自分が演奏している楽器のどういうところが好きかと問えば、「人の声に近いから」という答えがたまにかえってきますよね。
「そりゃ、あんたが弾くから、そうなんだろう」って突っ込みたくなります(笑)

私の師事してきた先生方も、「私に話しかけるように弾け」ってな事をおっしゃいますが、「私には、技術がないので、はっきり言って無理です」と申し上げたことがあります(^^;

先生がおっしゃるには「今、完璧には無理でも、そういう癖を今からつけないと、技術が追いついてきたときに、いざ、そうしようと思ってもできないから、やれなくても、やれ!」ってないことを言われました。

しかしながら、イメージと実際の自分の音の差が激しすぎて、そのギャップに嫌気がさすから辛いんですよね…sad

おぷーさん

 ホント、歌手ってラクな稼業じゃないと、私も思います。ましてや、プロならば、常に水準以上のモノを求められるわけで、それは大変な事だと思います。

 どんな職業だって大変と言えば大変だけれど、お客の心を常に揺り動かさなきゃいけないんだから、歌手に限らず、芸術家という稼業は、本当に才能豊かな一部の人しか出来ない稼業だと思います。

游鯉さん

 人の声に近い楽器が好きなら、なぜあなたは歌わないの?…と言う、野暮なツッコミは横に置いておきます(笑)。

>私の師事してきた先生方も、「私に話しかけるように弾け」ってな事をおっしゃいますが

 ありがとうございます。なんか、今、急に目が開かれた思いがしました。そうだよね、目の前にいる人に向かって、話しかけるように演奏できれば、いいんだよ。

 私はレッスンでフルートを吹いていると「うるさい!」ってよく言われるんだよ。そういう時って、曲を吹くのに一生懸命で、誰かに向かって演奏しているという気持ちがどこかに飛んで行ってしまっています。だから、うるさい演奏なのかもしれません。これからは、目の前にいる先生に向かってフルートを吹くように気をつけます。それが出来たなら、きっと「うるさい」って言われずに済むんじゃないかな?

 ありがとうございます。

>イメージと実際の自分の音の差が激しすぎて、

 分かります。私、声楽がそうだもの。私のリアルな声は、私のイメージからは大きくかけ離れていて、本当に情けなくなります(涙)。

 でも、フルートだと逆なんです。フルートは、私のイメージよりも、実際の音の方が美しかったりするんですよ。そうなると、演奏しながら、自分の音にうっとりしちゃって…つまらないミスをします(汗)。これはこれで困ったものです。

すとんさんのブログは大変理論的ですね(o^-^o)

「心も技術も」両方ないと困りますね~
でも、音楽は横に置いておいて、、

バレエなり芝居なりを見に行ったとします。
客席一体型演出は別として、舞台上は別世界;
その別世界に知らず知らずに引き込まれて行く;
前席も脇席も丸で目に入らず。

演じる側は観客に何がしかを与えるよう見えざる努力をしながら演じるのは当然でしょう。
「何がしか」が感動と一把一絡めで表現されていて、
それが、余韻の残る美の残像であったり、派手な好みの演出だったり、自分に照らし合わせての涙だったり、反感だったり・・等々。

上手い!と思わせるのも舞台からのメッセージが伝わったからで、それはそれで感動でしょう。

すとんさんが仰る事は「心heart01の無い歌はダメ」という事ですね

余談ですが・・・
「なんちゃってバレエ」をする初心者の私が「切羽つまった時」直前に先生が捨てるのは下半身です。
観客に表現が上半身での方が伝わるからです。
大雑把にブーイングを承知で言うと、下半身は技術です。
でもバレエのプロを見に行くからには「両方」欲しいのですね~wink

コメントせずにはいられない(^.^)

そうなんですよね・・・ほんとに、そうなんです。

ただね・・・

『歌手って、言霊の力によって音楽に魂を吹き込める唯一の存在』

であるが故に、その言葉を『なぜ発するのか』を丁寧に考えないといかんわけで、
言葉があるが故に、言葉を発すれば伝わるだろう的な安易な歌い方とか
言葉の裏側まで、検討しない人も多い。

つまり、『愛してる』と言いながら憎んでたり、
『嫌いよ』と言いながら好きでしょうがなかったり。

もちろん直球も勝負な歌もあるけど、同じことを表現するにしても
叫ぶのか静かに唄うのか・・・表現の仕方は沢山ある。

自分では表現しているつもり・・・でも何も届いていなかったり(-_-;)

深い。。。ですねぇ。

私は、楽器ができないから、『言葉の概念』みたいものに縛られず、
楽器は、奏者の方たちの気持ちが、十二分に表現できるな・・・
なんて勝手に思っています(^.^)

そうなるまでの技術の習得と鍛錬が並大抵ではないのでしょうけれど。

今年は、すとんさんのブログと出会って、沢山助けてもらいました(^.^)

聴いてくださる方、ひとりひとりの心に引っかかる歌を唄えるように、
来年も精進します!!

いや~~~ほんと、大好きっ!     このブログ(^.^)

wasabinさん

>すとんさんが仰る事は「心の無い歌はダメ」という事ですね

 そういう事です。でも、その心を伝えるための、最低限のテクニックは必要だけれど、テクニックに走った歌は、やっぱりダメって事です。

>「なんちゃってバレエ」をする初心者の私が「切羽つまった時」直前に先生が捨てるのは下半身です。

 なるほど…、分かるような気がします。さて、声楽の場合は「切羽詰まった時」何を捨てるんだろう? 音程とかリズムとかを捨てるわけにはいかないから、やっぱり歌詞かな…。母音を発声しやすい母音に置き換えてうたっちゃうとか…よく聞くよねえ。あ、あと、転調して、低い調性で歌っちゃうってのもアリだね。

CuniCoさん

>その言葉を『なぜ発するのか』を丁寧に考えないといかんわけで、

 おっしゃる通りだと思います。

 そこで問題になるのが、日本のお客さん相手に、外国語の歌を外国語のまま歌うという事かもしれません。「客の分からない言葉で歌っても、何も通じないじゃないか」って言う人の言い分も分からないではないですが、言葉って、意味だけじゃないと、私は思ってます。音の響きとか、イントネーションも大切な要素だと思うし、また言葉の意味が分からなくても、歌い方や声色などでも、感情表現で出来ると思います。ですから、言葉の表面的意味だけでなく、その奥や裏の意味まで、歌手は把握して歌わないといけないんだろうと思います。

 となると、その外国語がペラペラでなければ歌っちゃダメって事になるかもしれないけれど、少なくとも、これから自分が歌う歌の歌詞の意味に関しては、きちんと分かっていないといけないかなって思います。

 耳で何となく覚えて歌うのではなく、単語の一つ一つまできちんと辞書を引いて、自分なりに歌詞を日本語に翻訳してから歌うように、これからも心がけていきたいと思います。

>いや~~~ほんと、大好きっ!     このブログ(^.^)

 ありがとうございます。ブタも木に昇っちゃいますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートは裏声で吹いてください | トップページ | フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん