ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ネアンデルタール人が気になります | トップページ | 頭声の練習をしました »

2012年12月10日 (月)

とにかく息を流しましょう

 第九が終わりました。次の予定は…本来はメサイアを入れていたのですが、吹奏楽関係の行事とバッティングのため、メサイアは断念(涙)。ああ、自分の趣味より仕事優先だからねえ(遠い目)。なので、しばらくはイベント的なものは無いので、声楽のレッスンに集中する日々が始まります。

 まあ、せっかく先生が変わったのに、クラシック・コンサートやら第九やら、落ち着いて声楽の基礎練習に取り組む時間がなかったので、しばらく基礎練習に集中するのも良い事でしょう。

 まずはハミングの練習からです。とにかく、息をたくさん流すのがポイントです。私はキング式の省エネ唱法で歌う癖がついていて、息をあまり使わない唱法だったのですが、それはひとまず横に置き、今はともかく、息をたくさん流すことを優先するようにと言われました。今まで息をあまり使わないで歌っていたので、いざ息をたくさん使って歌えと言われても、なかなか大変です。

 私の歌い方の癖は、まず全般的に息をあまり使わずに歌っているのですが、特に高音域に行けば行くほど、息の量が減っていき、フレーズの最高音の手前、ガクっとブレーキをかけるように息が減り、声を飲み込むように発声していると言われました。

 ううむ、そういう自覚はありませんでしたが、確かに言われてみれば、その通りです。でも、それは歌い方としては、逆なんだそうです。高い音ほど、息をたくさん流す。それも前の方向に息を流します。高音に行っても、口の中の形やポジションは一切変えずに、ただ息の量を増やすことで対応する。そうやって、音色を変えずに高音を出していきましょうと言うのです。

 あと、私は音程を意識しすぎなんだそうです。音程を意識するあまり、音を当てに行ってるのだそうです。まあ、そうかもね。散々、キング先生には「音程がダメ、音程がダメ」と注意され、私自身、音程に気を使う様になったわけだし、自宅練習では、日頃から、チューナーをつけっぱなしにして、音程を確認しながら歌うようにしていたわけだしね。チューナー見ながら、歌の練習をしていたら、そりゃあ、音を当てに行くのが癖になってしまういます。おまけに、ここんとこ、合唱(第九)もやっていたわけだし…。合唱の歌い方だと、どうしても音程優先的な歌い方にせざるをえないので、やっぱり音を当てに行っちゃうわけで…。そういう複合する要因で、すっかり音程重視のツマラナイ発声になっていたのかもしれません。

 無論、ソロだって、音程は大切だけれど、必ずしも音程優先ってわけじゃありません。今は、音程なんか外してもいいから、とにかく息を流す事。それも下から上へ、大きな流れを作って息を流す事が大切なんです。

 特に、ハミングをしていると、私の息は鼻のあたりで留まっている感じがするんだそうです。そうではなく、下腹から始まって、息がグンと前に噴き出してくる様に歌えるのが良いんだそうです。なかなかそうは参りませんが…。
 
 
 ハミングをそこそこしたら、次は発声です。私が一生懸命、発声していたら「眉間にシワを作らないでください。眉間は、シワを寄せるのではなく、むしろ、そこから鳩が顔を出すくらいの感じで歌ってください」…って、私は鳩時計ですか? でも、気分はそういう事なんでしょうね。眉間のシワはアウトですから、もちろん、目をつぶって歌うのもNGです。

 発声では、ハミング同様に、息をたっぷり流す事が大切なんですが、それと同時に声を上下に思いっきり引っ張る事が大切です。“声を上下に引っ張る”と表現しましたが、声には実体が無いので、物理的に上下に引っ張る事は不可能です。より身体的な表現を使うと『クチを縦開きにする』とか『軟口蓋を上げ、舌根を下げる』とか『響きを副鼻腔からノドまでの広い範囲で響かせる』とかの表現になると思いますが、私の感覚では“声を上下に引っ張る”感じなので、そのような表現にしておきます。

 で、声を上下に思いっきり引っ張ります。まるで自分がゴム人形になったような感じで、グイーンと伸ばします。その時に『私はテノールなんだ』という意識は不要です。テノールである以前に、私は私なのだから、私自身の声で歌うのです。だれかテノール歌手のモノマネではなく、自分自身の声で発声をします。

 声を上下に引っ張って歌うと、思いの外、深くて太い声が出て、びっくりします。この深くて太い声が、いわゆる“美声”なんだそうです。まあ、歌っている私自身は「うへっ、声が太くなっちまったよ。え、私って、もしかしたら、低音歌手だったの?」と思って、ちょっとドギマギして不安になりますが、先生や妻はニコニコしながら「時々、いい声になる」とか「瞬間だけ美声」とか言ってくれます。まあ、声なんて、自分で感じる声と、他人が聞いている声が違うのは常識なので、きっと私の深くて太い声は“低音歌手の声”ではなく“美しい高音歌手の声”になっているのでしょうね、いや、そうなっていると信じたいです。

 とにかく、今までは曲が歌えればよかったのですが、Y先生は曲の前に、まず声ありきの人なので、今は声を磨くのが優先ですし、高音はこの深くて太い声をベースにしていないと出ないと言われました。今までのような、軽くて浅い声では、高音はいくら頑張っても、無理無駄不可能なんだそうです。なので、高音を出せるように頑張るのではなく、美しい声で歌えるように頑張れば、自然と高い声でも歌えるようになる…というそうです。

 とにかく声を上下に引っ張るのです。私は声を上に引っ張るのは、まあまあなんだそうです。もっとも、それは私に限らず、どのテノール歌手も声を上に引っ張るのは得意なんだそうです。でも、私もそうだけれど、多くのテノール歌手は、声を下に引っ張るのが苦手なんだそうです。なので、まずは下に引っ張る感覚を覚える事。そして、自由に声を下に引っ張れるようにする事。これが急務です。そして、声を下にも上にも引っ張れるようになったら、上下同時に思いっきり引っ張った所に、大量の息を勢いよく流し込めば…高音は楽に出るのだそうです。

 大切なことは、高音をなるべく楽に出すこと。力付くで出しても、それは聞き苦しいだけなので、なるべく楽に楽に出す事。ただし、いくらテノールでも無意識に出せるのは高いGまでで、Aより高音は、いくらテノールのノドを持っていても、無意識には出せません。意識して頑張って出さないと出ない音なんですが、だからと言って、力付くで出すのではなく、なるべく楽に自然に聞こえるように、歌うのだそうです。そのために、ノドは楽に、カラダ(特に体幹)は頑張る方向に努力するのです。

 それと、音の終わりの処理が下手だと言われました。音は、基本的に捨てて歌うのが良いのです。捨てる…それも投げ捨てる感じで、ポイッて捨てます。音を一つ一つ、ポイポイッて捨てていくのが肝心であって、これを捨てずに最後まで持ったまま歌うと、とても疲れるし、発声の失敗を次の音にまで引きずりがちなわけです。

 そして、その音の捨て方も、口先でポイッではなく、腹の底から突き上げるような感覚でポイッと捨てます。そして、捨てる時に手裏剣を投げるような感覚で捨てるんですが…自分でも書いていて何を言いたいのか分からなくなってます。どうにも、Y先生になってから、オカルト度合いが増しているような…。

 そして、最後は、ノドの奥を広げて喪黒福造のような声で歌うこと。腹筋をきちんと使う事。これらも、少しずつできるようになってきた気がします。

 たかが発声、されど発声。今までやってきた事を捨てて、改めて声を構築しなおしているわけで…ああ、大変。だけど、楽しいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ネアンデルタール人が気になります | トップページ | 頭声の練習をしました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネアンデルタール人が気になります | トップページ | 頭声の練習をしました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん