ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« とにかく息を流しましょう | トップページ | 今更だけど、楽器の組み立て方にダメが出ました(汗) »

2012年12月11日 (火)

頭声の練習をしました

 声楽レッスンの続きです。

 曲の練習に入りました。『マリンコニーア/ Malinconia, Ninfa gentile』です。

 発声する前に、息をぐるんと回しておくことを注意されました。息を真っ直ぐに出して歌わないようにって事です。

 四小節で1フレーズになっているので、そこに注意して歌う事。間に入っている十六分休符は休みではなく、残った息を捨て、次の息を吸い、腹圧を高め直すための休符。休符は休みではなく、やることが山のようにあります。

 どの音もきちんと一つ一つ捨てていく事。実は私は、これが苦手。私はどの音もしっかり握ったまま歌おうとしているようです。これが原因で、疲れやすく、また音楽にも動きが感じられなくなるのだそうです。

 高いAを今回も頑張りました。Aの前の前の音であるEで下を引っ張り、次のCで上を引っ張り、両方引っ張ったところで、首を伸ばして(頭をやや前に倒す)、そこに一気に息を通してAを出します…が、私の場合、何度やってもAにはならずGisになってしまいます。どうやら、声の伸ばし具合と息の量が足りないようです。あと、何度もこれをやると、ノドが痛みます。無意識にノドに力が入っているのかな? あるいは呼吸法が悪くて、ノドを痛めるような息の吐き方をしているのかな?…たぶん、両方だろうなあ。
 
 
 頭声の練習をしました。高いAを太い胸声で出せるのが理想だけれど、頭声でも出せるようにしておくと、何かと便利と言うわけで、頭声でAにチャレンジしてみました。

 頭声とか裏声とか、このあたりの用語は世間的に結構混乱しているみたいなので(私の用語法だって間違っているかもしれません)、一応このブログでの使い方を説明しておきます。頭声は裏声ではありません。かと言って、地声や胸声とも違います。ちょうど、胸声と裏声の混じり合った感じの声で、やや裏声っぽいニュアンスがあります。声が引っくり返らないようにギリギリのところで発声している感じの声です(声が引っくり返ると“裏声”になってしまいます)。

 声楽的な意味では、この頭声の事をファルセットと言うのが正しいようで、オペラのテノール歌手が、高音をppで歌うときに使う声とイメージすると分かりやすいと思います。もちろん、頭声はppだけでなく、それなりに強い声も出せます。宗教曲のテノールとか、モーツァルトぐらいまでのテノール歌手の高音も、この頭声(ファルセット)です。ただしポピュラーヴォーカルでのファルセットは裏声の事を指しますので、注釈無しで“ファルセット”と言うと、いわゆる“裏声”の事を指しているのか、それとも“頭声”を指しているのかが不明になりますので、ファルセットという語は、なるべく使いたくないですね。

 実際、私自身はファルセットという言葉を、裏声の意味で使ったり、頭声の意味で使ったり、結構ゴッチャでいい加減に使ってます。実際、エコ発声の時の高音は、合唱ですからファルセットなんですが、その実態は、裏声だったり、頭声だったりと、その両方を何となく適宜使用しています。

 まあ、それはともかく、頭声の練習をしました。いわゆるパッサージョの下から、声を引っくり返さないように、なおかつ、ノドを締め上げないように、注意深く、半音ずつ頭声で上がっていきます。なかなか難しいです。結局、頭声でも、安定してだせるのはGisまでで、Aになると、声がひっくりかえってしまいます。筋力不足ですね。

 で、パッサージョなのですが、私のパッサージョ(チェンジ)の箇所は、高いFとFisの間にあるみたいですが、私自身は無意識にパッサージョを越えて歌っているつもりです。先生の耳にはFisやGには発声の癖があるので、分かるのだそうです。で、どんな癖かと言うと、これらの音の前に私は必ず息を切って、一度溜めてから出すのだそうです。へえ、そんな事を意識してなかったけれど、言われてみれば、やっているかも。

 先生がおっしゃるには、Gまでの音は、息を溜めずに、フレーズの流れのまま、音楽に乗って歌って欲しいのだそうです。それこそ「音楽の中を泳ぎながら歌う」のです。集中しすぎず、覚悟も決めずに、流れのままに歌うのが良いのです。もちろん、Aより高い音はそういうわけには行きませんから、覚悟を決めてしっかり歌うのが大切ですが、Gまでは泳ぎながら歌ってほしいのです。

 それにしても、今回もたくさん習いました。レッスンの最後の方は、ヘトヘトになりました。「インナーマッスルが弱すぎます。だから言って、そこは筋トレできる場所じゃないので、大変ですね」と言われました。

 『マリンコニーア』はまだまだ終わりそうもありません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« とにかく息を流しましょう | トップページ | 今更だけど、楽器の組み立て方にダメが出ました(汗) »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

音楽やネアンデルタールのお話、
おもしろく拝読しました。
が、もっと注目したのは、
「ひとこと」のコーナーにあった、
選挙公報、選挙管理委員会のお話。
選管で不愉快な思いをされた由。
痛いほど、わかります。
(/_\;)

私、先般、郵便局で、
大変に無礼な局員に遭遇してしまい、怒り心頭。
郵便局長宛にクレームレターを発送し、
謝罪文をゲットしました。
(`へ´*)ノ

以前には、コンビニで、無礼な店員に遭遇し、
怒り心頭、そのコンビニの株を買い、
株主総会に出席して、社長にクレームし、
謝罪のひとことを引き出しました。
ι(`ロ´)ノ

まあ、大人げないような気もしますが、
無礼に対しては、きっちりクレームしています。
でも、逆恨みを買い過ぎて、暗殺されたらどうしよう。

( ̄▽ ̄;)おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

 あの「ひとこと」はすでに仕舞ってしまいました(笑)。月末の「落ち穂拾い」に再登場します。

 世の中不況ですから、日頃の不平不満をよろしくない形で発散させる輩がいるのは事実です。それが年端もいかない子ども相手だったり、腕力で劣る女性相手だったり、おとなしそうな老人だったり…、まあ最近はみさかいなく突っかかってくる輩もいたりしますが…。「貧困は人を不道徳にする」と申しますが、大なり小なりそういう事なのだろうと思います。

 もっとも、小役人というのは、景気の善し悪しに関係なく、常に庶民に対して威張りくさるものと、昔から相場が決まっておりますが(爆)。

>でも、逆恨みを買い過ぎて、暗殺されたらどうしよう。

 これが冗談とは言い切れないのが、昨今の世相です。ほんと、お気をつけてください。

こちらの第九の指導者は裏声の事をファルセットと称しているようです。

そちらの先生が言われているファルセットは頭に当てるテナーの発声でしょうか。
私は大学で合唱団に入った時からFから上は頭に当てて発声しています。合唱の先輩に教えて貰いました。
とはいってもAまでしかでませんが。
言葉では違いが分からないのでアッブしていただいたら有り難いです。

第九を歌っていますさん

 私の場合、アップするほど、立派なモンじゃないです(笑)。それに、ファルセットという言葉は、使う人によって、指すものが違うみたいで、アレコレと混乱しているのが、日本の歌世界の状況だと思います。

 裏声の事をファルセットと言う方は多いですね。一方、裏声とファルセットは違うという人も多いです。ファルセットも、強いファルセットと弱いファルセットを分ける人もいれば、分けない人もいます。またファルセットと頭声は同じモノだという人もたくさんいますが、ファルセットと頭声は全くの別物だと言う人もいますし、ミックス・ヴォイスと頭声が同じ物だという人もいます。

 なので、この人はどういう意味でファルセットという言葉を使っているかと確認する事は必要でしょう。でも、ファルセットという言葉を自分の思想信条に基づいてガッチリ定義付けした言葉として使っている人もいれば、私のように、結構いい加減な用法で、日常語の一つとして使っている人もいます。

>そちらの先生が言われているファルセットは頭に当てるテナーの発声でしょうか。

 “当てる”発声ではなく“開く”発声なので、根本的な考え方が違うかもしれません。ウチの先生は、正しい発声法なら(テノールは)誰でもGまでは出るので、無意識無作為の自然体で歌う。Aより上の音は、意識的にカラダを開いて、息を通して歌う…というやり方のようです。

 『誰でもGまでは出る』と聞くと「ゲッ!」と思われるかもしれません(私は思いました)。でも、これは、その人の生まれつき持っている声で判断しているようで、逆に言うと、正しい発声さえすればGまでは軽々出る声の持ち主を“テナー”と判断しているとも言えます。

 これは、別段、今現在、Gまで軽々と出るかどうかではなく、その人が生まれつきもっている声の“響き”を確認すれば“きちんと訓練すれば、どのあたりまで高音が出せるようになるのか”が、分かるので、高音が出る(可能性を持っている)人をテナーとして扱っているだけのようです。

 つまり、高音が出るかどうかは、努力も必要だけれど、その前に生まれつき高音を持っているかどうかの判断が必要って事みたいです。持っていると思われる人が、訓練を受けることで、高音で歌えるようになる…とお考えのようです。

 ザックリ言えば「テノールのノドを持っている人は、どうやってもテノール。バリトンのノドを持っている人は、何をやってもバリトン」って事のようです。

 なので、私は現在Gisがやっとの人で、高音が出せないにも関わらず、Y先生曰く「テノール以外に考えられない」そう(笑)で、テノールをやっています。

 まあ、私自身、今の先生に変わって、まだ半年ですから、誤解や勘違いしている部分があるかもしれませんが、まあ、こんな感じです。

ファルセットの定義、了解しました。確かにGまでは自然にでますがAは確かに喉を強制的に開いて出しています。合唱ではAはあまり必要なく訓練もしていないので消耗が早いです。

第九を歌っていますさん

 そうですね、合唱ではAまで出せれば御の字ですものね。でも、声楽では、Aは入り口ですから…。やはり、BやH、曲によってはCで聞かせるものですから、そこら辺が出せるかどうかが、テノールの鍵なんですよ。…なんて書きながら、私自身は、Aもおぼつかないのが現状なんですがね(汗)。まあ、焦らずに、いずれはCまでの曲が歌えるように頑張ってゆきたいと思ってます。

うちの師匠いわく、
声と異性は一緒だと思う。
だから声を離せない歌い手は束縛タイプで
声をとっとと話しちゃう歌い手は放任タイプになると思う。
とおっしゃいます。
わたくし、声離せないんだけど、放任タイプです。
我が師匠統計が崩れたとヒジョーに驚いておりましたが
すとんさんはどっちかしら?ってふっと思った日記でした。

インナーマッスルはトレーニング方法ありますよ~。
コアって言われてたりします。
歌うときに必要な筋肉つけるストレッチ方法あるし、現在進行形でわたしはトレーニング中です。
歌い手はどっちかとくとインナーマッスルが必要ですからね、こちらも諦めずトレーニング出来たらいいなと思っています。

ミルテさん

 私ですか? 私はもちろん、束縛タイプですよぉ~。もう、ガッチガッチに束縛しまくります(笑)。もちろん、相手を束縛しますが、相手に束縛される事も望みます。恋愛する時は全身全霊をかけて全力で行ってましたので、いつもヘトヘトになってました。なので、さすがにこの年になると、もう恋愛はできませんな(笑)。カラダがもちません。たぶん、次に恋愛をしたら、過労で死にます(爆)。

 しかし、恋人を束縛する歌手は、声も離せないのか、納得(爆)。

 コアですか? コア・トレーニングとか言う奴ですか? おそらく、インナー・マッスルを鍛えるには、バレリーナさんやダンサーさんのエクセサイズを取り入れればいいんじゃないかと思ってます。だいたい、社交ダンスだって、きちんと踊れば、インナー・マッスルが鍛えられるはずなんだけれど、全然踊っていないから、トレーニングになりゃしない(笑)。

>歌うときに必要な筋肉つけるストレッチ方法あるし

 一応、キング先生からいくつか教わっているのだけれど、そのトレーニング方法に疑問を感じるので、最近はやってません(白状すると、当時は、先生に教わったそのままではなく、言われた筋肉を鍛える別の運動で代用して行ってました)。その代わり、ペットボトルの底にキリで穴をあけたモノを金管楽器を吹く感じでクチビルにあてて、ロングブレスや、Y先生に教わった“機関車運動”をやってます。原材料費はタダだし、底に開ける穴の大きさを変えると、抵抗も変えられるので、結構気に入ってます。

 ただ、問題は、すぐに飽きちゃう事と、長続きしない事です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とにかく息を流しましょう | トップページ | 今更だけど、楽器の組み立て方にダメが出ました(汗) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん