ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて | トップページ | 長モノ系丸モノ金魚? »

2012年12月21日 (金)

ノド声で歌うと、これだけ良くない事があります

 私は今まで、ノド声で歌っていました。今、Y先生のご指導によって、そのノド声歌唱から脱出しようとしている最中ですが、まだまだノド声で歌ってしまう事もあり、大変苦労しています。まあ、そっちの話は、いずれオイオイするとして、今回は、私が元いた場所である、ノド声歌唱の欠点について、アレコレ書いてみたいと思います。

 ノド声歌唱とは、もちろん、ノド声で歌っている事を指します。では一体、ノド声ってなんでしょうか?

 それを簡単に言ってしまえば「ノドに力を入れて無理やり歌っている」状態の事を言います。一番分かりやすい例を上げてみると…叫び声?…ですかね? 私たちは叫ぶ時、強い感情に身を任せて、カラダを固めて、ノドを締めつけて、そこに無理やり息を通して、大声を出します。あれこそが、ノド声の典型例と言えるでしょう。

 私が歌っている歌のジャンルは、クラシック系の声楽曲です。一般的に、これらの曲はベル・カント唱法と言われる歌い方で歌われる曲です。ベル・カントという言葉を日本語に訳すと「美しい歌」となり、美しい声で歌うことが求められるジャンルですね。

 で、ベル・カント唱法における、美しい声の定義を簡単に書くと『響きが豊かで、ノドに負担の少ない、聞きやすい声』という感じで、叫び声とは真逆な声の事を言います。

 本来、クラシック声楽の発声では、ノド周辺を脱力して、声を開放して歌うのが正しい発声なのに、それを叫び声で歌っていた私は、実にとんでもない発声で歌を歌っていた事になります。

 これでも、五年間、毎週、プロのオペラ歌手に、安くない謝礼を支払って、発声指導を受けていたのですけれどねえ…。
 
 
 なぜ、私がノド声で歌っていたのかと言うと

 1)大きな声で歌おうとしていたから…そのために、ノドに力を入れて、思いっきり息を声帯にぶちあてて、結果として、叫んで大きな声にして歌っていました。

 2)高い声を無理やり出そうとしていたから…別に高い声は、ノドに力を入れなくても出せるはずですが、そのやり方を教えてもらえなかったため、自己流で無理やり高い声を出そうとして、ついつい叫んで歌っていたからです。実際、叫び声って、通常の話し声よりも音程が甲高いでしょ?

 3)教えてくださった先生が、ノド声で歌うことを奨励していたから…ま、そういう事なんですよ。妻は、元々、ノド声で歌っていなかった人ですが、門下に入って最初に習ったのが「ノドをしっかり鳴らして歌う事」で、ノドをしっかり鳴らして過ぎてしまうと、どうしてもノド声になってしまうわけです。

 ノドを鳴らして歌うこと自体は、必ずしも間違いではないのですが、ノドを鳴らし過ぎないように、注意しないと“ノド声”になってしまったり、ひどい時にはその指導が原因でノドを壊してしまいます。事実、あそこの門下生さんには、当時の私も含め、ノド声歌唱の方が大勢いらっしゃいますし、妻はノドが壊れ、長いこと、声の専門医の治療を受けなければならなかったのです。

 一応、適度なノド声歌唱の援護をしますと……ノド声って、ダメな事ばかりじゃないんですよ。ノドに適度な緊張を与え、声帯をしっかり鳴らす事は、実はいわゆるベルカント唱法においても大切なことなんです。でも、やりすぎは禁物です。少なくとも“ノド声”と言われるような発声方法では、あきらかにやりすぎです。

 ノド声はダメですが、ノドに適度な緊張を与えて歌う事は大切です。例えば、ノドに緊張を与える事で、声に緊張感を与える事ができますし、声が力強くなります。そして劇的な表現ができるようになります。そのせいでしょうか、ロック系歌手は、結構ノド声で歌っている人が大勢います。なにしろロックにはシャウト唱法、つまり叫び声で歌う唱法があります。つまり、ロックっぽい声で歌おうとするなら、ノド声はダメなどころか、むしろお薦めの声なんですよ。

 また、ノド声歌唱では、声帯自体が自律振動をしますので、歌う息の量が少なくても歌えますし、声帯自身が声や息を支えますので、腹式呼吸が苦手な人でも歌えます。

 でも、クラシック系の歌唱には、お薦めできません。もちろん、人間の声は、ノドで発せられるものですから、どんな発声法であっても、ノド声的な要素を完全に取り除く事は不可能だけれど、なるべくノドへの負担を減らし、ノドを鳴らさないようにし、劇的な表現や、強い感情表現を避けて、聞きやすくて美しい声で歌うのが、クラシック声楽の理想的な発声方法です。なので、声楽初心者のうちは、ノド声の要素は、なるべく減らして発声するのがキチです。

 少なくとも、叫び声で歌ってはいけません(メッ!)
 
 
 さて、長年、ノド声で歌ってきた、ある意味、ノド声のオーソリティーである私が感じた、ノド声の欠点について、列記してみたいと思います。

 1)ノド声は美しくない…当たり前ですね。美しい叫び声って、聞いた事ないですし(笑)。

 2)ノド声は疲れやすい…常に緊張し、カラダにもノドにも力が入っているわけですから、そりゃあ疲れやすいです。かつての私(今でもそうか…)が、歌うとすぐに疲れてしまっていたのは、単純にノド声で歌っていたからです。当時は、すぐに歌い疲れてしまう私に対して、歌うスタミナをつけるという指導がされていましたが、歌うスタミナをつける前に、ノド声を辞めて、疲れない歌い方で歌えるようになれれば、問題解決は簡単だったのですがねえ~。

 3)ノド声は音程がぶら下がりやすい…カラダが緊張すればするほど、筋肉は硬くなり、意図するほどには筋肉は動かなくなります。なので、ノド声で歌うと、歌っている本人の意識よりも、かなり低い音程の声しか発する事はできません。

 私は、この音程がぶら下がる問題で、長年苦しめられてきました。先生には「音感を身に付けなさい」と言われ、音叉の音を覚えるとか、聴音まがいのレッスンなども受けてきましたが、音程がぶら下がる件はなかなか解決しませんでした。なにしろ、自分では正しい音程で歌っているつもりなのに、何かが間違えていて、音がぶら下がってしてしまうのですから、いくら聴音をしようが、解決するはずがないのです。

 音程はノド声発声を止めた途端に良くなりました。そりゃあもう、嘘のようです。

 4)ノド声では高音発声は無理…そもそもノド声って、ノドの過緊張がもたらす声であって、ノドが緊張して硬くなると、声帯が自由に振動できなくなり、声帯の振動そのものが抑えられる事になります。これは音程がぶら下がるのと同じメカニズムなんだけれど、声帯ってたくさん振動するほど高い音になり、声帯の振動が抑えられて、少なめに振動すると低い声になります。

 高い声を出そうと力んでノド声にすると、声帯の振動が抑えられます。たくさん振動して高い声を出そうと思っても、その声帯の振動そのものを、ノドに加わった力で抑えてしまうのですから、ノド声で高い声を出そうとするのは、無理なんです。高い声を出そうとしてたら、声帯が自由に振動できるように、ノドを緩めないとダメなんです。

 5)ノド声は側鳴り声でもある…ノド声はあまり息を使わずに発声します。声は息によって遠くまで運ばれますので、ノド声では、通常、声が遠くまで届きません。つまり、歌手のすぐそばでは、大声で歌っているように聞こえますが、少し離れると、聞こえなくなったしまいます。いわゆる“側鳴り”って奴です。

 私はノド声だったけれど、同時によく通る歌声でもあったので、側鳴り声ではありませんでした。狭い部屋だと、自分の声があっちこっちに反響してうるさいぐらいでしたが、これって、どういうメカニズムだったんだろ?

 6)ノド声で歌っていると、ノドが枯れて、声がつぶれます…だってノド声で歌い続けていると、ノドの筋肉は鍛えられて、ますますノドを強く締めつけるようになります。しかし、声帯は筋肉を粘膜でコーティングしたものです。筋肉は鍛えられますが、粘膜は鍛えることができないので、ノド声で歌い続けていると、早晩、声帯の粘膜部分が変形するか、破れるか、切れます。その結果、声がつぶれてしまいます。

 つぶれた声を“ハスキーヴォイス”と言って、美しいと捉える歌のジャンルもありますが、クラシック声楽では、つぶれた声は醜い声でしかないので、声をつぶしてはいけません。将来も長く歌い続けたいなら、ノド声は自殺行為です。
 
 
 こんな感じでしょうか? とにかく、クラシック声楽をやる人は、悪いことは言いませんから、ノド声から脱却してください。少なくとも叫び声で歌うのは止めてください。これは、長年、そして今でも、ノド声歌唱の呪縛に捕らわれている私からのアドヴァイスです。そして、一日も早く、健康的で正しい発声法を身に付けて、歌と人生を楽しんでください。

 私も頑張ります。皆さんも頑張ってください。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて | トップページ | 長モノ系丸モノ金魚? »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

自分は、合唱的なスカスカ声からなかなか抜け出せずに、
先生からはよく「声帯を合わせて声を出すように」と言われました。
でも、だからといってノド声で歌えという指示ではなかったですし、「ちゃんと支えがないとノドに来るから気をつけてね」ともいわれました。

そして今実感していますが、すべては「支え」ですよね…!
すとんさんも、Y先生のもとで支え重視の指導を受けておられるようですね。きっと良い方向に向かっていきますよ^-^

椎茸さん

 そうなんですよ、すべては「支え」なんです。そのためには、まず呼吸法がしっかりしていないとダメなんです。きちんと腹式呼吸が身に付いてないとダメなんですね。

 今思うと、キング先生は呼吸を軽んじていたフシがありますね。入門したての頃、妻が先生に「呼吸法を教えてください」と言ったら「息しているじゃない? それでいいんだよ」と言って、取り合わなかったんですね。なので、妻はY先生のところで、腹式呼吸の基礎の基礎からやり直してました。私も個人レッスンになってから、呼吸の事をとやかく言われた事なかったし…。ただし、キング先生の名誉のために書いておくと、グループレッスンの時は、結構たっぷりと呼吸の訓練はしたんです。きっと個人レッスンは時間が短いので、呼吸の訓練は、後回しにしていたんでしょうね。

 とにかく、今は、先生を代えて良かったと思ってます。

私は、大学1回生のときに1年だけ、大学と社会人の混声合唱団にいました。

大学の方は、斬新な曲をコンクールの自由曲して、全国大会に行きました。
でも、斬新な曲だったので、他の大学からは
「どうしてあんな曲がsign02
と言われていました。
その年に、ずっと来てくださっていた先生が
「今年全国に行かないと、トレーナーを辞める」
とおっしゃったので、とりあえず何とか1位金賞=全国大会出場をと必死だったのです。

社会人のほうは、大学とかの合唱団を出てもなお歌いたい人の集まりで、みんな技術も結構凄くて、細かいことはありませんでした。

そんなこんなで、個々の発声法とかあまり指導された記憶もないまま、1年が過ぎた頃、偶然にも両方の団の先輩からかなりデリカシーの無いことを言われ、みんなと歌う気力が無くなり、合唱をやめましたweep

合唱をやっていた当時、「何か足しになるのでは?」と思い、大学の近所でお手軽レッスンがあったエレクトーンを始めたのですが、あのときにボイトレとかを選んでいたら、また随分違った人生だったような気もします。

あ、ちょっと本題と離れましたねm(__)m

今思えば、何語かも判らない、何歌っているのかも判らない曲を追っかけるより、個々の発声法をきちんとして、普通の曲をビシッと歌いたかったな~と。

sarasvatiさん

 人生には、一つも無駄な事は無い…と私は信じてます。たとえ無駄に思える事でも、それを無駄として終わらせるか、そこから何かを学ぶかで、その人の人生が決まってくると思ってます。

 たった一年の合唱経験の中で全国大会に行けたなんて、素晴らしい経験じゃないですか? エレクトーンを始めた事も、親子でフルートを吹いている事も、みんなみんな、素晴らしい経験だと思います。

>今思えば、何語かも判らない、何歌っているのかも判らない曲を追っかけるより、個々の発声法をきちんとして、普通の曲をビシッと歌いたかったな~と。

 そういうチャンスもいずれ来ますよ。だから、その時を待ちましょう。今は、お子さんと一緒にフルートに集中の時期なんだと思います。なあに、声が出る限り、歌は、いくつになっても歌えますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルート、リングキーの楽器とカバードキーの楽器の持ち替えについて | トップページ | 長モノ系丸モノ金魚? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん