ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 緋ドジョウは活性炭の袋が大好き | トップページ | 再度『良い先生の条件』について考えてみた »

2012年12月 2日 (日)

映画は3D上映があれば、なるべく3Dの方を見るようにしています[2012年12月第1週・通算38週]

体重:108.6kg[+-0.0kg:+5.5kg]
体脂肪率:32.7%[-0.8%:+1.8%]
BMI:34.3[-0.3:+1.9]
体脂肪質量:35.5kg[-0.9kg:+3.0kg]
腹囲:105.0cm[+2.0cm:+6.5cm]
     [先週との差:2012年当初との差]

 私は映画ファンという自覚は特にありませんが、それでもたぶん、世間一般の人よりも多くの映画を、映画館で見ていると思います。まあ、そういう意味では、ライトな映画ファンなのかもしれません。もっとも、私の場合、足しげく映画館に通えるのは、徒歩5分程度の場所に映画館があるので、いつでもフラ~ッと行けるから、かもしれませんが(笑)。あと、老人割引で、いつもほぼ半額で映画が見れるというのも、大きいかな(爆)。

 「映画館で映画を見ると、高い。少し待って、DVDをレンタルした方が安いじゃん」と言う人もいます。確かに値段だけ考えればそうかもしれませんが“映画館で映画を見る”という楽しみがあります。大画面であるとか、大音量であるとか、暗い場所で映画に集中できるとか…これは家のテレビじゃ絶対に敵いません。

 何より、一番敵わないのは、3Dって奴です。

 まあ、世の中には3Dテレビと言うものもあるらしいけれど、ウチはまだまだ2Dのごく普通のテレビですし、しばらくはテレビの買い換え予定は無いし、買い換えるにしても、たぶん3D機能の有無は気にしないし、仮に3Dテレビを買っても、3D放送を見ることは…たぶん無い。と言うのも、家で3Dメガネをかけてテレビを集中して見るなんて、ちょっと考えられない。テレビって、気を散らしながら見るものでしょ? それに3Dメガネって、うっとおしいじゃない? まあ、裸眼で3D試聴できるタイプのテレビができたら見るかもしれないけれど、それまでは、家庭での3Dは、お預けだね。

 でも、映画は3Dがいいね。全然いい。大画面大音響に3Dはいい感じです。3Dメガネだって、映画館という聖別された場所なら、苦にならないし。

 2Dと3Dの両方が用意されている映画は、多少料金が高くても、なるべく3Dで見るようにしています。と言うのも、同じ映画なのに、3Dで見る方が、より面白いんですよ。迫力ありますよ。画面から訴えてくる映像の力が変わります。

 もちろん、2Dでも、素晴らしい作品はありますが、2Dの映画を見ていると「ああ、この場面が3Dだったら、絶対に、すごいだろうなあ…」なんて思いながら見ていたりします。

 ああ、私は3D映画の信者さんかもしれない(笑)。

 2Dしか知らなかった時代なら「3D? そんなのいらないよ」とか言ってたかもしれないし、初期の3Dは実に稚拙で、あれしか知らなかったら、やっばり「3D? そんなのいらないよ」とか言ってたでしょう。でも、ここ最近の3D映画は、本当に素晴らしいです。ズズッと画面が引っ込んで、実によろしい感じの奥行き感をかもしだします。まるでスクリーンが窓になって、窓の向こう側の世界を見ているような感じになります。あれって、たぶん、バーチャル・リアリティの現実的な意味での入り口なんだろうと思います。

 この世界を知ったら、なんか2D映画が物足りなくなります。これって、目を怪我して、片目を眼帯にした時の、世界が平板で薄っぺらく感じる、あの残念な感覚に似ているのかもしれません。世界は、実はもっと複雑で立体的なのに、それを感じられなくなる、目の前のものをつかもうとして、距離感をミスってヘマをして泣きたくなる、あの感覚です。ああいう、残念な感覚を2D映画だと感じるようになりました。

 とにかく、大画面+大音響+3Dのトリプル攻撃は、映画館に行かないと楽しめません。なので、私は、見たい映画があると、いそいそと映画館に出かけるし、3Dバージョンがあれば、迷わず3Dバージョンで見ています。

 それにしても、3D映画は洋画であっても吹き替えがいいね、と言うのも、3Dでは字幕が画面の中で浮きだして見えるので、すごく違和感があります。字幕は2Dでは全く気になりませんが、3Dではダメですね。

 ビバ! 3D映画! それにしても、メトのライブビューイングは3D上映にならないのかな? イギリスのロイヤルオペラハウスがやった「カルメン」は、3Dだったけれど、すごく良かったんだよ。オペラ中継も3Dは効果的ですって。ぜひ、メトも3Dにならないかな?

 ブルームバームにお願いすれば、メトも3Dになるのかな(笑)。それとも、フコク生命?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 緋ドジョウは活性炭の袋が大好き | トップページ | 再度『良い先生の条件』について考えてみた »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緋ドジョウは活性炭の袋が大好き | トップページ | 再度『良い先生の条件』について考えてみた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん