ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 長モノ系丸モノ金魚? | トップページ | 声なんて、引っくり返るくらいの方がいいです »

2012年12月23日 (日)

自分はオジサンなんだなあって感じる時[2012年12月第4週・通算40週]

体重:108.0kg[+0.6kg:+4.9kg]
体脂肪率:30.2%[+-0.0%:-0.7%]
BMI:34.1[+0.2:+1.7]
体脂肪質量:32.6kg[+0.2kg:+0.1kg]
腹囲:105.0cm[+2.0cm:+1.5cm]
     [先週との差:2012年当初との差]

 ううむ、肥えた肥えた。これが今年の最後の体重測定なわけだけれど、ううむ、実に肥えたものです。仕事が忙しくてやせているヒマがなかったという理由もあるけれど、やせられなかった一番の理由は、キング門下から離れてしまったという事かな? なにしろ、私が100Kgを越えていると、キング先生から、それはそれはヒドイ仕打ちを受けてましたからね…。まあ、愛のムチだと思う事にしてますが、今のY先生は、見事なマメタンクさんですから、肥満に関しては、ノータッチです。それじゃあ、やせるはずないか。

 でも、健康面を考えると、あんまり太ってちゃいけないんですけどねえ…。
 
 
 さて、今年最後のエッセイです。

 私は、まごうことなきオッサンですが、時々自分がオジサンだと忘れてしまう時もあれば、逆に「ああ、やっぱりオジサンなんだなあ…」と改めて自覚する時があります。

 で、今回の記事では、その改めて「ああ、やっぱりオジサンなんだなあ…」と自覚するのは、どんな時なのか、列記してみたいと思います。

1)40~50代の女性がまぶしく見える時

 いや、女性は若ければいいってもんじゃないです。30代なんて、まだまだ子どもです。20代? まだスタートラインに立ててません。やっぱり、女性は40歳からでしょう。子育てが一段落した人が、もうまぶしくてまぶして…。世間的には、オバサンと呼ばれる方々に、心を惹かれる私です。

 逆に、子育てまっしぐらの方を見ていると「子どもが子どもを育ててる?」って見えちゃうんですよ。実際、子育てをしている最中の人って、私から見れば、娘の世代だもんなあ。子どもが子どもを育てているように見える事自体が、私がかなりのオジサンになっている証拠なんだろうなあって思います。
 
 
2)周りの人が敬意を持って接してくれるのを感じる時

 なんか、存在しているだけで、周りの人、とりわけ若い人が敬意をもって接してくれるのが、うれしいですね。これは職場でもプライベートシーンでも、ほぼありとあらゆる場面でそうです。日本は老人を粗末に扱うようになった…と言われて久しくなりますが、いやいや、まだまだ、心ある人はオジサンを大切に扱ってくれるんですね。日本も捨てたもんじゃないです。
 
 
3)煮物が美味しく感じる時

 若い時は、煮物なんて、食べ物だとは思ってませんでした。味にパンチはないし、変に柔らかいし、いくら食べてもガッツリとはいかないし…。食卓に現れても、目もくれていませんでした。食べるにしても「とりあえず、腹に入れておくか…」みたいな感じでした。

 でも、この年になると、煮物が美味しいんですよ。魚、肉、豆、野菜…どんな材料でも、煮てしまうと美味しく感じます。これはなぜなんでしょうね。晩の食事が煮物だけでもOKなくらいです。不思議ですね。
 
 
4)健康に感謝できる時

 若い時は健康であれ、不健康であれ、特に気を使っていませんでした。私は若い時はかなり不摂生で、不健康な人間だったと思うし、色々な病気も患っていました。まあ、病気は不便だなと思ってましたが、だからと言って、日常生活に大きな支障もなかったので、私にとって、健康という価値観を持ち合わせていませんでした。元気であれ、元気でなかれ、毎日フル活動していましたからね。

 でも、年を取ってくると、ダメですね。

 健康でないと動けません、活動できません。たかが風邪でもダウンしてしまいます。若い時のような体力はありません。

 だから、健康でいる事がうれしいし、元気でいられる事はありがたいです。
 
 
5)とにかく日本茶が美味しく感じる時

 なんですよ(笑)。日本茶が美味しいんですよ。ほんと、私、日本茶が大好き。それも、ごく普通の煎茶が大好き(笑)。急須に茶葉を入れて、90度ぐらいの熱々のお湯をヒタヒタに入れて、25秒待ってから入れるお茶がサイコー! 上手に入れたお茶って、何となく甘くって渋くって、もうそれだけでウットリですよ。若い時は、日本茶なんて見向きもしなかったけれど、今は自分で入れる日本茶が大好き。日本茶を飲みながら、陽だまりでボケ~とするのが幸せです。
 
 
6)今が旬の芸能人の話題についていけない時、さらに、ついていけない事に対して「まあ、いいか」と達観できる時

 私、SMAPとか、五期までのモーニング娘。は、一応、個体識別できます。でも、嵐とかAKB48って、なんですか? それ美味しいの? 状態です。

 お笑い芸人と言えば、たけし・さんま・タモリでしょ? 若手で言えば、せいぜい、爆問やネプチューンまでかな? THE MANZAIとか見ても、知ってる芸人さんは審査員席にしかいなくて、つまらない…。

 でもいいんです。知らない若い芸能人さんたちがテレビで活躍するのを見ていると、なんか微笑ましくなるんですね。でも、一向に、名前も顔も覚えられないのだけれど(爆)。
 
 
7)休日はカラダを休める事を優先するようになった時

 昔は、休みと言うと「さあ、どこへ行こうか!」とワクワクしたものですが、今ではとりあえず「ああ、やっと休みだ…」って感じです。とにかく、ゆっくりと朝寝をしたり、家でテレビをみたり、マンガを読んだり、チマチマしてます。出かけるにしても、せいぜいが映画館かコンサートぐらいかな? だって、映画館なら、歩いて5分だし、ホールも地元の文化会館なら徒歩10分だもん。

 たまに、余所の映画館やコンサートホールにも行くけれど、それもみんな電車に乗って行きます。電車って、乗っちゃえば、座ったままボケ~としていても目的地の最寄りの駅まで運んでくれるでしょう? もちろん、目的の映画館やコンサートホールは、駅隣接が条件です。駅からバスに乗って行くなんてところは、最初からパスです。どうしてもって時は、仕方がないので、タクシー利用を考えますが…。

 まあ、ウチの場合は、徒歩10分で駅に到着して、電車に乗れるから、電車移動なら、そんなに疲れずに出来るんですよ。これで自宅が駅から離れていたら、きっとどこにも出かけないような気がします。

 若い時は、もっともっと行動的だったと思うんだけれどなあ…。なんか、年を取ると、行動範囲が狭くなっていけません。
 
 
8)とにかく歩く。歩ける範囲のところにしかいかない

 スピードに対応できないんですよ。車はおろか、自転車だって、移動速度が速すぎて、ちょっとパニクります。

 私、元々、そんなにスピードに耐性がないんです。スキーなどは職業柄、仕方なしにやったりしますが、もうあのスピードには耐えられなくて、スキーでビューンと滑っている最中は、頭の中が真っ白になるタイプなんですよ。

 若い時からスピードは苦手でしたが、オッサンになってから、苦手どころか嫌悪の対象です。なので、電車に乗っても、外は見ません。だって、怖いんだもん。昔は、車窓から眺める景色が大好きだったんだけれど、今はなんか、流れる風景を見ていると、心がザワザワして、なんか落ち着かないんだよね。情報が処理しきれない…って感じなんです。

 とにかく、ゆっくりが一番です。移動は、もっぱら“歩く”です。そして、歩いていけないほどの遠出はしない…が一番です。
 
 
 と、まあ、こんな感じのオッサンライフを過ごしている私です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 長モノ系丸モノ金魚? | トップページ | 声なんて、引っくり返るくらいの方がいいです »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。私、オバとサの間に横棒一本入れたほうがふさわしいような年齢でござんすが、すとんさんのあげられた項目のほとんどすべてにあてはまります(当たり前ですね)。

が、一番めのところで自分の場合は40代50代の「男性」を見ると(お疲れ気味ですか、カラダに気を付けてがんばってくださいよ)、とちょっといたわりたくなるんですよ。
あとはもうぜーんぶ同意です。五番め、六番めなどウンウンウンウンうなづきっぱなしでした。

私の場合…身体と精神の年齢のギャップが大きいです。
見た目は年々、それなりに老けてくるのに、言動を見た目に合わせられなくなってきており、ちょっとマズイかも(^^;
変な人まっしぐら、ですね…

25歳以下の方や、55歳以上の人は、私の実年齢がいくつかよく分かんないみたいです。
まぁ、若い子は自分より年上の人がみんな同じに見え、ご年配の方は、自分より若い子がみんな同じに見えるみたいな…

だりあさん

 年を取るって、楽しいこともたくさんありますよ。若さも素晴らしいですが、老人力もまた楽しです。

>40代50代の「男性」を見ると(お疲れ気味ですか、カラダに気を付けてがんばってくださいよ

 そうそう、オトコって見栄っ張りですからね。オッサンになると、それは見事なぐらい、体力がダダ下がりなんですってか、若い時が奇怪しいくらい体力があっただけで、年を取ると、見かけほど体力なんて無くなっているんですが、それでも「まだまだ自分は大丈夫」って見せたいもので、ついついカラ元気を出しちゃうわけで、私も、ただ今、その代償を支払っている最中です。

 そろそろ、温泉に行きたいかも…。

游鯉さん

 私も、身体と精神の年齢ギャップがある方ですが(自慢するわけじゃないけれど)私の場合は、見た目が若いんですよ。人間の中味は実年齢相当なんですが、見かけが若いので、私のことを知らない人の間に入ると、未だに“小僧”扱いされちゃいます。なるべく早めに年齢をバラすようにしてますが、そうしないと、バレた時の相手の謝り方が申し訳なくってねえ…。

 デブって、シワも少ないし、肌ツヤがいいでしょ? おまけに私は声が甲高いし、人間に貫祿ないし(笑)。どうしても若く見られるのは仕方ないのだけれど、それにしてもねえ…と思う時あります。

 女性は実年齢よりも若く見られたいものらしいですが、男性はむしろ逆で、老けて見られた方が何かと便利なので、若く見られるってのは、あんまりうれしい事ではありません。

ご無沙汰しています。

私もしっかりオバサンです。こちらのブログの内容に頷くところが大でした。煮物おいしいし、今の若い子の音楽は全然聞かなくなりました~(みな同じに聞こえてしまう(汗)

見た目の若々しさも、ちょっと前までは結構こだわっていたのですが、最近は外見よりも、年齢を重ねての内面からにじみ出る美しさみたいなの・・・そんなのを意識したいと思うようになりました。顔貌に関係なく、年とっても綺麗な人っていますよね・・・

でも、そうなるには内面を磨かなくてはいけないわけで、これがなかなか難儀で、フルートと同じく永遠の課題かもです・・・

白雪さん

 私も外見の若々しさにはこだわりません。私も内面の若々しさにこだわりたいです。しかし、私の言う“内面”って、内臓ね(笑)。胃とか腸とか脳とか目とか耳とか…ね。私は、有り難いこと(?)に外見は結構若いのですが、内面が年齢相当と言うか、年齢よりも老けているかもしれません。特に今は、この暮れの忙しさで、内臓がかなりダメージ受けて、グルグル状態なんですよ。だから、ほんと、内臓に若さが欲しいと切実に思ってます。

 もちろん、内面の美しさ、つまり、心の美しさも欲しいのですが、それよりも何よりも、まずは内臓の若さが欲しい私でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長モノ系丸モノ金魚? | トップページ | 声なんて、引っくり返るくらいの方がいいです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん