ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 合唱の演奏会を聞いて思った事 | トップページ | ハナジロを紹介します »

2012年11月16日 (金)

ナタリー・デセイの生歌を聞いてきた!

 そうなんですよ、標題の通りなんです。世界の現役トップクラスのディーヴァの生歌を聞いてきたんです。

 場所は、サントリーホール。ワレリー・ゲルギエフ(スター指揮者ですね)がマリインスキー歌劇場管弦楽団を引き連れて、現在、日本ツアーをしているのですが、そのツアーの中で、たった一日だけ、なぜかナタリー・デセイをゲストに迎えて、ドニゼッティ作曲の「ランメルモールのルチア」の演奏会形式でのオペラ上演をやったんですよ。それを聞きに行ったわけです。

 なんかもう、色々な意味で、すごかったですよ。

 サントリーホールにCD屋さんがやってきて、お土産として、色々なCDを売っていたわけですが、私も当日の土産として、1枚CDを買ったわけです、それがこれなんですが、この日の出演者と、このCDの出演者がほとんど同じでした。つまり、ゲルギエフは、このCDの録音メンバーを連れて、日本ツアーに来ていたわけです。

 ちなみに、当日の出演者は…と言うと、

 ナタリー・デセイ(ルチア:ソプラノ)
 ウラジスラフ・スリムスキー(エンリーコ:バリトン)
 エフゲニー・アキーモフ(エドガルド:テノール)
 ディミトリー・ヴォロバエフ(アルトォーロ:テノール)
 イリア・バンニク(ライモンド:バス)
 ジャンナ・ドムブロスカヤ(アリーサ:メゾソプラノ)
 水口聡(ノルマンノ:テノール)
 サッシャ・レッカート(グラス・ハーモニカ)

 このうち、CDと違うのは、エドガルド役と、ノルマンノ役の二役だけ。ちなみに、CDでエドガルドを歌ったのは、ピョートル・ベチャワですが、この人もスターオペラ歌手の一人ですから、実は最初からツアーに参加予定はなく、このツアーでは、ベチャワの代わりに、CDでノルマンノを歌ったセルゲイ・スコロホドフが参加する事になっていたのですが、チケット販売後に本人の都合で来日不可となり、セルゲイ・セミシュクールにキャスト変更になっていたのですが、そのセミシュクールも来日直前に出演しない事になり、エフゲニー・アキーモフに変更になりました。

 主役テノールを二度も変更するなんて…彼ら、よっぽど日本に来たくないんだなあ。最近、そういうケースが多すぎて「ああ、またか…」と慣れてしまった自分に驚きます。ロシア人って、放射能汚染に過敏って聞くけど、広大な国土をもつロシアから見れば、トーキョーなんてフクシマのすぐ隣という感覚なんだろうね。しかし、原発事故以来、外タレさんの来日がめっきり減ってしまって悲しいなあ…。

 私はバルコニー席に陣取りました。ちなみに、反対側のバルコニーには、小泉元首相が来ていたらしく、そんな有名人の側じゃあ無用な緊張をしちゃうので、反対側で良かったです(笑)。

 サントリーホールって実に大きなホールですね。声楽関係のコンサートに来るたびに、そう思います。ここで歌うのは、歌手にとって、かなり厳しいと思います。ホールそのものが大きい上に、残響があり過ぎて、声の弱い歌手にとっては、自分の歌声が他の演奏音の残響でかき消されると言うオマケ付きでしょ。いやあ、ツライツライ。私はバルコニーなんて言う、舞台に比較的近い席に座っていたにも関わらず、思わず、耳に手を当てないと、全然歌声の聞こえない歌手(誰とは書きません)もいて「うわー、ここはホント、歌手にはキツイなあ」って思ったものです。

 でも、主役のデセイはスゴい。デセイって、小さな人なんですよ。背も小さければ、カラダも普通の女優さん並に細身。それなのに、歌声は、なみいるデブ歌手よりも、遥かによく通るんですよ。サントリーホールの条件の悪さなんて、全然問題にしないんですよ。さすがに、メトロポリタン歌劇場(ここも歌手には厳しい劇場という評判です)で主役を張るだけの事はあります。

 あと、デセイは写真写りが悪い人だなあって思いました。リアルなデセイは、年は取っているけれど(だってアラフィフだもん)、実に美人だと思いました。アップはともかく、遠目なら、実にうっとりする容姿の持ち主でした。

 で、肝心のデセイの歌でしたが…もう感涙モノでした。素晴らしいですね。彼女がアリアを歌うと、観客席から割れんばかりの拍手が来るのはもちろんですが、合唱団(特に女声)からも拍手がたくさんありました。自分たちもあのアリアを歌うのでしょうから、デセイのすごさが身にしみるんでしょうね。どこもかしこも危なげなく、しかし感情を込めて歌いあげます。さらに、随所に、まるで演歌歌手がコブシを廻すように、チョロッチョロッと小さなカデンツァを入れてきます、それも元の音符よりも高い音をはさんで来るんです。その名人芸にはシャッポを脱がざるを得ません。

 しかし、この人、高い声は一体どこまで出るんでしょうね? どんなに高い声も楽々出しているように聞こえます(本当はそんな事ないでしょうが…)。

 狂乱の場は、グラスハーモニカが助奏として付きました。この助奏は、元々のドニゼッティの筆によるものではなく、後世の指揮者が書き加えたもので、元々のオリジナルでは助奏無しのソプラノ独唱だという説が、ネットにはよく転がっていますが、今回のプログラムの解説によると、ドニゼッティの初稿にはグラスハーモニカの助奏が書かれていたが、初演を前に奏者とトラブルがあって、現在のフルートの助奏に変わったのだと書かれていました。どちらが本当なのでしょうか? とにかく、今回の演奏では、CD同様に、グラスハーモニカの助奏付きで歌われました。

 で、そのグラスハーモニカの助奏ですが…楽器としては珍しいのですが、機動性という点ではフルートに負けてます。はっきり言って、ちょっとトロいです。アリアの途中で、何度もデセイはハーモニカ奏者を睨み付けていましたが、おそらく「私はドンドン歌い進めたいんだから、足をひっばらずに、もっとスピーディーに演奏しなさい」って事かな?って思いました。デセイって歌手は、感情が高ぶると、歌のテンポがすごく速くなって、しばしばオケや合唱を振り切って歌う人なので、今回の狂乱の場も、もっとテンポアップしたかったのでしょうが、それをハーモニカ奏者が足を引っ張っていたような気がします。まあ、それでもデセイの歌は実に素晴らしく、あっちの世界に逝っちゃったルチアを、よく表現していたと思います。とにかく、狂人を演じ歌わせたら、今はデセイが一番でしょうね。

 何はともあれ、デセイが素晴らしかったのですが、その他の共演者たちも、そりゃあ良かったですよ。

 個人的に面白かったのは、エドガルド役をやった代演の代演のエフゲニー・アキーモフです。この人、すごい色白なんですが、歌っている時は、ゆでダコのように、顔が本当に真っ赤になるんです。特に高い音になればなるほど、真っ赤になっていき…歌い終わると、サッと色白に戻るんです。それが面白かったです。もちろん、声は実に若々しく、歌も見事なもので、代演の代演とは思えないほどでした。ま、この歌手も、今回のCDには参加していませんが、メトにも出演しているし、オペラの録音経験のある歌手ですから、そんな無様な事はなかったわけです。声といい、歌といい、ゆでダコといい、私はこの人のファンになったかもしれません。

 合唱は新国立劇場合唱団でした。やっぱりプロの合唱団は違うね。強い声なのにきちんとハモっているんです。とてもレベルの高い合唱を聞かせてもらいました、感謝。

 本来の主役であるゲルギエフに関しては…彼が河童ハゲだった事以外に、あまり記憶にないなあ。オケに至っては何の印象も残ってません。それぐらい、この日の主役はデセイだったという事です。

 それにしても、サントリーホールは客層がだいぶ良いですね。客席のあちらこちらから美しい日本語が聞こえました。「恐れ入りますが…」「お手数かけますが…」「…ありがとうございました」 お客同士の会話の端々にこんな言葉が聞こえます。服装も、和服やパーティードレスの方もチラホラ。皆さん、きちんとオシャレを心がけているようです。もちろん、ジャンパーやブルゾンを着ている場違いな人もいるのですが、きちんとドレスコードを守っている人の方が、遥かに多いです。地方でのクラシックコンサートでは、ドレスコードなんてあるやなきやの状況(それが決して悪いと思ってません)ですが、ここはまだまだ、ドレスコードが生きています。

 …ってか、チケットの値段を考えても、平服で来る人の感覚が信じられません。

 コンサート終了後にゲルギエフのサイン会が行われる事は、告知されていましたが、機嫌が良かったのでしょうか、デセイもサイン会を開いてくれたそうですが、私はそれに参加せずに帰宅しました。だって、コンサートが終わったのが、夜の10時を過ぎていたんだよ。カーテンコールが20分以上もあって、それからサイン会に並んだら…確実にホールを出る時点で日付が変わっちゃうよぉ。デセイのサインは欲しかったけれど、そこまで残っていたら、帰れなくなっちゃうので、泣く泣くサイン会はパスして帰りました。こんな時は都内在住で無い事が恨めしいです、ああ、田舎者はツライね。

 しかし、世界の一流歌手の生の歌声を、その現役バリバリの時期に聞けるなんて、私の場合、そうそう滅多にあるわけではないので、きっとこの日の事は、死ぬまで忘れないだろうなあ…。

 最後に、ランメルモールのルチアも、狂乱の場のアリアも、ナタリー・デセイも知らない人のために、2011年のメトロポリタン歌劇場での歌唱がYouTUBEにあったので、貼っておきます。かなり長い曲ですが、これで一曲なんだから、仕方ないね。しかし、階段落ちをやったり、走ったり、叫んだりなんて、普通のオペラ歌手は、まずやらないよね(笑)。あと、この演奏では、デセイはフルートの助奏無しでカデンツァの一部を歌ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 合唱の演奏会を聞いて思った事 | トップページ | ハナジロを紹介します »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
NY在住のkawamukoと申します(^ ^)
METでデセイのルチアを観た時、
フルートの助奏なしで歌っていて、
不思議だなと思っていたのですが、
ここを拝見して、謎が溶解けた気分です。

Kawamukoさん、いらっしゃいませ。

 NYですか? NYに限らず、一流オペラ劇場がある街に住んでいる人がうらやましいです。だって、その気になれば、今をときめく歌手たちのナマ歌を聞く事ができますからね。日本の、それも地方に住んでいると、そういうチャンスもなかなか無いです。うらやんでも仕方ないですが、それでもうらやましいです。


 それはともかく、デセイがルチアのアリアをなんの助奏も無しで歌うのって、すごいですね。きっと、彼女は絶対音感があるんでしょうね。助奏は、アカペラ歌唱を長く続ける事でキーがズレてしまうのを予防するためにある…と私は思ってます。でも、これだけアカペラ歌唱をしても、オケで全くズレないんですから、デセイの音感も立派なものだと思います。

お返事ありがとうございます。
助奏には、そういう意味があったのですね。
素人な私は、助奏と合わせる方が難しいものとばかり、
思ってました・・・(^_^;)

デセイは、本当にスゴイですよね。
昨シーズン、シーザーのクレオパトラ役を見て、
天は才能に美貌に演技力と、2物も3物も与えるものかと、
つくづく思いました。

NYは確かに、環境は恵まれてますよね・・・
メトのオーケストラ席でも、20ドルから買える
プログラムがあって、リタイアの方や音大の
学生さんなどが、大活用してますので・・・

kawamukoさん

 デセイの“シーザー”はライブビューイングで見ました。ほんと、デセイの“歌う女優”ぷりには脱帽です。まあ、彼女の女優っぷりを楽しめるという点では、日本も捨てたものではありませんが、所詮はライブビューイング、生音ではありませんからね。歌手たちの声の本当の美しさは伝わりません。そういう点では、やはり生で聞けるNYは恵まれています。

 ま、無い物ねだりをしても始まりませんからね(笑)。自分の手の届く範囲の楽しみを満喫するのが幸せなんだと思いますので……でも、やはり生デセイを聞こうと思えば、割と簡単に聞ける環境は、うらやましいです(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合唱の演奏会を聞いて思った事 | トップページ | ハナジロを紹介します »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん