ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 高価なフルートは、本当に良いフルートなのか? | トップページ | まだまだ声が若い私なんです »

2012年11月21日 (水)

コンプレックスが強みに変わる…かも

 声楽のレッスンに行ってきました

 今回のレッスンは、実は、変則的な日程でやっていただきました。とにかく、Y先生、忙しすぎ(笑)。先生、ただ今、ツアー中でして、北関東&東北地方を某オペラ・カンパニーのメンバーとして廻っている最中なんだそうですが、そのツアー中の休養日に、こちらに戻ってきて、レッスンをしているわけで…ほんと、先生、タフだわ。

 それにしても、先生の話を伺っていると、呼び屋さんの仕事って大変なんだなあって思いました(先生は、もちろん、呼ばれる立場ですが)。それと、地方巡業って、動くお金の額が大きい大きい。私の年収程度のお金が一晩で動くんだよぉ。すげえなあ。我々、堅気の庶民の金銭感覚をぶっとばすような仕事を、先生は日々しているわけで、ちょっと憧れちゃいました。

 あと、地方って、大変だなあって思いました。だって、首都圏なら、歌手を呼んだとしても、ギャラと交通費程度(と言っても、これが結構高額なんだな)で済みますが、地方だと、交通費が跳ね上がるし、宿泊費も必要になるし、当然接待だって必要になるわけで、あっと言う間にウン百万円単位で経費がバンバン増えるわけで…音楽ビジネスの世界は、やっぱ派手だわ。

 そんなプロ音楽家の世界の話を聞いたところで、地味に発声練習をしました(笑)。
 
 
 まずはハミングです。とにかく、響きが下過ぎると注意されました。あと、ノドを鳴らそうという意識が強過ぎるとも言われました。軽い声で、響きを高く(頭蓋の中で鳴る感じ)してハミングをします。音が低くなっても、響きは高いままで出します。だからハミングで低い音を出すのは、本来は大変なはずだと言われました。私なんかは、低い方が楽だし、高いところは苦労してハミングしてますが、それはハミングのやり方が違うって事のようです。

 とにかく、ハミングは響きをつかむのに良い練習なので、たくさんやらないといけません。

 ハミングで響きを捕まえたら、そこからマ行音で発声練習です。「マメマメマメ~」って感じね。その時、子音の音程をしっかりと高くしておく事が大切です。子音の音程が響きの音程につながっていくからです。
 
 
 響きを高くする…具体的には軟口蓋を上げる事で達成するのですが、その時、一緒に舌根まで上げてしまってはいけないのです。軟口蓋は上へ、舌根は下へ、が理想ですね。で、この状態がいわゆる「あくび」のノド(あるいは「嘔吐のノド」)となるわけです。とにかく、太くて広い声を出さないといけません。

 私は舌根の上げ下げをする感覚はあるのですが、軟口蓋を上げ下げする感覚って、実は無いんです。なので、これから軟口蓋を自由に上げ下げできるように、訓練をしないといけません。やり方は簡単で…鏡を見ながら練習すればOK。つまり、軟口蓋が上がった時の感覚と下がっている時の感覚の違いを覚え、自由に使いこなせるようになればいいのです。「耳を動かすのと同じです」と言われました。ううむ、耳も動かない私です。
 
 
 それと、話し声を再び注意されました。以前から、響きのポジションを高くして話すように言われ、一時は熱心にやりましたが、いつのまにかやらなくなってしまいました(ダメだね)ので、そこを再び注意されました。

 「歌っている時間は短いけれど、しゃべっている時間は圧倒的に長いのだから、しゃべっている時間を利用して発声の練習をしないと、歌う時だけでは全然足りないですよ」

 私のしゃべり方は、実に楽にしゃべっているそうです。あまりに楽にしゃべりすぎているので、カラダをほとんど使っていません。しゃべる時にカラダを使わないので、歌の時も、その楽なまま歌おうとして、カラダをほとんど使わずに歌ってしまおうとしているので、まずはしゃべる時にカラダを使うようにしましょうと言われました。

 それでまずは、しゃべる時の姿勢をシャキンとするところから始める事にしました。姿勢をシャキンとすれば、その姿勢を保つだけで、腹筋背筋を使うわけで、まず最初はそれだけでも、かなり改善されるのではないかという事です。

 それと同時に、声を胸に落とさずに話すようにすると、なお良いそうです。

 私は若い時、声が甲高いのがコンプレックスでした。男性らしい低い声になりたいと思い、色々と試行錯誤した結果、話し声を胸に落として、声に低い響きを付けてしゃべる習慣を身に付けました。これをすると、私の甲高い声も、いくぶん低く聞こえるわけです。

 でも、これは当然、不自然な発声方法だし、今は高い響きの声が欲しいで、声を胸に落とす話し方は止める事にして、本来の自然な声(甲高い声)で話すようにしましょうって事になりました。

 とは言え、たとえ不自然なしゃべり方であっても、声を胸に落とす話し方で30年以上も話しているので、なかなか響きを高くしてしゃべる事ができません。

 「せっかく、高い響きの声を持っているのだから、それを使わないのはもったいないです」

 そうですね、もったいないかもしれません。でも、長年、コンプレックスだった甲高い声が、歌を歌う今となった時に、自分の強みになるのかもしれないと思ったら、それはそれで、ちょっとばかり愉快で不思議な気分です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 高価なフルートは、本当に良いフルートなのか? | トップページ | まだまだ声が若い私なんです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高価なフルートは、本当に良いフルートなのか? | トップページ | まだまだ声が若い私なんです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん