ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ペリカン発声を目指したい | トップページ | ナゴンはこんな金魚です »

2012年11月 9日 (金)

高いAが出た!

 さて、曲のレッスンです。『マリンコニーア/ Malinconia, Ninfa gentile』には、五線よりも上の、高いAがあります。私は、ここがどうしても歌えません。とにかく、私の常用音域では、高音はせいぜいGまでで、かなり頑張ると、成功率はさほど高くはありませんが、気合でAbが出ますが、Aなど出した事ありません。そんな前人未到の高いAに、現在チャレンジしている私です。

 その高いAが、Y先生の指導の元、あっさり出ちゃいました(驚)。私もビックリ、妻もビックリでした。

 出し方は、さほど難しくなく、この高いAは、Cから6度の跳躍で出す(6度の跳躍ってのも、あんまり簡単じゃない)のですが、まずはCをしっかりと腹筋で支えて出し、そのまま息を切らずに、ポルタメントで一気に高いAまで駆け上るだけです。いや、感覚的には“駆け上る”というよりも、ジェットコースターに乗っているような感覚で、一度、猛スピードで下まで滑り降りて、その勢いで、一気に下から上まで昇って行って、高いAを出します。そんな感じ。その感じで、実に太めの声でしっかり高いAが出ちゃったんだから、実に不思議です。

 思うに、低い音の時に最高速の息のスピードで発声するのがコツかもしれません。で、そこから一気に行くわけです。

 でも、出たのは、この時だけ(涙)。この難しい部分を、取り出して、先生の指導の元で発声した時だけです。曲の中で出そうとすると失敗します。もちろん、自宅練習では撃沈です。でも、あの経験はマグレではないと思います。きちんと手順を守って、適切な方法でやれば、私でも、割と楽に高いAが出たんです。

 つまり、私は“高い音の無い”テノールとか“高い音が出ない”テノールではなく、“高い音の出し方を知らない”テノールだったわけです。だって、適切な指導の元で歌えば、スルっとスコーンと高いAが出ちゃったわけですから。つまり、私には高い音を出すポテンシャルはあるんです。でも、その出し方を知らなかっただけなんです。

 「気合とか根性とかでは高音は出ないし、闇雲に頑張っても高音は出ません。やり方を守らずに、勢いだけで高音を出そうとしていると、いつまでたっても、安定した高音を出せるようにはなりません」って、Y先生には常々言われていたけれど、まさにその通りだなあって思いました。

 高音を出すには、オーソドックスな発声方法に、テクニックを駆使すると言うか、ちょっとしたコツを付け加えることで、簡単に出せるようになるようです。少なくとも、バリトンであるY先生でも、高いAは、このコツを使って、スコーンと出していましたからね。バリトンでも出せるなら、テノールの私に出せないはずはないんです。

 問題は、せっかく高音発声のテクニックを習っても、それをきちんと使いこなせない私がここにいるわけです。先生に注意されながらだと出来るけれど、自分一人の練習であったり、曲の中だったりすると、何かを忘れてしまったり、何かを不適切に扱ってしまったり、支えが足りなかったり、響きが足りなかったりして、ダメなんだな。

 なので、結果としては“撃沈”してしまうわけだけれど、以前のような『通り道を塞がれたために目的地にたどり着けなかった』感じの撃沈ではなく『正しいルートだけれど、目的地にたどり着く前に力尽きて倒れてしまった』みたいな撃沈に変わりました。

 ファルセットなら目的にたどり着けるけれど、アクートだと、Aまでたどり着かないんだよねえ…。やっぱり、筋力が足りないのかな(涙)。
 
 
 あと、心理的な問題もあるんだろうなあって思います。

 高いGが出なかった頃は、高いGが怖かったんですよ。Gなんて絶対に出ないって思っていたんです。だから出なかったんですよ。でもある日、ひょんな事から高いGへの恐怖心が消えて、それ以来、Gを出すのに苦労しなくなりました。『優雅な月よ/Vaga luna, che inargenti』では、高いGを失敗しましたが、これって練習を重ねているうちに、ドンドン高いGが怖くなって、本番を迎える頃には「Gなんて絶対に出ない」って思ってしまったんですね。それで撃沈しました。つまり高音は「心が折れていると、絶対に出ない」ってわけです。

 高いAが出ちゃった時は、自分でAが出るなんて思ってなかったんですよ。だから恐怖心も何もなくて、むしろ「え? 今、もしかすると、Aが出ちゃった?」みたいなノリだったんです。でも、曲の中だと「そろそろAが来る、次に来る、きっと来る。歌えるかな? でもきっと失敗するよなあ…。ああ、ああ…失敗しちゃった~」っていつも心の中で言ってます。だからダメなんだよなあ。

 いつでもAが出せるようになれば、Aも怖くなくなるけれど、Aが怖くなくなるためには、いつでもAが出せなきゃダメで、まるで『鶏とタマゴ』の関係みたいです。
 
 
 もちろん、レッスンで習ったのは、高いAの出し方だけではありません。高音発声以外に、母音の音色の統一についても、かなり注意されました。

 ペリカン発声を心掛けていたのだけれど、まだまだ稚拙なので、母音ごとの音色が実にマチマチになってしまいました。母音の音色を深い音色で統一させるために、常時ペリカンになっていないといけません。これ、大切です。

 ペリカンを心掛けていても、ついつい、声が浅くなってしまう私です。「すとんさんの考えるバリトンの声で歌ってみてください」と言われました。やってみましたよ。気持ちは…バリトンどころか、バスになった気分で、思いっきり太い声で歌ってみました。すっごくノドが痛かったです(無理したんだろうなあ…)。

 「そのバリトンの声って、どんな感じで出しましたか?」

 「カラダのあっちこっちを、思いっきり下に引っ張って、太い声になるように歌いました」

「では、そのバリトンの声に、上に引っ張る力を加えてください。そうすると、テノールの深い声になるんですよ」

 やってみました。カラダを下に引っ張りながら、口腔を上に引っ張りあげるなんて、今の私には、まだ難しいみたいです。でも、下に引っ張るだけじゃ声が胸に落ちてしまうし、上に引っ張るだけでは浅い声になってしまいます。上にも下にも引っ張って、始めて、良い声が出るんです。理屈で分かっていても、なかなか難しいですね。

 先生からは、部分練習をきちんとやるように言われました。歌だからと言って、全体を通して歌う必要はないのだそうです。「全体練習を繰り返さないと、歌のスタミナが養えませんが…」って言うと、歌は楽に歌うものであって、スタミナなんて必要ないですと軽く否定されました。

 ま、Y先生的には、そうなんだろうと思います。どんな曲も軽々楽々と歌う人ですから、歌にスタミナが必要とは思わないんでしょうね。従前の私の歌い方のような、スタミナが必要な歌い方が、間違いなのかもしれません。

 とにかく、スタミナは不要なので、全体を通して歌うよりも、部分練習を丹念にやって、それらを組み合わせた方が、早く曲が仕上がるって言われました。部分練習、頑張ろうっと。

 ちなみに、妻は、声をカラダから離す練習と、声を丸く出す練習をやってました。と言うのも、彼女は気を許すと、歌が棒歌いになってしまうのです。合唱なら、そんな棒歌いも素朴で良いのでしょうが、ソロの場合は、それじゃあダメなので、棒歌いにならないような練習をしていました。

 他にもたくさん学んだのですが、ここに書き切れません。Y先生のレッスンは、かなり濃くて、相当部分が未消化のままになってしまうのが、残念です。
 
 
 本日の雑談(笑)。ストレプコが太りましたと言う話をしたら「コーラの飲み過ぎじゃないですか?」って言ってました。まあ、もちろん、これが事実かどうかは分からないわけだけれど、最近、メトに出入りする歌手さんたちの間で、コーラが流行っているんだそうです。コーラはシュワシュワしてノドに気持ちいいし、糖分もあって、体力がつくような気がするし、炭酸はノドにいいので、愛飲している歌手がたくさんいるんだそうです。

 「炭酸はノドにいい?」

 「炭酸はノドを暖めるんですよ」 だって。ふうーん、知らなかったな。思わず、レッスン帰りにコーラを買って飲んでしまいました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ペリカン発声を目指したい | トップページ | ナゴンはこんな金魚です »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

A出てよかったですね。
今後の定着と体調の維持が必要ですね。出し過ぎは禁物です。
私も体調がいい時にはでますが自然にでるのはGまでで喉を開かないとでませんし声に輝きが減ります。何度か出していると疲労して出なくなります。Gは自然に出せますが疲労に弱いです。
第九の練習ではG以上は地声で歌う割合を三割にし後は裏声で声帯を温存しています。
コーラスではリードボーカル役はビブラート等柔軟歌唱が必要なのでFにしています。
テナーパートとしてはビブラートは不要なのでGは普通に出しています。

今日はコーラスの公演リハーサル、土日は第九の練習で指揮者もきます。そして月曜日が公演。
第九で指揮者にイカに逆らって抜くかが公演のできを左右します。

やりましたじゃないですか!
引き続き頑張って下さい。コツを掴んだら、段々出来るようになりますよ。

コーラ?
頼まれたって飲まないです。bearing
インドネシア産の生姜飴が一番喉にいいです。

第九を歌っていますさん

>今後の定着と体調の維持が必要ですね。出し過ぎは禁物です。

 ですね、今後の定着が何よりも大切です。そして“出し過ぎ”も禁物ですね。

 とにかく、今後は「Aが出た」ではなく「Aを出した」と言えるようになりたいですね。そのためにも、精進精進っす。

 ほんと、Aが出て、うれしかったです。

おぷーさん

>引き続き頑張って下さい。コツを掴んだら、段々出来るようになりますよ。

 頑張ります。とにかく、“自分はAが出せる”という事が分かっただけでも収穫です。あとは、定着です。

 生姜飴は…インドネシア産ではないと思いますが、私も舐めます。あれ、いいですね。私は鎌倉にある昔ながらの製法の飴屋で買う事が多いのですが、生姜飴はいいですね。あと、ニッキとか大根などの、日本古来のノド飴も好きです。

 コーラは…チープな食べ物には、とてもお似合いなので、ついつい飲んじゃいます(汗)。こちら日本では、トクホのコーラが流行ってますよ。

高いAが実声メインで出たとのこと、羨ましい限りです。
僕もVaghissima SembianzaでCからAへの跳躍をするのですが、
なかなかどうして、調子がいい時でもAは実声の割合を多くするのは
大変で、調子が悪いとひっくりかえってしまい音になりません。
すとんさんの仰るように、低い音(C)の時から高い音(A)の
準備を行い、息の下からの支えと口腔の空間やら項のひっぱりやらを
全て行なって、初めて出来るのは分かっているつもりですが、
それ以外にも自分の把握できてない身体の使い方が色々あって
なかなか思うようにいきません…。
(なぜか声が重くなってAまで登り切れなかったり。)
こういう声はこうすれば出る、と身体感覚に鋭くなりたいです。

bigaさん

 私も、今のところ、単に「出た」だけの話であって、自分の意志で「出した」わけではありません。まだまだこれからですよ。でも、出せないわけでない事が分かっただけでも、儲け物です。

>僕もVaghissima SembianzaでCからAへの跳躍をするのですが、

 ありますね…それも2箇所も。ああ、大変だ。私よりも大変だ。

>こういう声はこうすれば出る、と身体感覚に鋭くなりたいです。

 同感です。ほんと、身体感覚に鋭くなれれば、色々な事が、割と簡単に解決できるような気がします。ああ、自分のカラダなのに、操作するのが難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペリカン発声を目指したい | トップページ | ナゴンはこんな金魚です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん