ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« そんなフルートなんか、すぐに捨ててしまいなさい! | トップページ | 高いAが出た! »

2012年11月 8日 (木)

ペリカン発声を目指したい

 声楽のレッスンに行ってきました。

 今回、先生から、「あなたは声ばかりが成長していて、声と、支えや響きとのバランスが悪いです。このまま歌い続けていくと、高音も低音も出なくなるし、ノドを壊す事になるかもしれません」と宣告されました。おぉ、怖っ! 「普通は、こういう事にならないように、指導していくものなんですがね…」とも愚痴られましたが、私に愚痴られても困ります(謝)。

 とにかく、私は“声量がありすぎ”で“声帯を鳴らしすぎ”なんだそうです。そして、その声に見合うだけの“支え”と“響き”が無いってわけで、ザックリ言えば“ザ・ノド声マン”ってわけです。なので、私の歌は、歌と言うよりも『声の暴走』って感じになっているようです。つまり、ちっとも、美しくない、粗野で乱暴な歌ってワケです。

 まあ、支えについては、キング先生に習わなかったわけじゃないんですよ。ただ、キング式では、同じ“支え”でも、支える方向もやり方も全然違うので、全く使えず、“習わなかったのと等しい状態”に認定されたわけだし、響きに関しても、アプローチが全然違うので、こちらも習わなかったものと見なされているわけです。

 ちなみに、いわゆる発声本に載っているようなオーソドックスなやり方は、Y先生のやり方の方で、キング式の発声方法は、キング先生ご自身の発声方法を踏まえた、ある意味、独自の発声法とも言えますので、オーソドックスな発声方法とは、色々な面で違うわけです。この事に関しては、以前からご自身でも言われていましたし、だから「発声に関しては、絶対に他の先生の言うことを聞いちゃダメだよ」とよく念押しされていました(し、その教えを当時の私は、しっかり守っていました)。

 とにかく今は、キング先生に教えてもらった事を忘れ、身についたことを直して、オーソドックスなスタイルでの発声が出来るように、悪い癖を取り除いてる最中…って事になります。

 私の場合、ノド声…つまり、声帯を[過度に]鳴らして歌うのは、元々得意でしたので、ノドを鳴らす事を主眼とするキング式の発声法とは、当初は、相性が良かったのかもしれませんが、キング門下を辞める前の半年ほどは、常にノドのトラブルを抱えてるようになったので、私の強いノドも少しずつ時間をかけて、壊れ始めていたのかもしれません。

 妻は、私ほどノドが強くないので、ノドで歌うことを重点的に指導されたせいでしょうか、キング門下に入門してしばらくすると、ノドを壊してしまい、声帯炎になってしまいました。その時は、ノドの名医の治療を受け、その医師からオーソドックスな発声方法を習って、やっと声を取り戻しました。

 Y先生に「このまま歌い続けていくと……ノドを壊す事になるかもしれません」って言われて、そんな事を思い出しました。妻のように、ノドを壊して、通院する前に、師事する先生を変えて、良かったなあと思います。結果的に、キング式発声方法は、私には合わなかったのだと思うし、やはりオーソドックスな発声方法が、一番無難で、万人向きって事になるんだろうと思います。

 とにかく、キング式発声方法で育った私の“よく鳴る声”は、長所でもあるけれど、致命的な欠点でもあるわけです。
 
 
 つまり、声と支えのバランスを、早急にどうにかしない事には、私には未来がないわけです。

 理想は、私の“よく鳴る声”に見合うだけの“しっかりした支え”と“豊かな響き”を身に付ける事だけれど、支えも響きも一朝一夕では身につくものではないので、当面は、今の支えで支えられるだけの声でしか歌わないように心掛ける事を、Y先生から提案されました。ざっくり言えば「声楽でも、エコ発声で歌いなさい」って事です。

 ふえ~ん、そりゃあ、無いよ。殺生だよぉ~。

 無論、合唱の時ほど、極端なエコ発声をする必要はないけれど、かなり優しい声(ってか、息交じりの気の抜けた声)で歌うことになりました。そう言えば、声って、最初は“ソット・ヴォーチェ”で鍛えるモノって、何かの本に書いてあったけれど、実はまだ、そんな段階の私なのかな?

 まあ、当面、エコ発声をしながらも、その一方で、腹筋を鍛え、支えの力を鍛え強める事で、本来の声が出せるように、日々、筋トレに励むことになりました。
 
 
 声に響きをつけるには、口腔内の容積を出来るだけ大きく取る事が肝心です。そのためには、まずはアゴを上手に開く事が大切です。今回のレッスンでは、その上手なアゴの開き方というのも、学びました。

 で、その結果、私が感じた上手なアゴの開き方なんだけれど…『アゴを大きく開く』という感覚では、どうも逆効果のようです。それよりも、あたかも『ペリカンのように、ノド袋を膨らませる』ような感覚の方が、より効果的です。あるいは、ハクション大魔王か、喪黒福造になった気分で、クチの中を広げて歌うのも良いかもしれません。ただし、声は胸に落とさないようにね(笑)。

 このペリカン発声は、声に響きを付け加えるだけでなく、高音発声の入り口でもあります。

 高い声は、ノドを大きく開いて開放的な声で、発声するのですが、これが私には、心理的に難しいです。今まで、ノドを締めて歌っていたので、高い声でノドを開くのは、とても怖いです。でも、ノドを開きっぱなしにしないと、高音は出ないのです。Y先生曰く「どんな歌い方であっても、テノールのノドを持っていれば、Gまでは出せるものです。でも、Aより高い音は、いくらテノールでも、ノドを開かないと、絶対に無理です」 はい、私はGまでしか出せない“高音のないテノール”でございます。

 私が今まで、高い音を歌おうとすると、何かにぶつかるような感じがして撃沈する事が多かったのですが、これは声が“閉じたノド”にぶつかっていたためです。ノドさえ開いていれば、声はスコーンと頭の中を抜けて、キレイに発声できるというわけなんですが…難しいですね。

 ノドを閉じずに、開いたままで歌うためのコツと言うか、テクニックがあります。それは『息を流しっぱなしにして歌う』のです。息を切ってしまうと、切った時に、ノドが閉じやすくなりますが、息が流れ続けていたら、ノドが閉じることはないのです(だって、ノドが閉じたら、息が切れてしまいますからね)。だから、息を流しっぱなしにしたまま、ノドを開きっぱなしにして、歌う練習をするわけです。そのために有効な方法が、ポルタメントです。ポルタメントで歌っていれば、声も息も切れずに行けますからね。

 そして見事なポルタメントをするためにも、腹筋の力はもちろん必要ですが、アゴの力はむしろ逆に極力脱力させて、大きく開く事が大切となります。なんでも、声楽家という人種の中には、常にアゴを脱力させる癖がついている人も大勢いて、そういう人たちは、結構、ヨダレを垂らすのだそうです。つまり「ヨダレが垂れるようになれば、本物」って事なのかな? ああ、ヨダレを垂らしながら暮らしたい(笑)。

 曲のレッスンの話は、また明日します。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« そんなフルートなんか、すぐに捨ててしまいなさい! | トップページ | 高いAが出た! »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

ヨダレ垂らす、の所で笑ってしまいました。
テノールがヨダレを垂らしたら、益々◯ホに見えるからダメですよ。
やはり、あの品の良いアルフレード・クラウスをお手本にして下さい。(まあ、あの方は、リリコですけどね。)

おぷーさん

 たしかに、テナーは常日頃から、そっち方面の疑惑がありますから、ヨダレなんて垂らしていたら、ますます疑惑が深まる一方ですね(笑)。でも、アゴは柔らかくなりたいですよ。では、ヨダレを垂らす一歩手前の柔らかいアゴの獲得を目指すって事で(笑)。

>あの品の良いアルフレード・クラウスをお手本にして下さい。

 この人は、疑惑のカケラも感じさせない、知性派テノールってタイプですね。しかし“知性派”と“テノール”という言葉の親和性の無さは笑っちゃうばかりですが、でもクラウスは、本当に品がよくて知性的な雰囲気のテノールですよね。私も、こういう品の良いテノールを目指そうかな? でも、私の場合、人間の根本に、チャラ男っぽい部分があるからなあ…、難しいなあ(笑)。でも、ちょっと頑張って、目指してみようかな。

毎日楽しく読ませてもらっています。
ノドが開いているか閉じているかをテストするには息を吸いながら声が出せるかどうか試すとよいとか。
西洋人は普段から喉をリラックスさせてしゃべっているので誰でも息を吸いながらしゃべれるそうです。確かに西洋人の声は響きが良いですね。(しぶい感じ)

こうじさん

>ノドが開いているか閉じているかをテストするには息を吸いながら声が出せるかどうか試すとよいとか。

 声、出ません。なんか、ヒーヒーした、断末魔のような音は出ますが、声は出ません。ノドが閉じているって事?

 おっしゃるとおり、西洋人の声って、普段からリラックスしてますよね。そこへ行くと、日本の場合、義太夫や市場のセリの掛け声などが代表的でしょうが、原則的に人前では、ギュッとノドを締めて歌ったりしゃべったりする文化があります。ですから、私がノド声歌唱なのは、きわめて日本人的なのかもしれませんが、それじゃあ、声楽は歌えないわけで、歌の時だけでも、日本人的なモノを捨ててかからないといけないですね。

 それにしても、私のノド声は、筋金入りって事ですなあ(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そんなフルートなんか、すぐに捨ててしまいなさい! | トップページ | 高いAが出た! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん