お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 自信を持ってレッスンに臨みましたが… | トップページ | 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] »

2012年10月20日 (土)

我が家の水槽の、近況報告

 ペットは元気が一番です。元気が無かったり、明らかに具合が悪かったりすると、気が気じゃなくなります。

 今、ウチの水槽では、ニシキとシッポナが心配ですね。

 ニシキは、まっすぐに泳げません。いつも急スピードでジグザグに泳いでいます。水面に顔を出して、テッポウウオのように、ピッピッと水を吐き出してます。…あきらかに変でしょ? 疲れると、たまに水槽の底面に、床に叩きつけられた雑巾のような感じで沈んでいます。それどころか、最近は、水槽のガラスのポンプの間の狭いスキマでじっとしていたりします。…だいぶ、体調が悪そうです。

 金魚の場合、体調が悪いからと言って、特別に何かしてあげると言うのは難しいです。もちろん、医者にも連れて行けませんしね。あきらかに細菌性の病気ならば、抗生物質を与える事はできるし、そこまでいかなくても、傷は皮膚病程度なら、塩浴で治療する事もできます。でもね…ニシキのような神経系の病気には、手の打ちようがありません。

 神経系の病気と言うと、ニシキよりもずっと前から、緋ドジョウのシッポナがかかってます。もしかすると、シッポナとニシキは同じ病気なのかもしれません。症状はほぼ一緒。違うのは、シッポナは、骨があっちこっち曲がってしまい、ドジョウなのに、カラダがまっすぐにはならないこと。明らかな貧血で、体色がほとんど無い事。泳ぐよりも、気絶している時間の方が圧倒的に長い事。…などがあげられます。

 なんなんだろうなあ…治療方法なんてあるのかな?

 元気なのか、元気じゃないのか、よく分からないのが、サクラです。時々、ポンプに吸われているんですが、人間が水槽をのぞき込むと「やばい、やばい…」って思うのでしょうね。普通に泳ぎだします。どうも、寝ている時にポンプに吸われているみたいです。で、ポンプに吸われていない時は、いつもどおりにしてます。ほんと、具合が悪いのか悪くないのか、よく分かりません。

 逆に元気なのがナゴンとハナジロ。まあ、ナゴンは、まだ若いし、病気になっては困るので、元気で当たり前なんですが、最近の注目株はハナジロなんです。なんかボテっとしているんですよ。太っている? 金魚って、太る時って、背中に筋肉がついて縦長になり、お腹がふっくらと膨れるんですが、この子はお腹だけでなく背中も膨れてます。つまり棒状に太っているんですね。“ずんぐりむっくり”と言うか“くびれ無し”と言うか…。正直、全然魅力的ではない体型になってしまいました。

 で、それなりに大きくもなり、今やサクラに次ぐ巨大魚になりつつあります。今までの巨大魚たちは、いくら大きくても、ボディにメリハリがあって、実にグラマラスだったのですが、ハナジロは本当にデコボコがないんです。元気はいいけれど、なんか鑑賞用の太り方じゃないんだよなあ…。

 とまあ、そんなこんなの、我が家の水槽の近況でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 自信を持ってレッスンに臨みましたが… | トップページ | 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] »

コメント

心配ですね。
シッポナさんの病気、これかな?
http://ameblo.jp/kyon-diary/entry-10022057764.html

一覧表は、こっちです。http://ameblo.jp/kyon-diary/entry-10021603354.html

良くなるといいね。

おぷーさん

 …ネオンテトラ病。たぶん違います。と言うのも、ネオン病になったら、長く生きられませんからね。シッポナはもう1年以上患っていますから。それに、シッポナの病気は、以前にも、他のドジョウがなった事がありますが、案外、長生きするし、完治もします。シッポナほどひどくはなかったですが、実はチビも以前は患っていましたが、今は元気です。あと、この病気は、ドジョウしかならない病気のようですし。

 おそらく、ドジョウに特有の病気なんじゃないかなって思います。でも、だれもドジョウの病気なんか、研究しないから、分からないだけ…と思ってます。

 金魚の病気の方は、ある程度研究されて、分かっているのですが、ニシキの病気は、ほんと、よくわかりません。おぷーさんが教えてくださったサイトにも、似たような症状はありませんから。

 まあ、とにかく、毎日きちんと観察して、できる範囲で色々と対応してやりたいと思ってます。ほんと、ペットに元気がないと、こちらの気持ちもふさがるものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自信を持ってレッスンに臨みましたが… | トップページ | 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] »

フォト
無料ブログはココログ