ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« エネルギーを貯めてから歌え! | トップページ | 自信を持ってレッスンに臨みましたが… »

2012年10月18日 (木)

フォーレの歌曲について調べて思った事

 先日の記事についたコメント以来、ちょっとフォーレの歌曲に興味が湧いてきた私です。

 以前の私は『“声楽”=“オペラアリア”』と考えていました。オペラ偏重主義というか、ペラゴロと言うか、そんな感じで、歌曲と言うものを、正直、オペラよりも一段低いものと思ってました。 だいたい、歌曲を主に歌う歌手さんを「オペラが歌えないから歌曲に逃げこんでいる人」なんていう、ヒドい偏見すら持っていたほどの、オペラ至上主義者だった事もある私です。ああ、歌曲の関係者の皆々様、ごめんなさい。

 キング先生に学んでいる時から、少しずつ、歌曲に対する偏見が薄れていったものの、それが劇的に転換したのは、やはり、師事する声楽の先生を変え、歌う環境が激変し、コンビを組むピアニストさんも与えられ、色々と新しい世界をかいま見るチャンスが与えられた事がキッカケかな? まあ、そのあたりの事は、いずれブログ記事にする事とし(笑)、ざっくり言うと、今まで軽く見ていた歌曲と言うものを見直し始めたわけです。

 まず最初に見直したのは、イタリア歌曲です。いわゆる“古典”歌曲ではなく“近代”ものですね。だいたい、古典歌曲なんてものは、名称こそ『歌曲』だけれど、その本質はオペラアリアですから、ありゃあ、歌曲のうちに入れてよいものやらどうやら…。

 イタリア近代歌曲の見直し。メジャーなところでは、トスティの再認識ですが、その他にもドナウディやチマーラ、ドニゼッティ、ロッシーニ、マスカーニ、レオンカヴァッロなどなどの、彼らのオペラではなく、歌曲の方の作品を見直し始めました。ま、いわゆる“劇場の音楽”ではなく“サロンの音楽”なんですが、その室内楽的な響きに心を奪われるようになりました。

 もちろん、歌曲の代表格とも言える、ドイツリートだって、視界の片隅で見据えています。

 そんな私に「フォーレの歌曲はいかが」と、おぷーさんから甘いお誘いが…。そして、それに乗っかるように、他の方々も、順番に私の背中を叩いていきました。

 私も男ですから、皆さんから次々と背中を叩かれて、期待に応えないわけにはいかないじゃないですか! それにだいたい、私、フレンチは大好きですよ。なにしろ、これでも笛吹きでございますから(笑)。近代フルート音楽って、その大半がフレンチかイタリアンなんですよ。フォーレのメロディもフルート曲にアレンジされています。なにしろ、私が最初のフルート発表会で演奏したのは、フォーレの「シシリアーナ」ですからね。だから私、フランス音楽好きですよ、フォーレ好きですよ。

 そんなフランス音楽もフォーレも大好きな私ですが、声楽でフォーレをやろうという気には、今まで不思議となりませんでした。まあ、やっぱり一番大きな理由は『フランス語って、よく分からないなあ』と言った、お決まりの“言語の壁”って奴です。

 とは言え、別に『日常会話に不自由しない程度』とか『観光旅行で困らない程度』とかではなく、私は歌うだけなので、最低限、『フランス語の歌詞の歌を歌って、それらしく聞こえる程度』出来ればいいのです。だから、実はそんなに大きな問題じゃないんです。

 だってね、プロ歌手ならともかく、私たち、好きで音楽をやっているアマチュアの場合、実際問題として、申し訳ないけれど、外国語の歌は『それらしく聞こえればOK』って部分があります。もちろん、道を極めようとすれば、そんなわけには行きませんし、プロ歌手ならば『会話できるほどに使いこなせる』必要はあるでしょうが、私のような、ライトなアマチュア歌手の場合、外国語が使いこなせるようになれれば、それにこした事はありませんが、譲りに譲って、最悪の場合、自己満足かもしれませんが、たとえ『それらしく』聞こえなくても、、カタカナフレンチのまんまであっても、ギリギリOKかもしれません。ま、そこまでハードルを下げて、どうなの?と問いかける、もう一人の自分がここにいたりしますが(笑)。

 とにかく、私の場合、『フランス語はよく知らないなあ』は、フォーレをやらない理由にはなりませんよね。

 ああ、じゃあ、ボチボチとフランス語の歌にも取り組んでみますか?

 この一連の流れは、きっと、音楽の神様が「そろそろ、君もフランスものにも目を向けてもいいんじゃないの? フランスの声楽作品やオペラにも、いい曲いっぱいあるよ。歌わないままじゃ、もったいないよ」と言われているようです。で、まずはその手始めにフォーレなんでしょうね。

 キング門下にいたなら、フランス音楽なんて、「やりたい」と言い出しただけで、一瞬で却下で、学ぶチャンスも無かった筈です。おそらく、キング先生の事だから、私がフランス音楽をやりたいなんて言い出した日には、ドイツリートをやらされる事になっていたでしょうね。

 しかし今や私はY門下ですから(笑)。Y先生は「歌いたい歌があったら、なんでもいいから持ってきてね。私が知らない曲だったら、一緒に勉強しましょう」と言ってくださっている先生です。基本的に生徒さんにイジワルをしない先生なので、私がフランス歌曲を勉強するのに、特に支障はありません。
 
 
 と言うわけで、さっそく、フォーレの歌曲を歌うに当たって、色々と調べてみました。

 とりあえず、フォーレの歌曲は、リファレンスとするならば、フランスのバリトン歌手、ジェラール・スゼーの録音が良い事が分かりました。おそらく、ドイツリートにおけるフィッシャー・ディースカウのような存在なのでしょう。と言うわけで、色々と検討してみた結果、エリー・アメリングとジェラール・スゼーの二人がダルトン・ボールドウィンのピアノで歌っている、4枚組のフォーレ歌曲集を購入してみました。これ、なかなか良いですよ。ただしレーベルは『ブリリアント・クラシック』ですから、安価なのは良いのですが、曲目解説もなければ、日本語訳もありません。まあ今はネットの時代ですから、その手の情報に関しては、きっとどうにかなるだろうし、最悪、自分が歌いたい曲に関しては、全音の楽譜あたりを購入して、それを見れば解説も対訳もついてますから、それで良しとしましょう。

 と言っているうちに、妻が私にことわりもせず(笑)全音の『フォーレ歌曲集』を購入したようです。彼女もフォーレを歌いたくなったようです。ま、彼女はフランス語を苦手とはしていないので、私よりもハードルが低そうです。

 彼女が購入した楽譜集は、フォーレ歌曲の初期作品を中心に、代表的な曲が10曲だけ載っているという楽譜です。ううむ、私は同じ全音の『フォーレ歌曲全集』の方を買おうと思っていたけれど、とりあえず、妻がそっちを買ったなら、しばらくはそれで間に合わせる事にしましょう。ま、曲数が少ないってのは、全部が名曲ってわけですから、選択するのに迷いが少なくなっていいかもね。

 と言うわけで、まずは手始めとしては、こんなもんかなって感じです。

 ちなみに、パラパラと眺めてみた感じでは、この楽譜集は、原調で掲載されているようです。便利なのは、和訳があるだけでなく、楽譜の歌詞の下に、発音記号が振ってある事です。なので、フランス語に不慣れでも、発音記号を見ながら歌えるわけですね。これでカタカナを振らずに済みます(笑)。

 しかし、原調のままだと、なんか微妙に音が低い…です。別に高い方が微妙に低いのは問題ない…と言うか、楽に歌えるから歓迎ですが、低い方も微妙に低くて、ううむ、これ、私に歌えるか? あと、曲全般に渡って、低い方に音符が集まっているような気もするし…。なんか、ちょっと、歌いづらそう…かも。

 で、音源の話に戻ります。ま、スゼーは良しとして、でも彼はバリトンだし、アメリングはソプラノだし、だけど私はテノールなんだから、ここはいっちょ、テノール歌手の歌唱も探してみようと思ったところ、これがなかなか見つからない。「あれ~、変だな」と思って、色々とググってみたところ分かったのは…

 1)フォーレの歌曲は、元々がバリトンやメゾソプラノ用に書かれたものが多く、テノール歌手向けの曲は少ない事(なので、原調では微妙に低いんだねえ…)。

 2)フォーレの時代のフランス音楽界では、テノール歌手と言うものは、歌劇場のヒーローであって、サロンで歌曲を歌う存在ではないし、聴衆もそれを望んでいないし、歌手自身も考えていない…という、当時の風潮があったらしい。

 ううむ、それが本当なら、確かにテノール歌手がフォーレの歌曲を録音していないのも無理はないなあ…でも、世の中には変わった歌手もいるから、1枚や2枚はあるんじゃないの? というわけで、諦め悪く探していたら、ついに見つけました。スイスのテノール歌手であるユーゴ・キュエノーが録音した「フォーレ&デュパルク作品集」ってCDです。

 そうそう、やっぱりテノール歌手で聞きたいですよ。

 で、聞いてみました。ううむ、いい声だ~。これを聞くと、テノールのフォーレもいいもんじゃないですか! 私もフォーレを歌ってみたくなりました。で、この録音、実はキュエノーが70歳の時の録音なんだそうです。ゲゲっと思ったものの、でも、声は実に素敵だし、ちっとも爺声じゃないんです。うう?と思って、さらに調べてみたら、この人、108歳で亡くなっているので、70歳と言っても、死の38年前の録音なんですよ。仮に80歳で死んだ人なら、42歳の時の録音に匹敵するわけです。それを考えると、70歳での録音と言っても、並の70歳とはだいぶ違うわけです。

 ちなみに、キュエノーのメトロポリタン歌劇場デビューは…と言うと、なんと85歳。このCDの録音15年後です。プッチーニの「トゥーランドット」で皇帝の役でデビューしてます…って、私、その公演のDVD持っているよ(笑)。

 いやあ、すでに故人なんですが、キュエノーという歌手は、なかなかのテノール歌手だと分かりました。

 と言うわけで、テノール歌手による、実に素敵な音源を確保しました。

 で、次は『フォーレの歌曲は、元々がバリトンやメゾソプラノに書かれたもの』って点ですね。つまり、フォーレの歌曲は、中声や低声向けのものが多いって事です。実際に原調の楽譜を見ると、微妙に低くて、いくら私のような高い声の出ないテノールとは言え、やっぱり低い声は苦手なものですから、もう少しどうにかならないものかと…正直思います。

 と言うわけで、ここは一発、高声用の移調譜を探してみました。やっぱ、歌曲は声に合わせて調性を変更して歌うものでしょ? もちろん、探せばあるもので、ハル・レオナード社から「Gabriel Faure: 50 Songs : High Voice」つまり「フォーレ歌曲集(高声用・50曲入り)」って奴が出ていました。

 いいでしょ、これ。さっそく、中味をバラバラと見てみたら、ほとんどの曲が高く移調されています。全音の「フォーレ歌曲集」と比べると、ほとんどの曲が、全音高く移調されています。全音…まあ、そんなに極端に高くなっているわけじゃないけれど、それでも歌いやすさが違うものです。そして高い方も、最高音は高いファかソか、せいぜいラまでで、収まっています。つまり、ソプラノやテナーにとって、歌いやすい音域に移調されていると思います。

 これで高声用の楽譜も揃ったわけだ(得意気)。実際の歌唱の場面では、高声用と原調と、歌いやすい方の楽譜で歌えばいいわけだし。ううむ、選択肢があるって、ちょっとうれしいです。

 後はキュエノーの録音を始め、スゼーやその他ソプラノさんたちのフォーレ歌曲集の録音を聞きまくって、フランス語用の耳を作って、それと並行して、フランス語の綴りと発音の関係などを勉強しましょう。やがて、期が熟せば、フォーレを勉強して、人前で歌うチャンスもやってくることでしょう。

 焦る事はありません。ゆっくりと歩を進めていきましょう。

 今、レッスンではベッリーニをやってます。これらは呼吸に関する良い勉強になる曲し、ベッリーニで歌いたい曲がまだいくつかあります。まずはそちらの勉強が優先ですね。で、ある程度ベッリーニのカタがついたところ時点で、フランス歌曲を学ぶ準備が出来ていたら、フォーレに取り組んでもいいかなって思ってます。

 実は、ベッリーニが終わったら、ドナウディをやりたいなあって思ってました。もちろん、トスティだって歌いたいです。ドナウディ、トスティ、フォーレの三つ巴だよ。さて、次に学ぶのは、どれでしょうか? 

 でも、フォーレを歌って、フランス歌曲もやれるようになると、レパートリーの幅がうんと広がるね。オペラ視点で考えても、カルメンを始めとして、フランスオペラのアリアが歌えるようになるんだよ。ああ、素晴らしい。特にカルメンの「花の歌」が歌えるようになるんだよ、ああ、なんか、展望が開けてきたなあ…。

 ああ楽しみ。楽しみ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« エネルギーを貯めてから歌え! | トップページ | 自信を持ってレッスンに臨みましたが… »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

若手でDavid Lefortと言うテノールがいますね。
http://telecharger-musique.fnac.com/fm3167753/D-Lefort-P-Guilhon-Herbert-Melodies-du-cote-d-Apollinaire-Poulenc#ecoutes
プーランクを歌ってますが、悪くないと思います。

おぷーさん 色々な意味でサンクスです。

 フランス歌曲と言っても、徒に手を広げるのではなく、まずはフォーレをある程度やっつけてたら、次に行こうかなって思ってます。それにしても、調べれば調べるほど、フランス歌曲の世界も奥深い森のような世界が広がっているものだなあって思います。プーランクの歌曲も、落ちついたら、手を出してみるかな?

 それにしても、フランス歌曲って、女性歌手とバリトンが頑張っているジャンルですね。今回のDavid Lefort君もそうだけれど“テノールが歌っている”と言うだけで、貴重なディスクなのかもしれません。

私も同じように声楽を勉強いたしまして、学生のときはフランス歌曲専門で勉強いたしておりました。フォーレ懐かしい!!卒業試験はフォーレで終わりました(笑)
私も、ソプラノだったので、その当時はなかなか音源が無く、ナタリー シュトゥッツマンというアルト歌手のものしか所有していませんでしたが、これがよくて。。。
まだ売っていたら、ぜひご参考までにお聴きください!とても素敵ですよ〜〜。
全音から出ているフォーレ歌曲集は高音用、中音用、低音用、と3種類出てますね。4巻出ていたと思いますが、1巻だけで有名どころは全部?押さえてある感じでした。
リートは奥が深いですよね。またアリアとは違った奥ゆかさがあると思います。

イタリア歌曲も、絶対外せない素晴らしい歌曲集ですし、ぜひこれからも頑張ってください!!

TOMOKO@禁煙中さん、はじめまして

 歌曲って、ほんと、音源が少ないですよね。今はネットがあるから、贅沢言わなきゃ、とりあえずどうにかなりますが、昔はレコードしかなくて…輸入盤なんてなかなか入手できなくて…さぞや音源にはご苦労された事だろうと想像します。

 ナタリー・シュトゥツマンのフォーレ歌曲集は、今は廉価盤になって再発されています。廉価盤だから(忘れなかったら)来月あたり注文してみるかな? いやあ、今月はCDも楽譜もたくさん買って、お小遣いの限度を越えちゃったもので(笑)。

>1巻だけで有名どころは全部?押さえてある感じでした。

 なるほど、良い事を聞きました。それと、とりあえず、現行の全音のフォーレ歌曲集は、声種別のものは無いみたいです。薄い「フォーレ歌曲集」は原調で、厚めの全3巻の「フォーレ歌曲全集」は、現物を見た事がないのですが、どうも曲によっては、2種類の譜が掲載されているみたいなので、一冊の中に、高声と中声が載っているのかな? 今度、現物を確かめてみます。

>リートは奥が深いですよね。またアリアとは違った奥ゆかさがあると思います。

 …ですね。その違った楽しみにようやく気づいたところです。これから、色々な歌曲を楽しんでいきたいと思います。

(≧∇≦)大笑いしました。
そうそう、歌っている人ほどこう思うらしいのよねsun
>歌曲を主に歌う歌手さんを「オペラが歌えないから歌曲に逃げこんでいる人」

ええ、わたくし、ドイツリート畑ですもの、今まで散々いわれ、いまだにいわれ、そしていまだにきちんと説明しても、気がついてもらうまで時間がかかるのですよ。
ひたすらオペラアリアはバリトンの先生じゃおしえられないでしょう?ソプラノの先生紹介するわよ?とかいわれ続けておりますw
わたしはリートがいいの。
オペラは聴衆がいいな。だってアリアだとちゃんと曲が終わらないから(当たり前だけど)音楽が知りきれトンボみたいに終わるのがいやの。
あと役柄かなぁ。
この声だからこの楽曲はちょっと、とか言われるのもいやなの。
リートも声や性別で歌う曲、歌わないというものはあるけれど、比較的自由だし、ピアノとのアンサンブルが素敵だと思うの。
でもみんな逃げだと思うのよね、なんででしょ?
ドイツリートだってB♭やhigh Cも使うよ?
歌えないから歌曲なんていわないでほしいな。
気がついてくれてありがとうございます♪
なんかとてもうれしいな。

ベッリーニやりながら、フランス歌曲はいいと思います♪
一回イタリア語以外の(日本語・英語は除いて)歌を歌ってみると、イタリア語がなぜ初心者に歌われるかわかったりしますし、いいんじゃないかしら。
ベッリーニは次Ma rendi pur contentoとかいいかも。
あとテノールさんには格好良く(どこまでもかっこよく) Per pietà,bell'idol mio もいいんじゃないかしら?

中音域の内声楽曲は存在しません。
高い声だけじゃなく中音域のブラッシュアップもがんばってくださいね。

フランス歌曲のフォーレ、聞ける日を楽しく待っております。

ミルテさん

 いやあ、やっと、目が覚めました。『歌曲は室内楽、オペラアリアは協奏曲』のようなものだと思うようになりました。たとえフルートが主役だとしても、室内楽のフルートと、協奏曲のフルートでは、楽器は同じと言っても、そりゃあ全然違うわけです。歌も同じ。歌曲もオペラアリアも声を使って歌うという点では同じだけれど、音楽ジャンルが違うわけだから、そりゃあ、色々違って当然。どっちが上とか、どっちがホンモノとか、そんな違いはない…って事に、やっと気づきました。

 ま、私はテノールだし、今までもテノールの門下にいたわけで、テノールの世界では、歌曲って「まあ、無いよね(笑)」って世界なんです。ま、オペラには、テノールにとっては、歌いきれないほどたくさんの名アリアが唸ってますからね。別にわざわざ歌曲に行く必要はないわけで…。ま、ですから、偏見を持っていた事を、お許しください。

 でもね、歌曲の世界も知ってしまえば、なかなか良いですね。これを(男声では)バリトンさんばかりが楽しんでいたなんて、ちょっとズルイ気がします。まあ、私も、ぼちぼちとやりたいと思ってます。

 でも、オペラアリアをあきらめたわけじゃないんですよ(笑)。

 フランス歌曲は…まずは耳を作らないね。まずはフランス語がそれなりに聞き取れる耳を持っていないと、いくらなんでも歌えないと思います。だから、頑張って、フランス語を少しずつ聞くようにしてます。

>中音域のない声楽曲は存在しません。

 ですね、精進していきますよ。

フォーレの曲(というか、シャンソン全般)は恥ずかしながら
聞いたことがなかったのですが、youtubeで聞いてみたら…
アンニュイな感じが素敵な曲ですね。でも表現が難しそう…。

ドナウディとトスティは初心者ながらそれぞれかじったのですが、
ドナウディはO del mio amato benやVaghissima sembianzaなどの
美しい旋律が好きですし、トスティはなんというか歌謡曲的な
親しみやすさが好きです。

すとんさんがどの曲をこれから歌うにしろ、記事に音源と
楽しみにしています。

bigaさん

 フランス歌曲は、始める事を始めたばかり、まだまだ、ご披露するまでには時間がかかると思います。なにしろ、今はまだ“フランス語耳”を作っている段階ですからね。まあ、気長にお待ちください。

 ドナウディは「O del mio amato ben/ああ愛する人の」は、キング門下の最初の発表会で歌いました。はい、見事に撃沈しました。今なら、撃沈せずに、きちんと表現しながら歌えると思いますが、当時は大撃沈でした。いつかどこかでリベンジしないと…。「Vaghissima sembianza/限りなく優雅な絵姿」は歌ったことないです。この曲を含めて、ドナウディでは歌いたい曲があるんですよ。ああ、ぜひチャレンジしてみたいなあ…。ドナウディは、美しい旋律が魅力ですね。

 その点、トスティはメロディが親しみやすくていいです。

 フォーレは、今、たくさん聞いている最中ですが、さすがはフランス音楽でして、まさにアンニュイな曲が多いですね。歌ってみると…たぶん…難しいです。譜面で見かける以上に難しいんじゃないかと思ってます。まあ、これもまた、チャレンジしたい曲です。

>すとんさんがどの曲をこれから歌うにしろ、記事に音源と楽しみにしています。

 は~い、なるべく音源をアップしたいと心がけていますが、なかなか、世間様にご披露できるような録音がなくてね…。ま、チャンスを見つけて、録音してアップしていきたいと思ってます。

そのCD、知りませんでした。さっきポチっとしました(笑)
情報ありがとうございました。
スゼーもアーメリングも、素晴らしい歌手ですね。
特に、スゼーの滑らかな歌い方は、さらっと高度なことをやっている感がたまりません。

シューベルトでもこの二人組&ボールドウィンの4枚組CDがあります(図書館で借りました)。

歌曲はいいですね。私は最近オペラにもちょっと興味を持ち始めましたが、
基本的に歌曲人間です。オペラだと、「登場人物はあんな人とこんな人で、こんなことがあってあーしてこーして、で、このアリアはこんな場面」っていうのが、うわーめんどくさ…みたいな(笑)

椎茸さん

 スゼーは、元々テノールだったバリトンなんだそうです。だから、バリトンの割には声が明るくて軽快なんでしょうし、高い音になっても余裕のある歌声なのは、そういう事なんだろうと思います。

 オペラはいいですよ。私はオペラ人間なので、オペラアリアは大好きです。歌の背景に、その歌を歌う役の背負ったストーリーがあるわけで、そのストーリーを内包させながら、アリアを歌わないといけないのです。おまけに、アリアは歌さえ歌えればいいのではなく、歌うときは必ず演技を伴います。その演技は動作としての演技もあり、歌唱としての演技もあり、つまり、オペラアリアと言うのは、実に奥深い表現が必要とされる歌唱なんです。なにしろ、歌手は、全身でその役の人生の1コマを歌うわけで…大変と言えば、実に大変だと思います。

 逆に言うと、それだけ、熱くて濃い歌ですから、ある意味、うっとおしくて面倒くさいとも言えます(笑)。

 歌曲はその点、その歌だけで表現が完結している事が多いので、純粋に音楽として楽しめるところがいいし、間白が多いからこそ、味のある表現が必要とされるとも言えます。

 あと、詩に音楽をつけているのが歌曲ですが、セリフに音楽をつけているのがオペラなわけで、そのあたりにも、根本的な違いはあるでしょうね。

 とにかく、オペラと歌曲は、全くの別物なので、楽しみもそれぞれで、決して同じ物差しで計ってはいけないと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エネルギーを貯めてから歌え! | トップページ | 自信を持ってレッスンに臨みましたが… »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん