お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ソロと合唱では、やはり発声が違うのか! | トップページ | ニシキが星になりました »

2012年10月26日 (金)

そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです

 最近、めっきりダンスを踊っていない私です。なので、疲労困憊だったけれど、頑張って、ダンスのレッスンをしてもらいました。しかし、疲労困憊で、ジワジワと疲れが湧いて出てくる状態でダンスをするなんて、なんと、マゾっぽい行動なんでしょ。私は、マゾな自覚はないけれど、もしかすると“隠れマゾ”? まさかねえ(笑)。とにかく「1時間だけ寝かせて…」と言って、レッスンの前に、1時間ほど昼寝をしてカラダを休めてから、レッスンに向かいました。

 …そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです…

 レッスン会場に入って、最初は組んで踊れる、ブルースとワルツから始めました。疲れているので、踊る時間は少なめに、ブルースは1曲、ワルツは3曲ほど踊りました。

 普段からダメなですが、疲れていると余計にダメですね。上半身がクタ~っとしてしまうし、頭もグラグラ動きます。動きにキレがないし、どこかデレ~っとしています。特に、腕を上げ続けているのが辛くて辛くて…。一曲踊り終える頃には、息が上がってしまいます。あと、カラダにムダな力が入るのもいけません。全身汗まみれになってしまいました。パートナーに迷惑かけっぱなしです。

 その点、組まずに踊るジルバやルンバだと、パートナーにかける迷惑も、まだ少なくて済みます。特にジルバは、自分は足踏みだけしていればいいわけで、全く踊る必要がないのですから、こんな疲労困憊の時は、かえって良いのかもしれません。元気な時は、退屈なジルバですが、疲れている時は、これくらい手が抜けるダンスの方が良いかもしれません。ルンバは、出来るステップを一通り思い出して踊りました。

 ここで休憩。私は床に直に倒れ込んで、30分ほど寝ました。汗まみれのまま、崩れるように寝たので、余計に疲れたかもしれない…。で、睡眠休憩の後は、再びダンスです。

 …そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです…

 目覚めた後は…今回は、いつも後回しにされて、最近はなかなか出来なかったタンゴを集中的にやってみました。

 まずはウォークの復習から。未だにタンゴウォークって、よく分かりません。今回習ったのは、体重を右脚にかけた時、右ひざを常に内側に絞る(捻る?)事の大切さ。右ひざを内側に絞っているから、タンゴはウォークすると、自然と左回りになる…って事。それにしても、タンゴはウォークから難しい…。

 ひとまず、ウォーク、リンク、プロムナード、バックコルテの連続を、ただただ何度も繰り返しました。

 バックコルテで回転する時、カラダが回転するのだけれど、これは回転しようと思ったら負けで、カラダを開いたら、結果として回転してしまったという動作が正解なんだそうです。回転しようと思って回転してしまうと、スピンになってしまうので注意、なんだそうです。

 要するに、社交ダンスって“踊る”と言うよりも“歩く”ものなんだな…って思った次第です。とにかく、タンゴはまだぎこちないです。一曲はおろか、一周も踊れません。ああ、難しい難しい。
 
 
 ダンスの時に音楽をかけてレッスンをしてもらうわけだけれど、今までは練習会場にCDを持ち込んでいました。しかし、前回あたりから、CDではなく、iPodを持ち込むようにしています。iPodいいですよ。CDだと、いつも同じ順番でしか音楽を再生してくれませんから、いいかげん飽きてしまうのですが、iPodだと、曲順はランダムなので、ちょっとだけ新鮮な気分でレッスン受けられます。いいですね、iPodは。

 で、そのiPodをクルクルといじっていたら、チャチャチャの曲が何曲も入っている事に気づきました。「チャチャチャはやらないの?」と妻先生に言ったら「まだ早い!」と即答されました。そうか、まだ早いのか(笑)。でも、こんなにレッスンが進まなかったら、いつまでたってもチャチャチャにたどり着かないよ。もっとたくさんレッスンをしないといけません。

 とにかく、もっともっとダンスがしたい私です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

« ソロと合唱では、やはり発声が違うのか! | トップページ | ニシキが星になりました »

コメント

最近踊っておられないからと言っても・・・どうしてそんなにダンスがしたかったのでしょうね・・・。(^^

疲れている時にダンスをやると逆に元気になることが多いですが、すとんさんは今回疲れすぎておられたのかも。

いや、もうゆっくり身体を休めてください・・・。
次回のレッスンはパワーいっぱいでありますように!

Tataさん

 なんかもう、ムショウに踊りたかったんですよ。本当は体調不良なんだから、素直に休んでいればいいのに、どうしても踊りたかったんですね。

 最近は、本当にレッスンの頻度が落ちています。これは、練習会場がなかなか取れない上に、せっかく会場が取れても、私か妻か、どちらかの体調が悪くなって、キャンセルする事が度重なったので、つい無理をしてしまったわけです。

 ダンスに飢えていた? まあ、そんなにかっこいいものとは違うと思いますが、とにかく、踊りたかったんですよ。特に、タンゴが!

 で、むりやりレッスンを強行して正解だったかなって思ってます。と言うのも、次のレッスンをいつやるか…現状、全くメドが立っていないからです。ああ、またまた、このまま一カ月ぐらい放置されてしまうのかもしれません。それはとても悲しい事です。

 私のような人間でも、踊れない時間が続くと、踊りたくなるわけです。面白いなあ。

12月の大きなレッスン用の五曲を、勉強中です。
前以て二曲、必死になって覚えて、昨日先生に聞いていただきました。
【カスミ草さん、楽譜通り吹かないでください。この曲は、スイングしてください。楽譜の左上に、書いてあるでしょ。】
(ウッ 見落とした)
基本的なスイングは何とかなりましたが、変則的なスイングが有り、波に乗れません。
見たことは有りませんが、きっとすとんさんのダンスと同じかな。(わぁーごめんなさい)
でも、すとんさんも頑張って見えるから、私も頑張ろっとネ。
負けるもんか。(グスン)
時間がなく、緊急避難として、楽譜を無視して、CD の音源を丸暗記します。(グスン)

カスミ草さん

>カスミ草さん、楽譜通り吹かないでください。この曲は、スイングしてください。楽譜の左上に、書いてあるでしょ。

 という事は、ジャス系の曲でしょうか? だとしたら、音源丸暗記は、実は大切な事です。ジャズは、楽譜ではなく、音源を聞いて勉強するもの…らしいです。私もジャズの勉強をしていた時は、散々「楽譜通りに吹いちゃダメ、音源のとおりに吹きなさい」って言われたものです。

 頑張ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソロと合唱では、やはり発声が違うのか! | トップページ | ニシキが星になりました »

フォト
無料ブログはココログ