ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 休息力が欲しい…[2012年10月第2週・通算32週] | トップページ | アゴの開け閉めにヨタヨタする私です »

2012年10月15日 (月)

腹筋、背筋、スクワットをもっとやらないと…

 ダンスのレッスンに行ってきました。実に久し振りです。前回からは…なんと一カ月以上もあいてるじゃん。如何にもレッスンしなさすぎ(笑)。

 前回だって、復習のだったのに、今回も復習メインです。なんか、復習ばかりしているような…。

 とにかく、本当に全然踊ってませんからね。ダンス以前の柔軟体操からバッチリやらないといけません。ああ、カラダがつりそう…。

 まずはウォークからです。ここから復習開始。とにかく、カラダを推進させる事を念頭において歩きます。ウォークだけれど、足よりもカラダです。前進も後進もカラダを推進させる事。一歩目が地に着く頃には、すでに二歩目が半分ぐらい済んでいる感じ…って書くと、分かるかな?
 
 
 さて、ブルースです。もう、バッチリですよ。忘れるモノはすべて忘れてしまったので、身についた事しか思い出せません。何カ月もロクに踊っていないと、こういう単純なダンスが面白かったりします。

 でも、踊っていなかったせいもあって、少し踊ると疲れちゃいます。疲れると、動きがカクカクしてしまいます。そうなると、妻先生に叱られます。「ダンスも音楽も、レガートが基本!」ってわけで、レガートに踊らないとアウトです。
 
 
 ジルバは…以前からつまらないダンスだなあと思ってました。、なんかもう、ステップとかも忘れちゃったし、リズムには乗れないし、なんかもう投げやりな気分です。色々習ったはずだけれど、ほとんど忘れました。忘れたので、棒立ちになって、なんか妻をデタラメにブンブン振り回してましたが、なんか、それはそれでアリのようです。

 「強く引っ張って、女性のバランスを崩さなければ、何をやってもOK」なんだそうです。もちろん、リズムを外しちゃいけないのですがね。ま、しょせん、ジルバは女が楽しいダンスって事で、よろしいでしょうか? あああ~、つまんねーダンスだな。
 
 
 ワルツは…“なんとかターン・なんとかロック”ってのは、キレイサッパリ忘れました。でも、それ以外は結構覚えていましたよ。

 ワルツは組んで踊るという事もあって、相手の事を気にしながら踊ってしまうのですが、私の場合、それは無しの方が良いみたいです。あくまで自分中心できちんと踊った方が、むしろ女性も踊りやすいと言われました。つまり『相手に対して、余計な気を使いすぎ』って奴です。

 自分の進行方向に女性がいたら、避けて踊るのではなく、そこに女性なんかいないものと思って、あえて突っ込んでいくぐらいの気合が必要だし、実際にジャマなら、体当たりして退かすぐらいのダンスが必要なのだそうです。

 レディー・ファーストで、常に女性に優しい私には無理な相談です(この部分、棒読み)。

 まあ、誰にでも当てはまるってものではなく、遠慮しいしい踊っている私に限っての話かもしれませんが、とにかく、相方の事は考えずに、ソリスト気分で踊る事を求められました。

 それと私は、よく踊っていてダンスの進行方向が分からなくなってしまうのですが、迷った時は、とりあえず女性の右半身に向かって動いてくと、結果オーライのようです。
 
 
 ルンバは…とりあえず、踊りながら思い出すというやり方ですね。ブルースやワルツのように、スラスラとは思い出せませんでした。ヒザは曲げない、男性の手は、手のひらを上に、常に下から出す…なんていう、初歩の初歩あたりの動作から復習が始まりました。いや~、ほんと、忘れちゃうものです。

 で、それだけ忘れても、ちゃんとリズムに乗って、ステップだけは踏めるんだから、私もなかなかのモノでしょ?
 
 
 タンゴは…焼け野原でした。草一本生えてません。ホールドすら忘れてました。最初の一歩目が出せません。結局、タンゴ・ウォークから復習です。タンゴに関しては、ほぼゼロに戻ってました。そう言えば、前回の時は、時間切れか何かでタンゴだけやらなかったんだよね。定期的にレッスンができていれば「今週はタンゴの集中特訓!」とかできるんだけれど、今は、次のレッスンがいつになるか、皆目見当もつかない状況なので、なかなかタンゴまで練習できません。でも、タンゴは、真剣に取り組まないと、何も思い出せません。
 
 
 「やっていなかった割には、なかなかいいですよ」と妻先生が言ってました。「たぶん、Y先生の声楽のレッスンが効いているのでしょう」との事です。Y先生のレッスンで習っているカラダの使い方って、ダンスとかなり共通点があるからね。歌っていると、ダンスの練習にもなっているようです。

 「でも、スクワットは足りないかな?」 そりゃあ、声楽ではスクワット系の動きは無いからね。とにかく、腹筋、背筋、スクワットの三つに関しては、もっとマメに鍛えないと踊れなくなりそうです。

 声楽のためにも、腹筋、背筋、スクワットをもう少し頑張らないね。あと、やっぱり、ダンスレッスンが減ったら、めきめき太り始めたよ。カラダって正直だよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

« 休息力が欲しい…[2012年10月第2週・通算32週] | トップページ | アゴの開け閉めにヨタヨタする私です »

社交ダンスのレッスン」カテゴリの記事

コメント

ここ一ヶ月くらい気がついたときに(流行りの?)腹横筋を鍛えるという振れ込みのドローイン(サイトたくさんあります)をやってるんですが良さげですよ。私は腰痛ないですが腰が弱い人には予防になる気がします。

YOSHIEさん

 へえ~、これ、ドローインって言うんだ。知らずに毎日やっているよ。私は通勤は音楽聞きながらの徒歩通勤なんだけれど、背筋をピンと伸ばして、お腹ひっこめたまま、時々アバラの中へ横隔膜をグイグイ入れるような動きも取り入れながら、やってます。確かに、これ毎日やっていると、それなりに鍛えられると思います。

 それでもまだ足りない私(汗)。

ただいま

只今サッカー観戦中です!

私はひめトレしてますヽ(´▽`)/
例によってアレキサンダーのレッスン先にて、尿漏れの話になり
骨盤底筋を鍛える必要を感じたからです。

すごいのよ!

音が全然ちがうし、すごく遠くから聴こえてくる感じがするし
吹きやすい!
ピッチも安定するし。

毎日、ぎゅっと締めてます。

おまけで下腹と内腿が少しサイズダウン(*^ω^*)ノ彡

すみません。
スマホからPCに切り替えて書いていたら途中で送信されていたみたいです。。

アラシみたいなコメントに返事いただき申し訳ないです
(;д;)

いがぐりさん

 『ひめトレ』って何だろう?と思ってググっちゃいました。骨盤底筋を鍛えるための、トレーニングをする際のグッズ(ストレッチポール)と、それを使ったトレーニング自体の事を言うんですね。しかし、そんなモノが流行っているなんて、ツユ知らぬ私でした。

 確かに骨盤底筋が鍛えられそう。歌でもフルートでも、息で音楽をする人は、骨盤底筋は絶対に鍛えた方がいいです。よく「お尻の穴を絞めて~!」と指導する先生がいらっしゃいますが、これと同じ事ですね。

>おまけで下腹と内腿が少しサイズダウン(*^ω^*)ノ彡

 それは魅力的だな。私もやろうかな(笑)。

>アラシみたいなコメントに返事いただき申し訳ないです

 “阿吽の呼吸”って奴?ですか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休息力が欲しい…[2012年10月第2週・通算32週] | トップページ | アゴの開け閉めにヨタヨタする私です »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん