ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] | トップページ | 私は眠りながらフルートが吹けるようです(ちっとも自慢になりません) »

2012年10月22日 (月)

地元の歌手さんたちの歌を聞いてきたよ

 先日、私は『クラシックコンサート』という催物に出演してきましたが、それはいわば“アマチュアの部”でございまして“プロの部”に相当する催物も、実は当地では開催されています。

 その“プロの部”に相当するコンサートには、以前はY先生もご出演されていました。実は、先生を初めて聞いたのも、そのコンサートでしたし、メノッティ作曲の「電話」なんてレアなオペラを見たのも、そのコンサートでした。

 Y先生が中心になっていた時代は、オペラをたくさんやっていたのですが、随分前にY先生はそのコンサートから手をひかれ、その後、中心になる方もドンドン代わり、コンサートの傾向も少しずつ変わり、オペラ中心から歌曲中心へと曲の選択も変わっていき、しばらく前から、朗読が加わって、ここ数年はすっかり、歌曲と朗読のコンサートになってしまいました。

 ちなみに、今年のセットリストは、以下の通りです。

トレネ作曲「ラ・メール」
イタリア民謡「海は招くよ」
チマーラ作曲「海辺の光景」
ドニゼッティ作曲「海の中に家をつくりたい」
イタリア民謡「サンタルチア」
内藤法美作曲「誰もいない海」
いずみたく作曲「夜明けの歌」
成田為三「浜辺の歌」
大中寅二作曲「椰子の実」
文部省唱歌「我は海の子」
海沼実作曲「みかんの花咲く丘」
弘田龍太郎「浜千鳥」
磯部俶作曲「松の花」
プッチーニ作曲「大地と太陽」
井上武士・春畑道哉作曲「みんなの海」
杉山長谷夫作曲「出船」
山田耕筰作曲「松島音頭」
デュパルク作曲「悲しき歌」
マオリ島民謡「はるかなあなた」
いずみたく作曲「見上げてご覧夜の星を」
弾厚作作曲「海・その愛」

 歌曲と言っても、硬派(?)な歌曲ばかりではなく、いわゆる“愛唱歌”の類もたくさん入っていますし、何よりも、日本語で歌われる日本の歌がほとんどで、原語(イタリア語とフランス語だね)で歌われるものは、ほんの少しでした。もちろん、オペラアリアなんて皆無ですね。

 これらの曲を、朗読を間にはさみながら、ソプラノ3名、バリトン1名で歌いつないでいきます。出演者の皆さんは、地元在住の声楽教師の方なんだそうです。

 実は私、正直に言っちゃうと、昨年まで、このコンサートを、楽しみにしていないわけではありませんでしたが、だからと言って、夢見るほど楽しみにしていたわけでもありませんでした。「歌曲ばかりでツマラナイけれど、ナマ歌聞けるし、勉強になるし、聞きに行こうか…」程度でした。

 と言うのも、やっぱり「歌曲じゃなくて、オペラが聞きたい」が本音でした。それと「オペラアリアを歌うようなパワフルの歌声を聞きたい」という気持ちもありました。そういう気分でいると、ここ数年の、このコンサートは、歌曲中心で、正直、物足りなくて寂しいものに感じられました。

 それが今年は不思議と満足しました。

 別にオペラアリアをやってくれたわけではなく、パワフルな歌声が聞けたわけでもありません。トツトツと日本語で地味に歌っていただけなんですが、なんか良かったです。

 おそらく、演奏する側は、今年も昨年も、特に大きな違いはありません。歌っているメンバーは一緒だし、選曲の傾向もほぼ同じ。違うのは…私の心の有り様だけです。

 私の心の有り様…私の側の“受け入れ態勢の問題に過ぎない”のです。つまり“歌曲に関する、心のチャンネルが開いた”…というべき感じなんです。

 なんだろ。昨年まで「地味でつまらない~」と思っていた、日本の歌曲や愛唱歌が「うん、これもアリだな。いい感じだね」と感じられるようになったのです。

 私の心の有り様が大きく変わったキッカケは…今年の夏にあった、Y門下の発表会かな? この発表会を見て、私の心が変わったようなんです。

 発表会の演目は、半分が歌曲で、半分がオペラアリアでした。で、その半分の歌曲が私の心の扉を開いてくれたのです。キング門下でも、演奏会(あそこの門下では“発表会”とは言いません)の時に、歌曲を歌う人がいないわけではありませんでした。だから、今までも歌曲を耳にする事はあったはずなのに、その頃の私の心には、全然響きませんでした。ピアノ伴奏のオペラアリアと歌曲の違いを感じる事なく『オペラアリアの地味なのが、歌曲』程度にしか思っていませんでした。

 Y門下の発表会では、オペラアリアと歌曲では、歌う人が同じ人でも、ちょっと歌い方が違うんです。『詩を歌う』と『芝居のワンシーンを演じる』の違いが感じられたのです。なんて言うのかな? 『歌曲って、こんなふうに歌うものなんですよ』というショーケースを見せてもらった感じなんです。

 もちろん、今までもプロ歌手のコンサートに行けば、歌曲を歌ったり、オペラアリアを歌ったりと、色々あって、そういう違いも聞いていたはずなのに、プロだと、そのあたりが上手だし自然なので、あえてその違いが分かりづらかったりしますが、アマチュアって、不器用でしょ? そのあたりが、あまり上手でなく、上手でないからこそ、客としてそこにいると、それに気づいてしまい「ああ、歌曲なんだ」「お、オペラアリア」だと確認しながら聞いてしまったわけです。

 私の中の歌曲のチャンネルが開いてしまったために、CDなどで歌曲を聞いても、今までと違って、あの地味な歌曲たちが、私の心に染みるようになりました。

 なので、今年のコンサートも、今までなら、何も私の心に染み込まなかったものが、今年は、色々と感じて、染み込んだわけです。

 人生、何がキッカケで、チャンネルが開くか分かりません。今まで“地味”だと思っていたものが“渋く”感じられるんだから、不思議です。

 昨年の暮れあたりに、キング先生から“君にはテノールは無理だから、バリトンに転向して、歌曲を歌いましょう”という主旨のお薦め(ってか言い渡し)をされた時に「バリトンはイヤ、歌曲なんてとんでもない…」と反発した私でした(詳しくは、この記事をご覧ください)が、今なら「バリトン転向は無理だけれど、自分の声域に無理のない範囲で歌曲を歌うのはOK」って言っちゃったでしょうね。いや、むしろ「歌曲、歌いたいです」って言っちゃうかもしれません(笑)。

 ま、歌曲を中心に歌うのはやぶさかではないけれど、バリトン転向は…そりゃあナシでしょ。だいたい“上の出ないテノール”もみっともないけれど“下の出ない、か細い声のバリトン”は、もっとみっともないと思うんだよね…ってか、笑いモンでしょ? 私には、バリトンは無理よ(笑)。だいたい、声そのものがバリトンとは、かなり遠い音色だしね(爆)。

 それはともかく、オペラアリア…決して嫌いじゃないけれど、歌劇場のステージで、衣装を着て、大道具小道具合唱団に囲まれて、オーケストラ伴奏で歌えるわけじゃないでしょ。私なんて、田舎の小さなステージで、ピアノ伴奏で歌うのがせいぜい。それだったら、最初からピアノと歌手だけで、世界を作り上げる歌曲の方が、完成度が高くない? なんて思うようになりました。

 だからかな? 歌曲中心の今年のコンサートが楽しかったんですよ。

 それに、日本語の歌も、まんざら捨てたものじゃないね。私自身が日本語の歌を歌うのは(日本語で歌唱するのって難しいので)まだまだ先でしょうが、日本語で歌うのも悪くないなあって思いました。それに、歌曲もいいけど、愛唱歌だって捨てたものじゃないよね。なんか、そういう気分になりつつある私でございます。

 つまり、声で圧倒させるのだけが、声楽の魅力じゃないって、そんな基本的な事に、やっと最近、気づきましたって、告白なんです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] | トップページ | 私は眠りながらフルートが吹けるようです(ちっとも自慢になりません) »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

日本語の歌って本当に難しいですよね!
童謡・唱歌なんて、大人にとってこんなに難しいものはないですね。

「シンプルに」「普通に」聞こえるように歌うのは至難の業です。

わたしもようやくその事がわかりました。

そらさん

 日本語の歌って難しいですね。まず、声楽的な発声と、自然に聞こえる日本語の発音の両立って奴が難しいですし、歌詞にふさわしい表現をつけて歌うのも、案外大変。そして、何より、ほんのちょっとしたミスでも、お客にはバレバレですから、常に完璧を目指して歌わないといけないし。歌手にとっても、お客にとっても、母国語というのは、ハードルが高いです。

 ほんと、日本語の歌は、難しいですよ。おっしゃる通り『シンプル』かつ『普通に』に聞こえるように歌うのは、地味だけれど、とても大変な作業です。

 でも、いつかは、サラリと日本語の歌が歌えるようになれたら、いいなあって思います。

今日のお話はすべてに賛意。じつは私も現状上はF、下はCぐらいまでしか使い物になりません。再開したばっかなのでまだまだいけるぞ、とは思っているのですが。
 それと歌曲ですが、やっぱアリアが普通に歌えてこそ表現の幅も広がろうと思うのですが。

takaakiさん

>現状上はF、下はCぐらいまでしか使い物になりません。

 あは、だいだい同じだ。でも、これでは、まだまだ歌える曲は少ないので、頑張って音域広げてます。下はCでもいいけれど、上はせめてAまで欲しいなあって思ってます。そこまであると、大抵の曲は歌えますからね。

>それと歌曲ですが、やっぱアリアが普通に歌えてこそ表現の幅も広がろうと思うのですが。

 ですね。歌曲とアリアの両方が、それなりの水準で歌えるのが、いいですね。私は今まで、あまりにアリア偏重だったと思います。今は、それじゃあ、ダメだなって思ってます。歌曲もアリアも両方、歌いたいです。でなければ、本当の意味で、歌曲やらアリアやらが歌えるようにならないと思ってます。

 歌にも芸の幅が必要だと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬眠ってしてみたいですか?[2012年10月第3週・通算33週] | トップページ | 私は眠りながらフルートが吹けるようです(ちっとも自慢になりません) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん