ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アゴの開け閉めにヨタヨタする私です | トップページ | フォーレの歌曲について調べて思った事 »

2012年10月17日 (水)

エネルギーを貯めてから歌え!

 声楽のレッスンの続きです。

 曲の練習です。『マリンコニーア/ Malinconia, Ninfa gentile』ですが、本番が終わってから、まだ日も浅いという事もあり、音取りも不十分で、歌いこなれていない段階のままレッスンに臨みました。

 まずは歌いだしの“Malinconia~”の“Ma”でダメが出ました。いきなりです。さすがに驚きました。

 「まずは声を止めて、エネルギーを貯めて、それから歌いだしてください」との事です。とにかく、歌う前にブレスをしたら、一度息を止めて、エネルギーを貯めて、それから歌いだすように言われました。そう言えば、フルートでも、笛先生に散々「ブレスをして、すぐに吹いちゃダメ。必ず一度息を止めて、準備をしてから吹きなさい」と何度も言われたけれど、あれに通じるものがあるのかもしれない。それにH先生にも「曲を吹く前に、ブレスをしたら、必ず息を止めて、色々と準備をしてから吹きなさい」って言われていたっけ…。

 でも、キング先生は、歌う前に息を止めることを極端に嫌っていましたから、歌いだす直前までブレスはしないで、ブレスをしたら、そのまま一気呵成に歌に入るように、強力に指導してくださいました。元々、ブレスしたら息を止めて待っていて、それから歌いだしていた私ですが、キング先生のご指導の賜物で、すっかり息を止めずに『吸ったらすぐ歌う』がしっかり身についてしまったので、ブレスをして、一度息を止めて、エネルギーを貯めて、それから歌いだすというのが、かなり難しかったわけです。

 門下が変われば、色々と変わります。

 Y先生曰く、歌いだす前にブレスは止めると言っても、本当は、そんなに長い時間止めているわけではなく、やがては、歌いだす前に、ほんの一瞬だけ息を止めれば済むようになるそうだけれど、その時間が一瞬だからと言って、ブレスを止めずに歌うのは、ナシなんだそうです。エネルギーを貯めずに歌っていると、いつまでたっても高音は出ませんよって言われちゃいました(汗)。

 もっとも、今は練習だから、ありえないくらい、たっぷり時間をかけて息を止めてほしいのだそうです。なぜなら、今の私は、息を止める事で生じる欠点よりも、息を止めない事から生じる欠点の方が遥かに大きいので、まずはしっかり息を止めて、自覚的に歌ってみましょうとの事です。

 だから、声はいきなり出さないで、まずは『ブレスをする』『息を止める』『エネルギーを貯める』『モード2を発令させる』『息を流す』『声を出して歌いだす』という手順をしっかりと踏んで歌うのが良しなんです。少なくとも、今の私がやっている、散々仕込まれた“ブレスをしたら、すぐに歌いだす”…私の場合、このやり方では、往々にして、準備不足の声ってやつになりがちです…それに、いきなり歌いだすのは、声帯を痛める原因にもなるそうです。

 準備不足と言えば、キング先生にもよく「準備不足!」と叱られていたけれど、ブレスをするのが歌う直前で、息を吸ってからアレコレ準備なんかしてられなかったから、いつも準備不足だった…って、そりゃあ自分の不手際を棚上げした言い訳か(笑)。

 とにかく、ブレスをするたびに、しっかりエネルギーを貯めて歌うので、そのために4小節ごとに区切って練習をしました。この4小節と言うのは、一息で歌える長さですね。ブレスを止めて、エネルギーを貯めて、4小節歌ったら、音楽を止めて、一度カラダをリセットして、改めてブレスを止めて、エネルギーを貯めて…を繰り返してみました。とにかく、エネルギーを貯める事、準備も無しで急に声を出さない事を散々言われました。

 それと、歌う声が浅いと言われました。もっと深く、クチの内部を大きく広げて歌うこと。これができないと音色も良くないし、何より高い声が出せないので、気をつけること。

 高いファやソ、ラなどの音を、私は下の音から一直線に出す傾向がありますが、これは下から見上げるような音程の取り方であって、音楽的な歌い方ではないし、音程も不安定なので、そういう歌い方はダメって言われました。それよりも、一度、目的の音程よりも高くあがって、そこでぐるりと声を廻して、高い音程から目的の音程に下ろして歌うというやり方で歌ってほしいと言われました。つまり、ラを出すなら、一度シbを出すつもりになって、そこからラに降りて発声する…ぐらいの気持ちなんです。うへー、そんな事、できないよ~。

 しかし、この「上でぐるりと声を廻す」という表現ですが、実際、そんな感じです。この『ぐるり』と廻す円の大きさは、音程が高くなるほど、大きく廻す必要があるのだそうです。知らなかったな。大きく廻すためには、息をたくさん流さないといけないのです。ついでに、クチの奥も大きく開くことが必要なんだそうです。クチの中が狭いと、上手く声がぐるりと廻らないのだそうです。そして、ぐるりと廻したら、後はウォータースライダーのように、前に前に息を吐きながら歌うのだそうです。

 「テノールのノドを持っているなら、誰でも、どんな発声方法であっても、Gの音は出ます。でも、Aより上は、テクニカルに出さなければ出ません。だから、発声のポイントを一つ一つしっかりと確認しながら出してください」と言われました。…その誰でも出るGで最近失敗したばかりなんですよ…。

 高い音があって、うまく歌えない時は、むやみに歌うとノドが疲れるので、まずは『1オクターブ下で歌って、音のイメージをつかみ』『正しい音域にして、全部をファルセットで流して歌い』それができたら、やっと『実声で歌う』という手順を踏んで練習すると良いのだそうです。

 さっそく、やってみましたが、どうもうまくいきません。それは高いラ(私は「マリンコニーア」を、全音の中声用の楽譜ではなく、リコルディの高声用の楽譜で歌ってますので、この曲の最高音は高いラです)が難しいからです。

 一つは、高いラを含むフレーズのイメージが、まだ、ちゃんと私の中に入っていないから、うまく出せないというのがあたます。とにかく、音取りが、まだまだいい加減だし、特に曲の後半はボロボロなので、次回のレッスンまでに、もう一度、しっかり音取りをしてこないとね。

 もう一つの理由は、この高いラは私にとって限界音だからです。当てるだけなら、音階を昇っていけばなんとか当たりますが、今回はド~ラの六度の跳躍だし、飛んだ先で、さすがに白玉ではないけれど、付点四分音符になり、さらに音楽が一瞬止まります。もはや『音を当てる』という状況ではなく『当該の音をしっかり出して聞かせる』って感じなんですが、現状、それは私には出来ません。まあ、出来ないから、出来るようになるために、この曲で高いラの練習をするわけです。

 今の私のロングトーンは、高いソが限界です。だから、高いラを出そうしても、ついつい高いソになってしまいます。それじゃダメだから、呼吸を見直したり、姿勢を見直したり、色々としています。かなり頑張って、たまに撃沈しますが、ラbまでなら、なんとか出せます。しかし高いラは……厳しいです。ううむ、かなり頑張らないと…。

 はあ…難しいですよ。
 
 
 レッスン後に、相談したのは、近代イタリア歌曲の楽譜の購入の件。「近代イタリア歌曲に興味を持ってきたので、楽譜を買いたいのだけれど、どれにしたらよいでしょうか?」という質問に、先生の答えは「どれでもいいです。自分の歌いたい曲が載っている楽譜が良いでしょう」でした。「どれでもいい…」の理由は、近代歌曲は作曲家が歌手を想定して書いているので、どの楽譜も原調で掲載されていて「この曲はソプラノに歌ってほしい」「この曲はバリトンに…」と思って作曲されているので、楽譜集を一冊買っても、全部の曲が歌えるわけではないのだそうです。だから、歌いたい曲が載っている楽譜を買うのが一番良いのだそうです。

 ちなみに、歌いたい曲があっても、曲と声が合わない場合は、国内の楽譜ではなく、海外の出版社の楽譜を漁ると、高声用の楽譜がピースで売られたりしているので、それを買うのがよろしいそうです。もちろん、原調から自分で移調しても良いそうですが…。

 私はひとまず、曲数も多そうなので、全音のやつでも買ってみましょうかね?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« アゴの開け閉めにヨタヨタする私です | トップページ | フォーレの歌曲について調べて思った事 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

http://youtu.be/2BFvo9aN9uM (パバが歌う。)
Dolente immagine di Fille miaが良いのではないですか?
今中音域がすごく良くなりつつあるから。
同じ音が続くので、レガートの中で喋る練習にもなりますよ、この曲。

おぷーさん

 “Dolente immagine di Fille mia”とは、日本語タイトルで言うと「フィッリデの悲しげな姿」って曲で、そうそう、この曲も私の『ぜひ歌いたいベッリーニ歌曲』の中に入ってます。あと、「Ma rendi pur contento/喜ばせてあげて」と「Vanne, o rosa fortunata/お行き、幸せなバラよ」もリストに入ってます。これらの曲と「マリンコーニア」のの4曲は、ぜひしっかり学んで、自分のレパートリーに入れておきたい曲なんですよ。

>今中音域がすごく良くなりつつあるから。

 自覚は全然無いのですが…痛みが無いために、無駄に力んでいないので、発声全般が良くなっているのかな? どちらにせよ、結果オーライなので、良くなりつつあると言われるとうれしいです。これからも力まずに素直な発声ができるように、肝に銘じていきたいです。

笛で高音域の音へジャンプするときの発音・・・、これってほんとに発声と同じですよね。
下から上の音を見上げて上るじゃなくていったん目標の音の上までイメージと身体をあげて目標音に着地するように、って感じ、よくわかります。

フルートなんですが以前は、私も↑の音を下から見上げて、はぁ・・・高そう・・・、とため息混じりでよっこらしょ、と上がってましたので、届かなかったり突き抜けてしまったり、ピッタリがなかなかできず大変でした。

見上げてるからいけないんだ、上まで意識をあげてから目的音に着地しよう、という意識(以前、歌ってるときにそう指導されたことがあるので)にかえたとたんに、けっこうすんなりピッチがさだまるようになったんです。

声楽の先生のアドバイスって笛にもほとんどすべて通用するんですね。納得です。

だりあさん

 結局、声も一種の笛なんだと思います。種類で言うと、ダブルリードになるのかな? そう考えると、オーボエが人の声に一番近い楽器? もっもと、オーボエと違って、リード自身が伸び縮みするし、厚さも可変だし、共鳴腔自体、形も変われば、容積を変わるわけで、人工的な楽器であるオーボエとは、そのポテンシャルは大違いですけれどね。

 でも、笛の一種であるため、テクニック的に、フルートなどと共通する部分が多々あります。なので、歌のテクニックが笛で使え、笛のテクニックが歌でも使えたりします。

 実際、音大の声楽科には、元フルーティストさんって方が、少なからずいるようですよ。と言うのも、音大進学だけで考えると、フルートよりも声楽の方が(募集人員の違いなどから)入学しやすいので、受験間際にフルートから声楽に転向する方がいらっしゃるからだそうです。間際で転向しても間に合うほどに、笛と歌で、色々とテクニックが共通しているそうです。

フルートネタの時だけ書き込むようにしている、
Operazanokaijinnokaijin(オペラ座の怪人の怪人)でございます。
今日は、フルートネタではありませんが、
すとん様のコメントの中に、フルートのお話だ、
(ほんの)少しだけ、出てきましたので、
書き込むことをお許しください。

で、
>>>笛と歌で、色々とテクニックが共通しているそうです
なるほど、なるほど、共通している部分、ありそうですね。
私、以前に書いたのですが、
某外国にいる時、日本人会忘年会の余興で、
ロックバンドでサックスとフルートをやったのですが、
練習の大部分は、サックスパートもフルートで練習して、
本番直前および本番で、サックスに持ち替えていました。
いや、まあ、全くの、素人バンドですが、、、、、

で、何が言いたいのかというと、
サックスであれ、フルートであれ、演奏するのは音楽であって、
曲を覚える、テンポや強弱を工夫する、などなどの音楽面は、
サックスで練習しても、フルートで練習しても、同じこと。
であれば、軽くて、本職であるフルートで練習して、
サックスは重くて、本職ではないから、本番直前で充分、
というように考えておりました。

ま、サックスは移調楽器ですから、フルートとは、
4度だったか、5度だったか、指使いが異なりますが、
それは、大した問題ではなく。

で、本当のところ、何が言いたかったのか?
自分でもよくわかりませんが、笛と歌、
サックスとフルートは、共通するもの大だなあ、
同じ音楽なんだなあ、ということ、かな?

バイオリンとフルートとでは、完成度、自由度の問題があって、
共通しない部分が大でしょうが、その話はまた今度。

ああ、なんだか、支離滅裂になってしまいました。
返信をお書きになりづらいかと思いますので、
すとん様、スルーなさっても、全然大丈夫です。

おしまい

Operazanokaijinnokaijinさん

 別にフルートネタの時だけでなく、いつでもコメントを書き込んでいいんですよ(念のため)。

>サックスであれ、フルートであれ、演奏するのは音楽であって、

 まさにそうです。演奏するのは音楽であって、楽器はそのための道具にしか過ぎません。だから、どんな楽器であれ、音楽での表現を磨けば、手に持つ道具が多少違っていても、どうにかなる…って事ですね。たぶん、そうだと思います。ただ、道具の種類がかなり違うと[例えば、管楽器と弦楽器のように]その操作方法の違いに戸惑ってしまうことも少なくありませんが。

 ヴァイオリンを習っていた頃は、ヴァイオリンで曲を弾く前に、先生に、必ずその曲を歌わされていました。まず、ちゃんと歌える事が先で、歌えないうちは、楽器を持たせてもらえませんでした。歌えるようになったら、楽器をかまえて「歌った通りに弾いてみて」と先生に言われたものです。楽器の演奏の前に、音楽の演奏を教えてくださろうとしていたのだと思います。

 まあ、とは言え、楽器の演奏法は演奏法で、ちゃんと学ぶ必要はあると思いますが…。でも、まず先になるのが、音楽の演奏なんでしょう。


レッスン、新しいことたくさんでいいですね。
おぷーさんがおっしゃるように、中音域の声の改善が著しいのはすごくいいことかと思います。
がんばってくださいね。

>『1オクターブ下で歌って、音のイメージをつかみ』『正しい音域にして、全部をファルセットで流して歌い』それができたら、やっと『実声で歌う』という手順を踏んで練習すると良いのだそうです。

これ、1オクターブ下で歌って、半音ずつあげていくのがわたしには効果的なのよ。発声練習だと思ってお時間のあるときお試しください。
自分の声の長所短所も見えやすいような気がします。

ベッリーニは凛々しくロマンティックが似合うと思うの。がんばってくださいね。そして時々お声聞かせてくださいませ。

ミルテさん

>これ、1オクターブ下で歌って、半音ずつあげていくのがわたしには効果的なのよ

 なるほど、それは良い方法かもしれません。まあ、私はピアノがあまり得意ではない(と言うよりも弾けない)ので、なんらかの方法を考えないといけませんが、低い音域で完璧に歌えるようにして、そこからジリジリと目的の音域まで上げていく…確かに良い方法かもしれません。

 今、マリンコニーアを家で練習していて、どうも、最高音だけうまく歌えないのです(涙)。また、例によって、心が折れてしまったようなんですね。発声練習なら、Aだっていけるのに、曲になるとダメってのは、まあ、色々な要素はあるにせよ、私の場合「難しい」「歌えないかも」「この曲の最高音だ~」とか色々と考えちゃうせいなんでしょうね。そのためにも、低いところできちんと歌えるってのは、大切かも。

 いい方法を教えていただき感謝です。明日の練習から、さっそく、トライしてみます。

>中音域の声の改善が著しい

 本当に私自身には自覚がないんです。でも、皆さんにそう言われると、とっても、とってもうれしいです。だって、歌の中で使う音域って、大半が中音域ですからね。ここが良くなっているって、すごく良い事じゃないですか。うんうん、よしよし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゴの開け閉めにヨタヨタする私です | トップページ | フォーレの歌曲について調べて思った事 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん