ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« Y先生のレッスンは、声楽と言うよりも、体操のレッスンのようです | トップページ | さすがに少しずつ涼しくなってきましたね[2012年10月の落ち穂拾い] »

2012年10月30日 (火)

高い声はテクニックで出す

 声楽のレッスンの続きです。

 『マリンコニーア/ Malinconia, Ninfa gentile』はメロディーのフレーズが、ゆったりとして、なだらかです。こういう曲は、音程に合わせて、腹筋をしっかり使って、メロディの流れに腹筋の使い方を合わせていけばいいのだそうです。最初のフレーズは下降音形ですから、腹筋をしっかり胸腔にしまい込んだ状態から歌いだすわけです。そこから、腹筋をゆるめて歌うわけで、腹筋で音程を作っていくのです。まずは、その確認からしました。

 フレーズの切れ目に十六分休符が入っています。この休符の時に、ゆるめた腹筋を再度緊張させて支えのポジションにまで持っていくのですが、それが「遅い!」と散々言われました。いやあ、そんなに素早く、腹筋なんて動かないって(涙)。でも、その動かない腹筋を動かせるようにしないと歌えないそうなので…これも頑張るしかないか。

 とにかく、私の発声は(1)ノドで歌っている (2)声を押している の二大欠点があるので、そこを直さないと歌は歌えないって言われました。

 高い声を出す練習もしました。今はまだちゃんと出せない“高いラ”の練習です。フレーズ的には“五線の中のド”から“高いラ”という、六度の跳躍をします。この時、しっかり支えるのは…“高いラ”ではなく、実は低い音である“五線の中のド”なんです。このドをしっかり出して、この音を出している最中に支えを高いラの発声に必要なだけ高めて、それからおもむろにクチを広めに開けば、自然とラが発声できる…とまあ、こんな感じなんだそうです。

 つまり、手順的には

 1 低い音をしっかり出す
 2 低い音を出しながら、次の高い音用に、支えを強め、息を高くする
 3 クチを開いて軽く声を出す。

 なんです。書くと簡単そうですが、実際は難しいです。難しくて、うまく出来ません。でも、必ずできるはずなんです。と言うのも、バリトンである先生が、この方法で、楽々とラを出していますからね。バリトンに出せて、テノールに出せないはずはないわけです。

 この時のポイントとして、低い音から高い音へ行くときに、絶対に息を切らない事です。むしろ、ポルタメントをかけて歌うぐらいの感じが良いそうです。もちろん、ノドは使わずに、声も押さずに、クチを広く開けて歌うのです。この三つの手順を順番良くやるのですが、それが出来ない。難しい。特に2番目の行程が難しい。泣きが入りますよ。

 なぜ、私が高音で苦労しているのかというと、単純に腹筋が弱いからです。それだけ。だからしっかり腹筋を鍛えれば、もっともっと高い音がラクラク出るんだそうです。テノールってそういうモノなんだそうです。

 妻からは「もっと、まじめにカラダ鍛えないと…」って言われました。ああ、厳しいね。確かに、最近 は、蒸気機関車の訓練をサボってました。また、シュシュポッポッってやんないと…。
 
 
 一方、妻のレッスンは…たくさん誉められていましたね。支えが素早くて、しっかりしているのが良いそうです。問題は一度支えが入ったら、入りっぱなしなので、その状態では長い曲は歌えないので、もっと、手を抜いて歌うことを覚えましょうって言われてました。

 それと妻は、いつもブレスが足らないと悩んでいるのですが、その対策を習ってました。歌いながらヒップアップをすると、音符一個分のブレスが余計に生まれるのだそうです。言われて、すぐ出来るのが妻のスゴいところで、この技をあっと言う間に習得してました。ああ、うらやましい。

 妻は『Caro laccio/いとしい絆』の他に、トスティの『Ridonami la calma/私に静けさを』が宿題に出されました。いいなあ、2曲やるんだ。私はまだ1曲だけなのに…。今回は私が持っているということで、トスティの歌曲集からの選択でしたが、近いうちに「イタリア近代歌曲集」を購入しておいて欲しいと言われました。特にソプラノの場合、近代歌曲集は必携なんだそうですよ。
 
 
 レッスンが終わったので、質問を二つしました。

 最初の質問は『レハール作曲の「メリー・ウィドウ」を日本語で歌うなら、どの楽譜が良いでしょうか?』って質問です。だって「メリー・ウィドウ・ワルツ」って歌いたいでしょ? で、私はこの曲を音楽之友社の「オペラ重唱曲集」で持ってますが、ここに掲載されている日本語の歌詞が、よく知っているのと違うので、よく知っている歌詞で歌いたいなら、どこの出版社のものが良いでしょうかという相談です。

 「“高鳴る調べに~”って奴ですね。あれは、たぶん、売ってません。あれは二期会の訳ですよ」って事なんです。売っていない…ううむ、実に残念な。なんでも、著作権とか上演権利とかの関係もあって、いわゆる出来合いの楽譜であの歌詞のモノを見た事がないそうです。それでも、あの日本語訳は素晴らしいので、口伝えだったり、楽譜の流失だったりして、出版していないにも関わらず、いつのまにか、あの訳が広がってしまったらしいのです。ああ、残念。

 二つ目の質問は、遠い将来、レッスンにフランス歌曲を持って行ってもいいかと尋ねてみました。答えは…もちろんOKだけれど、先生ご自身、もっとも得意なのがイタリア語で、次がドイツ語で、フランス語はその次ぐらいなので、あまり言葉のレッスンは出来ないけれど、それで良ければ、どうぞ、との事です。「出来れば、事前にどの曲を持っていくか教えてくれれば、勉強しておきます」っておっしゃってました。

 「ちなみに、英語の曲はどうですか?」と妻が質問をしたら「英語は論外です。なにしろ、音大では英語は勉強しないんですよ。だから、私の英語は高校止まりなんですよ」とおっしゃってました。

 なんでも、音大では(と言っても声楽科に限るそうですが)イタリア語・ドイツ語・フランス語の中から二つの言語を選択して勉強するそうで、先生はイタリア語とドイツ語を選択したので、フランス語はちょいと苦手なんだそうです。

 「フランス語は、リエゾンの関係で、しゃべれても歌えないんですよ。だから、フランス歌曲をきちんと学びたいなら、専門の方に習わないといけませんね」との事。もっとも、その時は、フランス歌曲専門の先生をご紹介してくださるそうなので、安心してくださいとの事です。

 …って、実はそのフランス歌曲専門の歌手さんというのは、先生の奥様なんだそうです。そうなんです、Y先生のところは、御夫婦でオペラ歌手をやってらっしゃるのです。

 ううむ、奥様先生に歌を習うのも悪くないね。特に妻は、今まで女性歌手からレッスンを受けた事がないので、女性に習うのも、なかなか良いと思います。そのうち、夫婦二人してフランス歌曲の勉強をして、奥様先生のレッスンを受けることにしましょう。

 ちょっと、希望が膨らみました。楽しみです。

 そうそう、Y先生の名誉のために書いておきますと、先生ご自身は「英語は論外」とおっしゃいましたが、実は先生、学生の時分に、大手進学予備校で英語教師をしていた経験があるそうです。なので「私の英語は論外」とおっしゃってますが、予備校で英語教師が出来る程度の英語力はお持ちなんです。で、その英語よりも、フランス語の方がイケそうなので、フランス歌曲だって、アマチュアに教える程度なら、何の問題もないみたいです。

 外国語に強い…というもの、大切な歌手の資質なんだなって思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« Y先生のレッスンは、声楽と言うよりも、体操のレッスンのようです | トップページ | さすがに少しずつ涼しくなってきましたね[2012年10月の落ち穂拾い] »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

私は声と音感にはそれなりに自信がありますが語学は苦手です。ドイツ語、イタリア語で苦労しそうです。やはり声楽のレッスンは躊躇しますね。
イタリア語はどうやって習得されましたか。

第九を歌っていますさん

>イタリア語はどうやって習得されましたか。

 してませんよ(笑)。私のイタリア語は、読めて歌える程度です。一応、聞き取りは怪しいながらも「なんとか…」レベルですが、聞き取ったものを日本語に訳す事はできないし、イタリア語で話す事もできません。もちろん、筆談無理です(笑)。

 と言うのも、私のイタリア語修得(?)はオペラ鑑賞だからです。イタリア語で歌いだす前に、20年ほど、毎日のようにイタリアオペラを(CDで)聞きまくる生活をしていたので、イタリア語耳ができていたのだと思います。そこに声楽を習って、“スペルと発音の関係”を勉強したので、それと脳内にある、オペラで学んだイタリア語の断片とが結びついているだけの話です。ですから、一応、イタリア語は読めて歌えます。歌でよく使う簡単な意味なら、分かります。でも、難しい事は分からないし、話せません。

 ラテン語は…最初に入った合唱団で習いました。もっとも、ラテン語と言っても典礼文がほとんどですから、ほぼ丸暗記の世界です(爆)。

 ドイツ語は、学生時代に必要があって、大学院の先輩に特訓してもらって、当時は、たどたどしいながらも、なんとか読み書きしていましたので、その残りで歌ってます。なので、第九を歌うときも(合唱レベルですが)そんなに苦労はしませんでした。ちなみに、学生時代の第二外国語は中国語だったんですよ。でも、中国語は歌では使わないのが残念です。

 なので、フランス語、スペイン語、ロシア語などは全然できません。本当は、これらの言語についても、読み歌う程度の語学力があると、世界が広がっていいのですがね。そんなわけで、とりあえず、今はフランス語が読み歌えるようになれるといいなあと思い、フランス語耳を作っている最中です。

すとん さま

>>ちなみに、学生時代の第二外国語は中国語だったんですよ。
>>でも、中国語は歌では使わないのが残念です。

京劇おやりになれば、歌えますよ~(う~ん、オペラと京劇の比較というのはたまに見かけるテーマですよね)

私の最初の大学時代(今も学生なので…)の第一外国語が中国語で、その後、中国語で生活し、仕事もしましたが…
京劇歌えるかっていうと難しいです。

某大学の音楽科の京劇のクラスを受講したことがあるのですが(あるんですよ、こういう科目が(笑))、見た目が外国人に見えないものだから、一人ずつ歌いなさいと先生に言われ、冷や汗ものでした。
ちなみに中国人でも、今の若い子はいきなりは歌えないですよね。
だってリズムの取り方も西洋音楽とは違うわけだから。

また、京劇以外に地方劇にもいろいろあるので、言い回しや抑揚がこれまた標準中国語と違うので、中国人だからと言って、正確に歌えるわけでもなかったりして(笑)

イタリア語とかフランス語はどうなんでしょう?

ちなみに、私、津軽弁がよく分からないのに、津軽民謡を鼻歌で唄いながら三味線弾くこともありますが、青森の人が聴いたら、笑っちゃうような発音してるんだろうなぁ。

游鯉さん

>イタリア語とかフランス語はどうなんでしょう?

 日本人…って、少なくとも私のイタリア語は、噴飯ものだろうと思います。それは、片言の日本語しか話せない外人さんの歌う日本語の歌が、どこか妙なのと通じるでしょうね。まあ、私は自分の楽しみのために歌っているので、本場の人からすれば、お笑いでしかないレベルであっても、私自身が楽しめれば、良い事にします。もちろん、なるべく、笑われないような発音で歌いたいとは思ってますが。

 そうそう、私の中国語は、学んでいた時ですら、だいぶ怪しかったですが、今はかなりさび付いてると思います。たぶん、私のイタリア語以下の状態だろうと思います。京劇? ムリムリムリ(笑)。

 言葉の壁で歌をあきらめるなんて、ちょっぴり悔しいです。ならば、多少は誤魔化しが入った、訛りになまった言葉でも、歌っちゃった方が、人生、楽しいんだろうなあって思う事にしてます。

自分の声の音域は、テノールと自負していましたが、ことに高音になるとを柔らかく出す事は、至難の技です。でも、このお話でとても参考になりました。年齢は、もう70を過ぎていますが、無理せず頑張りたいと思っています。有難うございました。

Shinyさん、いらっしゃいませ。

 2年半ほどまえの記事にコメントいただき感謝です。私もあれから多少は進歩しまして、あの頃は「難しい」と思っていたこと…もちろん、今でも難しく感じていますが、少しずつ出来るようになりました。この時に苦しんだ高音ラですが、それがバンバン出てくる曲を、次の発表会では歌います。まあ、まだ安心して出せる音ではないのですが、なんとか形にして、聞き苦しくない程度の歌を歌いたいと努力している最中です。

 それにしても『マリンコニーア』を学んでいたのが、もう2年半も前の事なんだ。つい昨日のような感じがしてます。ここ数年、年月の過ぎ方が早く感じるようになった…ようです。

>年齢は、もう70を過ぎていますが、無理せず頑張りたいと思っています。

 素晴らしいなあ、私も70歳過ぎても元気に歌えるかな? それ以前に、そこまで元気でいられるかな…むしろ、そっちの方が心配だったります。だって、デブですからね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y先生のレッスンは、声楽と言うよりも、体操のレッスンのようです | トップページ | さすがに少しずつ涼しくなってきましたね[2012年10月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん