ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートの調整に行ったついでに、あっちこっち散歩してきました | トップページ | そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです »

2012年10月25日 (木)

ソロと合唱では、やはり発声が違うのか!

 体調、絶不調でしたが、第九の練習に行ってきました。練習会場に入るなり、ホワイトボードに大きく赤字で『風邪をひいたら、練習を休みましょう!』と書かれていました。いや、私、体調は絶不調だけれど、風邪をひいているわけではなく、単純に仕事が繁忙期で疲労困憊で体調崩しているだけですから…他人には伝染らないよ。

 まずは体操と発声練習からですが…体操がかったるい…。確実に消耗している私です。

 発声練習の時に、S先生から面白いことを習いました。スタッカートで歌う時に、自分の胸がどうなっているか観察してみましょうって言われて、観察してみました。私の場合、特に何の変化もありませんが、これはダメなんだそうです。胸に力が入りすぎているので、胸が動かないのだそうです。ええ、そうだったんだ、知らなかったし、ダメダメな私じゃん。スタッカートで胸がはずむようにふくらむのが正解なんだそうです。腹圧で押し上げられた息で胸がふくらむほどに、胸が脱力しているのが理想なんだそうです。ああ、ほんと、脱力が全然できていない私です。これじゃあ、いい声なんて、出ないよね。

 もう一つ面白い事を習いました。それは、子音-母音の練習の時に気をつける事として、母音を発声する時に、できるだけ素早く大きくクチを広げる事に注意しましょうって事です。子音はどうしても、口腔内を狭めないと発音できないモノも多いです、一方、母音は口腔内をなるべく大きく広く広げる方が良いので、子音を発音したら、瞬時に口腔内を広げて母音を発音する。その事に注意するかしないかで、だいぶ結果が違ってくるみたいです。
 
 
 曲の練習は、練習記号Sから最後までやりました。つまり、今回で音取りが終了ってわけです。ご苦労さまでした。

 私自身、第九は三年ぶりですから、あっちこっち忘れているのですが、このSから始まる最後の部分は、本当の本当に徹底的に忘れていました。フィナーレなのに、忘れちゃってたなんて、ダメですね。本番までに、きちんと覚えなおさないと…。そのためには、自宅でも第九の練習をしないといけない…って事なんだけれど、自宅で第九の練習をしている暇って無いんだよね。そこが問題だ。

 今回は、とてもとてもお疲れだったので、ロクに声も出せずに、息と響きとファルセットだけで歌ってしまいました。感覚的には、いつもの1/20程度のエネルギーで歌ったような感じですが、これがなかなか、かえって良かったような感じなんです。合唱では、これくらいの声質&声量の方が合っているのかも。

 今回の私は、疲労困憊だったので、こういう感じの歌唱で行きましたが、これ、元気一杯の時には、絶対にできない歌唱です。だって、これって、歌手的には、ありえない歌い方でしょ? 歌手なら、しっかり声を張って歌わないと。だから、声は張りつつも、エネルギー量としては、1/2~1/3程度の声で歌ってきたわけです。息と響きとファルセットだけで歌うなんて事はしてきませんでした。

 でも、こんな、息と響きとファルセットだけで歌う方が、結果が良くて、それが歓迎されるなら、そういう歌い方をするべきなんだろうけれど、こういう歌い方って、ちっとも楽しくないだよね。楽しくないのにやるなんて、仕事ならともかく、趣味では勘弁だよね。ああ、ジレンマ。

 合唱をするには、この程度の声質&声量が望ましいなら、合唱は、私がやるべきモノではない…という結論になります。ううむ、合唱自体は大好きなんだけれど、健康な時でも心を折り曲げて、1/20のパワーで、息と響きとファルセットで歌わなければいけないなら、それはとても、苦しくてつらくて悲しいものです。合唱との付き合い方、考え直さないといけないのかな…。

 そんな事をクヨクヨと考えていたら、S先生が(全体に向かって)「声ではなく、響きで歌ってください。声で歌うと、合唱が溶けないけれど、響きで歌えば、合唱がよく溶け合います」っておっしゃっていました。ん? つまり『声で歌うな、響きで歌え!』って事? 合唱ってそういうモノなの? やっぱりそうなの! それじゃあ、ソロと合唱では、発声方法が全然違うじゃん。

 一応、補足しておくと、S先生は、pとかppが連続する場面での歌い方について話されたわけだけれど、いつもpとかmpとかで歌っている私にとっては、これって常に気をつけていないといけない事…なわけでしょ?

 無論、ソロで歌う時だって、響きは豊かに発声しないといけないけれど、響きばかりじゃ、声に芯が無くなるし、第一、観客に聞こえないよ。だから、ソリストは、しっかり声を出して、そこに倍音を豊かにのせて響きを付加して発声するわけだ。あくまでも基本はしっかりと声を出す事です。だから、ファルセットのような、声を鳴らさない歌い方は御法度なわけです。

 響きで歌う…と言うのは、ソロでは御法度の、声を鳴らさない歌い方って奴になります。ファルセット上等は当たり前として、中低音でも、なるべく軽くてフワフワな感じで芯を感じさせない柔らかな声で歌うのが良いのでしょうか?

 ソロと合唱で、こうも発声が違うなら、その両立って、かなり歌唱テクニックに上達していないと、使い分けが難しいね。少なくとも、私に無理かも…。

 なんか、色々と考えちゃうなあ。ああ、悩む悩む。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルートの調整に行ったついでに、あっちこっち散歩してきました | トップページ | そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです »

合唱」カテゴリの記事

コメント

すとんさん落ち込まないで。
今が、合唱用とソロ用と、ふたつの発声法を身に着けていくチャンス、と考えられませんか。人生まだこれから長いです。プロの歌い手さんが使い分けているように、合唱もソロも両立させる歌い方を身に着けることはアマチュアにも充分可能だとおもいますよ。

体調の消耗したときのエネルギーエコな発声が合唱用にふさわしい発声とわかったなら、そういうエコモードに切り替えスイッチを持っとくとか。

難しいけどフルモードとエコモードと、二つ持っておけばスイッチシンガーになれますよねえ。

世の中、個人生活も社会生活も企業活動も、「ピンチはチャンス」、なんてさかんに言ってますし、ぜひおすすめします。と無責任にドーンと背中をおしてみますね。責任はとれませんけど、ぜひがんばってください。

だりあさん

 落ち込んでいるわけではなく、ちょっと疲れているだけです。まあ、確かに『ピンチはチャンス』でして、あれだけ合唱での歌い方がつかめなかった私ですが、今回の事で、ちょっと見えてきたような気がします。しかし、1/20は決してオーバーな話ではなく、本当に、それくらい、あるいはそれ以上に、色々と落差のある歌い方が必要なんだなって感じたわけです。

 考えてみれば(日本だけの話かもしれませんが)合唱の人って、ご老人でも全然OKだし、何時間歌っても大丈夫って人、多いですね。その点、ソロは…若さが必要とは言いませんが、ある程度の体力は必要ですし、そんなに何時間も歌える人はいません。オペラなどは長く思われますが、順番に交互に歌っているので、一人の歌手が歌っている時間って、実際は見たほど長いわけじゃないんです。それ以前に、アマチュア歌手だと「2曲歌うのがせいぜい…」って人も大勢います。それくらい、合唱とソロでは、エネルギー消費量が違うんだから、当然、歌い方も大きく違って当然なんですよね。

>難しいけどフルモードとエコモードと、二つ持っておけばスイッチシンガーになれますよねえ。


 …なんですが、やはり歌うチャンスの限られているアマチュアの身分としては、チャンスがあれば常にフルモードで歌いたいというのがあります。まあ、実際はそうはいかないのですが、なかなかエコモードで歌う勇気が出ないんですよね。ああ、その割り切りが出来ないんです。でもね…。

 胸のあたりに、エコモードのスイッチを増設するしかないかな…。

合唱ではでなくて、すとんさんが参加されている合唱団ではエコモードで歌わなけならないだけです。
私が属している合唱団は正しい音程でかつ、正しい発声で歌う限りに於いてフォルテ以上ではかなりの声量で歌う事を要求されますよ。
実際、先日、上手なベテランの人が欠席で、私はコーラスグループの練習の前日で声帯温存モードで歌っていたら指導者からOKがでず、仕方なくフルモードで歌ったたらすぐにOKでました。

しかし音程が外れていると、がなるな!と指導者に厳しく注意され、エコモードで歌う事を強いられます。

レベルの高い合唱では第九のフーガを歌わせAが地声で出る事がテナーの一条件にしている所があるくらいです。

第九をうたってますさん、いらっしゃいませ。

 たぶん、色々と誤解されているんじゃないかと思うし、私の筆力が及ばないせいなら、申し訳ないと思ってます。

 たぶん、どんな合唱団に行っても、私はエコモードで歌わないといけないだろうなあって思います。それは別に私に限った話ではなく、合唱の人たちには話さないだけなのかもしれませんが、ソロ歌手たちが合唱に参加する時は、みんな、それぞれの必殺技っぽいものを持っていて、それを駆使して、合唱の中で声が隠れるように歌っているからです。

 私が合唱をやる時に、プロアマ問わず、色々ソリストさんたちの話を聞いて、うまく声を隠す方法を何人にも尋ねた事がありますが、皆さん、それぞれのやり方と言うか、コツのようなモノが違うんですね。散々尋ねて、分からなくなった私は、結局、方法は自分で見つけるしかないか…って事で、ここ数年はやってます。

 なので、自分なりに、色々と声をセーブしたり、押さえたりしてみましたが、どうにもうまく行かなかったわけですし、時には逆ギレする事もあったわけですが、要するに、私が合唱に対応した声を自分の中で上手に見つけ出せなかっただけの話なんです。

 というのも、私は今まで、独唱と合唱は、発声テクニック的には、地続きだと思ってました。今でもそう信じたいのですが『どうやらそうでもないかな?』と思ったので、今回の記事を書いてみたわけです。今回の事をきっかけに、独唱の発声と合唱の発声には、大きな質的な違いがある…のかもしれないなあと、悩みだしたわけなんです。


>私が属している合唱団は正しい音程でかつ、正しい発声で歌う限りに於いてフォルテ以上ではかなりの声量で歌う事を要求されますよ。

 それはどこも同じですよ。私が今いる第九合唱団だって同じことです。タルい事をしていたら、指揮者に叱られますって(笑)。団員の皆さんは、必死になって、全身全霊で歌ってます。ウチは合唱初心者も歓迎の団なので、全体のレベル的にはあまり高くないかもしれませんが、その一方で、十年選手二十年選手が全体の半分以上を占めているので、合唱シンガーとしては、かなりの腕前の方々が揃っている事は、彼らの名誉のために書いておきますね。

 だからこそ、質的な違いがあるのかなって思うし、その質的な違いを、あえて見ないようにしてきたのが、今までの私だったのかなって、思い始めているところなんです。

 例えば、第九の男声合唱の部分でソロをとるテノール歌手は、オーケストラと合唱をバックに、彼らの作る音の壁をぶちやぶって歌うわけですが、だからと言って、むやみに大きな声を出しているわけではないでしょ? そういう事です。

 あと、楽器の違いも、もちろんあるんだと思います。そのあたりも含めて、色々考えないといけないし、割り切らないといけないのかなって、今は思ってます。それこそエコスイッチを増設するのが、正しい道なのかなって、思い始めているところなんです。

>レベルの高い合唱では第九のフーガを歌わせAが地声で出る事がテナーの一条件にしている所があるくらいです。

 それは大変厳しいオーディション基準ですね。数年前に調べた時に、神奈フィル合唱団の入団テストの課題が、男声は、第九のドッペルフーガでした。女声はさらに厳しくて、ドッペルフーガの他に、オペラアリアも一曲歌わないといけなかったと思います。今はどうなんでしょうね。

私は日本の合唱文化は日本独自のものだと思っています。いい」悪い、好き嫌いはあると思いますが、一度欧米を回ってみられたら、いいかと思いますよ。これは私の考えですが、会場のちがいが大きいのではと思っています、欧米の舞台の中心はなんといっても教会です、響きがまるで違います。異次元の空間で、ここでバッハのオラトリオでも聞かされるとけっこうきてしまいますよ。

私が参加しているは第九合唱団は例外ですね。昨年の第九のCDを聞いてみましたが男声100人の合唱が411小節からフォルテォルテで歌うとソリストの声が全く聞こえません。さらに女声200人が歌うて男声100人が霞んでしまいます。それだけの大音響なので、こちらではソリスト並に歌っても許されるという訳です。

しかし、平均的な100人以下の合唱団でテナーがソリスト並の発声で歌うとヒンシュクを買うは当然の事でしてすとんさんのお気持ちはよくわかります。
また今年二月に合唱フェスティバルを聞きに行った時の審査員が講評で最初に「テナーはソロを張れる歌自慢が多く、音量が突出します。それじゃ合唱になりません。林の中にそよぐ風のように少音量で優しく歌いなさい。」と言っていましたし、学生時代に声楽の教授に合唱指導を受け時もまず最初に同様な話を聞いた事を記憶しています。

私は声楽のレッスンは受けていませんが、声はよく通るのでソリスト向き だと言われています。
だから一般レベルの合唱団で小声で歌うだけは楽しくないので参加を思い留まっています。

幸い今参加しているコーラスグループは少人数で私を除いて声楽のレッスンを受けいて、ソリストの集団のようなものです。ソロやリードボーカルを交代で行い、他はバックコーラスをする曲も多いです。ソロ同士のデュエットもありで満足度が高いです。ソロを歌う時は歌唱表現に工夫が必要ですが歌いがいが有ります。

nishimura takaakiさん

 おっしゃる通り、日本の合唱文化は日本独自のものかもしれません。そのお考えには、私も同意します。

>会場のちがいが大きいのではと思っています

 私もそう思います。先日、息子がヨーロッパに行って、教会で歌ってきたのですが、やはりそんな事を言ってました。歌う場所が違うので、発声が違う…というのは、あるのかもしれません。あと、教会と劇場の違いもあるかもしれません。本来、合唱は教会のもの、でも、独唱は劇場を中心に栄えてきたものです。そこらへんにも違いがあるかもしれません。

 ただ、どちらにせよ、私は日本の地元で暮らしているわけだし、この地元の団で歌うしか選択肢はないのですから、この日本式のやりかたの枠の中に、うまく自分を収めて歌うしかないというのも、現実です。

第九を歌っていますさん

 今、私が歌っている、第九の合唱団は、実は200名規模の合唱団です。大きいですね。私は、基本的に小さな合唱団では歌いません。どこも100名以上の規模のところを選んで歌っていました。やはり、小さなところだと、ご迷惑をかけるのは、火を見るよりも明らかだと思っていましたから…ねえ。

>テナーはソロを張れる歌自慢が多く、音量が突出します。それじゃ合唱になりません。林の中にそよぐ風のように少音量で優しく歌いなさい。

 その審査員さんの言いたいこと、よく分かります。結局、ハーモニーとか“声を溶かす”とかを考えると、強い声は不要どころか、邪魔なんですよ。でも、声の強さは、持って生まれた地声に依存する部分が大きいからなあ…。

 第九を歌っていますさんが参加してらっしゃる、合唱団はおもしろそうですね。まるで、声楽アンサンブルの団体のようです。私も、そういう団体ならば、参加したいですが、今は修行の時なので、しばらくはおとなしく(今の第九は例外として)ソロの勉強に励んでいこうと思ってます。

こないだは内容があまりにも面白かったので、つい書きこんでしまいました。さっそくご意見ものせてくださいましてありがとうございます。自己紹介もせずにごめんなさいね。
実は私もコンコーネを30年ぶりにはじめまして、以前は先生のいいなりでさらっていてそんなに楽しいとは思わなかったのですが、あらためてやってみるとほんとによくできた教本だと思います。と同時にその当時に教わったことが、ほんとかしらと思うことも多く、誰かに聞いてみようと検索したところ、あなたさまのブログをはっけんしたしだいです、私は歌を始めたのは早く一時は音大の進学を考えたこともあったのですが、それで自分の将来を組み立てることはあまりにも無謀と考えて一般の大学に進学、しばらくはレッスンも続けていたのですが、仕事が忙しくなるにつれて足も遠くなりました。しかし父の命があとわずかと知って、会社を退社し、父の死で改めて田舎の企業に再就職したのですが、そこでは、土、日は完全休業、平日も五時半には毎日退社するあんばいで、時間がありあまってくると、昔日の情熱が湧きあがってきたしだいです。
 自己紹介のつもりでしたがつい長文となりました。ごめんなさいね

takaakさん

>自己紹介もせずにごめんなさいね。

 いえいえ、ネットでは良くある事ですので、気にしてません、ってか、コメントくださって感謝&歓迎です。まあ、私も自己紹介はごくごく簡単にして、余所のブログに書き込む事がありますから(笑)。

>仕事が忙しくなるにつれて足も遠くなりました。

 オトナの趣味生活ってのは、どうしてもここのところがネックになります。ある程度の時間が自由にならないと、まじめに取り組めませんからね。私も、今は比較的自由に時間が使える環境にありますが、いつ仕事が忙しくなり、そちらに没頭せざるをえなくなるか、時折心配(?)になります。仕事自体は嫌いではないのですが、今は趣味の方も、なかなかに大切に感じてくるようになりましたからね。とは言え、仕事があってこその趣味でして、そこのところの優先順位は忘れていないつもりです。

>昔日の情熱が湧きあがってきたしだいです。

 魂の叫び…ってやつでしょうか? “やりたい事をやりたい時にやれるだけやる”というのは、人の幸せの一つのカタチです。今がその時なら…その情熱、せっかくですから、燃やしちゃいましょうよ!

 アマチュアだって、歌っていいんですよ! 私など、実力もキャリアもないですが、チャンスを見つけては歌ってます。恥をかく事も多いですが、でも、やれる事をやっておきたいんですよ。それは誰のためでもない、自分のための事ですからね。

 お互い、頑張っていきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートの調整に行ったついでに、あっちこっち散歩してきました | トップページ | そこまでして、私はダンスを踊りたかったんです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん