ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 腹筋、背筋、スクワットをもっとやらないと… | トップページ | エネルギーを貯めてから歌え! »

2012年10月16日 (火)

アゴの開け閉めにヨタヨタする私です

 声楽のレッスンに行ってきました。

 まずは先日のクラシックコンサートの出来を尋ねられました…ので、音源を添えて「見事に撃沈してきました!」と答えておきました。先生としては、ちょっと意外だったようです。まあ、最後のレッスンでは、まあまあの出来だったものね。あそこから本番までの間に、色々と迷い道に入ってしまって自滅しちゃったようなものですから…。先生曰く、本番までの声の調子の持っていき方が不慣れだったため、上手くいかなかったのでしょうと言われました。まあ、そうかもしれません。本当ならば、本番直前にもう一度ぐらいレッスンがあっても良かったのかもしれませんし(私も)先生もそれを望んでいましたが、先生のスケジュールがそれを許しませんでした。とにかくY先生、忙しすぎ! ま、Y先生は、ご自分が歌うのが本業の人で、教えるのはサイドビジネスですから、仕方がないと言っちゃあ仕方ないんですけれどね。

 とにかく、今回から、仕切り直しです。

 そうそう、本番の音源は、終わったばかりの時は聞くものじゃないですって言われました。本番音源は、一年ぐらいしてから聞くといいのだそうです。そうすると「あの時はこんなふうにしか歌えなかったけれど、今なら、もっとマシな歌い方ができるのになあ…ああ、残念だ」と思えるそうですが……ああ、遅いよ。しっかり聞いて、ネットにもアップしちゃいました(笑)。
 
 
 まずは発声練習からです。

 今回のポイントは、お腹・アゴ・声の懸垂の三点です。この三点を同時に行えるのが、まずは基本の基本というわけで、そこをチェックです。

 お腹…というのは、例によって“支え”の話です。私は(歌だけでなくフルートでもそうなんですが)支え無しで歌い始めちゃうのです。悪い癖ですね…ってか、ノドの力だけで、歌もフルートもそこそこやれちゃうのが問題なんでしょうね。もちろ、そこそこであって、ちゃんとできるわけじゃないです。

 支えのない声は、フヌケた声だし、結局物足りない分だけ、ノドに力が入ってしまうわけで、そんな声は、美しくもなければ、音程も怪しいし、何より高音が出せない声なのです。だから、まずはしっかりと、芯があって美しくて音程バッチリ高音もカツーンとした声を出すためにも、まずは支えを、そのために、お腹に注意しましょうって事です。

 具体的にはモード2をしっかりマスターしましょうというわけです。

 横隔膜の位置は音程に比例すると考えてよさそうです。低い音の時は、低い位置で楽に支える程度で良さそうです。しかし、高い音になった時は、かなり肺に近い高い位置で、しっかり支えないといけません。フレーズの頭で支え始め、フレーズの中腹で支えの頂点に立ち、フレーズ後半は、支えながらお腹をゆっくり戻し、フレーズが終わる事には、スタートに戻っている…というのが基本的なお腹の動きです。これを円循環をイメージして動かします。とにかく、私の最大の弱点が、モード2の支えなんですね。つまり、お腹。ここがしっかりしないと、高音は絶対に出ないんです。

 アゴというのは、アゴを開くというか、下アゴ全体を落とす事です。決して、アゴ関節を支点にして開いちゃダメです(その方が省エネなんだけれどね)。さらに、頬肉は決して横に引っ張らない。声楽には上下の方向の引っ張りはあっても、横方向へ引っ張る事はありえないので注意です。

 そして「マイマイマイ…」と歌うなら、一回一回、しっかりアゴの開け閉めをするのだそうです。ちなみに、まだアゴの開け閉めは不得意な私です。開け閉めのたびに、アゴがスムーズに動かなくて、多少アゴが左右に揺れながら開閉します。早く、アゴの開け閉めが上手くなりたいものです。

 アゴの開きに慣れないうちは、アッチョンブリケをしながら歌って、アゴをしっかり縦に開くことをカラダで覚える必要があります。とにかく、クチは「あくびのクチ」または「嘔吐のクチ」で歌います。

 声の懸垂…は分かりづらいですね。目のあたりに鉄棒があって、それに懸垂をしているイメージなんだそうです。で、懸垂というのは、その目のあたりにある鉄棒に対して、アゴまで上がらないと懸垂としてカウントしてしてもらえないわけで、声をしっかり目のあたりの鉄棒で捕まえたら、そのままそれをアゴのあたりまで押し付けていく?というイメージです。 まあ『目で声を支える』って感覚なんでしょうね。これも結構苦手な私です。

 この三つが同時にできて、始めて『声楽の基本コースに入門おめでとう!』って感じになるようです。キング先生には「すとんさんはすでに初心者じゃないよ」と言われましたが、ここでは初心者どころか、まだスタートラインにすら立っていない、見習いのような存在になりました。はは、双六の『振り出しに戻る』の気分です。

 うぉぉ~、って事は、私はまだスタートラインに辿りついていないというわけで…なんか、やる気が燃え上がるよなあ。まだまだ、学ぶことだらけで、前途多難、いや、前途有望だなあ。

 それと私の欠点は、声を出しすぎるのだそうです。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、声が出るのは、決してプラスではないそうです。大切なのは、声帯を鳴らして大きな声を出す事ではなく、たとえ音量的には小さくても、響き豊かで美しい声で歌うことなんだそうですし、響き豊かなら、結果的に遠鳴りをするので、大きな声はいらないみたいです。

 大きな声はいらない…なんか、私のレゾンデートルを根本から引っくり返された? まあ、いいでしょう(笑)。練習の時は、この三つのバランスを見るためにも、当面、声は押さえ気味にして、mfぐらいの声量で練習するのも良いでしょうとの事でした。

 とにかく、まずはお腹をちゃんと使えるようにしてきてくださいとの、ご指示でした。はあ、頑張ろうっと。筋トレだー、筋トレだー。

 ちなみに妻は…と言うと、基本メニューは私と一緒で、アッチョンブリケをしながら発声練習をしていましたが「素晴らしい!」「その調子で!」などと誉め殺しのレッスンを受けてました。ま、私は“誉められると慢心するタイプ”なので、貶されて蔑まれるくらいがちょうど良いのですが、Y先生は、誉めてくださらないかわりに、貶しもしないし、蔑みもしません。いつも、生徒に対しても、常に敬語を使い、優しい態度の先生で、実に紳士な方です。育ちが…かなり良いのが分かります。

 そうそう、妻はまたも「お腹にハムスターを飼っているつもりで歌ってください」と言われてました。どうも、ソプラノとテノールでは息の支え方がちょっとばかり違うみたいです。テノールのモード2のようなものは、ソプラノではあまり重要視されないみたいで、その代わりにハムスターのようです。声種ごとの発声の違いを、きちんとレッスンしてくださるのは、有り難い事です。

 ちょっと先の話ですが、来月はレッスンそのものが危ういみたいです。とにかく、Y先生、忙しすぎ。今月もお忙しくて、なかなかレッスン日が決まらなかったのですよ。個人的な希望を言えば、キング先生のように毎週決まった曜日の決まった時間にレッスンしていだだきたいのですが、先生が多忙なので、それは最初から無理って事なんですね。なので、なんとかスケジュールの合間を縫って、せめて月2回のレッスンでお願いしてますが、来月は先生、仕事が忙しくて、ツアーに行っちゃうそうで、ほとんど湘南に来られないのだそうです。たった月2回のレッスンもかなり危ない。うへっ、どうしましょう…って、こればかりは先生のスケジュールの都合ですから、どうにもなりません。現役バリバリの歌手さんに教わっている以上、こういう事態は最初から分かっていた事で。つまり今後の事は、要相談で、色々と相談して決めていかないといけないのです。

 曲のレッスンの様子は、また明日アップします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 腹筋、背筋、スクワットをもっとやらないと… | トップページ | エネルギーを貯めてから歌え! »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腹筋、背筋、スクワットをもっとやらないと… | トップページ | エネルギーを貯めてから歌え! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん