ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« なるべくノドは鳴らさない | トップページ | 正しく立つとは、程良くユルむ事 »

2012年9月 4日 (火)

ダンスと声楽、カラダの使い方に共通点あり

 ダンスのレッスンに行ってきました。ダンスのレッスンの時に、BGMは必須なんですが、そのために、毎回、何枚ものCDを持っていくのは、ちょっと面倒でした(が、仕方ありません)。で、最近、頻繁に使っている練習場のラジカセを見てみてると、なんと、iPod接続用のコードが付いているじゃありませんか? ほ?? だったら、何枚もCDを持ち歩かずに、iPodをそこに接続すればいいだけじゃん。さっそく、ダンス系のプレイリストを作成するか!

 今回は、スポーツ飲料の代わりに、キリンの“ビタミーナ”を飲んでみましたが、これって、運動の合間に飲むと、すっごく美味しい事を発見。まあ、興味のある方は、ご近所のコンビニあたりでお買い求めください。と言うのも、ひとまず、アマゾンリンクを貼っておきますが、これ、24本入りで発売なんですよ。24本入りって事は、いわゆる“ケース売り”って奴だよね。アマゾンだと、ソフトドリンクは“ケース売り”なんだね。すっごいなあ。まあ、単価が安いし、送料もかかるわけだから、ケース売りぐらいにしておかないと、業者も客も、割あわないしね。
 
 
 さて、ダンスのレッスンそのものが、本当の本当に久し振りでございました。いやあ、本当に夏の間は、アレコレありすぎて、忙しかったんですよ。で、どれくらい久し振りなのかと言うと、実に約一ヶ月ぶり。なので、今回は、忘れてしまっただろう事を思い出しましょう、という内容のレッスンでございました。
 
 
 最初はブルース。意外な事に、ステップは忘れていませんでした。でも、カラダの動かし方(基本だねえ…)を忘れてしまったようで、前進の時にカラダではなく、足優先で動いてしまいました。足優先で動くと、パートナーをリードする事ができず、踊りながら、あっちこっち交通事故を起こしてしまいます。前進する時はカラダから動き、後退する時は足から動くのが、鉄則です。はい、思い出しました。

 次はジルバ。一応、思い出したけれど…どうもしっくり来ない。ジルバって、左足ばかり動かすわけだし、男性はほとんど“その場で足踏み”ばかりなので、実につまらないダンスです。これなら別に思い出さなくても良かったかも。いや、世の中からジルバというダンスが無くなっても、私的には何の問題もありません。いやあ、どうも、ジルバは好きになれません。このダンスを、社交ダンスの正式種目に加えなかった英国紳士に、拍手ですよ。なのに、どうして、日本人はジルバを踊るかね? 全く、もう…。

 で、ワルツです。割と現状維持をしていた…と、自分的には思ったけれど、妻先生に言わせると「全然、動けなくなっている」のだそうです。たぶん、足ばかりで踊っていて、カラダが踊っていなかったんだろうなあ…。オーバーターンド・ターニング・ロックは「今日は、カラダが動いていないから」という理由でパスになりました。また次回、時間をかけて復習しましょう。

 ワルツの時に、妻先生に散々言われたのは「ダンスのカラダの使い方は、声楽と同じ。Y先生に習った事を思い出して!」という言葉です。

 確かに、ダンスのレッスンの時に、妻先生に注意される事と、声楽のレッスンでY先生に習った、声楽での姿勢やインナーマッスルの動かし方には、どこか共通点があります。例えば、背中の使い方や脇腹の使い方、筋肉を動かす方向など、言われれば言われるほど、Y先生と妻先生の言う事は一致してます。ううむ、相当部分が共通しています。

 つまり、Y先生に習ったとおりにカラダを使えば、声楽もダンスも両方同時に上達できるってわけですね。うむ、マスターさえすれば、一挙両得だな。

 そこで私が妻先生に「キング先生に声楽を習っている時は、そんな事言わなかったじゃん」

 「だって、キング先生が教えてくださるカラダの使い方と、ダンスのそれとは、ほとんど共通点なかったもの。」

 まあ、それは分かる。確かに筋肉の使い方は、キング先生とY先生では、全くと言っていいほど違うもんな。

 キング先生流だと、痛くてツラいばかりだったけれど、Y先生流は(私に筋力が無いので)確かに今はツラいけれど、別に痛くないし、練習を重ねていけば、やがてツラいのも無くなるのは分かります。で、その上、ダンスの上達にもつながるなら、すごくお得だね。後は、声楽が上達すれば、万々歳だ(笑)。

 さて、ルンバです。ルンバは、結構、たくさんのステップを習っていた事に気づきました。いやあ~復習して思い出すのも大変だった(でも全部思い出したよ)。で、復習ついでに、今回は“アレマーナ~ショルダー・トゥー・ショルダー~スパイラル”という一連の動きを、時間をかけて練習しました。

 ちなみに、ここまでやって、疲れたので、タンゴは丸ごと割愛。タンゴの復習は、また次回のお楽しみに取っておきましょう。

 妻先生とは、ダンスを踊りながら、あれこれ雑談するわけだけれど、今回は妻先生がおもしろい事を言ってました。それは、ダンスの先生に関する“プロとアマ”の違い。

 社交ダンスって、色々な場で、色々な人々によって教えられているわけです。だから、先生をやっている人も、プロダンサーの経験がある人もいれば、無い人もいるし、教師の資格(社交ダンスの先生の認定資格[民間資格だけどネ]ってのがあるんだそうです)を持っている人もいれば、持っていない人もいるわけだし、資格を持っている人も、社交ダンスの教師の資格にも、色々な種類の資格があるそうで、持っている資格によって『どこまで教えていいのか』という条件が決まっているそうです。もちろん(民間資格なので)資格を持っているに越した事はないけれど、持っていないまま、教師(のような事)をしている人もたくさんいるそうです。

 まあ、ピンキリを言い出せば、一流の現役競技ダンサーを指導する先生もいれば、素人が初心者を集めて教えているケースもあるわけです。まあ、色々あるわけだ。

 妻先生曰く「先生をやるなら、きちんと勉強しておかないとねえ…」と言う事です。“きちんと勉強”と言うのは、ダンスの理論をしっかり学び、男女両方のステップを熟知し踊れるって事で、それがあって、始めて、生徒一人一人に対して、オーダーメイドのレッスンをしてあげられる…のだそうです。

 ダンスのレッスンは、生徒さんの希望と実情に合わせたオーダーメイドのレッスンが基本なんだそうです。だから、どんなにダンスが上手な人でも(個人レッスンであれ、サークルでのグループレッスンであれ)自分が習った事しか教えられない人が先生をやると、ロクな事はないそうです。

 というわけで、一番いけないのは“教えたがりのオジサン”という種族なんだそうです。で、また、ダンス界には、この“教えたがりのオジサン”が闊歩しているわけなんです。

 ま、人にモノを教えるのって、実はかなり深く知らないと教えられないわけだよね。『できる事と、教える事は違う』ってわけだ。あるいは『名選手、必ずしも名コーチならずとも言えるかな。

 まあ、ダンスに限らず、自分がプロである領域以外では、人に教えるなどと言った、おこがましい事をしないように、心がけないとね。なにしろ、私も、オジサン族の人間だからね(笑)。気をつけないと…ネ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

« なるべくノドは鳴らさない | トップページ | 正しく立つとは、程良くユルむ事 »

社交ダンスのレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なるべくノドは鳴らさない | トップページ | 正しく立つとは、程良くユルむ事 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん