ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私って、今までずっと、ノド声で歌っていたんだなあ… | トップページ | タニシが…いない(涙) »

2012年8月10日 (金)

姿見先生とのレッスンについて

 なぜ今まで利用しなかったのかと、自分自身に問い質したいくらいに、最近では、姿見先生とベッタリな私です。

 姿見先生とは、大きなスタンドミラーの事です。

 この姿見先生が、我が家に来て以来、毎日、先生のお世話になっている私です。

 声楽の時は、立ち姿をチェックします。姿見先生には全身が映りますので、変なカッコで立っているとすぐ分かります。アゴが飛び出していたり、背中が丸まっていたりしたら、すぐに修正です。しかめっ面して歌っていると、とても印象が悪いです。基本的に笑顔で歌わないとダメでしょう。さらに、クチビルが横開きになっているとすぐに分かるので、縦開きに修正します。支えが足りず、お腹がたるんでいても、すぐに分かります。機関車をやっても、ちゃんとやれていないと胸が動かないのですが、胸が動いたか動かなかったも、すぐに分かります。実に注意深くて、細かい先生です。

 フルートの時も姿勢の矯正のために見ますが…フルートでは、姿見先生が活躍する場面はあまりありません。

 しかし、ヴァイオリンだと、かなり手厳しいですよ(汗)。とにかく、私のボウイングにダメ出しの嵐です。で、このダメ出しが厳しくって、鏡写しになっているものだから、曲がっているのを直そうとすると、余計に曲げてしまったりしちゃいます。そこんとこは、ちょっとクルシいかもしれません(笑)。

 このように、姿勢とかフォームとかのチェックに、とても厳しい姿見先生ですが、使ってみて、思わぬ効用も発見しました。それは『姿見先生は音の反響板』としても、なかなか優秀なんてす。

 歌の練習では、録音を使うのが一番確実と言われていますが、録音機は面倒だし、リアルタイムじゃないので、ついつい使うのが面倒になってしまいます。でも、録音機を使わないと、自分の声はあっちこっちに散ってしまうし、部屋の中では乱反射して、これぞという感じで聞くことができませんでしたが、姿見先生に向かって歌うようになって、先生から自分の歌声が返ってくるのを感じるようになりました。録音機ほどではありませんが、自分の声が聞こえるってのは、ナカナカ良いです。おまけに、こっちはリアルタイムに聞けるわけだしね。これはこれで、結構使えます。

 それと、姿見先生とレッスンするようになって、無駄な動きが減りましたね…ってより、歌でもフルートでもヴァイオリンでも、私はなんかクネクネしながら演奏していたのですが、そういうクネクネ姿ってカッコ悪いじゃないですか? そのカッコ悪さが姿見先生越しに見えるので、そのクネクネがだいぶ減りました。これも良いことです。

 姿見先生が来てから、困った事は一つもなく、助かっている事ばかりです。ならば、もっと早くから姿見先生のお世話になっていれば良かったなあと今更ながら、ちょっと悔やんでいる私です。

 鏡を見ながらの練習は、なかなかに効果的なんですよ。まだの方は、お薦めしますし、最近では安価な姿見鏡も流通しているようだし、いいですよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私って、今までずっと、ノド声で歌っていたんだなあ… | トップページ | タニシが…いない(涙) »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私って、今までずっと、ノド声で歌っていたんだなあ… | トップページ | タニシが…いない(涙) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん