ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« なんか、気味が悪いくらいに誉められました | トップページ | ナナシとドジョウの定数の話 »

2012年7月 6日 (金)

どうにもこうにも疲労困憊です

 ダンスのレッスンを受けてきました。どうも、最初は自分では自覚がありませんでしたが、疲れていたようで…それも疲労困憊だったようで、レッスンを受けながらも、どこか気持ちが集中できずに、うわの空だった私でした。

 最初はブルースからです。『回る角度がいつもいい加減』という注意を受けました。実際に、自分でもなんとなくで回っていて、よく分かっていなかったので、その指摘には納得です。ナチュラル・ピボット・ターンの場合、前進した3の足で135度回転して、L.O.D.に対して背面となり、5の足でピポット・ターンをして、さらに135度回転する。6の足で90度回転して、7と8で足を揃えて、中央に向けて背面となってステップ完了。文字で書いても、よく分からないだろうけれど、まあそんなところ。一つ一つの回転する角度を確認しながら踊ってみました。

 ちなみに、ナチュラル・ピボット・ターンは回転するのに場所を喰うので、余裕が無い時は、無理せずチェック・バックをするように言われました。

 それと、色々な事が揮発して以来ダメなんですが、ブルースを足ばかりで踊ってしまい、腰で踊れていない事を注意されました。結局「ブルースなんて退屈だ~!」と叫んだ私ですが、その退屈なブルースもロクに踊れなくなったわけで…老年に入ると、学ぶ事自体が、段々難しくなってくる事を感じざるを得ません。ふう。

 ジルバは…妻先生となら、とりあえず、ぎこちないままでも何とか踊れるけれど、他の女性とはたぶん踊れないでしょうと言われました。その理由は、私のリードが分かりづらいからです(確かに、妻先生は私のリードに関わりなく、勝手に踊っている部分があります)。だから今の段階でパーティーに行っても、相手の女性が困ってしまうだけでしょう…って事です。大切な事は「自信をもって踊る」事。それができれば、私のリードももっと明確で分かりやすいものになるんでしょうけれど…。

 そうそう、ジルバの新しいステップを習いました。アメリカン・スピンって言うらしいです。例によって私が説明しても分かりづらいので、動画をご覧あれ。

 この動画で行っているステップは全部踊れる…けど、こんなに軽快に楽しげには踊れないなあ…。

 ブルースを踊っていた頃までは、なんとかもっていた私の体力でしたが、ジルバを踊るあたりでかなり消耗してしまいました。で、疲れを感じながら、次のワルツに入りました。

 ワルツでもナチュラル・スピン・ターンの角度を意識するように言われました。特に、このターンの次にウィスクにつなぐか、リバース・ターンにつなぐかで回転角度を変えないといけないのだそうです。ウィスクにつなげる時は深く回転し、リバース・ターンにつなげる時は、やや浅めの回転でバック・ターンを多めにかける事で、きもちよくリバース・ターンにつなげていきます。ボケっと踊っていたらダメみたいです。

 オーバーターンド・ターニング・ロックでは、最初のオーバーターン部分を勢い良く回る事は何とかなりましたが、そこで目を回してふらついてはいけない(笑)のです。ターニング・ロック部分の3の足(2拍目)を私は(回転でふらついていたので)大きく横に出していたけれど、それはダメで、小さく鋭く女性の股間に向けて(遠慮なく)踏み込む事が大切です。

 それにしても、私には、やっぱりダンスは難しい。『うさうさ(右脳左脳診断)』によれば、私は“さう男”であって、情報入力は左脳な人なので、こう言ったダンス系の学習は、本来苦手なのかもしれません。ま、苦手なのは、普段使っていないから…という事もあるだろうから、ダンスを習う事で右脳での情報入力力(?)を高めましょう(笑)。ちなみに、情報出力は右脳な人なので、リアルな生活では言葉が得意でなく、すぐに暴力に訴える野蛮な人になってしまいがちなんだろうなあ…反省。

 ルンバでは、ニューヨークの確認をしました。特にヒジの動かし方を確認しました。ヒジの動きは円運動が基本の動かし方で、腕は手ではなくヒジから動かすとかっこいいのです。ヒザは曲げずに、カラダは半身だと、なおカッコいいのです。

 ニューヨークを確認したところで、妻先生は、その派生系のステップを教えてくれようとしましたが、残念ですが、私は体力的にここでギブアップでした。なので、新しいステップは遠慮し、ルンバの後にタンゴを踊る予定でしたが、それもキャンセルして、今回のレッスンを終了しました。もっとも、この時点でたっぷり2時間は踊っていたので、良しとしましょう(汗)。

 なんか、疲れています。やはり睡眠不足がたたっているなあ…。いくら、薬の力で睡眠を勝ち取っているとは言っても、やっぱり睡眠は不足しています。こういうカラダを使うものだと、睡眠不足はかなりシンドイです。

 はあ~、でも頑張ろう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

« なんか、気味が悪いくらいに誉められました | トップページ | ナナシとドジョウの定数の話 »

社交ダンスのレッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんか、気味が悪いくらいに誉められました | トップページ | ナナシとドジョウの定数の話 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん