ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 練習すれば上達し、やり続ければ出来るようになる[2012年7月第3週・通算23週] | トップページ | やっぱりアマチュアの演奏団体っていいなあ… »

2012年7月16日 (月)

別にサボっていたわけじゃなくて、単に、練習できなかっただけだよ(笑)

 六月はリアルな生活も、ブログ記事の方も、盛りだくさんだったので、このヴァイオリン独学報告の記事のアップが久し振りになってしまいました。いや~、実際、そんなにヴァイオリンの練習が出来たわけじゃないので、これでちょうど良かったのかもしれません。

 私は、先月以来、毎日のように、姿見先生のレッスンを受けてますが、この姿見先生(別名、スタンドミラーとも言う:笑)は、声楽のみならず、ヴァイオリンでも厳しい先生です。なにしろ、私のヘナチョコなボウイングをビシっとご指摘くださいますから(涙)。それはそれは手厳しいです。ああ、しかし、なんて私は、弓使いが下手なんだ…。一度気にすると、結構気になります。

 さて、ヴァイオリン独学練習報告ですが…そんな悩み多き中高年な私が、スズキ教本をどこまで進めたのかと言うと…。
 
 
10番「アレグレット」  OKです。最初はこの速さについて行けるか不安でしたが、弾き慣れてくれば何とかなります。もっとも、その時は速さについていくだけで精一杯ですから、アクセントなどは多少いい加減になるし、なによりもボウイングはダメがも。アクセントやボウイングへの注意はテンポを落として注意し、テンポアップした時は音楽についていく…というふうに注意点を分けて考えてみました。

 こんなやり方、先生について習っていたら、やっぱりダメって言われるのかな?

G線から(ト長調)「きらきら星変奏曲」を弾いてみる  これ、やってみましたが、やっぱり私はぎこちないですよ。指の動きは同じなんだし、弾く弦を一本ずらすだけなのに、なぜか苦労します。音感があるわけじゃないけれど、音符の音で耳で聞こえる音が大きく違うと、なんか不安になっちゃうわけだし、ついつい、音符本来の音で弾いてしまったりします。ダメだな、私は。

11番「楽しい朝」  OKです。速さ的には問題なし。指的にも問題なし。あえて言えば、相手がCDなので、リタルダンドやらフェルマータやらのタイミングを合わせるのが難しいけれど、まあ、そこは問題じゃないでしょう。このくらいは何とかなります。

トナリゼイションの準備 NO.3(ト長調)  OKです。重音の練習は日課練習に入っているくらいですから、これくらいは朝飯前です(実際に、ヴァイオリンの練習は朝飯前にやってます:笑)。

 約一カ月で、これしか進まないと言うのは、亀の歩みのように遅いですが、考えようによっては、独学なのにテキストが前進している、素晴らしい!とも言えます。

 しかし、ブログって有り難いねえ…。こうやって、細々だけれど、ヴァイオリンの独学状況をブログにアップするので、私は独学が挫折せずに済んでいるのです。おそらく、本当に独学で、どこにも学習状況を報告する必要がなかったら、もう、とっくの昔にヴァイオリンなんて辞めているはずの私です。辞めているはずが続いている…のだから、そりゃあもう、感謝感激なわけです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« 練習すれば上達し、やり続ければ出来るようになる[2012年7月第3週・通算23週] | トップページ | やっぱりアマチュアの演奏団体っていいなあ… »

ヴァイオリンの学習記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習すれば上達し、やり続ければ出来るようになる[2012年7月第3週・通算23週] | トップページ | やっぱりアマチュアの演奏団体っていいなあ… »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん