ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« クチビルがケイレンし始めたら練習は止めましょう | トップページ | 鉄砲魚なニシキ »

2012年7月13日 (金)

今回はタンゴをメインにレッスンしてもらいました

 ダンスのレッスンを受けました。とにかく、前回のレッスンが中途半端でしたから、今回はその続きって事で、やり損なったタンゴからレッスンを始める事にしましたが…「いきなりタンゴも、なんだから…」というわけで、まずはジルバを軽く踊って、ウォーミングアップの代わりにしました。

 アメリカン・スピンの復習をしたわけですが、前回はアメリカン・スピンの後は、女性の手をとって回していましたが、今回はアメリカン・スピンの2連チャン?って感じで、とにかく、グルグル回してみました。

 ジルバって、女性はグルグル回って楽しそうだけれど、男はただ足踏みをしているだけだったり、場合によっては棒立ちのままだったりして、何ともつまらないダンスだと思います。ジルバを楽しむにはどうすればいいのかな? 踊っていても、実に楽しくないんですよ。なんかなあ…って感じです。ま、今回は、ウォーミングアップ代わり?に踊っただけですから、文句を言っちゃいけないのでしょうが…。

 さて、本日のメインディッシュであるタンゴに、体力のあるうちに取り組みましょう。

 まず、よく分かっていないウォークの復習から。結局、カラダをひねり続ける不思議さが、ウォークの不思議さにつながって、私には理解不能なんですよ。でも、ダンスって、理解して踊る必要は全くなく、カラダで感じて踊ればそれで良しなんです。私は、なまじ、頭で考えて理解しようとするから、ダンスが踊れないんだなあって思いました。

 結局、ウォークで歩き続けるのが出来ないまま、でもウォークだけでは飽きてしまうので、とりあえず先に進みましょうって事で、リンクとプロムナードに接続するのをやりました。ウォークで2歩歩いて、リンクして、プロムナードなんですが、ウォークでねじれたカラダをほどくのがリンクで、ほどいたまま進行するのがプロムナードってところです。

 リンクでの右足を開きすぎない事。重心を後ろにかけすぎない事。あくまでもエネルギーは前進方向で。そして、プロムナードは、頭を上下動させずに、低い姿勢を保ったまま前進する事。

 プロムナードまでは今までも何度か(出来なかったけれど)やった事です。今回は、それにバックコルテという後進するステップを加えました。ここまで、一連の動きで、これを繰り返していくだけでタンゴが(最小限ですが)踊れます。例によって私の説明では分かりづらいので、以下の画像をご覧ください。開始~12秒ぐらいまでが、今回私が学んだステップです。私はこれを繰り返して踊ってみました。

 タンゴは慣れないので、まだまだ難しいです。とにかくタンゴは空気イスです。常に中腰状態で踊り続けます。それと、進行方向が大切です。ウォークは中央から左斜め前に進んで歩き、リンクで方向修正し、プロムナードでL.O.D.に方向転換します。バックコルテは右斜め後ろ(つまり中央)にバックし、90度ターンをして、次のウォークへつなげるように動きます。

 ウォークでは右腰前面で女性と接し(この状態を“スクエア”と言います)、リンクで女性を右腰側面で接するようにし、そのままプロムナードで歩き、その終わりでスクエアに戻して、バックコルテに入ります。つまり、プロムナード以外はスクエアが基本形って事です。

 タンゴの動作はかなり低く“腰”と言うよりも“モモ”から動いていく感じでしょうか?

 バックコルテまで練習できたので、とりあえず“なんちゃってタンゴ”で一周できるようになったけれど、やはりまだ“なんちゃって”なので、全体的にダンスがユルくてキレがないです。おまけに中腰状態がきちんとキープされていないので、時たま上下動があるようです。

 一通りタンゴをやったので、少し休憩を入れてから、ワルツに種目を変えました。

 タンゴを散々踊ったあとで、ワルツにしたので、なんかボディバランスが悪くなっていました。そう、タンゴとワルツでは、だいぶボディバランスが違うんですよ。タンゴって、かなり低い姿勢で、それを一定に保ったまま踊りつづけるわけです。ワルツも下へのエネルギーは必要だけれど、カラダは自然なカタチでスウィングしていくわけで、バランス的にはタンゴよりもかなり高さを感じます。なので、タンゴのバランスのままワルツを踊ると、スウィングの上下動がかなり激しくなり、とても疲れます(笑)。

 ワルツは、目下の課題、オーバーターン・ターニング・ロックの練習を重点的に行いました。大切なのは、リズムを正確に刻んで踊ること。姿勢の保持がうまくできないと、リズムが流れて早くなってしまうので、一つ一つの姿勢をきちんと踊る事が大切です。つまり、一にも二にも、カラダのバランスって奴です。

 タンゴ1時間、ワルツ1時間踊るとかなりヘバります。でも、ルンバをやらないわけにはいきません。

 ルンバでは、前回、体力的な限界から学べなかった、アレマーナとハンド・トゥ・ハンドを習いました。まあ、四の五の言わず、次の動画を見てください。現在、私が踊っているアマルガメーションで踊っている動画です。

 ううむ、同じアマルガメーションですが、私はこんなにキレイに踊れません(汗)。

 要は男性が左手を上げるタイミングが大切で、これ次第で、アマレーナとホッケイ・スティックが区別されるようです。ハンド・トゥ・ハンドは逆ニューヨークって感じ。ルンバは、ラテンダンスだけれど、ジルバよりもずっと楽しいので好きです。

 でも、体力の限界がやってきたので、ルンバは30分で終了。結局、今回のレッスンは2時間半で終わり。それにしても、二時間半も踊ると、かなりバテバテになりますね。アラフィフの体力の無さが悲しいです。

 ブルースを踊っていないけれど…まあいいか(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

« クチビルがケイレンし始めたら練習は止めましょう | トップページ | 鉄砲魚なニシキ »

社交ダンスのレッスン」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、2時間半も踊れればすごいです・・・。
私は前にスローを習っていたとき、一曲(だから5分ぐらいでしょうか)踊るだけでぐったり疲れてました・・・。
まあ、それはそれで、きっとおかしいのですが。

今度ジルバを踊るとき、男足を教えてもらおうと思いました。
そんなつまらない?思いをさせているとは露知らず・・・。
ジルバは気楽で楽しいものだとばかり思っていましたが、ただの女性視点だったのですね。
そとんさんも、ジルバの女足をされれば、楽しいと思って下さるかも!?(^^

Tataさん

>いえいえ、2時間半も踊れればすごいです・・・。

 いえいえ、初心者の2時間半ですから、大した事ないと思います。例えば、歌で言えば、合唱の練習では2~3時間歌うのは、ごく当たり前ですし、だからと言って特に支障はありませんが、声楽で2~3時間歌ったら、確実にノドを壊しますよ。ってか(たとえ休み休みでも)ソロだと1時間も歌えませんよ、私(笑)。もちろん、連続して歌うなら3分ぐらいが限界です(涙)。これは、同じ歌であっても、カラダの使い方が全く違うので、カラダにかかる負担も全然違うからです。

 ダンスもきっと同じです。私の場合は、踊っているつもりでも、おそらくは歩いているのと、カラダの使い方的にさほど変わらないと思います。だから、そんなにエネルギーを消費してません。現に妻先生は私との練習では、ちっとも疲れないって行ってますもの。私とだと全然踊った気になれないから、自分のダンスの練習のためには、もっと踊れる人と踊ってこないとダメ~って、よく言ってます。

 私も、もっと上達して、しっかりカラダが使えるようになってきたら、おそらく疲労度がマシてくるんだと思います。今は、疲れるほどに踊れていない…って事です。

 ジルバは…私は男性はつまらないと思ってます。でもね、女性を踊らせる事に楽しみを見いだせる人なら楽しめるかも。私は、自分が踊りたい人なので、女性だけ気持ちよくクルクル回って、こっちはその側で足踏みしているだけなんて、イヤでイヤでイヤで(笑)。

>すとんさんも、ジルバの女足をされれば、楽しいと思って下さるかも!?(^^

 私が女役で、妻が男役では身長差&体重差がありすぎて、うまく廻してもらえないでしょう(爆)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クチビルがケイレンし始めたら練習は止めましょう | トップページ | 鉄砲魚なニシキ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん