ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« トイレに行きたくなるタイミング | トップページ | 未熟だけれど熱い演奏 »

2012年6月18日 (月)

パステル画展に行きました

 このブログに、ちょくちょくコメントをくださる、わが歌劇団のメンバーでもあるYテノールさんの個展に行って参りました。そう、実はYテノールさんは、ヨーロッパで勉強をされ、国内でも数々の受賞歴をお持ちの、正真正銘のマジな画家さんなんでございます。腰が低くて、物腰が柔らかな方で、歌劇団で気安くお付き合いさせていただいてましたので、そんな立派な方(ほんと、失礼な奴で申し訳ない)とは思いもせず…。まさに『預言者は地元では尊敬されない』のパターンで接してました、ごめんなさい。

山口和男パステル画展

会期 : 2012年6月14日(木)~20日(水)
        12:00~18:00P.M(最終日17:00まで)
会場 : リベストギャラリー創(ホームページはこちら

 ちなみにYテノールさんの、画家としてのホームページはこちらです。パステル画展の方は、会期も残り少なくなってしまいましたが、ご近所にお住まいで、お時間のある方は、ぜひ足をお運びいただけますと、目のご馳走を召し上がる事ができます。ああ、そうそう、美術館などとは違うので、入場料は無料(念のため)ですし、18日(月:あ、今日じゃん)以外は、Yテノールさんは終日会場にいらっしゃるそうなので、制作秘話を聞くなり、芸術談義をするなり、ができます。

 で“パステル画”って何?って人のために、ちょっくら解説。“パステル画”とは、パステルで書いた絵の事です(まんまでごめん)。

 では、その“パステル”とは何か? パステルとは…すごく乱暴に説明しちゃうと『脂の抜けたクレヨン』です。元々、クレヨンってのは、顔料(色の粉の事ね)を蝋(粘着材として使用)に溶かして固めたものなんだけれど、パステルは、その蝋を使わずに、粉をいきなり固めてみたり、ほんのちょっとだけ粘着材を加えて固めてみたりと“固形顔料”って感じの画材です。顔料の比率がうんと高いので、色が鮮やかで発色が良いのが特徴だけれど、画風が粉っぽくなっちゃうのが特徴です。

 ええい、百聞は一見にしかずだ~。“無断転載不可”とは書いてなかったので、リベストギャラリー創さんのトップページに貼ってあった、Yテノールさんの展示作品の画像を貼っちゃいます。

20120614  どうです、これが“パステル画”です。

 今回のパステル画展は、こんな感じの静物画を中心に展示されていました。

 私がYテノールさんの個展に行ったのは、雨のそぼ降る週末の昼下がりでした。私は、決して絵は嫌いではないし、たまに美術館に出かける程度の興味は持ってましたが、いわゆる“個展”に出かけるのは、本当に久しぶりかもしれない。若い時は、何度か個展に足を運んだ事はあったけれと、それって知り合いに誘われて…とか、そういうノリだったので、自分で積極的に出かけたのは、人生初めての出来事だったのかもしれません(笑)。

 実は『パステル…? クレヨンの親戚じゃ~ん』などと、ナメテかかっていた私ですが、申し訳ありませんでした。ナメてかかった私が、愚かでございました。パステル画、半端なく素晴らしかったです。パソコン上の画像で見ても、そのみずみずしさは伝わらないわけではありませんが、現物をこの目で見ると、そりゃあもう、段違いの素晴らしさです。顔を近づけてみると、確かにパステルで書いた事が分かりますが、少し離れてみると、何ともリアルなんです。そのリアルもリアルなリアルとは違って、言葉にしづらい質感とみずみずしさにあふれていて、題材として取り上げたモノ一つ一つに、リアルよりもリアルな存在感が与えられているんです。

 これが“絵画の力”って奴なんだな。

 絵って、もちろん画材(この場合はパステル)で書くものだけれど、あくまでもパステルは道具なんですね。本質的に、絵を成り立たせているのは、画家のセンスとテクニックです。絵を見るって事は、その画家のセンスとテクニックを味わう事…なんだろうと思いました。

 色々と絵が展示してありましたが、今回、私が一番気に入ったのは「ロールパン」の絵です。バターロールが二つ、お皿の上に乗っているだけの絵なんです。でもね、見ているだけで、パンを手にした時のあの感じと、ふわっとした感じと、ほんのりと香るバターの感じが、分かるんです。で「美味しそう…」って思っちゃうんです。いいでしょ。他にも「桃」とか「さくらんぼう」とか「ざくろ」とか、果物系の絵に強く惹かれました。

 結局、食べ物の絵に惹かれる私なんだな(爆)。

 ほんと、残りわずかな会期となってしまいましたが、絵は生で見るべきです。自分の目で、きちんと見るべきです。ですから、お近くでお時間のある方は、ぜひ、足をお運びください。後悔はさせませんよ、きっと…たぶん…おそらく…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« トイレに行きたくなるタイミング | トップページ | 未熟だけれど熱い演奏 »

その他」カテゴリの記事

コメント

その折は雨天の中、ご夫妻で遠路を厭わずお越し下さり有り難うございました〜♪

いやあ、こちらのサイトで、こんな風に特集記事並に掲載頂けるとは光栄の至りです〜!

小生、預言者でも大家でもありません、
折り紙付きでも札付きでもない、不定冠詞付きの単なるえかきですので、どうかお気軽におつき合いの程を〜♪

えかきとくれば、かならず、あたまに貧乏が尽きます〜笑
えかきは実に貧乏が似合うのです。えかきくらい、貧乏が様になる職業も珍しいでしょう。
貧乏でないえかきは、絵にも芝居にも小説にもならないみたいですね。

「百万本の薔薇」という歌ががありますよね。貧しいえかきが〜って始まりますが、あれも、裕福なえかきじゃ詩にならないでしょうね〜笑

ということで、今の所、実に絵になるえかきを続けております〜♪

そうそう、あのロールパンは、そんなオーラが出ているのかも。
あれ玄人好みの絵みたいですよ。
気に入って頂き嬉しいです〜♪

Yテノールさん

 謙遜されますが、パステル画は、本当に素晴らしかったです。私はあんな絵を今まで見たことないかもしれません。心にズドーーンって来ましたもの。

 Yテノールさんは、私の中では、伊藤若冲の次に好きな画家になりました(一番でなくて、ごめん:笑)。

>貧乏でないえかきは、絵にも芝居にも小説にもならないみたいですね。

 ま、それは否定しません。確かに画家って、おしなべて、経済的には不運な方が多いですよね。『金持ちな絵描き』って…ピカソぐらいしか思いつきません(笑)。

 しかし、あの日以来、私の中で何かが飢えはじめ「ああ、絵を見に行きたい~」ってイライラしています。印刷された画集じゃイヤなんですよ。生の絵を、この目で見つめたいんです。

 しかし、あのロールパンの絵、本当に素晴らしいと思いました。しかし『玄人好み』ですか? 私は別に玄人ではありませんが、あの絵を素晴らしいと思ったのが、私以外にもいらっしゃるのが、うれしいです。だって、私の目がフシアナってわけじゃないって事でしょ(笑)。

いちご、すばらしいです。
リアルなだけでないリアルさといいますか、いちごそのものって感じですね!
ロールパンも見てみたいなと思いました。

パステル画って、淡い色でほわ~んとしたものが多いのかと勝手に思っていましたが、そうでもないのですね。新しい発見です。

椎茸さん

 いや、ほんと、「いちご」素晴らしいんですよ。もちろん「いちご」だけでなく、他の絵も素晴らしいんですよ。リアルよりもリアルなんです。写真がこれだけ普及しましたが、写真では写せない世界でも絵なら描けるんですよ。もちろん、そのためには、センスと腕が必要なんですが…。絵って素晴らしいです。

>ロールパンも見てみたいなと思いました。

 「ロールパン」も素晴らしいですよ。どうすれば、パステルであんな絵が描けるのか、実に不思議です。

 Yテノールさんがネットに上げていないかな…なんて思って探してみたら、なんと、ここにありました。
http://blogs.dion.ne.jp/kazuo_y_art/upload/detail/image/webE383ADE383BCE383ABE38391E383B3E38081E38391E382B9E38386E383AB-thumbnail2.jpg.html

 ううむ、この画像も悪くないけれど、現物はこの百倍ぐらい“グッ”ときます。でもまあ、ひとまず、クリックしてみそ。

遅くなりましたが、リンクありがとうございました!
ロールパンを堪能しました。すごい存在感でしたね。他のお作も素敵でした。
技術が高いのはもちろんのこと、「ロールパン描いてみよう」と思う感性が素敵なのだと思いました。

椎茸さん

 お誉めいただき、Yテノールさんに代わって、お礼申し上げます。ありがとうございます。

 そうそう、存在感がすごいんですよ。パソコンで見てもそうですが、現物は、もっともっと存在感がすごいんです。だから、絵は、やはり現物を見ないといけない、って、私思いましたもの。

>「ロールパン描いてみよう」と思う感性が素敵なのだと思いました。

 ああ、そうか。私はそこには気づきませんでしたが、言われてみれば、そうですよね。作品対象として、ロールパンをチョイスする感性も素晴らしいですよね。うむうむ、納得です。

実はこのエントリーが挙がった直後にネットギャラリーを拝見していたのですが…(いい時代ですね)
ギターやヴァイオリン、リコーダー等楽器がモチーフの静物画も素敵だと思いました。
楽器さん達がそこに居心地良さそうに収まっていて「いいなぁ!」って。
で、私は赤ちゃんの寝顔の素描がお気に入りになりましたよ。
絵は人柄が出ますね(歌も楽器演奏も…かな?)
………すとんさんもとりあえず一山越えたみたいなのでホッ=3として書き込みに参りました。

YOSHIEさん

>………すとんさんもとりあえず一山越えたみたいなのでホッ=3として書き込みに参りました。

 なんか、気をつかわせて申し訳ないです。でも、まあ、ご心配は無用で、私はすでに前を向いて、今度は違う山に登ってます(汗)。人生、山あり谷あり、です。楽しいですよ(笑)。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トイレに行きたくなるタイミング | トップページ | 未熟だけれど熱い演奏 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん