ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« レッスンもそろそろ限界…かな | トップページ | 声楽のレッスンを辞めました »

2012年6月13日 (水)

一発合格&音符負けしちゃダメだよ

 フルートのレッスンに行ってきました。

 実は、H先生にフルートを習い始めて、1年ちょっとが過ぎたわけですが、なんと、今回、始めて、一発で合格をいただきました~!! パチパチパチ~!

 はい、その曲は、ミニヨン・エチュードの12番です。これが宿題に出たのが先々週。で、先週は仕事の都合でレッスンを休んでしまったので、今回は12番を初めて先生の前で吹いたわけですが、先生がおっしゃるに「すごい、ちゃんと出来ています!」との事。ちゃんと音符どおり吹けているのは当然として、音楽的な解釈も合っているそうです。ちゃんとタメるところはタメているし、抜くところは抜けているそうです。アーティキュレーションも正しく吹けているし、テンポ設定はやや遅めだけれど、このくらいなら許容範囲なんだそうです。

 なんか、ベタボメされて、嘘みたい。

 「この曲を、初めてのレッスンで、これだけ吹けるようになるとは…あなたが、きちんと上達しているという事ですよ。…前の曲はだいぶ時間がかかったけれど(笑)」って言われました。まあ、11番には苦戦しましたが、その分、12番は一発合格ですからね。11番での苦労が、しっかり12番で花咲いた…と思うことにしました。

 あるいは、最近は声楽で苦労してますから…音楽の神様が、声楽でつらい思いをしている分、フルートで喜ばせてくれているのかもしれません。どっちにせよ、うれしいです。

 今まで、ドリル的なフレーズ(15課の練習課題のようなもの)は一発合格の経験がありますが、曲を一発合格した事は…H先生はおろか、笛先生の頃から、たぶん無かったと思います。曲はどうしても仕上がりまでに数週間かかっていましたが、今回の12番は一発合格だったんですよ。うれしいです。

 でも、一発合格だったので「次の曲に行っていいけれど、この曲(12番)も家に帰ったら、もう一回練習してね」と言われました。ふふ、でも合格だもんね。家で一回吹いたら、すぐに13番の練習をしようっと。

 で、次の宿題ですが、第15課の4章のEs-durのロングトーンと、1番「音階準備練習」です。それと、ミニヨン・エチュードは13番です。13番は、日本人なら誰もが苦手な9/8ですね。おまけに、なんか楽譜が黒いです。

 先生が13番の模範演奏をしてくださいました。

 「13番は楽譜が黒いし、スラーのみならず、タイもあっちこっちにあって、リズムがよく分かりません。十六分音符もたくさんあるし、なんか吹ける気がしません」と弱音を吐いたところ「12番を一発合格できる力が、今のあなたにはあるんですよ。13番もそんなに難しい曲ではありませんよ。音符負けしないで、ゆっくり丁寧に吹いてくれば、必ず吹けるようになります」と言われました。

 音符負け? そう、音符負けをしちゃダメだよって事です。

 音符負けと言うのは、譜面が黒かったり、旗の多い音符が並んでいると、それだけで「わあ~、難しそう」と思って、苦手意識を持ってしまい、気持ちが負けて演奏できなくなる事なんだそうです。

 「楽譜の黒さと音楽の難しさは全然違うんですよ」と先生はおっしゃいました。「音符の旗がたとえ多くても、曲全体の速さで、それらの音符の速さは変わるんですよ。だから、十六分音符が必ずしも速いわけじゃないですよ。曲のテンポがゆっくりとした十六分音符よりも、曲のテンポが速い四分音符の方が、実は速い音符だったりする事だってあるんです。それに、譜面上で簡単に見えても、吹いてみると、エラく難しい曲だってあるんです」と言って、先生はいきなり、ベートーヴェンの交響曲第7番第1楽章のヴィヴァーチェのフレーズを吹き始めました。「この曲なんて、譜面でみると、とても簡単そうに書いてありますが、実際に吹いてみると、実に吹きづらくて難しいんですよ」との事です。

 つまり、9/8とか、十六分音符とか、タイとか、スラーとか、アウフタクトとか、そんなのに負けないで、じっくりと曲に取り組んできなさいと言うことと、今の私なら、13番はちゃんと吹けるから、自信を持ちなさいってことなんです。

 まあ、たしかに、H先生に習うようになって、クラシックフルートの腕前はみるみると上達していると感じます。うん、うれしいです。

 声楽は(本番が近いのに)座礁中なので、せめてフルートぐらいは頑張ろうっと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« レッスンもそろそろ限界…かな | トップページ | 声楽のレッスンを辞めました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

1発合格、おめでとうございます(^^)
私まで嬉しくなりました♪

楽譜負け…かぁ。
私は楽譜の黒さよりも、♭とか♯の数に負けるタイプです 笑
5つ以上付くと、敵前逃亡したくなります。
単純に、訓練不足ですね~。頑張らねば☆

やこさん ありがとう。

>5つ以上付くと、敵前逃亡したくなります。

 そんな強敵、出会った事ない! 私的ルールでは『音楽で使って良いのは、#もbも三つまで』という取り決めがあります。なので、5つ? わけ分かりません。敵前逃亡どころか、きっとすぐに楽譜を閉じて、見なかったことにすると思います(笑)。

音符負け…coldsweats01 読んでて苦笑しちゃいました。
まさに「敵前逃亡」します、ワタクシ。

16分音符の嵐は、真っ黒い楽譜or毛深い音符、と言って忌み嫌いますが、、、
32分音符まで行くと、「速いはずがない、装飾の分解系か?」と理性が働きます。
不思議に、16分音符までは塊のイメージ(分散和音的な)で認識してしまうので(←絶対にやらないこと!です。)さらうのも嫌いです。 駄目じゃん (-_-;)

めいぷるさん

 毛深い音符…確かに毛深いかも(笑)。

 十六分音符を塊のイメージ…なんて持っていないので、ご安心ください。いやあ、読譜が苦手なので、律儀に一つ一つ確認する癖が付いてます。もっと、さらっと、それこそ初見である程度吹けるようになると“塊のイメージで…”なんて事になってくるのだと思いますが、私は、その世界に足を入れるにはまだまだ時間がかかりそうです。

 でも、八分音符とか、十六分音符とか、たまに三十二分音符とかが、連符になっていたり、タイでつながっていたりすると、絶望的な思いがします。こういう毛深い音符(笑)は速いだけでなく、リズムを複雑にするので…音符負けしちゃいます。

 はあ、もっと楽に楽譜を読めるようになりたいものだ…努力なしで(笑)。

こんばんは。
仕事おつかれさまです。
最近のブログ、心配でした。
でも1発合格うれしいですねっ!おめでとうございます(*^^*)♪
20番まであるエチュード、後ろの方になると 本当複雑に見えます(*_*)
またガリボルディさんは 指示が細かいし…
少しずつでも上達できるよう、地道にですね(>_<)
お忙しいと思いますが、体も心も少しでも休まりますように。

星花さん

 以前から思っていましたが、私って、ほんと、ストレスに弱い人間なんですね。今回はそれをきっちり思い知らされました。で、それだからこそ、音楽の神様は、ご褒美をくれたのだと思います。

 でも、あくまでご褒美であって…13番は、吹ける気がしません(爆)。ああ、やっぱり、12番一発合格は、ご褒美だったんだなあって、今、13番を練習しながら、ジリジリしてます。

>お忙しいと思いますが、体も心も少しでも休まりますように。

 ありがとうございます。今、仕事も趣味も正念場なので、カラダがつらいなんて文句言っている暇ないんですよ。気合と根性で頑張ります、昭和生まれの昭和育ちだもん(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッスンもそろそろ限界…かな | トップページ | 声楽のレッスンを辞めました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん