ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« よくぞこの年まで生きてこられた…[2012年5月第4週・通算17週] | トップページ | レッスンに行った事を後悔しています »

2012年5月28日 (月)

フルートは、本当は楽に吹ける楽器です

 …って事を、以前、笛先生が散々おっしゃってましたが、当時の私は「え?」って思ってました。当時の私は、フルートを吹いていても、いつも酸欠と戦っていましたし、息もロクに続かず、ロングトーンなんかやった日には、目まいがクラクラしていたような気がします。

 それが今では、実に楽に吹いてます。ロングトーンなんかも、何気にピャ~と吹いてまして、あんまり楽をしすぎて、お腹で息を支えるのを忘れてしまうくらい、楽に吹いてます。息も足りないよりも、余るくらいです。酸欠で苦しむのは以前と同様ですが、以前は息が足りなくなって、それで酸欠になってましたが、今は息が余ってしまって、息を吐ききれずに、それで酸欠になって苦しいです。

 変われば変わるものです。

 なんで、そんな事を思い出したのかと言うと、先日、某トランペット吹きの方が、フルートを吹きたいと言うので、私のフルートを貸してあげたら、力任せにフルートを吹き出し、ロクに音も鳴らせずに、酸欠でクラクラになって、へたり込んでしまったからです。

 で、フルートを返してくれる時に「フルートって、大変な楽器だね、吹いていて苦しいよ、よくこんなの吹いていて酸欠にならないね…」って言われました。その言葉を聞いて、初心者の頃を思い出したのです。

 初心者の頃は、本当にたくさんの息を使ってフルートを吹いていました。あまりにたくさんの息を使うものだから、すぐに息は足りなくなるは、酸欠になってしまうは、散々でした。

 本当はフルート演奏では、そんなにたくさんの息は使いません。息は、ごく少量の方向性のある息を、フルートの歌口のある一点に向けて、当ててあげれば、キレイに鳴ります。大切なのは、息の量ではなく、息を当てる場所であり、息を当てるスピードだったりします。場所が正確で、スピードも一定以上あれば、フルートはキレイに鳴ります。

 初心者の頃、フルートがうまく鳴らなかったり、息を多量に使って酸欠になったのも、息を当てる場所が不正確だし、息を細く出す事ができなかったので、スピードのある息を出すために、たくさんの息を一度に吐いていたからなんだと思います。で、そのために、息を大量に無駄遣いして酸欠で苦しむ…とね(笑)。

 そう言えば、最初の頃は、フルートを吹きながら、手が酸欠で冷たくなった事もあったね。それと、いつもいつも息をたくさん使っていたので、演奏も、フォルテがメインだったしね。それが今では、それなりに楽にフルートを吹けるようになったわけで、ああ、地味に上達しているなあって感じます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« よくぞこの年まで生きてこられた…[2012年5月第4週・通算17週] | トップページ | レッスンに行った事を後悔しています »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

息が足りるとは羨ましい!
( ̄▽ ̄;)

N響首席オーボエ茂木さんのエッセイで、
フルートは息が足りなくなる楽器、
オーボエは息が余ってしまう楽器、
という主旨のフレーズがあり、そういうものと思っていました。
( ̄~ ̄;)

私は、息が足りず、困っていました。
体育会系並みに走り込んで、肺活量を増やそう、
と思ったこと、ありません。
( ̄□ ̄;)!!

私が逃げ込んだのは、循環呼吸。
ちょっと練習したら、結構できるようになって、
( ̄ー+ ̄)

で、実際に使ったのは、、、、、
小学生相手のミニ演奏会で、
おじちゃんは、すっごく息が続くんだよー、と、
1分くらい、同じ音を吹く、というような、
ほとんど宴会芸、余興のノリでした。
(/_\;)

operazanokaijinnokaijinooさん

 いやいや『息が足りる』ってわけじゃないんですよ。比較の話で、昔よりも息が余るようになったと言う事です。もちろん、演奏していてブレスが足りなくなる事ってありますが、それはたいてい“計算間違い”で、ちゃんとブレスを残して吹こうと思えば、たいていは残るものです。問題は、息が残りすぎて、息が余って、それで酸欠になるんです。

 息ってのは、足りなくても、余っても、酸欠になるんですよぉ~(笑)。

 息が足りないのは、肺活量の問題ではないです。もし肺活量の問題なら、小柄な女性フルーティストなんて存在できないはずでしょ? でも、現実には、小柄で華奢な体格の女性フルーティストさんは、履いて捨てるほど(失礼)ご活躍しております。要は肺活量の問題ではなく、横隔膜のコントロールの問題だろうと思います。

 循環呼吸…魅力的ですね。これをマスターすると、永遠のロングトーンが可能なんですね。でも、ウチは、H先生が循環呼吸否定派なので、私が循環呼吸をマスターする事は…無いだろうなあ。ちょっとだけ、残念。

>すとんさん、ご無沙汰です。
Facebookに移行したのでブログは本日付けで解除しましたcoldsweats01
フルートのレッスンは月2回、まだ良い音色と音程を高めるのに苦労してます。
また、曲をCキーで暗譜して他のキーに移調して演奏するのに途惑っています。
これが難しいす。
どんなキーでも対応できないとライヴで通用しないそうです!。
とまぁ、近況です。

はっチャンさん

 そうですか、Facebookですか。あそこは原則本名登録なので、参加しているかどうかは内緒だし、うかつに余所様のところにも行けなくて、色々とヒヤヒヤです。まあ、昔のミクシィみたいなものかな?

>また、曲をCキーで暗譜して他のキーに移調して演奏するのに途惑っています。これが難しいす。

 そりゃあ難しいですよね。凄いことにチャレンジなされているんだなあ…。私には到底無理です。はっチャンさん、尊敬します。

 でも、確かに移調ぐらい簡単にできないと、ライブじゃ通用しないと言われれば、その通りかも。難しいでしょうが、ガンバってください。

良い記事ですね〜。体験談として生徒達に読んでもらいたいです。

声楽も習われていらっしゃるからじゃないでしょうか。発声もただ息を出せば良いというものでもないでしょうから、体の使い方が分かって来られたのでは?


素晴らしいですねhappy01

お喋り笛吹きさん お久しぶりです。

 なんか、誉められると、背中がこそばゆいです。

>発声もただ息を出せば良いというものでもないでしょうから、体の使い方が分かって来られたのでは?


 そうかもしれません。フルートと声楽、全く違った楽器のように思えますが、やはり色々な事が相互に私の中で影響しあっていると思います。使う楽器は違っても、演奏するのは同じ私という人間ですから。

 結局、根っこは一緒、って事なんだろうと思います。

はじめまして。
最近フルートを始めたばかりの者です。元々はサックスを吹いていたのですが、エアリードでの抵抗感の感覚が掴めずに…息の蛇口を全開コースで酸欠になっております。
すとんさんの日記は楽しくてとても参考になります。
ありがとうございます☆

JazzFlutePlanetさん、いらっしゃいませ。

 私のブログを読んでくださり、感謝です。その上、多少でもお役にたっているなら、作者冥利につきるというものです。うれしいなあ。読者さんの励ましが、ブログを書き続ける励みになります。頑張って、ブログ、書いていきますよぉ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よくぞこの年まで生きてこられた…[2012年5月第4週・通算17週] | トップページ | レッスンに行った事を後悔しています »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん