ひとこと

  •  まもなく7月になります。なんか今年も、もう半年が過ぎようとしているんだなあ…と思うと、ほんと、時の流れを速く感じます。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 社交ダンスなんて言うダンスは、この世に存在しません | トップページ | あきらめきれない“食の楽しみ”[2012年4月第4週・通算14週] »

2012年4月21日 (土)

カンロを入院させました

 ピンポンパールのように真ん丸なカンロです。松かさ病の心配があって心配していましたが、どうやら、尾びれの脇の部分が赤く出血して、少しウロコが浮いているみたい…なので、松かさ病かどうかは、その時点ではよく分かりませんでしたが、ひとまず入院させました。

 水槽から病院水槽に移す時は、網などは使わずに、金魚を手づかみにして移動するのですが(その方が魚体を傷つけない)、カンロはとてもヌルヌルしていました。金魚って体調が悪いとヌルヌルするので、カンロは元気に見えましたが、それなりに調子が悪かったのだと思います。とは言え、通常の病魚は、病院水槽に入れた途端に体中から、何やら悪いものを出しますが、カンロはそれほどでもありませんでした。まあ、悪いと言っても、さほどではないのかもしれません。

 ひとまず、塩と抗生物質が投与された(いつもの)病院水槽で、しばらく絶食治療を受けさせました。

 入院した当初のカンロの顔を見ると、明らかに不愉快そうでした。でもね、体表にキズがあって出血しているのは事実だし、少しは痩せないとダメだしね。しばらくはガマンしてほしいぞ。

 入院した翌日の事。夕方、入院水槽を見ると…カンロが転覆(!)してます。「えっ?」って感じです。そして、よく観察してみると、前日までとは違って、全身のウロコが逆立ってます。前日までは「マツカサ病かも…?」って状態でしたが、本日付けでマツカサ病決定です。しかし、入院して一日絶食しただけで、病気が悪化するわけ?

 ああ、カンロ、マツカサ病だよ。今までの子で、マツカサ病になって、生き残った子はいないんだよねえ。我が家では、マツカサ病は死の病なんだよねえ…。

 と言うわけで、このまま手をこまねいていても、カンロが死んじゃうだけなので、今回は新しい治療法を導入してみました。それは“ココア療法”です。

 え? “ココア療法って何? …それはですね。入院水槽の水に純ココアパウダーをぶち込む療法です。つまり、現在、入院水槽には、塩と抗生物質が投与されていますが、そこにココアも投与しちゃうわけです。

 塩と抗生物質は消毒、と言うか対雑菌対ウィルスのための薬剤ですが、ココアは…胃腸薬なんだそうです。動物って、胃腸の具合が悪くなっただけでも死に直面しちゃいますから、胃腸薬は大切です。

 で、ココアの効果なんですが…多少は良い影響があるみたいです。ココアを入れてから、カンロが転覆することは無くなりましたし、元気にもなってきたみたいです。やはり胃腸薬は大切なんですね。

 また、入院治療中はさすがに断食なのですが、入院五日目ぐらいで、さすがにお腹が減ったのか、沈殿しているココアを食べている様子なので、その日からエサを少量与える事にしました。やはり体力を温存させる事も大切ですからね。ただし普通のエサではなく、抗生物質の液に30分ほど浸したエサを与えました。つまり“飲み薬”って奴です(笑)。

 入院して約一週間の現在の状況は、カラダがパンパンに膨れ上がっている事は相変わらずですが、ウロコの毛羽立ちは、左半身はおさまりつつありますが、右半身はまだまだすごい状況です。カラダのヌルヌルはだいぶ治まってきました。『良くなっているのか、悪くなっているのか』というと、多少は良くなっている様な気がしますが、依然、危険な状況にあることは間違いありません。

 しかし、カンロ以上に巨大魚なのに、サクラは今日も元気です。サクラのあの元気さは異様とも言えるほどです(良い事です)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 社交ダンスなんて言うダンスは、この世に存在しません | トップページ | あきらめきれない“食の楽しみ”[2012年4月第4週・通算14週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

カンロちゃん、心配ですね。。

丸々してると見た目にはかわいいのでしょうけど、
病気の危険度が増して、怖いですね。

早く良くなりますように。

モナビーナスさん

 記事に書いてあるとおり、現在、予断を許さない状況です。良くなってくれるとよいのですが…。人も金魚も、太りすぎはよくないみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社交ダンスなんて言うダンスは、この世に存在しません | トップページ | あきらめきれない“食の楽しみ”[2012年4月第4週・通算14週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん