お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ダンスは一人で踊っているわけじゃない | トップページ | 水晶パワーをナメてはいけない[2012年4月第2週・通算12週] »

2012年4月 7日 (土)

エサを欲しがらない?

 そうなんです。そんな事があったんですよ。

 いつも、ウチの金魚たちはお腹をすかせています。ですから、彼らの楽しみはエサなんですよ。エサの時間が近づくと、何気にエサ場に集まりだしますし、人影が見えると「エサくれ、エサくれ」とアピールするんですが、ある日の事、それらの、エサねだり行動がなかったんですよ。変だなあ~、時間的にエサの時間なのに、欲しがらないなあと不思議に思ってました。

 そこで、エサの袋を水槽に近づけ「エサだよ~」と声をかけてみました。時々、昼寝とかをして、うっかりエサの時間を忘れている事があります。そんな時に、エサの袋をちらつかせると、あわててエサをねだるのが、いつもの事なんですが、この日は、それすらない…。

 金魚は変温動物ですから、水温が低くなると活動が鈍り、エサの食べる量も減ります。減るけれど、食べないと言う事はないんです。真冬であっても、それなりにはエサを食べるし、必ず欲しがるのです。しかし、なぜか今日はエサを欲しがらないのです。

 もちろん、エサ袋が見えないわけではないんです。人間の前をスーと泳いで行ったりしてます。つまり、エサ袋はきちんと確認しています。それなのに、軽く人を無視してます。

 「おい、エサだぞ。エサやるぞ」と声をかけても、シカト。え、一体、何があったわけ? 

 金魚というのは、胃が無いので、満腹感がない生き物で、だから食事直後以外は、いつも空腹なんです。ですから、際限なく食べてしまい、結果、肥満化したり、巨大化して、寿命を縮めてしまいがちな生き物なんですが、その慢性欠食症とも言える金魚たちが、揃いも揃ってエサを欲しがらない。一体、何があったのでしょうか?

 ちなみに、最近、猛烈な勢いでタニシの中味の入っていない殻が見つかります。ううむ、もしかすると、金魚たち、人が与えるエサよりも、タニシを食べる方がいいのか?

 欲しがらないのにあげても仕方がないので、その日は、エサやりを止めました。

 翌日からは、普通の食欲となっていました。ううむ、やはり、あの日は、何があったのでしょうか?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ダンスは一人で踊っているわけじゃない | トップページ | 水晶パワーをナメてはいけない[2012年4月第2週・通算12週] »

コメント

ううむ、地震が来るのかな?
不思議ですね。

おぷーさん

 地震ですか? 今の日本は、大小様々な地震が日常的に発生してますので、地震が来るのか、と言うか、もう来ているのかというべきか、なんか悩ましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダンスは一人で踊っているわけじゃない | トップページ | 水晶パワーをナメてはいけない[2012年4月第2週・通算12週] »

フォト
無料ブログはココログ