ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 劇団四季の「オペラ座の怪人」を見てきました | トップページ | 歌いたく…ないの? やっぱり踊りたいの? »

2012年4月 3日 (火)

高い音は…やっぱり筋肉つけないと、安定的に出せないんでしょうね

 声楽のレッスンを受けました。

 まずは恒例の打ち合わせから(笑)。ガラコンサートのチラシの打ち合わせと、ピアノ合わせの申込み用紙の打ち合わせと、歌劇団の「赤ずきんちゃん」の公演場所についての打ち合わせ等々を、ざっとしました。

 で、レッスンです。発声練習は軽くやって、コンコーネは省略して、今回は通し練習で、ガラコンサートで歌う4曲を本番の要領で歌ってみて、実際、時間がどれくらいかかるかを計測してみました。歌った結果、現状では15分をややオーバーしていますが、全体的にテンポが遅すぎた曲もありましたので、テンポを調整すれば、最終的にはなんとか15分に納めるというか、納めたいというか、まあ、何とか時間内に終えられるように、ちょっと色々と考えてみます、って感じになりました。

 ちなみに、一番長いのは、私のソロ曲である「The music of the night」でして、これだけで、5分半もあります。歌っている時は全然長さを感じませんが、時間を計測してみると…本当に長い曲だね。私は結構テンポアップしてサクサクと歌っていますので、5分半で収まってますが、実際の舞台などでは、たっぷり歌うので、6分オーバーのバージョンもあります。いやあ、曲自体が長いんだねえ…。

 まあ、歌の方は(テーマ曲である「The phantom of the opera」をバッサリとカットした事もあって)なんとか時間的にメドがたちました。そこで、次の懸念は衣裳です。

 私は二役歌うので、当然、途中で衣裳替えをしないといけません。クリスティーヌが「Think of me」を歌っている4分間の間に(陰歌を歌いながら)着替えられる範囲での衣裳替えをしないといけませんので、先生と色々と相談してみました。具体的な衣裳の内容は…本番の舞台をお楽しみに。ガラコンサート全体の兼ね合いもありますので、ミュージカルをやる私たちは、多少はラフな方向の衣裳で考えてます。あとは演技だな。

 演技の方は…「演奏会形式」であるので、その点を踏まえた演技をしたいと思ってます。

 で「The phantom of the opera」なんですが、この曲は元々、転調に転調をしていく曲なのですが、カットしてしまった事もあって、カットした箇所以降の調性がちょっと分かりづらくなってしまいました。妻と先生とで、色々と確認していました。ミュージカル曲って、結局、現代音楽なんで、調性も複雑だし、リズムも細かくて変則的だし、クラシック音楽的に言えば“反則技”や“禁則破り”もたくさんしているので、クラシック音楽に慣れた人には、一種独特な、イヤな難しさがあるんです。実はこういう曲って、見た目よりも厄介だったりします。…たぶん、クラシック一辺倒の人だと、ミュージカルの曲って、難しくて歌えないかもしれませんよぉ(いや、マジで)。

 レッスン帰りに「The phantom of the opera」の狂乱の場の歌唱について、妻と話しました。あの箇所はとても難しいので、妻は毎日のように練習しているのですが、練習の成果もあってか、難しい箇所が、段々、歌える気がしてきたそうです。もちろん、原曲よりも半音下げて、最高音をEsからDにした事も大きいのですが、それよりも何よりも、妻自身のカラダが高音に対応してきたそうです。ほんの一年前まではアルトを歌っていた人(だって去年の発表会じゃ“カルメン”を歌っていたのよ)で、最近になってから、ソプラノ修行を真面目に始めたところなんですが、きちんと練習していけばいくほど、高音を出しやすいカラダになってきたそうです。

 やっぱり、声って、筋肉で出すんですよね。だから、毎日歌っていると、カラダが出来上がってきて、高い声も出しやすくなってくるんだろうと思います。

 私も毎日毎日、Asを出して、本番でコケないようにしますよ、もちろん。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 劇団四季の「オペラ座の怪人」を見てきました | トップページ | 歌いたく…ないの? やっぱり踊りたいの? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 劇団四季の「オペラ座の怪人」を見てきました | トップページ | 歌いたく…ないの? やっぱり踊りたいの? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん