ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« パワーストーンについて調べてみた | トップページ | 音楽を学んできてよかった事 »

2012年3月 5日 (月)

メトのライブビューイングで「神々の黄昏」を見てきました

 まだ体調はきちんと回復していませんでしたが、メトのライブビューイングで「神々の黄昏」を上映するので、見に行ってきました。

 「神々の黄昏」…約5時間半の上映時間です。しかも、休憩はたったの2回、最初が15分で次が10分。後はひたすらオペラを見続ける5時間半です。ま、それでも当初の予定では6時間半の予定でしたから、1時間も短くなった(おそらく、休憩時間を大幅カットしたのでしょう)のですが…。

 たかがオペラ一本なのに、5時間越えですからねえ。病み上がりでヘロヘロなのに、大丈夫か…という不安はありました。見ているうちに気分が悪くならないか、睡魔に襲われないか、せっかく良くなりつつある体調がダメになりやしないか。色々と不安を抱えながら見に行ったんですよ。

 ところが、始まってしまったら、その心配が杞憂だという事に気がつきました。なにしろ、5時間半なんて、あっと言う間だったんです。

 最初にブルームバームのコマーシャルが始まって(メトのライブビューイングは必ずブルームバームのCMから始まるんですね)、オケピに指揮者が現れたかと思うと、すぐに休憩になりました。…この間に、最初の2時間が過ぎたのですが、「え? さっき始まったばかりなのに…」って感じだったんです。

 そうなんです。映画で言えば、すでに一本見終えている時間が経過しているにも関わらず、感覚的には「え? もう休憩?」って感じだったんです。これは、この後もずっと同じでした。オペラに夢中になってしまい、ふと気がつくと“休憩”って感じなんです。5時間半の上映時間って、本当は絶対に長いはずなんですが、ちっとも長さを感じませんでした。あっと言う間の5時間半。

 それが「神々の黄昏」というオペラを見るという体験なんです。

 とにかくメトの上演そのものにしても、「アレが良い」とか「コレはちょっと…」などと言っている次元ではなく、オペラが上演している最中は、ただひたすら“ワーグナーの毒”に酔いしれるだけなんです。

 「ニーベルングの指輪」では、世間的には「ワルキューレ」が有名ですが、私個人は「ワルキューレ」も捨てがたいけれど、やはりベストは「神々の黄昏」だと思います。「神々の黄昏」は、リングの中でのベストのみならず、ワーグナー作品の中でもカナメ的な作品です。とにかく、始まったら、グイグイとオペラに引き込まれます。もう、批判的な鑑賞なんて出来ません。ただ、魂がワーグナーに持って行かれるだけの話です。

 とにかく…良かったです。舞台を直接見ると、また感想が違うかもしれませんが、少なくとも、ライブビューイングで見る限り、穴のない配役でした。特に、前回の「ジークフリード」に引き続き、テノールのモリスの素晴らしさと言ったら、言葉にし尽くせないほどです。

 毎回、気になる巨大マシンを使用した演出ですが、今回だって、冷静に見れば、色々と文句も付けたくなるレベルの演出だったと思います(それでも“ラインの黄金”の時から比べれば、だいぶ工夫はされてきたと思うし、少なくとも歌手をワイヤーでぶら下げるを止めただけでも称賛に値します)が、「神々の黄昏」というオペラそのものの素晴らしさのおかげで、演出に違和感を感じても「演出なんて、どーでもいい。ただ、この音楽さえあれば、それでいい」という気分になります。

 そうそう、グンターの妹である、グートルーネの名前の意味が「良いルーネ文字」という意味だった事に、今回始めて気がつきました。つまり、神性を失ったブリュンヒルデから夫を奪ったものは「良いルーネ文字(ルーネ文字は神々が使う文字)」だったわけで、これまた大きな皮肉だったわけです。…知らなかったなあ。

 指揮はファビオ・ルイージでした。当初の予定ではレヴァインだったはずですが、いつのまにかレヴァインはいないもの…という扱いになってます。メトにおけるレヴァイン時代は…終わったのかな?

 今回のライブビューイングを、私は横浜で見たのですが、普段のライブビューイングでは映画館の半分も埋まらない程度の入りしかない横浜ですが、今回の「神々の黄昏」はほぼ満席状態となり、座席の8割ほど埋まってました。すごい、大入りな気分です。これもおそらくは、前作の「ジークフリード」の素晴らしさのおかげで、人々の足を「神々の黄昏」に向かわせたのだと思います。「ジークフリード」は良いプロダクションでしたが、今回の「神々の黄昏」はそれ以上のプロダクションです。「ジークフリード」に満足した方は、きっと、あの時以上の満足が得られると思います。

 上映時間は確かに長いですが、見始めたら、全然気になりません。「前の三作なんて、全然見てないんだよ」いう人でも、ストーリー的には、このオペラだけを単独で見ても十分に楽しめます。

 ワーグナーの毒を骨の髄まで楽しみたいなら、躊躇せずに「神々の黄昏」 をぜひご覧ください。

 しかし、これほど評判の良いモリス君ですが、来年のライブビューイングには登場予定がないんですね。ううむ、残念。私は彼が歌うプッチーニ作品を見てみたいです。きっと、素晴らしいよ。

 メトのライブビューイングの公式ホームページはこちらです。まだ「神々の黄昏」は見れますよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« パワーストーンについて調べてみた | トップページ | 音楽を学んできてよかった事 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーストーンについて調べてみた | トップページ | 音楽を学んできてよかった事 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん