ひとこと

  •  最近の報道では、モンゴルの方々の間で“星の回し合い”というのがあったとかなかったとか…が話題になっています。本当かな? だとしたら、貴乃花の引退以来、14年間も日本人横綱の不在…っうか、モンゴル人の横綱占拠も分からないでもないけれど…なあ。ちなみに、外国人横綱というと、モンゴル以前にハワイ勢の曙と武蔵丸がいたけれど、彼らは二人とも日本人に帰化しているけれど、モンゴルの横綱は現在まで4人いるけれど、誰一人日本人に帰化していないんだよね。ほんと、モンゴル人って、愛国心が豊かで、仲間思いで友情にあつい人々なんだろうね。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 今週は二回、レッスンを受けました | トップページ | 私が考える“老化”現象[2012年2月第3週・通算6週] »

2012年2月18日 (土)

サクラとカンロの覇権争い?

 傷だらけのサクラの話(こちらです)の続きです。今だに生傷がたえないサクラですが、最近はカンロにも生傷が目立つようになってきました。

 でも、この二匹、傷がある場所が違うのですよ。サクラは主に腹部に傷が集中しているのですが、カンロは背中側に傷が集中しているのです。どうした事でしょうか?

 普段の我が家の水槽って、実に平和なんですよ。平穏無事。それは大人しいもんです。

 実は最近、金魚のエサは妻があげています。以前は私があげていたのですが、私の仕事の帰りが遅くなってきたあたりから、妻がやるようになりました。なので、実は私、金魚たちの食事シーンを見ることがめっきり減ってました。

 で、先日、めずらしく早く帰宅でき、金魚のエサやりの時間に間に合ったので、久し振りにエサをあげてみました。

 エサを水槽に入れたら…それまで、のほほんとしていた金魚たちが色めき立ちました。まあ、この事自体は、珍しくもなんともないのですが…。

 水槽にエサを入れる時、エサ場付近には、普段はニシキとかヒーチャンなどがいますから、まずはこの子たちが最初の一口を食べるわけです。で、その後にカンロが慌ててやって来てエサをパクつきます。

 そして、水槽の奥から、のそ~~っとした感じでサクラがやってきます。サクラはカラダがデカいですからね、彼女がやってきてエサを食べ始めると、それ以外の三匹は自動的に追い出されます。いや、サクラ自身に彼らを追い出す意志はなくとも、カラダが大きいために、彼女がエサ場にやってくるだけで、他の子たちはエサ場から押し出されてしまいます。抵抗なんて無駄な事です。で、サクラはベストポジションをキープすると、まるで掃除機でそこらのゴミを吸い取るように、あたり一面のエサを一度に食べてしまいます。

 当然、エサはあっと言う間になくなってしまいます。

 そこで怒り心頭するのが、カンロなんです。サクラがエサを食べ始め、自分たちが追い出されると、自分もエサを食べたいのでしょうね。水槽の底の方から、上にいるサクラに向かって、いきなり突進して体当たりするんです。サクラに体当たりをして、エサ場からどかして、自分もエサを食べようという魂胆なんです。だから、何度も何度も体当たりをします。

 サクラの腹部の生傷と、カンロの背中の生傷は、このカンロの体当たりで出来た傷のようなんです。

 そんな必死なカンロの体当たりですが、悲しいかな、極端な体格差の前では、あれだけ勇猛果敢な体当たりをしても、カラダの小さなカンロでは、巨大魚サクラを追い出す事できません。やがて、サクラがエサを食べ終わり、エサ場があいて、ようやく他の子たちの順番がまわってくるのですが…その時にはたいてい、何もなかったりします。

 だから、この子たちは大きくならないのか!

 サクラには悪気はないんでしょうね。ただ、この子は昔からKYな部分がありますから、何も考えずに、あるだけのエサを目一杯食べているだけなんだと思います。金魚ですから、他の子たちのエサの事を考えるわけもなく、もちろん遠慮も配慮もなく、ただ本能の命ずるままに「お腹減った」->「エサがある」->「食べちゃえ」なんだと思います。たぶんそれだけ、本当にそれだけだと思います。

 一方カンロは、たぶん大きくなりたいんだろうね。それもできるだけ早く! さっさ大きくなって、サクラよりも立派になって、水槽の親分になりたいのかもしれない。

 エサを食べられなかった三匹は、やむをえず(?)水草をむしって食べます。なので、水草の減りが速い事速い事…。だからと言って、エサの量を増やすと、またこの子たちが馬鹿みたいに大きくなるだけだし、金魚ってあんまり大きくなると、健康被害が出て死んじゃうんだよねえ。本当は、小さく長く育てたいのになあ…。

 金魚の飼育も難しいものです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 今週は二回、レッスンを受けました | トップページ | 私が考える“老化”現象[2012年2月第3週・通算6週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

30年以上前ですが金魚を飼っていました。そのときはわざとエサをばらまいて入れ、金魚たちが探し回らねばならないようにしました。食い物にありつきたければ動け・・・と
エサはデカにもチビにも行き渡ります。

河童さん

 エサをばらまく…それはおもしろい手ですね。しかし、ウチの場合は、水槽の電灯を外して、フタを開けないとそれはできません。…んん、私がエサやり係なら、毎日のことだし、ちょっと面倒くさいなあと思いますが(失礼)、幸い、現在のエサやり係は妻なので、彼女に相談してみます。

 ただ、エサをばらまくと、金魚たちがエサを見つけて食べる前に、エサが全部、ポンプに吸われてしまう恐れもないわけじゃないです。結構、ウチではポンプが良い仕事をしているんですよ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週は二回、レッスンを受けました | トップページ | 私が考える“老化”現象[2012年2月第3週・通算6週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん