ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« なんと、丸々一カ月ほど、練習をさぼってしまいました | トップページ | そんなにたくさんは、頭にもカラダにも入りません »

2012年1月10日 (火)

オペラ『魔法の笛』は『魔笛』とは、ちょっと違うオペラ…かもしれません

 年末に見に行ったコンサートの話になります。

 もう、だいぶ時期が過ぎてしまったので、オクラにしてもいい話なのですが、おもしろかったコンサートだったので、やはり記録として残しておきたいと思って、アップしておきます。

 オペラを見に行きました。演目は、モーツァルト作曲の『魔笛』です。もっとも“子どものためのオペラ”という副題がついてまして、オリジナルそのものの『魔笛』ではなく一部を変更してるので、タイトルも『魔法の笛』と変更されていました。

 その変更されっぷりがおもしろかったので、ここに書いておきます。

 まず、オーケストラの規模がかなり小編成になっていました。今回のオペラのオーケストラは、ピアノ、クラリネット、フルート、チェロ、ヴァイオリン、グロッケンシュピールが各一人ずつです。ね、おもしろいでしょ。指揮者もいないんですよ(笑)。ちなみに、この日のコンサートは二部構成で、オペラは第一部だったのですが、第二部は普通にフルオーケストラが出演していましたから、この『魔法の笛』のオーケストラの楽器編成は、意図的にこのような編成になっていると考えるべきなんでしょうね。

 歌手もおもしろかったですよ。まず、男声歌手はパパゲーノ一人です。タミーノもザラストロもモノスタトスもいないんです。さらに言うと、パパゲーノはテノールです(!)。ね、おもしろいでしょ(笑)。女声歌手はパパゲーナとパミーナと魔法の国の女王(夜の女王のつもりのようです)と侍女(一人のみ)の合わせて4人。それにモノスタトスの手下(どうやら悪の親玉はモノスタトスという事になっているようです。でもモノスタトスは出てきません:笑)という役で、少年少女たちが参加しています。

 ストーリーもおもしろかったです。主役は、パパゲーノとパパゲーナです。そうです、パパゲーナが最初から最後まで出演しているんですよ。出演しているどころか、主役級の大活躍なんです。もう、驚きですね。

 ストーリーそのものをかい摘んで紹介すると…

 鳥を捕まえに森の中を散策していたパパゲーノが大蛇に襲われて気を失ってしまいます。そこにたまたま通り掛かった魔法の国の女王が大蛇をやっつけて、パパゲーノを救うのですが、救い出したままパパゲーノを放置。そこへパパゲーナがやってきて、倒れているパパゲーノと大蛇を発見し、パパゲーノを起こして「あなたがこの大蛇を倒したのね、素晴らしいわ~」と言います。恋人の手前、なんとなくカッコ付けて「そうさ、オレサマがこの大蛇をやっつけたのさ」なんて言ったものだから、脇から魔法の国の女王が現れて、この大蛇を倒したの私であって、お前は嘘つきだと言って、パパゲーノの口に鍵をかけてしまいます。

 鍵をかけられて困っているパパゲーノを見て、かわいそうに思ったパパゲーナは、なんとかこの鍵を外してもらえないだろうかと女王にお願いします。そこで女王は、悪人モノスタトスにさらわれた自分の娘の王女パミーナを助け出してくれるなら、その鍵を外しても良いだろうと言いました。モノスタトスは強敵で、つい先日も王子タミーノが救出に向かったのだけれど、彼はやられてしまったと言いました。そんな強敵だけれど、可哀相なパパゲーノの姿を見たパパゲーナはパパゲーノと二人で力を合わせて、パミーナ姫を救出することを女王に約束し、パパゲーノは口の鍵を外してもらい、対モノスタトス用の武器として、魔法の笛と魔法の鈴の二つを手渡されます。それどころか、パミーナ姫を助けたら、魔法の国に住んでも良いとまでおっしゃいます。

 この女王の言葉に喜んだ、パパゲーノとパパゲーナは、意気揚々とモノスタトスの城にやっていき、笛と鈴の力で、あっさりとパミーナ姫を救出しちゃいます。

 パミーナ姫を女王に引き渡したパパゲーノは、魔法の国での永住権を獲るための最終審査として“沈黙の行”を命ぜられます。その沈黙の行を試すために、パパゲーナは女王の魔法で老婆になって、パパゲーノにちょっかいを出します。パパゲーナをさがすパパゲーノ。老婆の姿になってパパゲーノにまとわりつくパパゲーナ。やがて女王の魔法も解け、パパゲーナは元の若い娘の姿に戻ります。めでたく再会した二人は、たくさんの小さなパパゲーノとパパゲーナに囲まれて幸せに暮らしました。

 …というストーリーでした。え、なんか、あらすじ紹介に矛盾がある? それは私のせいじゃなくて『魔法の笛』というオペラそのもののストーリーにあっちこっち矛盾があるわけです(笑)。特に後半のストーリーはグチャグチャなのよ(爆)。

 とにかく、乱暴なカットと言ってしまえば、乱暴なカットがされていますが、元々オリジナルの『魔笛』だって、滑稽でナンセンスなオペラだし、これはこれでアリかなって思いました。とにかく、色々な意味でおもしろい室内オペラでした。

 あ、もちろん、日本語で上演してましたよ。

 オペラと銘打ってますが、アリアはとらわれのパミーナ姫が歌った一曲だけで、夜の女王のアリアもなければ、パパゲーノの愉快な歌もありませんでした。音楽そのものは、二重唱三重唱が中心(タミーノのパートをパミーナが歌ってました)で、合間合間にパパゲーノの一人語りをはさんで、サクサクとストーリーが展開していきます。だって、これだけのストーリーなのに、小一時間で上演しちゃうんですよね。すごいでしょ。

 なかなか見れるオペラじゃないし、絶対にDVDとかCDとかで発売されているわけもないので、それこそ一期一会の貴重な体験でした。ちゃんちゃん。

 ちなみに音楽会の第二部は、モーツァルト作曲「戴冠ミサ曲」でした。フルオーケストラとソロ歌手と大合唱団による演奏(オケとソロはプロ、合唱は臨時編成のアマ)で、第一部のチープな感じとは打って変わって、こちらはゴージャスでございました。

 合唱団は大合唱団だったけれど、音量とか迫力とかは…正直物足りなかったです。もしも私がこの合唱団にいたら…浮くなあ、きっと。かと言って、ソロはできないし、なんか私は中途半端な歌手だなあ…って感じました。

 ああ、無情。

« なんと、丸々一カ月ほど、練習をさぼってしまいました | トップページ | そんなにたくさんは、頭にもカラダにも入りません »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんと、丸々一カ月ほど、練習をさぼってしまいました | トップページ | そんなにたくさんは、頭にもカラダにも入りません »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん