ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 肉食系女子と草食系男子と見合い結婚[2012年1月第2週・通算1週](今年はここから) | トップページ | 体調管理はしっかりと »

2012年1月16日 (月)

フルバヨのアンサンブル会に行きました

 フルバヨとは、フルートとヴァイオリンの事で、そのアンサンブル会とは文字通り、フルートの人とヴァイオリンの人が集まって、一緒にアンサンブルをしましょうって会のことです。笛先生がいらっしゃった頃は、よく笛先生とヒイロ先生が共同で企画してくれた“アレ”のようなものです。もっとも、今回、私が参加したのは“おとばよ”系の方が主催してくださったもので、笛先生のジャズ系のアンサンブルではなく、おそらく“おとばよ”寄りの企画ではなかったかなって思います。あ、“おとばよ”と言うのは“大人からバイオリン”コミュの方々が主催する、初心者向けのヴァイオリンのアンサンブル会の事です。

 今回、フルバヨアンサンブル会が立ち上がったので、その第1回目のオフに、さっそく参加してきたわけです。だから、私は、一応…創立メンバー?って奴になるのかな?(ちょっと違うか?:笑)。

 実は私、日本各地で行われている“おとばよ”のアンサンブル会には、以前から参加したかったのですが、場所や日時の都合がつかず、ずっと見送っていたのですが、今回のフルバヨの会は、たまたま色々な都合がついたので、思い切って参加したってわけです。もちろん、私はフルーティストではなく、ヴァイオリニストとして参加です。えっへん!

 いやあ、フルートはきちんと毎週レッスンに行っているし、フルートのアンサンブルって、あまり魅力を感じない(ごめんなさい)のですが、ヴァイオリンって、本来的にオーケストラを見ても分かる通り、群になって演奏する楽器じゃないですか。やはり、ヴァイオリンを学ぶのだから、やっぱり群に入って演奏するって経験は必要だと思うですよ。それに最近、私のヴァイオリンのモチベーションも下がっている(涙)事だし、ここらで一発、キッキングしないとねえ~ってわけで、ヴァイオリニストすとんとして参加してきました。

 フルバヨで使用する楽譜は、スズキの1巻と2巻です。スズキ? はい、そうです。ヴァイオリンの教則本である「鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集」の事でございます。つまり『みんなでヴァイオリンの教則本に載っている曲を片っ端から演奏しちゃおう』という企画で、フルートの参加も可だけれど、やっぱりヴァイオリン寄りのアンサンブル会でございました(だから、ヴァイオリニストとして参加したんです)。

 参加メンバーも2/3はヴァイオリニストさん(どうやら大半が顔見知りのようです)で、残りの半分がヴァイオリンとフルートの両刀遣いの方(私はこのジャンルの人ですね)で、その残りがフルートオンリーの方と言う内訳でした。フルートは少数民族でございました。

 ま、使っている楽譜はスズキなので、どの曲も♯系の曲ばかりで、フルートにはあまりやさしくなかったかな? 一応、フルート用の曲も一曲用意されていた(「赤とんぼ」でしたが、フルート用の曲はやっぱりフルートで吹くと吹きやすいです)けれど、今後の課題としては、もう少しフルートに配慮して、C-durとかフラット系の曲もあるといいかなって思います(エラそうでごめんなさい)。…ってか、フルートアンサンブルの曲をみんなで演奏してもいいかも? あ、そうすると、今度はヴァイオリンが難しくなるかな? だって、フルート用の楽譜でヴァイオリンを弾こうとすると、どうしても第3ポジションとかそれ以上の高いポジションを使わないといけないからねえ…。

 まあ、フルートとヴァイオリンのアンサンブルって、簡単そうで、実は色々と難しいんですね。ま、それはすでに私の場合、笛先生のところで経験済みですが…。

 会場は銀座のこじんまりとしたジャズバーを貸し切って行いました。へえー、銀座にもジャズバーがあるんだねえ…。

 アンサンブル会は、本当にアンサンブルを楽しむ会で、練習時間とかは特に無くって、とにかく教則本の曲を次々にガンガン合わせていくというやり方で、1~2回通したら、すぐに次の曲って感じで、実に初見演奏力が試されるアンサンブル会でした。練習をして、じっくり曲を作っていくのが好きという人には向かないかもね。私は笛先生のところで、こういう形式のアンサンブル会によく参加していたので『質より量』を求める演奏って、実は大好きだったりします(笑)。もっとも、使っている楽譜はスズキなので、スズキでヴァイオリンを学んだ人にとっては、初見でもなんでもないんですけれど…。私は、ふだんは篠崎を使っているので、当然、初見でございました。フルートの人も、もちろんスズキは初めて見るわけですから、初見ですね。

 とにかく、主催者さんのリードで、ガンガン合わせていきます。オフの時間は4時間ほどでしたが、たまに短い休憩時間は入りましたが、それ以外の時間は、特におしゃべりもせず、ほとんど演奏していました。たぶん、あれだけ長い時間ヴァイオリンを弾くなんて、私にとって、始めての経験だったと思います。

 私は「この曲はフルートだけで演奏してください」って言われない限り、基本的にずっとヴァイオリンを弾いてました。で、フルートの出番の時と、短い休憩時間の時だけ、フルートを吹きました。ほら、だって、ヴァイオリンの練習のために参加したオフだから、ヴァイオリンを弾かないとモッタイナイでしょ。

 しかし、初心者向けのアンサンブルとは言いながら、参加メンバーには上手な方もたくさんいらっしゃいました…と言うか、そういう人がいないまま、本当に初心者だけでアンサンブルをやったら、そりゃあ、アンサンブルとして成り立たないよね(笑)。フルートにはプロ奏者の方が混ざっていたし、ヴァイオリンはプロの方はいらっしゃいませんでしたが、すっごく上手な方が数名いらっしゃいました。私なんかは『まだまだだなあ…』って思っちゃいました(当たり前か)。

 アンサンブル会自体の感想は…楽しかったですよ。すごく楽しかった。

 でもね、アンサンブルって、自分がきちんと演奏できなくても演奏できた気分になってしまうので、危険だなあって思いました。自分の腕前上達のためには、この種のアンサンブルに通うのではなく、真面目&地味にじっくりと孤独に練習を重ねる事が大切だなって思いました。もちろん、おとばよ系のアンサンブルではなく、アンサンブル団体として活動しているようなトコロ(アマオケなどですね)は、また話が別だと思いますが…。

 私がなんとかついて行けたのは、1巻の真ん中あたりまでで、1巻も後半になると、だいぶ怪しくなったし、2巻の曲は弾けていない方が多かったくらいで、これをアンサンブルでなくソロで演奏していたら、そうとう凹んでしまう状況ですが、アンサンブルだと、自分が弾けなくても、周りが弾いてくれるので、なんか自分が弾けたような気がするんだよねえ、これって危険だな。罠だよ、罠。気をつけないと…。

 さて、アンサンブル会は、オフ終了後に宴会があったそうだけれど、私はそんな事を露とも考えなかったので、オフが終わったら、妻と映画に行く約束をしていましたので、宴会に出ずにさっさと帰っちゃいました。ううむ、せっかく新しい人たちと出会えたのだから、宴会にも顔を出したかったなあ…とちょっぴり思いました。まあ、また次の機会があるか(笑)。

 帰りに、一緒に演奏してもらったフルート奏者の方の最新CDを、自分へのお土産として買って帰りました。日本の曲を演奏されたCDで、いい感じでした。

 アンサンブル会の時に『この会の事をブログに書きますよ~』って許可を皆さんにもらうのを忘れちゃったので、なんか色々と書けない事があるけれど、今回のアンサンブル会、私はとても楽しかったです。変な音ばかり出して、アンサンブル会の方々にはご迷惑をおかけしたかもしれませんが、そこは勘弁してください。それと、こんなステキな会を主催してくださった主催者さんに感謝感謝でございます。

蛇足 しかし、皆さん、ご立派なヴァイオリンをお持ちでした。おそらく、最安値なヴァイオリンは私の楽器でしょうね。なにしろ、弓と楽器で合わせて7000円だもん。安さ爆発だね。でも、そんな楽器でもアンサンブル会には参加できたわけで、まあまあだな。

« 肉食系女子と草食系男子と見合い結婚[2012年1月第2週・通算1週](今年はここから) | トップページ | 体調管理はしっかりと »

ヴァイオリンのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさんとはホントに共通点がいっぱいです。
ジェネレーションもわりと同じっぽいですね。

我が家でも今週末フルバヨやります。
フルは私ひとりだけ。
ヴァイオリンは夫、山野楽器の仲間たち。
ピアノニストは初参加者が対応できれば生で、
ちょっと無理かな~の場合は電子ピアノが愛想なく参加する予定。

曲は「歌の翼に 幻想曲」でドレミ出版のものです。

わかさん

 確かにジェネレーションもフルートの腕前も似たような感じみたいですね(笑)。友人招いて、アンサンブルできると言うのは、ちょっとうらやましいなあ。家も新築だし。

>曲は「歌の翼に 幻想曲」でドレミ出版のものです。

 ちゃんアレンジされたアンサンブル曲でなく、こういう旋律一本の曲を、斉唱ならぬユニゾンで演奏しちゃうアンサンブルって、やってみると楽しいんです。それに、万が一の時は電子ピアノが対応って…それは素敵ですね。

 楽しそうな週末ですな。私の週末も楽しい事が多いけれど、わかさんのようなお楽しみはちょっと無いです。ウチも、妻が何かの楽器ができればいいんだけれど…。ザッフーンを購入したのはいいけれど、最近は、全然練習してないみたいだし…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉食系女子と草食系男子と見合い結婚[2012年1月第2週・通算1週](今年はここから) | トップページ | 体調管理はしっかりと »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん