ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 社交ダンスと、ボールルームダンスと、競技ダンスと、スポーツダンスと… | トップページ | 篠崎さんには内緒で、鈴木さんとおつきあい始めます…って、これって浮気? »

2012年1月24日 (火)

カンポジで行こう!

 声楽のレッスンに行ってきました。前回のレッスンがグダグダだったので、今回はレッスンに行くのに、ほんのちょっとだけ備えてみました。何を備えたのかって? それは、声を備えてみました(笑)。具体的に言うと…前日と当日は一切歌わずにレッスンに備えてみました。

 今までは…一応、自宅練習は毎日やってますが…レッスン前日は気合を入れて、念入りに練習していましたし、当日も発声練習をしてからレッスンに臨むようにしていましたが、今回は声の消耗を考えて、前日から歌声をセーブしてみたんです。

 つまり、私にとって、モーツァルトのアリア「Dalla sua pace la mia dipende/彼女こそ私の宝」って、それくらいの準備が必要なくらい、一気に声を消耗してしまう曲ので、下手に前日、歌ってしまうと、レッスンの分の声が残っていない…ってわけなんですよ。

 さて、レッスンです。まず軽く発声練習をしました。今回は高いAに声を当てていくという練習をしました。前回はGのロングトーンで、今回はAを当てていく練習で、なんでそんな練習をしているのかと言うと…ファントムにはAsのロングトーンがあるからです。そのために、半音上のAを当てたり、半音下のGを伸ばしてみたりと、色々とやっているわけです。

 次はコンコーネです。1~5番を通して、自分のテンポとタイミングで歌うという練習をしました。

 歌い終わって、先生からのアドヴァイスは…3番まではまあまあ、4番で疲れが見え始めて、5番でアウト。なぜ、一気に歌ってしまうかな? 一曲歌い終えるたびに、しっかり気分を変えていこう。テンポや表情を曲ごとにしっかりと変えていこう。そして、曲間ではしっかりと休もう。今のは立て続けに、ダダダダ~と歌い飛ばしたけれど、そういう歌い方では、長い歌は歌えないので、自分のバテ具合も計算に入れましょう…って事です。

 あせらずに、自分のペースで、一つ一つの曲を丁寧に歌っていきましょうって事です。

 で、モーツァルト「Dalla sua pace la mia dipende/彼女こそ私の宝」です。こちらは歌う前に「声は当てるだけでいいよ。ロングトーンの時に何かしようとか、そういう余計な事は一切考えなくていいから、とにかく声を軽く軽く当てていくように歌ってください」とアドヴァイスをもらってから、歌い始めてみました。

 途中、何度か小さなトラブルはあったものの、最後まで歌が通りました。

 モーツァルトは歌っていて、かなりキツいです。バテてしまいます。この“バテる”の正体は“息があがってしまう”事であり、なぜ息があがってしまうのかと言うと“ポジション”が下がってしまうからです。

 ポジションが下がっているのに、無理に高い声を出そうとすると、息が上がってしまうわけで、息が上がっているのに、無理に歌おうとするから、バテてしまうわけです…とまあ、そんなわけです。

 だから、バテないためには、息が上がらないようにする事が大切で、そのためにはポジションを下げない事が大切だし、もし下がってしまった場合は、常にチャンスを捕まえて、ポジションを上げていかないといけません。ポジションを上げると言っても、歌っている最中にポジションを上げる事は無理なので、休符のたびにポジションの確認をして、必要を感じたらポジションをしっかり上げて、ついでにカラダのあっちこっちに無駄に入った力を抜いて…なんて事が上手にできれば、何とか最後まで通せるわけです。

 つまり、合唱ではよく“カンブレ”というのをやりますが、声楽の時は同じような感じで“カンポジ”をやればいいだけの話です。あ、“カンポジ”と言うのは私すとんの造語ですので、世間には一切通用いたしません(笑)ので、よろしく。

 合唱でよく使う“カンブレ”というのは、カンニングブレスの事で、ブレスを絶対にしちゃいけない箇所を歌っている時に、息が足りなくなってどうにもならなくなったら使うテクニックです…って言っても大したテクではなく“他の人が絶対にブレスしないところで、目立たないように自分だけブレスする”という手口です。みんながバラバラのところでブレスをして歌い継いでいくと、パート的にロングブレスで歌っているのと同じ効果が得られるわけです。もちろん、こんなやり方は声楽では使えません(だって、一人きりで歌っているので、どこでブレスをしたかは丸分かりですからね)。

 私の造語である“カンポジ”とは『カンニングポジション直し』の事で、これは目立たないように、ポジションを直しちゃうことです。具体的には、休符の箇所で、目立たないように軽く、首を廻してみるとか肩をまわしてみるとの脱力をしてみたり、上にあがってしまった喉仏(外見的には見えませんが、触れば分かる程度のものは私にもあります:笑)を手やアゴで強制的に下げてみたり、肩があがっている事もあるので、それも下げてみたり、横隔膜もグンと下に張り直してみたり…とかします。あと、長い休符の時は、体内に残っている息を一度全部吐ききってしまうのも良いかもしれません。とにかく、そうやって、瞬時に(?)目立たぬようにポジションを直す事を言います。これって…大切でしょ。

 今回のモーツァルトでは、姑息なくらい、あっちこっちでカンポジをやってみました。その結果、小さな傷はあるものの、最後まで歌が通ったわけです。

 私は基本的に「最初から最後までクライマックス!」な人ですが、そのやり方ではモーツァルトはダメだいう事がよく分かりました。カンポジですよ、カンポジ。とにかく、力任せはダメ。ちょっと間でもポジションを積極的に直していく。ああ、これが“守り”の歌い方なんだなあ…。よい勉強になりました。

 先生から、最後まで歌が通ったんだから、次回は仕上げられるように…と言われたけれど、それはかなり無理があるような気がします。でも、せめて、暗譜ができるうように、自宅では譜面を外して練習してみようってと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 社交ダンスと、ボールルームダンスと、競技ダンスと、スポーツダンスと… | トップページ | 篠崎さんには内緒で、鈴木さんとおつきあい始めます…って、これって浮気? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社交ダンスと、ボールルームダンスと、競技ダンスと、スポーツダンスと… | トップページ | 篠崎さんには内緒で、鈴木さんとおつきあい始めます…って、これって浮気? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん