ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ソプラノブスとテノールバカ | トップページ | どちらから“老犬ブログ”にお越しくださいましたか?[2012年1月第3週・通算2週] »

2012年1月21日 (土)

金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その4 水槽の掃除の話

 シリーズ連載をしています。前回の記事はこちらです。(今回は前回の「水槽の選び方の話」の続きになります。)

 金魚を飼い始めたら、定期的に水槽の掃除が必要になります。人間は部屋が汚れていても、それだけ死ぬことはないかもしれませんが、金魚は水槽の中が汚れていると死んでしまうかもしれません。ですから、水槽はきれいにしておかないとね。

 水槽の掃除と言うと、一番大切なのは「水替え」です。これについては、すでに書きましたので、そちらをご覧ください。

 我々人間にとって、水槽の汚れと言うと、一番気になるのが『ガラスの汚れ』ではないでしょうか? 水槽のガラス(つまり透明な壁面)って、放っておくと、なんかうっすらと曇ってくるし、緑色になったりしますよね。まあ、だから時々水槽がガシガシ洗う必要がある…のかもしれませんが、ちょっと待ってください。水槽をガシガシ洗うのって、大変じゃないですか?

 実は良い方法があります。巻き貝を金魚と一緒に飼うのです。巻き貝は水槽のガラスを内側からキレイにしてくれます。こいつらがいると、水槽のガラス掃除をしなくて済みますよ。それに巻き貝にはエサは不要ですから、飼育も簡単。ガラス掃除のためには、巻き貝の同時飼育をお薦めします。

 巻き貝はガラスだけでなく、水槽内に置いてあるオブジェなどの掃除をしてくれますよ。ほんと、助かります。

 さて、ガラス掃除は巻き貝に任せるとして、砂利掃除はどうしましょうか? 金魚と一緒にドジョウを飼うと、彼は砂利をかき混ぜて、砂利に埋もれた汚れを露わにしてフィルターに吸い込ませてくれるので、何もしないよりは砂利掃除が楽になるかもしれませんが…だからと言って、ドジョウ自身が砂利掃除をしてくれるわけではないので、結局人間が砂利掃除をしないといけません。

 ドジョウは巻き貝ほど便利じゃないんです。

 で、人間が砂利掃除をするのですが、イチイチ水槽の水を汲みだして砂利掃除をするのは面倒ですよね。そこで、最近では、砂利掃除のできる水替えポンプもありますので、水替えのついでに、その手のものを使って砂利掃除をするのが、一番楽かもしれません。

 金魚フィルターの掃除は…これは人間がやるしかないですね。諦めましょう。これはフィルターの状態をこまめにチェックして、汚れたら取り替えてやるしかないですね。ウチではフィルターそのものは、月に2~3回交換し、フィルターポンプなどの掃除は月1回程度行ってます。

 そうそう「水槽の水が臭う…」とお悩みの方は、金魚フィルターや水槽そのものに活性炭をぶち込むと良いですよ。私は網に入ったタイプのものを使ってます。

 水槽のフタの掃除は…ウチはさぼっているうちに、汚れが落ちなくなってしまいました。なので、皆さんには、汚れがひどくならないうちに、水槽のフタはこまめにお掃除することをお薦めいたします(泣)。

« ソプラノブスとテノールバカ | トップページ | どちらから“老犬ブログ”にお越しくださいましたか?[2012年1月第3週・通算2週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソプラノブスとテノールバカ | トップページ | どちらから“老犬ブログ”にお越しくださいましたか?[2012年1月第3週・通算2週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん