ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« テノールとバリトン、ソプラノとアルトは、どう違う? | トップページ | ピアノ伴奏のオペラを見てきました »

2012年1月31日 (火)

もしかすると、この冬って寒いの?[2012年1月の落ち穂拾い]

 最近、外出する時に、愛用しているロングコートがあります。これは防寒を旨としたもので、これを着ているとかなり暖かいんです。このコートとマフラーとニット帽が最近の私のカジュアルなお出かけ着なんですが、思えば、このコートを着るのは、数年ぶりですね。昨年は、これ、着なかったような気がします。昨年は、スキーウェアとして使っていたジャンパーで冬を過ごしていたような気がします。今年は…そんなジャンパーごときでは寒くて外出できません(笑)。

 やっぱり、この冬は、例年になく、寒い…んでしょうね、おぉ。
 
 
結婚って美味しいの?

 最近(に限らないか…)の若者たちは、結婚をあまり志向しないのだそうです。だからと言っても、異性が嫌いとか苦手とかではないみたいだし、相手がいないとも限らないようで、単に、なんとなく恋愛を避けていたり、相手がいても同棲で立ち止まって結婚に踏み出さないというカップルが増えているそうです。その結果『永すぎた春』って奴でカップルが壊れ、次の恋愛に行くには、ちょっと年を取りすぎてしまい“中年独身の大量生産”という事態を招いているという話も聞きます。

 ま、若い世代が、将来が不安で、結婚に踏み切れないって言う気分は、分からないでもないけれど、一人じゃ暮らせない収入でも、二人で暮らせば、なんとかなるという部分はあるよ。

 それに…いい年になって、長くつきあってきた恋人に捨てられると、人格が壊れちゃう人もいるよ。私はそういう人を数名見てきました。だから、四の五の言わずに、サッサと結婚しちゃおうよ。

 この問題は、また記事を改めて、じっくりと書いてみたいと思います。
 
 
ネタ帳を持ち歩こう

 私はブログを毎日更新しています。幸いにもパソコンの打鍵速度は相当に速い人ですし、文章は書き慣れていますので、毎日の記事を書くのに、そんなに時間はかかりません。そんな私でも苦労するのは、ブログのネタです。どんなにパソコンの打鍵速度が速くても、どれだけ文章がスラスラと書けたとしても、ネタが無ければ何もできません。

 私もブログを立ち上げたばかりの時は、ネタ不足に困っていました。

 で、ある時から、ネタ帳を持ち歩くようになりました。で、何かあったら、すぐにネタ帳に書いておくわけです。きちんとした文章を書く時もありますが、大半はキーワードの羅列程度のメモです。で、後日、そのネタ帳をパソコンに転記して、内容を膨らませるのです。

 だって、ネタって、ある時は一日に何個も出てくるのに、無い時はずっと無いだし、いくら悩んでも出ない時は全く出ないのです。ですから、ネタがあふれだしている時に、出てきたネタを、ストックしておく事は大切ですよ。

 願わくは、iPhoneを紙のメモ帳並にサクサクと使いこなせるといいのですが…さすがにまだそこまでiPhoneに習熟していないのが残念です。
 
 
腰で息をする

 呼吸法って、歌でも管楽器でも、永遠の課題ですね。

 それでも歌の人は、初期の段階で、徹底的に呼吸法をやるので、あまり問題はないのですが、管楽器の方は、呼吸法も大切ですが、どうしても楽器をコントロールする練習に気持ちが集中しがちで、アマチュアの方の中には、呼吸法の練習が不足しがちな方が多いような気がします。

 フルートの人の中には、腹や胸を膨らませて息をする方がいらっしゃいます。そうであっても、それで腹式呼吸ができ、不便なく演奏できているなら、それはそれでいいかなって思いますが、私のように、歌も歌う人間だと、その手の呼吸法でやっちゃうと、歌の時に音程が定まらないんです。ですから、私に限りませんが、歌の人は、お腹を膨らませずに、腰や背中で息をするのがデフォルトです。

 やり方は…最初のうちは、意識して腰や背中の筋肉を使うことを意識する事から始めるんじゃないかな? と言うのも、普通の人は腰や背中で呼吸しないですからネ。まずは、背筋を伸ばして、お腹を引っ込めて、肩を下げて、ゆっくりと深呼吸をすると、自然と息が腰に入っていくのが分かると思います。腰に息が入る感覚がつかめれば、あとは簡単。とにかく、最初の感覚をつかむのが難しいかも…。でも、腰での呼吸ができるようになると、背中での呼吸は、腰での呼吸の延長線上にあるので、背中で呼吸がしたければ、まずは腰で息をする…というのをターゲットにしてみるといいです。

 ちなみに、私は普段の呼吸も腰でしている事が多いです。習得すると、腰で息をするのが、何をやるにしても楽なんですね(笑)。で深呼吸をすると、背中が広がって息が入っていくのが分かります。ただ、背中が広がるのは、自分の感覚では分かりますが、他の人が外側から見て分かるほどには広がりません。まだまだ、深呼吸が深呼吸に成りきっていないんでしょうね。
 
 
今月のお気に入り   「ベスト・オブ・ナタリー・デセイ」

 今月、iPodでヘビーローテーションしているのが、このナタリー・デセイのベストアルバムです。とにかく、いいんですよ。特に4曲目に入っている、バーンスタイン作曲の「キャンディード」の「着飾って、きらびやかに」は素晴らしいです。この曲だけでも、何度も何度も繰り返して聞いています。

 人にはそれぞれの好みがあるのですが、私はこのデセイの声が女性らしくて好きなんです。もちろん、歌も半端なく上手ですね。好きな声の歌手が、上手に歌っているのを聞くのは、何よりの幸せでございます。

 デセイはよくコロラトゥーラの曲を歌います(このアルバムの中の曲も大半はコロラトゥーラの曲です)が、彼女の声は、純正のコロラトゥーラではなく、リリコレジェーロあたりの声だと思います。歌唱テクニックがあるので、声的には、リリコレジェーロなんだけれど、コロラトゥーラも歌える…って感じだと思います。

 で、私はデセイの声が好きと書きましたが、いわゆる“リリコレジェーロの声が好きかと”言うと、実はそうとも限りません。スピント系の声も結構好きです。おそらく、私の好きなソプラノ声には、何か共通する特徴があるのでしょうが、その特徴をまだ自分でも把握していません。ま、これからそれらは追々と探求していくつもりです。

 で、デセイの歌なんですが、実は彼女の本領は、歌唱ではなく演技なんですよね。彼女は“歌う女優”さんなんですよ。だから、彼女の歌はCDで楽しむのではなく、DVD等で、その演技とともに楽しむのが本来なんだろうと思いますが…通勤途上で聞くには、音声だけの方が便利なので、やっぱりCDで音源だけを聞く事が多いです。

 で、私のお気に入りである、デセイの歌う「着飾って、きらびやかに」なんですが、YouTubeにもあったので、貼っておきます。

 音源だけを聞いていてもスゴいと思いましたが、映像(1997年のライブですから、ちょっと古くて、画質的にも音質的にもちょっと残念です)を見ていると、もっとスゴいですね。この人、歌いながら演技をしているのではなく、演技をしながら歌っているんですよ。普通の歌手なら、歌うだけで精一杯な難曲なのに、それもオペラではなく、音楽ホールでのコンサートで、多くの人が純粋に音楽的な喜びを求めているというのに、演技がメインでやっちゃうって、どういう事? この人、顔もカラダも何もかも、歌ではなく演技のために使ってます。で、歌は、まるでセリフを語る程度の労力で歌っているみたいです。でも、それなのに、そんちょそこらの歌手の歌よりも素晴らしいと来ているんだから、この人……半端なく、歌が上手いって事…ですよね。

 とにかく、現在、現役の歌手の中では、間違いなく実力でトップクラスの歌手の一人なのが、このデセイだと思います。とにかく、スゴい歌手だと思います。
 
 
今月の金魚

 今月の我が家の水槽は、大過なく、皆さんお元気で過ごされたようです。
 
 
今月のひとこと

 年を取ると、目がやられます。若い時は『一日一冊』を目標に本を読んでいましたが、最近は目がショボショボするので、活字を見るのもイヤでたまりません。それでも頑張って、盆暮れ正月に各一冊ずつ、年二冊は本を読もうと努力してますが…今回は一念発起、この年末年始はできるだけ頑張って、積ん読く本を退治する事にしました。すでに一冊やっつけて、ただいま二冊目と格闘中です。がんばれ、私の目、がんばれ、私の集中力(笑)。(2011年12月27日~2012年1月1日)

 新年の御挨拶を申し上げます。今年こそ、皆様にとってよいお年となりますように。しかし、大晦日も正月三が日も、最近の商店って営業しているんですよね。おかげさまで色々と快適に過ごせるのですが、働いている人は、本当にご苦労さまです。昔は最低でも三が日、店によっては七日ぐらいまでは休んでいたものです。どちらが良いのか分かりませんが、他人が休んでいる時に働いている人のその姿を、きっと神様は見ていてくださる…と私は信じてます。(2012年1月1~6日)

 どうもダルいです。年末年始の暴飲暴食がたたって、現在、胃弱状態です。年取ったなあ…、若い時は胃弱なんて、想像もしなかったよ。(2012年1月6~10日)

 左目に違和感を感じて眼科に行きました。モノモライだそうです。目薬を一週間程度させば治るそうですから、それはそれはで良いのですが、ショックだったのは、視力が下がっていた事。つい2~3年前までは、視力は両方とも2.0以上あって、老眼だけど“よく見える目”だったのに、今回の視力測定では0.8しか視力がありませんでした。確かに、最近、世界がぼやけているような気がしていたけれど、もう、近くも遠くも見えなくなっていた……んだなあって思いました。これも“老い”って奴、なんだなって思いました。(2012年1月6~13日)

 寝不足なのに、なぜか朝の目覚めはすっきり。ああ、カラダがドンドン年寄りになっていく…。(2012年1月13~15日)

 モノモライが完治しました。やったね。ついでに網膜検査もしてもらいました。こちらも両目とも異常無しです。老眼はだいぶ進行してしまい、現在のメガネでは不便を感じる事も増えてきました。さすがに、メガネはそろそろ買い換えかな?(2012年1月15~16日)

 お寒いですね。ようやく最近気付いたのですが、暖かくして眠った方が、睡眠は深くなるみたいです(笑)。なので最近では、寝る時に、靴下はいて、手袋して、ネックウォーマーして寝てます。この先、まだ寒くなるようなら、次は毛糸の帽子をかぶって、マスクをして寝るつもりです。睡眠時間が短めなので、なるべく短時間で深く眠りたい私でした。(2012年1月16~19日)

 どうやら結婚記念日だったらしい…妻に言われるまでは、気づきませんでした。(2012年1月19~20日)

 湘南地方に雪まじりの雨が降ってます。寒いです。マジで寒いです。あんまり寒いので、ついに、研究室に暖房を入れてしまいました。(2012年1月20~21日)

 今月はなんと、二回もピアノ伴奏によるオペラを見に行きます。オケ伴奏ではなく、ピアノ伴奏、コンサートではなく、マジなオペラ上演。それもたった一カ月に違う演目違う団体で2回もです。なんか、私のゲテモノ好きに、笑っちゃいますよね。…でも、楽しみなんです。(2012年1月21~23日)

 最近の天気予報では、湘南地方にも雪マークを見かけるようになりました。ま、雪マークがあっても、大抵の場合、降るのは雨か、せいぜいみぞれであって、フワフワと雪が舞い降りる事はまずありません。「みぞれなんて、雪のうちに入らねーよー」とか思っていましたが、気象予報的には、みぞれって雪扱いなんですって。知らなかったわー。じゃあ、天気予報で雪マークを見たら「あ、みぞれが降るんだな…」って思えばいいわけだね。納得。(2012年1月23~27日)

 ただ今、ここ老犬ブログは、日本ブログ村のランキングでは、声楽で3位、フルートで5位、社交ダンスで3位です。思わぬほどの上位に駒を進める事ができ、大変感謝しています。これも、皆様のおかげでございます。感謝です。しかし、声楽とフルートはともかく、社交ダンスなんて、つい先日登録したばかりのペーペーだし、まだまだダンス関係の記事も少ないのに、ランキング3位というのは、他のダンス一筋でブログを書かれている方々に、なんか申し訳ないような気がします。(2012年1月27~29日)

 最近のマイブームはチャーハンです。あんな、油まみれの炭水化物なんて、デブ養成食とは知りながら…でも食べたいんです。チャーハン、マイ・ラブ。(2012年1月29~30日)
 
 
 今月は以上です。よろしくお願いします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« テノールとバリトン、ソプラノとアルトは、どう違う? | トップページ | ピアノ伴奏のオペラを見てきました »

その他」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。1つのイベントが終わるとまた次のイベントにおっかけられるという最近の状況です。

今年は寒いんだと思います。う~ん、だって雪が名古屋でもよく降ってますし(今日も昼間降った)それまでキョーミなかった「ヒートテックのアンダーウエア」が熱烈に欲しい!!って今年は思ったのですよ。
ヒートテックに関しては私がトシをとってきたからなのかとも思うのですが。(だってさぁ、四捨五入で大台よ。シンジラレナイっつ~の)別の会社のものを購入して愛用していますが、今更ながら発熱素材のよさに驚いています。

ところで私、結婚は「ア・ラ・カルト」だと思います。
美味しい部分もあり、ほろ苦い部分も、ややしょっぱい部分もある。
友人から聞いたのですが、アラフォー以降の不倫がちょいちょいあるらしいですね。私は三次元の男は夫にしか興味がないオタクなので(ジャニーズもある意味二次元。韓流スターも、スポーツ選手も)リアル恋愛はおなかいっぱいという人ですが。
でも確かにうちの教室の看板息子H君も、お年頃のはずなのに結婚しますという話は聞きませんね。彼がワタシにナイショにするわけないし、彼が言わなくてもお母様ルートがあるし、大体年賀状実家から出してる時点で”ナイ”んだろうなぁ。
別の曜日に来ているお嬢さんをご紹介してもいいんだけどさ、彼女仕事が今たてこんでて来られないし。もう1人はキャラ的にH君とは合いそうにないし。でもこの2人のお嬢さんがた、「結婚したいですぅ。先生、どこで見つけたらいいのでしょう?」と質問をワタシに投げかけてくる。

だから、ミスマッチもあるのかと思います。おそらくですがH君の職場は異性が少なそう。2名のお嬢さんは同業ですが、男性に縁がない職場なので、えいやっと婚活しなければ出会いすらないかもね~。ワタシが仲介するのはイヤです。以前ワタシの知り合い(女性9に、夫の同僚男性を紹介して女性から苦情が来たことがあったので(その彼女とは縁が切れてしまいました)
お見合いおばさん的な存在が減ってるから難しいのでやないでしょうかね。

ことなりままっちさん

>アラフォー以降の不倫がちょいちょいあるらしいですね

 いやいや、オッチャンたちは元気な人多いですよ。若い世代の男子が恋に熱心でない分、それを埋めるかの様に、オッチャンたちが肉食化しているような気がします。

 今は、昔と比べて、離婚も増え、高齢独身者の方もそれなりにいるようです。そんな、オッチャンオバチャンたちは、アラフォーとかアラフィフとかアラカンとか言っても、大人しくしているわけでもなく、カラダを鍛えたり、アンチエイジングに励んだり、様々な施術をほどこしたりして、若さをある程度(笑)キープし、なおかつ経済的にも余裕がアリアリだったりするので、あっちこっちでお盛んだったりするようです。

 私ですか? 私は、声楽にフルートに社交ダンスに歌劇団にヴァイオリンに…って遊びまくっていますので、いまさら女遊びをしている暇がありません(涙)。いやあ、女遊びは、手間暇金がかかりますからね(笑)。趣味を減らさないと、とても出来ませんよ。

 ヒートテック系の素材ってすごいですよね。あんなに薄いのに温かいですね。私も愛用してますよ。ちなみに夏はクール系のシャツを愛用してます。こっちは本当に涼しいです。20世紀には、そんな服素材なんてなかったですからね。やっぱり未来ってすごいわ(爆)。

>お見合いおばさん的な存在が減ってるから難しいのでやないでしょうかね。

 そうですね。そうだと思います。

 若い女性たちを見ていると、決して、結婚がしたくないわけじゃないと思うんですよ。いやむしろ、結婚願望の強い子が少し前よりも増えてきているような気がします。

 問題は…男の方かもしれない。今も昔も、若い男って結婚願望が薄いからねえ…。女の子よりも楽しいことが、世の中にはたくさんありすぎて、女の子とつきあうのが面倒くさいんだと思います。だからこそ、背中を押して上げる“お見合いオバサン”が必要なんだろうと思います。

 結局、お見合いオバサンが減り、結婚願望の強い女の子が、その気にならない同年令の男子を見限って、お盛んなオッチャンたちの胸に飛び込んでしまうから、年の差婚が流行るのかもしれない…。違うか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テノールとバリトン、ソプラノとアルトは、どう違う? | トップページ | ピアノ伴奏のオペラを見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん